清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 弾薬予算減少による防衛への影響危惧 佐藤氏 それは不要な玩具の買いすぎです。

<<   作成日時 : 2015/12/01 18:09   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 11

弾薬予算減少による防衛への影響危惧 佐藤氏
http://economic.jp/?p=55836

>元防衛大臣政務官の佐藤正久参院議員が政府の弾薬購入費の落ち込みが平成2年以降続いていて、弾薬業界に深刻な影響を与えていると、防衛に影響する可能性を危惧している。

例によって防衛予算増やせのお話です。現状の当事者能力なき無駄遣いの体質を放置していくら予算を増やしても無駄です。国防の強化にはつながりません。

佐藤正久氏もこの記事で以下のように主張しております。

>「陸上自衛隊の主要装備品等の購入に充てる予算の内訳で、直接の戦闘力発揮を目的とする装備品(戦車、装甲車など)以外の装備品を購入する予算は平成27年度予算に比べ、28年度は72億円減少している。弾薬に至っては対前年度比、112億円も減らされている。米国からFMSで購入するオスプレイなどの『大物』に多くの予算を割かれたから」という。

 つまり新しい玩具さえあれば、その訓練維持費などなくともいいのだという防衛省と安倍首相の当事者能力&意識の低さが防衛費を圧迫し、訓練維持費、需品などの予算が削られておるわけです。

 オスプレイやらグローバルホークやらAAV7やら防衛省内部でも異論のある、実用性の怪しい装備をまともに研究もせずに爆買したのは、安倍首相を長とするあなた方自民党でしょう。
何か佐藤氏の言い分は他人事のように聞こえます。

 更に申せば、89式小銃のように他国の8倍も高いような小銃買えば、弾薬費までカネが回らないのは当たり前の話でしょう。しかも調達単価が低いから64式と並列が続いており、とうぜん5.56ミリ弾の量産が進みません。

 戦車減らしますといいつつ、装輪戦車である機動戦闘車を入れて事実上戦車を増やすようなことをしているわけですから、カネがいくらあっても足りないでしょう。


 佐藤氏は防衛費を増やせといいたのでしょうが、政治家と防衛官僚、政府組の当事者意識&能力を向上させる方が先です。
 パチンコキチガイのオヤジに、いくら食費を与えても、パチンコですってしまうので同じです。

 不要な新規装備の調達を戒め、装備更新を早めて並列で使用する期間を短縮する、部隊を適正な規模まで減らすことなどが必要でしょう。
 
 自衛隊の実弾射撃は少ないですから、例えば部隊を半分に減らして、実弾射撃で使用する弾薬を4倍にすれば弾薬の使用量は増えます。またその分量産効果も高くなるから値段もさがるでしょう。

 それからアリバイ工作的な、不要な試験や縛りをメーカーに課すのをやめることです。くだらない規制が多いせいで余分なコストが増えています。
 またメーカーの再編も必要でしょう。同じ分野で競争もなく棲み分けて、細々と生産しているから値段も高くなり、調達数が減るという悪循環に陥っています。


 予算を増やせというだけなら、2ちゃんあたりに巣食っている程度の低い軍オタでもいえることです。知性も見識も必要ありません。

 元将校、そして政治家ならば現実と向き合って建設的な方向で指摘や対策を世に問うべきです。

strong>Japan In Depth に以下の記事を寄稿しました。
【海上自衛隊、空母を持つ野望】〜マンガ「空母いぶき」のリアリティ その1〜
http://japan-indepth.jp/?p=23226
【海上自衛隊、空母を持つ野望】〜マンガ「空母いぶき」のリアリティ その2〜
http://japan-indepth.jp/?p=23242
【海上自衛隊、空母を持つ野望】〜マンガ「空母いぶき」のリアリティ その3〜
http://japan-indepth.jp/?p=23254
【仏同時テロ:中東独裁国家への歴史的介入が原因】〜難民急増の深層 その1〜
http://japan-indepth.jp/?p=23079
【仏同時テロ:無自覚な“文明的暴力”を批判せよ】〜難民急増の深層 その2〜
http://japan-indepth.jp/?p=23082
【わざわざ旧式兵器を新たに調達する陸自】〜国内企業のライセンス生産守る為?〜
http://japan-indepth.jp/?p=22467

東洋経済オンラインに以下の記事を寄稿しました。
フランスは原発テロの悪夢にうなされている
自爆覚悟のテロは、防ぐのが難しい
http://toyokeizai.net/articles/-/93096
高額な早期警戒機が日本では「欠陥機」だった
周波数帯をまともに使えない大矛盾
http://toyokeizai.net/articles/-/88753

朝日新聞のWEBRONZA+に以下の記事を寄稿しました。
イスラム国がトヨタのランドクルーザーを使う理由
http://webronza.asahi.com/politics/articles/2015110200004.html
陸自が導入した輸送防護車は使えない
机上の空論では済まない邦人救出の現場
http://webronza.asahi.com/politics/articles/2015100200004.html








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
死んだ子の数を数えるわけではありませんが、オスプレイなんざ買わなきゃ、今頃は専門誌を中心に新型ヘリベースのUH-Xと派生型の話で盛り上がっていたかもしれませんね。そうなっていたら川崎重工が、やる気を起こしていたかどうかまでは分かりませんが。三菱は三菱で、AAVの後釜を狙ってかプライベートベンチャーで何やら作っているようですが、果たしてモノになるのでしょうかね。それとグローバルホーク・・・空自はRF-4の後継たる有人偵察機を諦めたのでしょうかね。イーグルを偵察機に改修する契約が解除になったあと、全く話題にならない気がしましたので。

ところで戦闘機というと⬇

>防衛装備庁、ステルス戦闘機用レドーム(その1)の研究試作の入札を中止

http://blog.livedoor.jp/jsdf_times/archives/1046475661.html

応札に応じる企業がいなかったとか?
KU
2015/12/01 21:05
連投、失礼します。

>イスラエル陸軍のメルカバ(Merkava)Mark.II戦車が退役。装甲兵員輸送車などに転換。

http://news.militaryblog.jp/e716009.html

こうしたニュースに接すると、陸自も廃棄するばかりでなく、有効活用すれば良いのにと思いますが、旧式装備を廃棄せず他の用途に転用するのは法的に問題はあるのでしょうか?
KU
2015/12/01 21:42
自衛隊の訓練レベルで弾薬が足りないなら、
実戦じゃ絶対にまともに戦えないでしょう。
諸外国が実戦で消費する弾薬はケタが2つ以上違うので。
戦争は弾薬の垂れ流しです。
何で弾薬を買う金が足りないのにオスプレイを買ったんでしょうかね?
車を買ったけど、給油する金が無くて走らせられないってのと同じ。
家を買ったけど、電気やガス代が払えないってのと同じ。
完全に頭が悪いとしか言いようがない。
あれ総理は、平凡なサラリーマンになっていたら、今頃自己破産していたかもしれません。
張子の虎にウンザリ
2015/12/01 21:43
清谷様へ

提言でございます。
1 防衛大学校に経営学部・学科の創設
2 幹部自衛官に半年〜1年民間企業へ出向・修行
3 高級幹部候補者のビジネス・スクールでのMBA取得促進4 外部人材の採用ー会計士、銀行員、商社マンなど

私も退官・転職してコスト意識、経営という概念・知識の欠如を痛感しました。 お役所だからムリだ!と諦めるのは思考停止ではないでしょうか?
私の住んでいる町の例で、財政健全化を目的に銀行員と会計事務所事務員を職員として採用しました。役場に勤めている友人の聞いた話によると職場の意識が少しずつ変わったそうです。以上が私が20年間働いて感じたことと身近な例を根拠として提言しました。
元キャプテン
2015/12/02 09:42
ハコモノ=火の出る玩具は弱体化する?
弾薬にも影響を及ぼしました。射撃競技会において実弾を多く撃っている部隊若しくは隊員は総じて射撃の命中率は高い。統計的に証明されています。
何か北朝鮮軍に似てきたなぁ。ミサイルと核兵器に金を掛けて 弾薬・燃料・部品等の維持費に金を掛けず装備品は不稼働・老朽化、訓練したいけど弾なし、腹減ったけど飯なし。
我が日本軍=自衛隊は栄養失調はしていないが、部品は共食い整備、被服は自腹、通信は携帯 おいおい国営ブラック企業だよ!北朝鮮のこと馬鹿にできないよ!
元キャプテン
2015/12/02 16:10
あなた達アレ総理アレ総理と清谷脳に染まってますね恐ろしい
ほんとその言葉好きだね

2015/12/02 20:43
> 何か北朝鮮軍に似てきたなぁ。ミサイルと核兵
> 器に金を掛けて。。。
 
これは。。。 グサリときますね。
 
戦車の制限については、このままでは問題にはならないのでしょうか? 財務省は予算抑制のために減らしたのに、機動戦闘車という抜け道(抜けてないけど)を作った上、戦車だけでも制限超過。 財務省がバランスシートだけ見たら騙されたと思うはずです。 表に出てこないだけですかね。
えいち
2015/12/03 04:17
別に民間企業に行ってコスト意識を覚える必要も無いでしょう、いざ実戦になったらコスト度外視で戦わなきゃいけない時もありますし。
それよりも米軍以外の軍隊と交流をもっと行って「自衛隊では装備品についてこうしてるんだけどおたくはどうしてるの?」とざっくばらんに装備品の更新時のやりくりの仕方を学ぶべきでしょう。
改修するのか新規調達なのかの判断もそういうところの例を引いて考えるのが財務省を説得しやすいでしょうし。
八王子の白豚
2015/12/03 23:23
お邪魔します。
 山本七平氏は「(昭和17年時点での)誰も知らぬ対米戦闘法」を「旧録軍最大の"欠"」と言いました。今の日本の最大の"欠"は「自衛隊・防衛省云々」のレベルではなく、「日本は本当に自らを守るために銃(兵器)で戦うのか」ではないかと思われます。日本は先の大戦で惨敗したばかりか日本史上初めて占領までされた事によって「(アメリカ様が守ってくれなければ)戦ってもどうせ勝てない」といった虚無感というか投げやりな心理が根底にあるのではないかと思ったりします。もしかしたら戦前の軍にも「どうせ勝てない」という思いはあったのかも知れません。そういう心理があれば忠告をしてもそれが届く事はありません。現実を直視する事も問題に取り組む事も無く、「空理空論にのめり込む」「瑣末に拘る」「目先の欲求・利益及びしがらみに身を委ねる」のではないかと思われます。
ブロガー(志望)
2015/12/04 00:11
続きです。

 戦争はスポーツのように「公平性が担保された枠組みに入って戦う」ものではなく、「自らが有利になる枠組み作り」から始まるものですから(先の大戦では海上輸送を巡る戦いにするのかアメリカ有利・日本不利な戦い方?)、そこから考えるべきではないかと思います。
ブロガー(志望)
2015/12/04 00:12
集金ロビーに転属した佐藤隊長殿の理屈は、集金のための屁理屈であって、国防問題を問いてるものじゃないですよ。
自衛隊の有り様うんたらなんて集金マシーンには関係ありません。
彼や自衛隊上層部の敵は、中国や外国ではなく、金を吐き出させに同意させる政治家や官僚です。
みんな自分の事ばかりで、自衛隊や、国の未来を考えてる人が居ない国が、強いか弱いか、中国に勝てるか負けるか、どちらかは言うまでもない。
へりとむら
2015/12/17 07:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
弾薬予算減少による防衛への影響危惧 佐藤氏 それは不要な玩具の買いすぎです。 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる