清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 「宗教結社」日本共産党は文民統制の意味を知らず

<<   作成日時 : 2015/04/28 16:17   >>

ナイス ブログ気持玉 24 / トラックバック 0 / コメント 31

文民統制外しは違憲
防衛省設置法改定案撤回を
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2015-04-26/2015042602_01_1.html

>日本共産党の赤嶺政賢議員は24日の衆院安全保障委員会で、政治が軍事に優先する文民統制(シビリアンコントロール)の原則を掘り崩す、防衛省設置法改定案について「現行憲法の下で許される余地はない」と撤回を求めました。

>赤嶺氏は、憲法学者の佐藤功氏が「憲法9条は軍隊や戦争が人権や民主主義を脅かす危険を防ぐため文民統制を極限にまで貫いたもの」と述べていることを紹介。アメリカの指令で日本が再軍備にふみきる過程で、「文官統制」を文民統制の要素にあげてきた歴史的経過について言及し、「アメリカにつき従い、憲法が想定していない自衛隊の海外派遣に道を開き、今度は、海外での軍事作戦の迅速・効果的な遂行のために邪魔になった『文官統制』さえも廃止しようというものだ」と述べ、幾重にも憲法を踏みにじる政府の姿勢を批判しました。


 ホント、共産党って「信者」しか相手にしていない新興宗教みたいなもんです。
ある意味公明党、創価学会と同じで、自分たちの偏狭な「常識」を検証もせずに「事実だ」と他人に押し付けるから嫌われます。

 「官僚統制」と「文民統制」の区別がついていないわけです。それで政党なのっているのってどうでしょうね。
 文民統制とは国民の付託を受けた政治家が軍隊を管理することであり、国民の付託もうけていない官僚が軍隊を管理することではありません。

 それ官僚による統制は中国とか一党独裁国家の「文民統制」です。つまり、日本共産党が政権を取り、自衛隊に忠誠を誓わせれば、日本共産党のいう「文民統制」の姿になります。そういうことを考えているんでしょうかね。怖いですねえ。

 こういう中学生でも騙されないような御託を並べるから、これだけ安倍内閣に批判的な声が大きくなっているのに、共産党はその受け皿になれません。有権者もそこまで馬鹿じゃない。

 まあお下劣な例えで何ですが、AV専門店で普通のスカトロ作品ばかり並べているようなものです。奇特なコアなお客さん以外は寄り付かないでしょう。

 こんな小学生レベルな因縁をつけるよりも、本当の我が国の文民統制の問題点をつついて欲しいものです。

 文民統制のキモは人事と予算です。
 ところが実質的に大臣には防衛省、自衛隊に対する人事権は無いに等しく、また予算にかんしても例えば装備は、何のために幾つが、いつまでに必要で、そのための総額いくらかかるのかも国会は知らされないにもかかわらず、国会は開発や調達を認めています。

 これは自ら文民統制を放棄するに等しいのですが、共産党を含めて野党はこのシステムにオブジェクションを唱えません。
 それでいて「官僚統制」が「文民統制」だと大騒ぎしている。正気を疑われる、やはりカルトな、アレな政党だと想われても仕方ないでしょう。
  共産党が自称する「確かな野党」は、少なくとも現在の共産党にはふさわしくない二つ名でしょう。
 不毛なドクマの連呼よりも、まじめに現状を分析して批判するべきではないでしょうか。
 それが出来ないのが共産党という話もありますが・・・まあカルトな新興宗教が親方の政党も与党になっていることですから、もう少し頑張ってみては如何でしょうか。





東洋経済オンラインに以下の記事を寄稿しました。

投資8000億円!新戦車は陸自弱体化への道
粛々と進む10式戦車調達の問題点<上>
http://toyokeizai.net/articles/-/66868
文民統制の放棄!なぜ「空母」が生まれたか
護衛艦「いずも」は、護衛能力のない被護衛艦
http://toyokeizai.net/articles/-/64841
自衛官の「命の値段」は、米軍用犬以下なのか
実戦の備えがないため派兵どころではない
http://toyokeizai.net/articles/-/63496

strong>Japan in Depthに以下の記事を寄稿しました
【お粗末な自衛隊の「衛生」装備】〜チュニジアでテロにあった女性医官は「特別」なのか?〜
http://japan-indepth.jp/?p=17323
【陸自ファーストエイド・キットが貧弱な件 1】〜陸幕広報は取材拒否〜
http://japan-indepth.jp/?p=17056
【陸自ファーストエイド・キットが貧弱な件 2】〜中谷防衛大臣の答弁に違和感〜
http://japan-indepth.jp/?p=17059


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 24
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(31件)

内 容 ニックネーム/日時
共産党は党の官僚いわゆる政治将校が支配する日本人民軍を目指しているのですかね。共産党が政権取ったら日本赤軍になっちゃうか?
中隊クラスまで政治将校がいて 最終決済まで政治将校、下端は中隊長・政治将校どちらの命令聞いたらいいんでしょうか?船頭多くて船沈むですよ!
元キャプテン
2015/04/28 18:21
元キャプテンの投稿もこれぐらいが読みやすい。
GJ
2015/04/28 20:20
清谷様へ

自衛隊と日本共産党は体質が似ていると思いませんか?上意下達・思考停止・唯我独尊・硬直化・共産主義経済・旧態依然・自閉症等
知り合いの専従の共産党員は自衛官の思考パターンと相違はないです。
自衛官の場合ー上級部隊の指導です。○○司令部が言った。共産党員の場合ー 地区の方針です。党本部が言った。いっそうのこと共産党の私兵になってもいいんじゃないの?似た者同士だから。
あと自衛隊では右翼的思想の人間は排除されるか捨て台詞吐いて去ります。自衛隊の本質は左翼の集団だ!
元キャプテン
2015/04/28 20:43
スカトロ専門店ですか・・
自分は下品・粗野・粗暴な性格です。まぁむさ苦しいヤローばかりの職場=自閉隊で20年間働きました。まぁ下ネタ天国で、野蛮・下品・粗暴な方が多くて染まりました。まぁビートたけしの番組みたいなものです。若い頃チン毛ファイアー!人間ウオシュレットとかの一発芸させられましたし、結婚式の余興で裸になってキャンドルサービスをし、居酒屋やホテルを出入り禁止になったこともありました。私も清谷さんに負けないくらい下品な人間です。何故か下品な方程、仕事ができる 不思議ですねぇ?
元キャプテン
2015/04/28 21:05
日本の政治家は、文民統制どころか官僚を統制する事すら出来てませんからね。
マリンロイヤル
2015/04/28 23:38
お邪魔します。

 「文民統制」という言葉が独り歩きしているように思われます。「戦争=戦闘」では無く内政や外交も絡むもので、軍人は「戦闘のプロ」であっても内政や外交のプロではない以上、「戦闘のプロである軍人」「内政のプロである文官」「外交のプロである外交官」を束ねて全体最適化を図る人間が必要になります。通常それはジェネラリストである政治家が行うのですが、日本の場合政治家は「政界・永田町のスペシャリスト」なので全体最適化が図れない事が問題なのではないかと思われます。

 共産主義は「無知蒙昧な人民どもに好き勝手にやらせるから、不必要な物が生産されたり、必要な物が生産されなかったりする。だから選良である自分達が決め、人民どもはそれに従うべき」といった考えであったように認識しています。ですから軍人すらも「自分達選良に従うべき無知蒙昧の輩」と考えているのでしょう。尤も経済や社会自体が「少数の人間」がコントロールしきれるものではないのですが。
ブロガー(志望)
2015/04/29 07:17
もの凄く切れ味鋭いブーメランを投げまくりですね
感服いたしました
山葵田
2015/04/29 09:34
文民統制は政治主導なのですが
民主党政権では追求したのですが霞が関の官僚には勝てませんでした。
政治家の勉強不足と言えばそれまでですが
日本に政治専門の大学・大学院がないのが文民統制が機能しない原因のひとつではないでしょうか?松下政経塾というものがありますが・・ 官僚に負けないエリート教育が必要ではないでしょうか?
受験資格として年齢制限なし就労経験5年以上、試験は論文・プレゼン・集団討論・履修期間は3年、与野党の秘書実習と行政事務の実習を義務とします。
元キャプテン
2015/04/29 22:50
会社の労組の絡みでメーデーに行って来ましたが、会場では派遣労働法の改悪に反対する声と同等以上に自衛隊の海外派遣について反対する声が多数見られました。
そして相変わらず反対だけを叫ぶ人たちは観念的な話ししかしないので、これではとても賛同できないと思いました。
何で日本で平和運動やってる人って「戦争は悲惨だから〜」で思考停止しちゃうんでしょうね〜
八王子の白豚
2015/04/29 23:49
政治家が役所の人事と予算を掌握するためには、どうすればいいとお考えですか?
真の愛国者ゆりか
2015/04/30 03:34
>政治家が役所の人事と予算を掌握するためには

政治家が自覚を持つしかないでしょう。そのような
人も一部おりますが、事態を動かせるほど数がいない。本来国防に大変熱心な安倍首相こそ興味をもつべきですが、彼は新兵器をずらりとならべれば国防が全うされると思っているらしいので無理でしょう。
キヨタニ
2015/04/30 10:55
清谷様へ

質問1 与野党に関わらず安全保障ー防衛に関してまともな見識を持っている政治家は誰でしょうか?
質問2 清谷さんが文民統制ができる防衛大臣として誰を挙げますか?

妄想ですが橋本徹大阪市長が防衛大臣に就任というのも面白いと思います。 毒劇物の存在ですが、組織改革に期待を発揮すると思います。毒も使い道によって薬になります。防衛省ー自衛隊は抗がん剤みたいな毒薬による治療も必要ではないでしょうか? 少なからず反発して辞める官僚や将官も出てきますが、それは折り込み済みの副作用では?現役の隊員でも大阪市役所の不良・怠慢職員より始末が悪いのも存在しますので、そういう輩が一掃されます。
元キャプテン
2015/04/30 11:16
>政治家が自覚を持つしかないでしょう。

早速のご回答、ありがとうございます。
確かに政治家に自覚してもらわなければ、我々では、どうしょうもないですね。
では、自覚を持った政治家がとるべき具体的政策はあるでしょうか?
真の愛国者ゆりか
2015/04/30 13:12
八王子の白豚様
労働組合の存在意義について? 自分は労働組合法や労働基準法適用除外の職場で働いていましたので労働組合のことはあまり知りません。労働組合は待遇・労働条件の改善、人権保護が目的で共済組合に近い組織ではないでしょうか? 実態は圧力団体や政治の票集めなのでしょう。戦争反対! 別に労働組合だけの特権ではないでしょう。政治に口を出すのはいかがなものかなぁと思います。経営陣と戦ってナンボの世界では? 左翼過激派が煽動しているのでしょう。
元キャプテン
2015/04/30 14:16
>「憲法9条は軍隊や戦争が人権や民主主義を脅かす危険を防ぐため文民統制を極限にまで貫いたもの」

憲法9条は、戦争の放棄と戦力の不保持と交戦権の否認を定めているのもので、文民統制は憲法第66条2項に定められているのですが・・・
つまり憲法9条と文民統制は何の関係も無い。
この佐藤功っていう憲法学者は、本当にプロの学者なんですか?
ひゃっはー
2015/04/30 21:14
再びお邪魔します。

 先の投稿は通常の「文民統制」について述べたものですが、日本の場合は「軍部を民衆が熱狂的に支持したため軍国主義に至った。故に戦闘組織は民衆(と民衆に選ばれた政治家?)と切り離し、文官によって管理されなければならない」で今のような体制になったのではないかと思われます。文官にそこまでやらせるのであれば、国民等に選ばれず自分でなった以上、「政策の失敗で国益が著しく損なわれた時には切腹もあり」にでもしなければ、「リターンとリスクとコスト」が釣り合わないと思います。

 部下が上司に従うのは、もし従わなければ上司は他の誰かにやらせ(あるいは上司自身がやり)、自分の仕事が無くなるからです。日本の場合、高級官僚よりも大臣の方がいくらでも代りがいるようですから、今の日本の政治家が官僚を従える事は不可能ではないかと思われます。
ブロガー(志望)
2015/04/30 22:44
元キャプテン様

そうなんですよね〜、私の考える労働組合は組合員の待遇改善・向上に努力すれば良いだけの存在であって、そのための政治活動などは理解できるんですが、戦争反対だとかひめゆりの塔に行って平和を誓おうだとかってのは個々人が自発的にやるべきことだと思うんですよね。
アメリカによる世界の治安維持にはケチをつける割には中国やロシアの領土拡大を狙った横暴な振る舞いには一切反対をしない、こんな連中の二重基準には正直ウンザリしています。
八王子の白豚
2015/05/09 08:32
八王子の白豚様
軍隊にも労働組合があってもいいのではないでしょうか?政治家活動禁止やスト禁止のように。ドイツや北欧では軍人の労働組合が存在します。隊内のパワハラ・いじめが他国の軍隊と比して少ないです。兵士は労働者であるというスタンスです。労働組合があっても反乱や下克上はありません。日本でも教師や自治体職員の労働組合があります。公務員や公安職でも労働組合があっても問題はないでしょう。自衛隊の場合は待遇改善よりも人権保護の効果があるでしょう。自殺も減ることが期待できます。
元キャプテン
2015/05/13 20:49
元キャプテン様

自衛官たちの待遇改善という観点には賛成ですが、本質的に軍隊の存在と人権は対立する部分があると思います。
兵士たちに労働結社の自由を認めて第1次大戦のドイツ海軍がやらかした様な事が起きる危険性もありますし、敵性勢力の意を受けた人間による有事サボタージュの可能性もあります。
統括する組織が福利厚生や環境改善に努力するのが本来の筋ではないかと思います。

ただ、このブログを見ていればわかることなんですが、防衛省・自衛隊はあまり熱心じゃないんですよね、こういう所は・・・・
八王子の白豚
2015/05/15 00:25
八王子の白豚様 軍隊と人権は両立するのか?この命題は判断に迷います。 確かに規律や秩序というものは求められるでしょう。組織ー会社・法人・組合・政党等であれば共通するのではないでしょうか?
警察官も同様な問題を抱えています。よく元警察官の暴露本を見掛けます。まぁ犬になることを徹底されます。自分も新兵の頃、お前らは軍人と思うな、政治家と官僚の犬だ!奴隷だ!と洗脳されました。
元キャプテン
2015/05/15 22:00
退職後、暴露本で警察を悪しざまに罵る元警察官がいるが、自らが所属していた組織を悪しざまに罵ることは、自らの卑しさを言いふらしているようなものである。

有意義な提言と悪しざまに罵ることは全く違う。
真の愛国者ゆりか
2015/05/16 15:08
真の愛国者ゆりか様

私個人の考えとして辞めて批判することは道理が叶っているのではないでしょうか?
辞めないで現役の身分のまま批判することは矛盾しており、卑怯です。
新人や自分の不祥事を棚に挙げるのを除き、辞めることは組織の体質に問題があり、故に辞職することに決断したと思います。 現役の頃、何やってんだ!と批判する方もいます。地位、権限、能力、パワー・バランスで個人のできることが限られます。経済官僚の古賀さんも同様です。
清谷さんも現役の頃、言いたいことが言えなければ辞めてから言う。ことをこのブログで掲載しています。 貴方の仰る通り、発言するには根拠、提言は義務であることは認めるし、同意します。したがって私は具体的事例、原因の考察、対策や提案をなるべくするようにしています。
批判することは問題意識を持っていることであり、向上する意思があるからではないでしょうか。出版は手段の内のひとつです。あとは読み手の解釈ではないでしょうか?
元キャプテン
2015/05/17 07:30
コメントの流れがテーマから逸れているようなので組織論の話はそろそろ終わりにしませんか?

八王子の白豚
2015/05/17 10:58
民主主義社会において、建設的批判は、社会変革の原動力であって、むしろ奨励されるべき行為である。

しかし、組織に対する自らの不満を口汚い言葉でぶつけるだけでは、世間に自らの卑小さを宣伝しているようなものである。

私は、後者について、「悪しざまに罵る」行為として批判しているのであって、批判全般について、してはいけないと主張しているわけではない。

そのように読めないのだろうか。
真の愛国者ゆりか
2015/05/17 13:41
八王子の白豚様
その通りで論点から外れているので辞めます。
元キャプテン
2015/05/17 13:44
予定調和の言論封殺は墓場の平和である。
真の愛国者ゆりか
2015/05/17 15:19
ま、多少論点がずれることは、誰にでもあることだから、あまり厳格にコメントの基準を適用すると窮屈になってしまうから、エントリーと全く関係ないコメントでない限り、多少の論点のずれは許容範囲だとは思うが(もちろん、それを最終的に判断する権利はブログ主にある。)。

また、当然、議論している当事者同士が納得の上で議論を止めるのなら、第3者としては何も言うことはない。

ただし、コメント欄において、激しい議論になった場合において、口汚く相手を罵るような不逞の輩は論外として、論理的に節度をもって議論することまで止めさせるべきでなないと思う(もちろん、議論を止めさせるかどうかを最終的に判断する権利はブログ主にある。)。

よく町内会の会議などで、2人の間で議論が白熱すると、まあまあなどと間に割って入って、調停者として優位に立とうとする姑息な輩がいるが、議論を封殺して表面上だけの平和を保とうとする行為は、決して民主的とは言い難い。

例え議論が白熱して、一見、平和が乱されているように見えても、それは健全な民主主義のプロセスの一環である(もちろん、他人のブログのコメント欄なのだから、程度問題なのは理の当然)。

議論を封殺するという非民主的な行為で保たれている表面上だけの平和は「墓場の平和」でしかない(繰り返し言うが、もちろん、議論を止めさせるかどうかを最終的に判断する権利はブログ主にある。)。
真の愛国者ゆりか
2015/05/18 05:45
真の愛国者ゆりか さま

姑息な輩ですか、なかなかキッツイお言葉ですね。
それなら良いです。
お好きなだけ元キャプテンさんと議論を続けてください。
どれだけ組織論の話が伸びていくか楽しみに見させていただきますよ。
八王子の白豚
2015/05/19 22:56
民主的な議論とは、自発的に行われるものである。

誰かにやれと言われて行うものだとでも思っているのだろうか。

議論の相手が止めると言っているのだから、これ以上の議論は無理強いであり非民主的である。

さて、重ねて言うが、ここは他人のブログのコメント欄なので各人がエントリーに対する意見を表明するのは自由であり、第一義的には議論の場ではないことは、十分理解している。

しかし、どうしても容認できないことは、誰にでもあるものである。

また、議論を許容してくれているブログ主には、常々感謝している。
真の愛国者ゆりか
2015/05/20 18:38
真の愛国者ゆりか様へ

理論戦=議論はコミュニケーションのひとつだと思いますよ。相手の考えと自分の考えがぶつかり 妥協点や課題が発見できると私は思います。
逆に議論がない世の中の方が危険ではないでしょうか?それは北朝鮮のような独裁国家やオウムのようなカルト教団と同じです。異なる考えがぶつかり反応する。思考の化学反応です。ディベートを取り入れている高校もあります。学力やコミニュケーション能力が向上した効果もあります。自分の主張を発信することは日本人は苦手な民族です。空気を読む。沈黙は美学である。これからの国際社会では生きていけません!
元キャプテン
2015/05/21 20:10
>文民統制のキモは人事と予算

あと、情報公開も付け加えるべきでしょう。そうしないと、有権者が選挙で間接的に総理大臣や防衛大臣を選ぼうとしても、その材料がありません。
まあ、これは文民統制のキモと言うよりも、民主主義のキモと言うべきかもしれませんが。
ひゃっはー
2015/05/28 11:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
「宗教結社」日本共産党は文民統制の意味を知らず 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる