清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS アレな首相の中小企業への賃上げ要求は画餅

<<   作成日時 : 2015/04/03 14:20   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 4

大企業に中小との取引価格改善を要請 「中小も賃上げを」と首相 政労使会議
2015.04.02 産経ニュース
http://www.sankei.com/politics/news/150402/plt1504020038-n2.html

>「景気回復の風が全国に届くかは、中・小規模事業者が賃上げに踏み込んでいただけるか否かにかかっている。最大限の努力を図るようお願いしたい」

>会議で安倍晋三首相はこう強調した。その上で、この日の決定を踏まえ、大企業の協力の下、中小企業も可能な限り賃上げに取り組むよう要請した。


>また、サービス業の収益改善につなげるため、小売業や飲食業など分野ごとに官民の協議会を設立し、生産性の向上策を検討することも決めた。


 まあ難しいでしょうね。手脚を縛っておいて海に放り込まれて、泳いでみせろと。溺れるのは自己責任だ、それがアベノミクスです。

 中小零細企業の約6割はサービス業と言われております。アレ首相がアベノミクスを言い出して以来、輸入コストが1.5倍に跳ね上がっております。

 GDPの約6割の個人消費はエネルギーを元より、食品、生活関連用品は輸入に頼っています。
 
 このコストアップを輸入者、流通業者、小売業者、消費者の各階層で負担しています。洋服を売るのは小売業、サービス業ですが、日本国内に流通する洋服の96パーセントは輸入品です。ファッション業界やら雑貨業界は大変です。また食品業界でもこの4月から値上げが相次いでいます。その分消費は影響をうけるでしょう。

食品値上げじわり 乳製品・ドーナツ…
2015年04月01日 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/kyushu/news/20150401-OYS1T50040.html

「すき家」 4月中に牛丼を値上げへ
かつては200円台だった大手3社の並盛の価格は、
いずれも300円台でそろう形
2015年4月2日 2時16分 NHK ニュース・ウェブ
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150402/k10010035751000.html




 つまり消費者商売の会社は、仕入れ原価の上昇と消費者の買い控えで、利益が減っております。確かに日本のサービス業は効率、収益率が悪いのですが、アベノミクスで利益が圧迫され、更に収益率が低下しています。 
 会社の構造改革には原資(オカネ)が必要ですが、その原資が削られているのが現状です。そして厚生年金未加入の企業に加入を強制する措置を政府は実行し始めました。無論、法的・社会保障上は正しいのですが、これまでお目こぼしを受けてきた企業にしてみれば単なるコストアップです。政府は加入しないと資産の差し押さえまでやると言っておりますが、それで潰れる会社も多いでしょう。

 そして、アベノミクスの手柄ではない完全雇用に近い状態ですから、人件費も今後上がるでしょう。であればコストアップによって、倒産する企業が増えるでしょう。

 そうなれば賃上げどころじゃないでしょう。国立大学法人政策研究大学院大学教授(公共経済学・経済政策)・公益財団法人日本生産性本部副会長(経済成長フォーラム座長)、つまり安倍政権の経済ブレーンの一人・ 大田弘子氏 は、生産性・収益率が悪い中小零細企業で、アベノミクス実施後に業態転換を出来ない企業、業態転換をする資金が無い企業は潰れろとすら仰っております。

 アベノミクスで収益を圧迫しておいて、どの口がそれを言うかね?と思うのですが、実際にビジネスをやったことがない人は気楽でいいですよね。

 以前、外国人記者向けの大田弘子氏のブリーフィングを聞いたのですが、終わった後、ぼくは彼女に「企業の負担している不動産の保証金に関してどう思われますか。」と尋ねたら、一瞬ポカンした顔をして「国交省に聞いて下さい。」と答えました。

 事務所や店舗などの不動産の保証金は、実は中小零細企業、特にサービス業の経営効率の圧迫しております。20ヶ月30ヶ月の保証金を取られることも多い。日本の不動産賃貸は貸し手・借り手両方にとってリスクが大きいので、このような金額になります。そしてこれは借り手の資金が拘束されるだけではなく、大家が使い込むか破産すれば返ってきません。つまり不動産の借り手にとってもリスクが高いわけです。

 資本金1千万円の会社が、家賃10万円で10ヶ月の保証金、店舗が20万円で、20ヶ月の保証金を取られれば、それだけで700万円が喰われます。この700万円は働いてくれないお金です。これでは資金繰りは大変になることは明白でしょう。あと事業用物件では、「償却」という名目の、法律的には何の根拠も無い、ただ大家が預かった保証金のあるパーセンテージ(10パーセント〜30パーセント、とか)を契約終了時に借り手に返さない『不当利得』が、不動産業界を闊歩しており、野放しになっております。この「償却」条項を借り手が呑まないと大家は契約しないと、大家の誰かが思いついたのでしょう、今では大家たちの多くが見えないスクラムを組み、この一方的で不合理な保証金の一部の『剥ぎ取り』を既得権益化しております。政府はこの「償却」も契約時に遡って無効とする法律・規則を制定し、非生産性のベースとなっていてる高額の保証金を、さらに大家が取り上げてぶんどってわたくし化する前近代的な悪習を一斉にパージしなくてはなりません。また裁判所も、「償却」については借り手を勝たせて判例を積み重ね、判例法化しなくてはなりません。
 このような不透明な慣行はまた、外国の小売業の日本への投資の妨げにもなっています。
 大田弘子氏はこのような現実を全く理解していない、ということです。過日ぼくは経済評論家の中原圭介氏にこの保証金の話をしたら、全く同意見だと仰っておりました。

民間にある「埋蔵金」商業不動産の馬鹿高い保証金
http://kiyotani.at.webry.info/200810/article_6.html
店舗・事務所の出店時に必要な保証金が過大すぎる
http://webronza.asahi.com/politics/articles/2011012800013.html


 畳の上の水練しかしたことのない人間が、実際に泳いでいる人間にあれこれ上から目線で指示や不利益を強要しておいて、溺れたら自己責任だと強弁しても経済は良くなりません。



Japan in Depthに以下の記事を寄稿しました
【陸自ファーストエイド・キットが貧弱な件 1】〜陸幕広報は取材拒否〜
http://japan-indepth.jp/?p=17056
【陸自ファーストエイド・キットが貧弱な件 2】〜中谷防衛大臣の答弁に違和感〜
http://japan-indepth.jp/?p=17059

東洋経済オンラインに以下の記事を寄稿しました。

文民統制の放棄!なぜ「空母」が生まれたか
護衛艦「いずも」は、護衛能力のない被護衛艦
http://toyokeizai.net/articles/-/64841
自衛官の「命の値段」は、米軍用犬以下なのか
実戦の備えがないため派兵どころではない
http://toyokeizai.net/articles/-/63496



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
>>大田弘子
この人物が居る限り景気回復は無いと思います(笑)
マリンロイヤル
2015/04/05 22:17
アベノミクスの中心にいるエコノミストの人達って何でこんなのばかりなんでしょうね・・・・

アレ首相のオツムのレベルも推して知るべしですな。
八王子の白豚
2015/04/07 22:25
もし円安がアベノミクスのせいであるなら、完全雇用も内需企業の苦境もまさにアベノミクスのもたらしたものであり、彼等が意図して狙った(彼等にとって)正の成果です。
私は円安は究極には日米の相対的ファンダメンタルズを反映したものなので、民主党政権が続いたとしても円安は不可避だったと思いますが。
日本は格差の少ない平等社会ではありますが、既得権が非常に強い社会でもありますので、少子高齢化でツケを回す若い人が減った場合、経済は急激に悪化します。一旦、大企業の正社員や公務員になってしまえば、どんなに無能でも解雇も賃下げも困難です。年金はデフレで実質国民負担が増加しても、下げる事は困難です。兼業農家がコストの高い趣味農業を続ける権利も保護しなければいけないので、補助金も減らせません。
この政治的に解決不能の問題を一気に解決するのが、円安インフレです。年金や補助金をカットしなくても名目GDPとの比率で下げる事ができます。輸出企業からすれば売上に対する人件費の比率がいきなり3割下がるのですから、その分で若い人たちの賃上げや新規雇用ができて完全雇用になります。
もちろん本来は円安インフレで一方的に内需産業や全国民から、輸出産業に富を移転するのでは無く、構造改革で既得権をカットしたり、内需でも外需でも平等に競争力のある企業を伸ばしそうで無い企業に取って変わってもらう事が理想です。でも自分の職は、年金は、おらが村や故郷への公共事業や補助金は政治の力でアンフェアにでも守って欲しいと言う人が大勢を占める限り、それは実現しません。それを前提にすれば、アベノミクスは現状で望みうる限り最も理想的で効果を上げている経済政策である事は事実です。
その「前提」を覆すには、やはりジャーナリズムが今清谷さんがこうして記事にされているように、既得権や不合理を啓発するしかないと思います。
X
2015/04/09 00:46
お邪魔します。

 周囲のお膳立てに乗ってきた人間は、それが「当たり前」になっているというか、有権者すら「自分の取り巻き」ぐらいに思っているのではないでしょうか。「景気が良くならないと俺がボロクソ言われる」といった感じで。

 投資家も有権者もせっかちというか「5年後、10年後やその先なんかよりも(その頃には政治家はその地位にはいない?)今すぐ景気を良くしろ、儲けさせろ」になっているように思われます。「今すぐに結果が出せる」事など殆ど無いので、「未来と引き換えに今をちょっと良くする」「見えない部分にしわ寄せして見える部分を良くする」「言葉を駆使してそれらしく思わせる」しか無いのではないかと思われます。「戦える体制を構築する」のには時間がかかりますが、「高額兵器の買い漁り(機能するしないは度外視、ほとぼりが冷めたら黙って引っ込めるのも可)」は「すぐ」できますから。
ブロガー(志望)
2015/04/11 23:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
アレな首相の中小企業への賃上げ要求は画餅 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる