清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 産経新聞・杉本康士大本営発表 海自の「国産」SH-60Kはスーパー兵器

<<   作成日時 : 2015/05/24 20:50   >>

ナイス ブログ気持玉 24 / トラックバック 0 / コメント 9

【防衛最前線】(29)SH60哨戒ヘリコプター 米軍も驚くクレージーな“ストーカー”
2015.05.22  産経新聞
http://www.sankei.com/politics/news/150522/plt1505220001-n1.html



 例によって産経新聞、杉本記者による国産兵器絶賛礼賛の記事です。まるで戦時中のニュース映画を見ているような既視感。

 三菱重工のSH-60Kを持ち上げているのですが、同機の振動の多さ、SH-60Jに比べて速度が落ちたことにはだんまりです。
 60Kの振動は大きく、これが対潜時に大きな障害となっております。また機器自体にも悪影響を与えております。三菱重工のヘリの振動防止技術が低いことは、MH2000を見ても明らかです。

 そして国産デッピング・ソナーは欧米のとくらべて波長の長い周波数帯を使っているので、浅い東シナ海で中国の潜水艦をロストしていると自衛隊の元将官や業界関係者が証言しております。そして現場も内局も危機感をもっています。
日本のソナーは「尊皇攘夷な愛国者」の方々が思っているほど能力は高くありません。それは「世界艦船」でも元海自の将官も述べております。
 国産兵器を無批判に礼賛するのは幼稚であります。


>「まだ目視で着艦しているのか? クレージーだ」

>海自との共同訓練に参加する米海軍パイロットは一様に驚くという。米海軍パイロットは暗視ゴーグル(NVG)を着けて夜間の着艦を行うが、海自パイロットは自らの勘を頼りに目視で着艦する。暗視ゴーグルを使うためにはヘリの計器や護衛艦の照明を改修しなければならず、多額の予算が必要なためだ。


 時代遅れの装備を「根性」とか「大和魂」とかで補っているという浪花節です。P-1のような役立たずで、お高い玩具を買うからこういうところに予算が回らず、現場のガンバリズムに頼っているわけで、ぜんぜん誇れることじゃないでしょう。それが貧乏国ならば「美談」でしょうが、世界有数の経済大国ですからねえ。

>海自では、夜間や荒天時はなるべくSLASを使うよう指導しているが、パイロットはなかなか従わないという。SLASに依存すればパイロットとしての技量が落ちるからだが、この“クレージーな芸当”がSH60パイロットの誇りを支えている。

 それって「指導」で、「命令」ではないということですよね。確かに「宇宙戦艦ヤマト」的な男のロマンでしょうけど、それで機体やフネを破損させた場合に、誰か責任を取るんでしょうかね。現場を統制できないのは組織として大問題でしょう。

 海自の問題点ですら「爆弾三勇士」的な「美談」にすり替える、産経新聞の愛国心を疑いたくなるのはぼくだけでしょうか。産経新聞のこのような記事は、国民の慢心を冗長し、中国を利するだけです。
 中学時代、北朝鮮をこの世の楽園と宣伝していた社会科教師がおりましたが、産経新聞のやっていることはベクトルが180度違うだけで、同じです。中国を利するのが「愛国」だと仰るならば、何も申し上げることはございませんが。



東洋経済オンラインに以下の記事を寄稿しました。

防衛省の装備調達は、これから大きく変わる
キーマンの防衛省装備政策課長に聞く<上>
http://toyokeizai.net/articles/-/70516
日本の防衛産業は鎖国から開国へシフトする
キーマンの防衛省装備政策課長に聞く<下>
http://toyokeizai.net/articles/-/70529
防衛省装備調達に欠落している"大事なもの"
兵器調達の際に「時間」「総額」の概念がない
http://toyokeizai.net/articles/-/69177

防衛省「パワードスーツ」構想は濫費である
新たに開発する必要がない理由<上>
http://toyokeizai.net/articles/-/68330
「パワードスーツ」の前に防衛省がすべきこと
新たに開発する必要がない理由<下>
http://toyokeizai.net/articles/-/68341

投資8000億円!新戦車は陸自弱体化への道
粛々と進む10式戦車調達の問題点<上>
http://toyokeizai.net/articles/-/66868
文民統制の放棄!なぜ「空母」が生まれたか
護衛艦「いずも」は、護衛能力のない被護衛艦
http://toyokeizai.net/articles/-/64841
自衛官の「命の値段」は、米軍用犬以下なのか
実戦の備えがないため派兵どころではない
http://toyokeizai.net/articles/-/63496

strong>Japan in Depthに以下の記事を寄稿しました

【少女漫画男性主人公に異変アリ】〜ガチムチ、オタク、キモメンらがモッテモテ!〜
http://japan-indepth.jp/?p=18452
【お粗末な自衛隊の「衛生」装備】〜チュニジアでテロにあった女性医官は「特別」なのか?〜
http://japan-indepth.jp/?p=17323
【陸自ファーストエイド・キットが貧弱な件 1】〜陸幕広報は取材拒否〜
http://japan-indepth.jp/?p=17056
【陸自ファーストエイド・キットが貧弱な件 2】〜中谷防衛大臣の答弁に違和感〜
http://japan-indepth.jp/?p=17059




東京防衛航空宇宙時評で以下の記事を掲載しました。


キーマンに聞く 堀地徹防衛省装備政策課長(その1)
http://www.tokyo-dar.com/sfeature/1562/
キーマンに聞く 堀地徹防衛省装備政策課長(その2)
http://www.tokyo-dar.com/news/1566/
タレス、航空機搭載型AEWシステム「CERBERUS」を、MAST ASIAに出展
http://www.tokyo-dar.com/news/1556/
BMTグループ、MAST ASIAに高速揚陸艇の模型を出展
http://www.tokyo-dar.com/news/1547/
JMUディフェンス・システムズ、MAST ASIAで水陸両用車を発表
http://www.tokyo-dar.com/news/1542/
ECAグループ、MAST ASIAに無人機雷処理システムを出展
http://www.tokyo-dar.com/news/1550/





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 24
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
件の記事を大石さんのブログにて拝見しましたが、ただただ唖然とした、としか言いようがありません。何でこうも、産経新聞って自衛隊を気持ち悪くなるほどヨイショしまくるのでしょうね。何か上層部が防衛省に弱味でも握られているのでは?と邪推したくなりますが。しかも、現場のパイロットが指示に従わないことを何ら疑問に思うことなく書いているし。産経新聞の記者の皆さんも業務命令や指導に従わなくても何らお咎めがないのでしょうね、きっと(>_<)。それはそれで、防衛省は今年度から次期哨戒ヘリを開発するわけですよね。今までの経緯を見ても国産するにせよ、ライセンス生産するにせよ、哨戒ヘリとなれば、ほぼ確実に三菱が受注することになるのでしょうね。そろそろ国産にばかり拘らず完成機を輸入して国内で必要な艤装(ちょうど、海保がジャムコで行うように)を施す方向にもっていっても良い気がしますが。あ、そうなると例の航空専門誌辺りの防衛担当記者が「いや、でもライセンスしたほうが稼働率が云々」と言いだしそうですね。
KU
2015/05/24 22:34
最近の保守・右派の論客は劣化しています。左翼の論客と同じ穴のムジナです。この記者はジャーナリストではなく、宗教家です。不都合な部分に目をつぶる。信じたものは正しい。ブライベートはいいですよ。この件は仕事で自分の願望で発言するとは記者として資質を疑います。
元キャプテン
2015/05/24 23:15
SH60Kは対潜哨戒以外の任務を付与し過ぎて、あの機体ではどうしようもないのでは。何で余裕のあるS92をベースにしなかったのか、甲板の強化が必要だからとか、とってつけたような不採用理由が怪しいですね。ディッピングソナーもカタログスペックの「探知距離」を長くしたかっただけで、ネット最速○○bps(インターネットご利用時の実効速度は、お客さまのご利用環境や回線の混雑状況などにより変化します。)と同じでしょう(笑)
マリンロイヤル
2015/05/25 18:32
>>国産デッピング・ソナーは欧米のとくらべて使用周波数帯が大きいので、

周波数帯が大きい、ってのは何ですかね?
金九
2015/05/26 05:37
お邪魔します。
 法や制度や組織といったものは柵・枷ではありますが、同時に己を守ってくれるものであり、そうであるから人はこれらに従うのです。例えば野球やサッカーでは相手選手をどつく事はできませんが、相手選手からどつかれる事もありません。となれば「自分達を守ってはくれない」法や制度や組織に従わないのもある意味当然と思われます。

 中国とかは伝統的に「上(選良)は下(庶民)を獣同然の奴らと思い、下は『所詮上は自分達をそういう風にしか見ていない』と思うある意味「お互い様」の関係ですが、日本の場合「上」は「下」に対してある意味「甘えて」いるように思われます。
ブロガー(志望)
2015/05/26 22:56
> そして国産デッピング・ソナーは欧米のとくらべて波長の長い周波数帯を使っているので、

つまり、周波数帯が大きい=低い周波数帯、という事ですね?
>浅いよく東シナ海で中国の潜水艦をロストしていると自衛隊

誤字報告です
金九
2015/05/26 23:48
金九様

ご指摘ありがとうございました。
キヨタニ
2015/05/27 01:35
もはやどうしようもないですね我が海軍も...
F-35
2015/05/27 19:13
気持ち悪い位のヨイショ記事ですね。
中国海軍の潜水艦が日本領海を侵犯するのも海自がなめられてるからだろうに・・・

浅い海面での対潜哨戒に米軍の「フリーダム」みたいな艦艇を導入することも海自は考えているようですが、あれって役に立つんですか?
当の米軍が調達数をかなり減らしてると聞きますが・・・
八王子の白豚
2015/05/27 22:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
産経新聞・杉本康士大本営発表 海自の「国産」SH-60Kはスーパー兵器 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる