清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS E-2Dの空中給油機能付加

<<   作成日時 : 2015/06/16 10:54   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 8

Jane's International Defence Review 誌 5月号によると、ノースロップ・グラマンが航続距離延長のためE-2Dに空中給油機能を付加させるプログラムを進めています。現在4〜5時間の滞空時間を8時間以上に延ばそうというものです。

 飛行時間が延びるためにクルーの身体的負担が増えるので、新しいシートを導入するもようです。また新しいハミルトン社のプロペラは振動が少ないので、E-2Cよりはクルーの負担が少ないそうです。

 クルーへの負担は増えますが、運用の柔軟性の確保を考えれば、これは導入すべきでしょう。問題はどの程度クルーの肉体的な負担が増えるかです。負担軽減のために例えばダブルクルー制にするというのも一案でしょう。

 それからもう一つ問題になるのは空中給油機です。現状空自は保有するC-130H、16機の内数機しか空中給油機能を付加しておりません。基本的に給油はUH-60J及びその後継機用としか考えていないようです。
 空中給油機能を付加させるべきです。C-2の導入も遅れているし、恐らく価格高騰のため調達機数は減るでしょう。これに給油機能付加させるにしても時間もかかります。
 海自は中古で買ったKC-130Rの給油機能を外してしまいましたが、統合作戦を視野にいれるならば、これも復活させるべきです。
 合わせてC-130Hの近代化やC-130Jなどの調達も視野にいれるべきです。

 本来オスプレイなんぞ導入する前に、陸自のCH-47、UH-60などにも空中給油機能を付加し、合わせて空自のC-130H全機のKC-130化を図るべきでした。

 このE-2Dの給油能力付加のプログラムは2020年ぐらいに初期作戦能力確保を予定しているので、是非とも今のうちから空自で検討すべきです。


東洋経済オンラインに以下の記事を寄稿しました。
川崎重工は「世界のヘリメーカー」になれるか
http://toyokeizai.net/articles/-/73114
「国際軍事見本市」が、日本の国防力を高める
日本での初開催イベントの意義は大きい
http://toyokeizai.net/articles/-/71866
防衛省の装備調達は、これから大きく変わる
キーマンの防衛省装備政策課長に聞く<上>
http://toyokeizai.net/articles/-/70516
日本の防衛産業は鎖国から開国へシフトする
キーマンの防衛省装備政策課長に聞く<下>
http://toyokeizai.net/articles/-/70529
防衛省装備調達に欠落している"大事なもの"
兵器調達の際に「時間」「総額」の概念がない
http://toyokeizai.net/articles/-/69177


WEBRONZAに以下の記事を寄稿しました。
オーサさんに聞く「マンガ」の魅力と不思議(上)
初めて読んだ高橋留美子先生の『らんま1/2』に自分で色を付けました
http://webronza.asahi.com/politics/articles/2015060400004.html
北欧女子オーサさんに聞く「マンガ」の魅力(下)
「日本語がお上手ですね」と毎回聞かれると……
http://webronza.asahi.com/politics/articles/2015060400005.html

Japan in Depthに以下の記事を寄稿しました
【少女漫画男性主人公に異変アリ】〜ガチムチ、オタク、キモメンらがモッテモテ!〜
http://japan-indepth.jp/?p=18452
【お粗末な自衛隊の「衛生」装備】〜チュニジアでテロにあった女性医官は「特別」なのか?〜
http://japan-indepth.jp/?p=17323
【陸自ファーストエイド・キットが貧弱な件 1】〜陸幕広報は取材拒否〜
http://japan-indepth.jp/?p=17056
【陸自ファーストエイド・キットが貧弱な件 2】〜中谷防衛大臣の答弁に違和感〜
http://japan-indepth.jp/?p=17059



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 14
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
給油機能だけでなく、改造・バージョンアップ・リフォームすると新規よりコストが安いのは自明の理です。また、バージョン・世代が異なる装備品の存在は運用・教育・兵站を混乱させ、コスト高になり、戦力低下になります。例えば74式戦車と90式戦車の混合中隊が存在します。中隊長は作戦を練るのに基準となるスペックが2つあるので頭が混乱します。また、整備員は部品が異なるし、整備方法が違います。乗員も戦車を変えれば操作方法が異なり、慣熟まで時間を要します。ダボハゼな調達は現場を混乱させ、戦闘力発揮の妨げになります。
元キャプテン
2015/06/16 17:35
E-2Dは空中給油装備を着ける以外にも。艦載機運用をしないなら、主翼を固定化して燃料タンクを増設も可能とメーカーはコメントしています。

トイレ増設や快適装備の充実にも限界はあるでしょうから。

ウエットウイング装備の方が我が国の環境には適しているかもしれません。
海軍亭主
2015/06/16 21:47
元キャプテンさん
意地悪な言い方になってしまいますが、戦車の例だとだからこそ陸自は74式改や90式の性能向上を諦めて10式に傾斜しちゃったんじゃないのかなと思います。
個人的には74式も90式も10式よりカッコ良くて好きなんですがね〜
でも既存装備を改修して使い続けることは細かな仕事をメーカーに落とせますし、経費節減にもなるから無茶な新装備導入よりは良い選択だと思います。

それよりも諸外国と比べて遅れてるように見える歩兵装備の質向上にそろそろ本腰入れて欲しいものです。AAV7やオスプレイ買ってる場合じゃないだろうに・・・
八王子の白豚
2015/06/17 02:31
八王子の白豚様
御指摘ありがとうございます。なんでも新しいものを買うという習性なんでしょう。金のない兄ちゃんがスポーツ・カーを乗り回したり、金のない姉ちゃんがブランド品を買い漁るのと同じメンタリティーですわ・・以前の職場は・・・
友人は父親の車 昭和47年製のスカイラインをメンテナスして43年間動かしていますし、車検も合格しています。自衛隊の高官共に友人の爪の垢でも煎じさせて飲ませたいくらいですわ。自衛隊は国営企業で競争相手もいないし、身分保障で余程のことがないと失職しません。顧客もいない、圧力団体も存在しない、結果責任、説明責任という概念もなく、大学のサークルと同じです。 だって上級幹部がポカしてもクビになりませんし、大日本帝国陸・海軍の遺伝である保身・事流れ主義・前例踏襲主義・官僚主義ですから。 自衛隊の上級幹部を八王子の白豚さんの会社でいち営業マンとして奉公させたいくらいですわ!経営の厳しさを体に染み込ませたいくらいです。全部ではないですが、1・2佐クラスは世の中舐めていますよ!世間知らずを通り越しています。階級章でもの言いますからね!
国防ムラで純粋培養ですから、自閉隊なのでしょう!聡明でリスペクトできる自衛隊の高官もいますが少数派でレアな存在ですが・・
元キャプテン
2015/06/17 17:05
C−130の空中給油機の少なさは大変な問題。
今は1機しかない。どういうことでしょうか。
最低でも8機は必要だと思います。
軍事オタク
2015/06/18 09:46
元キャプテンさん
いやぁ、うちの会社もあまり自衛隊のことは言えないですよ。
何せ新サービスを実施するときに、ネットを見たお客様が知っていることを社員が知らないことがあるのがザラな会社なんで・・・・(^^;)
お恥ずかしい限りですわ。
八王子の白豚
2015/06/21 01:21
お邪魔します。

 突き詰めれば日本人は「論理」では「決められない」という事ではないかと思われます(途中でいくら論理的に思考しても)。具体例としては

「頼むよ」⇒「できません」⇒「そこを何とか」⇒「仕方無いなあ」

といったところでしょうか。そういった決め方をしてきたから「一貫性」「整合性」といったものが犠牲になるわけで。「集団的自衛権」の問題も自分には

政府・与党:アメリカ(自身というよりも仲良くしたい日本人)や中国・北朝鮮の脅威を感じている人達との「和」を保つために認めてくれよ。

野党:「戦争(とそれに関連するもの)ダメ、ゼッタイ」の人達との「和」が保てない(今でも誤魔化してギリギリ)から認められない。

のように思えます。

 後「防空⇒早期警戒機」「島嶼防衛⇒オズプレイ、AAV7」と問題を「個別に」考え、相互の関連性といったものは考えない訳で。
ブロガー(志望)
2015/06/21 15:56
八王子の白豚様
なるほどね!前の職場はあまりにも酷かったですよ!特に老兵という老害が!民営化したらすぐ倒産です。国営だから持っているようなものです。
昔、小隊長時代に体験入隊の教官をした話ですが、申し込んだ企業の社長さんと懇談しました。今度、内の隊員を体験入社させてください。世の中、舐め腐っている馬鹿の根性叩き直したいので!と半分冗談まじりでお願いしました。他所の業界の方は過大評価というか勘違いしています。試合のない運動部、お客様のいない商店、大学のサークルの延長線ですわ!その状態で集団的自衛権という対外試合を挑むんですわ!無謀を超えています。
元キャプテン
2015/06/24 18:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
E-2Dの空中給油機能付加 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる