清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS さようなら、快男児 ミッシェル・テオヴァルさん

<<   作成日時 : 2015/07/23 19:20   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 1

 
画像
元タレスジャパン社長、現GHT代表だったミッシェル・テオヴァル氏が6月24日に亡くなり、昨日お別れ会がありました。享年70歳でした。


 日本の防衛産業や防衛のあり方には一家言持っておられて、いつも率直かつ具体的に問題点を、少しひねったユーモアを交えて挙げておられました。恐らくジャーナリストとしては、ぼくが一番彼と接点があったと思います。

 ぼくとは大変馬があって、可愛がっていただきました。よく食事を共にして、欧州や世界の防衛産業や軍隊の現状、フランスの防衛産業やフランス軍のことなど教えていただきました。氏の話は深い歴史への造詣が下敷きとなっており、非常に深みのあるものでした。それを非常にわかりやすく話していただきました。
 非常に頭がよく、アイディアが豊富で実行力があって、単にビジネスマンとして有能だっただけではなく、仕事をそして人生を非常に楽しんでおられました。

広報にも独自視点を持っており、タレス時代は自らセールスプロモーション用のビデオなどまで制作されておりました。
 自社のレーダーのセールスプロモーション用のビデオは、北朝鮮の特殊部隊が軽飛行機、An-2で侵入してくるというシナリオで、日本の留学生たちを北朝鮮兵士として雇い、軍隊経験がない彼らに氏自ら軍事教練を施して、パリ郊外の飛行場で撮影しました。
 このビデオを韓国軍の将軍たちに見せたら本物の北朝鮮軍と間違えて、「君はどこでこの映像を入手したんだ!」と激昂、「あれは全部日本人でパリで撮影したものです。彼らは日本人ですよ」、と説明したら毒気を抜かれていたよ、と面白そうに話してくれました。
 そういうイタズラ心に富んだ人でした。

 笑顔が大変チャーミングで、人懐っこい人でした。日本の防衛産業関係者にはあれこれ世界の防衛産業の厳しい現実を歯に衣着せぬに話しすることもあったので、波風を立てることを嫌いう彼らから疎まれてきたことも多々あったようです。ぼくと仲がよかったのもそのようなところがあったからかもしれません。

 テオヴァル氏はタレスの前身のトムソンCSF時代から日本支社長を務め、その後株式会社PMCに日欧の防衛航空宇宙製品を扱う、GHT事業部を立ち上げてておられました。またその他、在日フランス商工会議所 第一副会頭、欧州ビジネス協会(EBC)のシニア副会長、フランス政府対外交貿易顧問委員会のメンバーを務めておられました。

 氏は若いころの軍隊時代は砲兵将校として勤務、タレス以前はアロスパシアルに勤務をし、ミラン対戦車ミサイルの海外販売を担当しておられました。タレスジャパンでは、US-2用のレーダーや海自のイージス艦用のレーダーシステム、護衛艦用のソナー、潜水艦用潜望鏡、民間航空機向けのシミュレーターなど販売し、在任中、同支社の売上を4倍に増やしたそうです。

 在任中には戦艦三笠が装備していた測距儀の同じモデルが同社の英国の子会社にあったことを発見し、これを三笠記念会に寄付、また同様にグラスゴー大学に残っていた、日露戦争前、帝国海軍が軍艦の火砲を統制するシステムを英国の発注し、そのやりとりの記録を発見し、これを復元して三笠記念会に進呈したこともあります。

 ビジネスライクではなく、面白くビジネスをしたきた方だと思います。

 また日仏の防衛航空宇宙技術の交流にも心血を注ぎ、フランス航空工業会の日本支部を立ち上げ、日仏の超音速機の研究の進展にも尽力されました。

 奥様が日本人ということもあり、真摯に日本の防衛と、防衛産業の行末を心配し、またGHTでは熱心にフランスに向けて新明和のUS-2の売り込みを行っておられました。


 フランス人なのにお酒が殆ど飲めず、食前酒のシャンパンにちょっと口をつける程度でした。その代わりパンが大変にお好きで、いつも何度もお代わりして、美味しそうに食べておられました。
 亡くなる少し前にもお会いしてランチをご一緒したときもお元気だったこともあり、未だに亡くなったことが信じられません。お別れ会でも本人がひょっこり顔を出すような気がしてなりませんでした。
 お別れ会が終わり、徐々に亡くなった実感がじわじわと湧いてきています。

 偉大な愛国者であり、日本の友人だった故人の冥福を心からお祈りいたします。
 

画像

ミランのセールス時代

画像

弔辞を述べる石破茂氏

画像

故人は鉄道マニアでもあり、この点でも石破氏と意気投合していたようです。


画像

レジオンドヌール勲章。いつもジャケットにこの勲章の略綬を付けておられました。

画像

遺品の数々。

画像

タレス時代、ぼくのインタビューに応じた時の写真。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 16
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
口さがない人はテオヴァルさんを「死の商人」と呼んで色々言うのでしょうけど、日本の国防にも貢献度合いの高い方だったんですね。
惜しい方を亡くしました。
八王子の白豚
2015/07/27 01:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
さようなら、快男児 ミッシェル・テオヴァルさん 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる