清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS フランス、一番怖いのは原発テロ

<<   作成日時 : 2015/11/17 12:49   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 4

 先週パリ市内及び郊外でテロが起こりましたが、フランス政府が最も警戒すべきは原発に対するテロでしょう。

 よく知られているように、フランスは発電の原発依存率が約8割と非常に高い。これを攻撃されたら大変なことになります。農業国であるフランスにとっては大打撃です。
 成功すれば欧州中心部が放射能に汚染されます。ドイツなど電力を輸入している国も影響を受けます。

 これは原子炉に対する攻撃が成功しなくとも良いわけです。一定の損害を与え、原発がテロの対象になり、破壊されるおそれがあることをフランス国民及び欧州の市民に見せつけるだけでよろしい。
 世論が動けばフランス政府は原発政策を見なおさざるを得ない。原発を停止、廃炉にするとなれば莫大な費用がかかります。 
 また大車輪で火力発電所などを建設する必要があり、電力料金は跳ね上がるでしょう。また原発輸出も見直されることになるでしょう。これはフランス経済に取って大きな打撃です。フランスから電力を買っているドイツも影響を受けます。
 となれば、EU全体の経済の受けるダメージは東日本大震災の比ではないでしょう。

 
 マンガ、「クロコーチ」では宗教団体が原発テロを計画するというお話がありますが、フランス国内では兵器のたぐいの調達は極めて容易でしょう。たとえば60〜81ミリ迫撃砲をトラックに積んで移動しながら射撃し、その間に突入部隊が自爆覚悟で突入すれば良い。指揮官は市販のドローンを使って指揮通信が可能です。
 フランスは当然ながら原発の守りを固めてはいるでしょうが、激しい銃撃戦の跡がメディアで流れれば、市民は穏やかではないでしょう。テロリストがドローンや突入部隊にカメラを持たせて、リアルタイムで放映する可能性もあり、この場合さらに与える衝撃は大きいでしょう。




クロコーチ コミック 1-10巻セット (ニチブンコミックス)
日本文芸社
リチャード・ウー

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by クロコーチ コミック 1-10巻セット (ニチブンコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





Japan In Depth に以下の記事を寄稿しました。
【仏同時テロ:中東独裁国家への歴史的介入が原因】〜難民急増の深層 その1〜
http://japan-indepth.jp/?p=23079
【仏同時テロ:無自覚な“文明的暴力”を批判せよ】〜難民急増の深層 その2〜
http://japan-indepth.jp/?p=23082
【わざわざ旧式兵器を新たに調達する陸自】〜国内企業のライセンス生産守る為?〜
http://japan-indepth.jp/?p=22467

朝日新聞のWEBRONZA+に以下の記事を寄稿しました。
イスラム国がトヨタのランドクルーザーを使う理由
http://webronza.asahi.com/politics/articles/2015110200004.html
陸自が導入した輸送防護車は使えない
机上の空論では済まない邦人救出の現場
http://webronza.asahi.com/politics/articles/2015100200004.html

strong>東洋経済オンラインに以下の記事を寄稿しました。
高額な早期警戒機が日本では「欠陥機」だった
周波数帯をまともに使えない大矛盾
http://toyokeizai.net/articles/-/88753


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
日本なら各県警に編成された原子力施設警戒隊が原発の警備を行っていますが、フランスの場合、警察組織となると国家警察と国家憲兵隊、それに地方警察とがあるわけですが、Wikiで見る限り、対テロともなると主要都市なら国家警察所属のRAIDや国家憲兵隊のGIGNが、地方都市なら国家警察のGIPNが担当する、となっておりますが、原発に対するテロの場合も、立地場所によっては先の原則に則って各部隊が対応するのでしょうか?
KU
2015/11/17 19:32
清谷様

パリのテロですが、劇場襲撃の状況が徐々に明らかになってきましたが、襲撃中に警察が突入してテロリストを殲滅したようです。

起こっては困りますが、日本でソフトターゲットを対象とした同様のテロが発生した場合、什器をもって即応できる部隊は存在するのでしょうか。また、仮に即応できる部隊があった場合、突入の命令を出すことができるとお考えでしょうか。

私個人としては、何事も穏便に済まそうとする日本なので、突入するまでにかなりの時間を要するような気がしています。
ブリンデン
2015/11/17 23:29
確かに我が国でも各県警のSAT相当の部隊が原発を警備しているそうですが、本格的に武装したテロリストや特殊部隊を相手にどこまでやれるものでしょうか?
フランスは日本よりは対策をしていると思いますが、最も警戒レベルが高かったであろうパリでこの有様ですから、眉唾物ですね。
テロリストの中にはシリア難民が含まれていたそうですが、彼の軽率な行動が難民排斥に繋がっていきそうですね。
八王子の白豚
2015/11/18 00:16
そんな面倒くさいことをしなくても、ドローンに爆弾をくくりつけて原発に突っ込ませればいいんですよ。
ひゃっはー
2015/11/18 19:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
フランス、一番怖いのは原発テロ 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる