清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 国産戦闘機が初飛行へ、 いやソレ、戦闘機じゃないから。

<<   作成日時 : 2014/12/30 13:25   >>

ナイス ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 52

>戦後初となる国産戦闘機の開発に防衛省が本格的に乗り出す。三菱重工業に研究開発を委託している試験機は、計画通りにいけば来年1月中旬に初飛行する。防衛省は2015年度から性能試験を実施し、実用化の可否を18年度までに判断する方針だ。同省幹部は「国産戦闘機は長年の悲願。何としても実現したい」と熱意を示す。

国産戦闘機が初飛行へ=国際共同開発も視野―防衛省
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141228-00000032-jij-pol

 戦闘機じゃなくて実証機ですから。知らない人だと読んだらこれをそのまま量産化すると勘違いするでしょう。まあ実証試作と、量産を前提にした開発は技本でもあやふやといってしまえばそれまですけども。
 それに戦後初の戦闘機は三菱F1ですしね。

>防衛省が国産戦闘機の開発に執念を示す背景には、国産機をベースに将来的な国際共同開発につなげたいとの思惑もある。「最低でも5000億円」とされる多額の開発費を調達するため、共同開発は世界的な潮流だ。

「最低でも5000億円」というのは随分と楽観的な数字です。率直に申し上げて無理です。マトモな戦闘機は開発できません。今までもF−1、F-2もソレで失敗しています。ロシア、インド連合軍のT-50でもそんなはした金で済んでいません。

 機体、アビオニクス、エンジンを全部やるわけですからどんなに少なくとも一兆円はかかるでしょう。下手をすれば2兆円以上。しかも我が国の開発力ですからそれでもマトモなものができるかどうか。
 これまで我が国は本来一兆かかる案件を3千億とか2千億ぐらいで済ませてきたから、まともなリサーチも、基礎研究も、実験もやらずになんとなく他国のそれらしい製品みたいなのをつくってきたわけです。
 しかも少ない予算を天下りがいるあっちのメーカーに配り、こっちのメーカーに配りするので更に効率が悪くなり、実質的な予算は更に少なります。その典型例がFFOSです。

 しかも実戦のデータは全くない。それを他国から買おうともしない。

 F-2戦闘機はまさにそれでした。これを「対艦番長」とかもてはやして、礼賛するのは夜郎自大もいいところです。それほど優れている機体ならば空幕は生産機を減らしはしませんよ。政治が減らせと言っても、頑としてはねつけたでしょう。海幕が当時の石破長官を押し切ってP-1の開発を始めたのをみればわかるでしょう。
 それだけ空幕もF-2はアレな機体だと認識していたというわけです。

 防衛省が問題は無いと言っているから名機だ、というリテラシーの低さと、盲目的な愛国主義、選民主義の超合金ほど迷惑なものはありません。

 そもそも米空軍と同じ玩具が欲しい病で、まともにリサーチも行なわず、はじめにF-22だF35だと選定機種を決めているようなアレな組織にマトモな戦闘機の開発や運用構想が描けるのでしょうかね。そこ、普通に疑問に思うでしょう?
 
 他の装備もそうですが、研究開発費がいくら、何年後までに何機(何個飛行隊)をいくらで調達するのかという、構想も、プロジェクトの総額も明示されない、寿司屋の時価みたいな納税者を舐めた開発や調達をやるつもりです。コスト意識の欠片もない。

 F-2にしても新戦闘機というのは羊頭狗肉です。実質的機既存機の近代化にすぎません。普通近代化は自国で使用しているよく素性の分かった機体を使用します。ところが触ったこともない機体を選んでしまったのでコストがかなり高くなった。例えば南アやイスラエルみたいに既存のミラージュをベースに開発すれば開発コストだけではなく、運用コストも大幅に抑えられますが、F-2はその逆ですから運用コストもかかりまくりです。
 
 この時にソースコードの開示をアメリカ政府から拒否されるという二階に上がってハシゴを外されるような目にあったのですが、F-22やF-35を売って下さい、浮気はしませんと犬のようにしっぽをふってアメリカ様に擦り寄たのですから、安く見られて当然です。しかもオフセットも要求しない。
アメリカは我が国を単なるカモだと思っているでしょう。カモを盟友と思いますか?


 加えて申せば、F-35を選んだ段階で国内の戦闘機生産基盤をあらかた捨ててしまったわけです。戦闘機生産基盤を維持するのであれば、FX選定を先延ばしせず、ユーロファイターか、F/A 18を選んでライセンス国産をすべきでした。しかも防衛省が当てにしていた三菱重工がコンポーネントの生産から降りてしまった。我が国でやるのはガンプラの組み立てと同じレベルで、技術移転も極めて限定的です。
 これだけ屈辱的な扱いを受けておいて、F-35を導入した「ライセンス国産」だと喜んでいるわけですか、アメリカ様からみればカモというよりもカモネギです。

 一旦失った生産基盤を復興するのですから新型戦闘機の生産には余計にコストが掛かるでしょう。

 つまり、空自の人たちは優先順位を決めることも、装備調達のグラウンドデザインもないということです。アメリカ空軍同じ玩具が欲しいだけです。

 カネがないのであればイスラエルみたいにアビオニクスと兵装だけは自国でやるとか、何かを諦めるしかありません。あるいは陸自の3個師団ぐらい潰すとか、海自の護衛艦を何隻か減らすとか。
 そのような戦略的な決断ができず、あれも大事、これも大事と組織内政治ばかりやっているから、予算が広く薄くばらまかれ、どれもこれも中途半端になります。故に戦闘集団としてのケイパビリティが低下しているのです。

 せめて実証機をショーケースとして、アメリカ以外の他国との共同開発こそ真剣に検討すべきです。ですが、アメリカ様というDV亭主に洗脳されているかの我が国の政治家や官僚にそのような決断を期待することは難しいでしょうけども。




東洋経済オンラインに以下の記事を寄稿しました。
「駐在武官」を機能させるために必要なこと
増員だけでは強化にはならない
http://toyokeizai.net/articles/-/55366

『なぜ自衛隊は「暴発する機銃」を使うのか』
2014年11月09日
http://toyokeizai.net/articles/-/52889

アパッチ攻撃ヘリの調達、なぜ頓挫?
問われる陸自の当事者能力
2014年11月02日
http://toyokeizai.net/articles/-/51971

オスプレイ選定の不透明、対抗馬は商用機?防衛省は「複数候補から選んでいる」と強弁
2014年10月26日
http://toyokeizai.net/articles/-/51614

御嶽山への自衛隊派遣、口を挟むとサヨク?必要なのは事実に基づく冷静な議論
2014年10月05日
http://toyokeizai.net/articles/-/49744

戦傷者は「想定外」という、自衛隊の平和ボケ
「国内では銃創や火傷は負わない」との前提
2014年09月17日
http://toyokeizai.net/articles/-/47994


strong>WEBRONZA+に以下の記事を寄稿しました。
厚生年金強制加入は、景気をさらに悪くする
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2014111400007.html?iref=webronza

Japan in Depth に以下の記事を寄稿しました。
【防衛省・高機動パワードスーツ開発は税金のムダ】〜装備開発の在り方、抜本的に改めよ
http://japan-indepth.jp/?p=12178

【防衛駐在官の質の向上を図れ】〜外務省出向システムでは機密情報が防衛省や内閣府に届かない?〜

http://japan-indepth.jp/?s=%E6%B8%85%E8%B0%B7%E4%BF%A1%E4%B8%80









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 17
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(52件)

内 容 ニックネーム/日時
自分の認識では運用構想・ドクトリンをベースに必要な数や編成を割り出しn調達n開発
という逆行的に装備体系を考え、財源、時間、生産基盤というものがあるのではないでしょうか?
記事を読んで気まぐれの大人の事情があると思います。
経営という視点と意思決定のプロセスの公開はいうまでもありませんが、主婦の買い物より程度が低く、禁治産者のような買い物です。
何千億〜何兆円というプロジェクトで国会で審議されないのでしょうか?
うちの地元では市の一定金額の事業について市民代表や有識者が審査しています。
清谷さんが野党の代議士や会計検査院検査官、財務省の主計官に軍事的な基礎知識をレクチャーすると少しは状況が変わるのではないでしょうか?
あと将官昇任の資格としてMBA経営修士とか防衛大学校に経営学科を設置する等教育の面から改革が必要だと思います。 退官した自衛官もせっかく身に付いた軍事知識を活かし、出版して情報発信すべきです。
以上の努力をすれば、何千億かの予算は節用できるはずです。
元キャプテン
2014/12/30 15:39
>F-35を選んだ段階で国内の戦闘機生産基盤をあらかた捨ててしまったわけです。戦闘機生産基盤を維持するのであれば、FX選定を先延ばしせず、ユーロファイターか、F/A 18を選んでラ国でもすべきでした。

輸入品を珍重される清谷氏としてはラ国も反対されるのではないでしょうか?
また欠陥が判明したユーロファイター、ラインが閉じられる予定のF/A-18等を選定していたら昨今の中国のステルス機開発状況を鑑み今頃非難していたのではないでしょうか?

>しかも防衛省が当てにしていた三菱重工がコンポーネントの生産からおりてしまった。

少数生産のわりに設備投資に100億ぐらいかかりそうなので初度費くれって話しです
国としては初度費を出してもその製造した部品を輸出もできその利益が企業側だけに入ることに異論があり、話しが纏まってないだけですね
FACOは三菱重工が受注してますので、これだけ読むと三菱重工がF-35から降りたと捉えかねないミスリードになるのでご注意を?
はてな?
2014/12/30 20:07
オスプレイその他を導入(というか、まだ正式には「機種選定中」とアナウンスされている最中から)する際もそうでしたが、こうした報道をするマスコミな皆さんは、何ら調べることなく、ただ防衛省側から渡されたペーパー通りの「大本営発表」を報じるだけなんですね。それで高給取りとは、いや羨ましいかぎりですわ。
KU
2014/12/30 20:28
>輸入品を珍重される清谷氏としてはラ国も反対されるのではないでしょうか?

おそらく2ちゃん当たりで仕入れた印象だけで、判断して欲しくないですね。あなたがFXに関するぼくの記事を読んでいないでしょう。

>少数生産のわりに設備投資に100億ぐらいかかりそうなので初度費くれって話しです

普通の国はその話をF-35を採用するまでに詰めておきます。それをせずに初めにF-35調達ありきで話をすすめた防衛省の当事者能力の欠除です。この件もぼくの責任だと?


>三菱重工がF-35から降りたと捉えかねないミスリードになるのでご注意を?

どこかでしょうか?
ぼくは以下のように書いております。

>三菱重工がコンポーネントの生産から降りてしまった。我が国でやるのはガンプラの組み立てと同じレベルで、技術移転も極めて限定的です。

まともな多少の軍事の知識と普通の日本語能力があれば誤読はしないと思いますが。

ぼくはできるだけ真摯であえれば初歩的な質問や疑問にも答える方針ですが、このような最低限の日本語能力がなく、過去の記事も読んだことがないのに印象だけで決めるけるコメントに答えるのは、時間の無駄だと思っておりますのでご自身で一度コメント内容を再考していただくことを望みます。
平たく言えば人の時間を無駄にするな、ということです。

キヨタニ
2014/12/31 13:34
まあ、世界でも数少ない第5世代戦闘機をいじるのは今後を考えると良い経験になるでしょう。
ですが国産することを真剣に考えているならF35は選択肢としては微妙なところでしたね。
ライセンス国産(ラ国ってネット略称はあまり好きじゃないです)にしたところで、技術移転がどの程度期待できるか怪しいもんです。
F2の時みたいにあちらが欲しい技術だけ分捕られたり吹っかけられて高い買い物の割りに役に立たない、なんてことになりませんかね?

F35もその性能的な優位性がどこまで続くか怪しいものですし・・・
八王子の白豚
2014/12/31 14:36
清谷様へ

この記事の肝は防衛省・自衛隊の経済・経営という概念やセンスがないことを憂いているのではないのでしょいか?清谷さんが会社を経営しているので、余計なんじゃ、これは!と感じるのではないでしょうか?
自分の先輩である元将官のオッサンが中学生以下の経済観念で防衛を語り、笑い者になったりしています。 自衛隊は人件費タダだからよ〜!無駄で、不必要な仕事をし、疑問に感じない戯けも存在します。
年収500万以上の収入で、ギャンブルによる負債で自己破産しただらしない馬鹿もいます。 将から2士まで中学生以下の経済学の知識と感覚しかないのが問題ではないでしょうか?
提言1 財務官僚を防衛省に出向 財政再建
提言2 公認会計士、税理士、リストラされた銀行員を幹部自衛官に採用、調達・会計業務に当たらせる。 提言3 防衛大学校の理工学部を削減し、経済・経営学部を創設する。
提言4 将官の昇任条件をCGSだけでなく、MBA経営修士号を加える。 提言5 幹部に任官後3年以内に半年間民間企業に出向という名の修行させる。
自分の格言 経済学なくして軍事は語れない!
元キャプテン
2014/12/31 17:06
場外の皆様。
C-2は滑走路600mで離着陸出来るのですか?
タイフーンがインドへのライセンスで一機230億円なら、それよりも間違いなく高いF-35を日本でも一部生産するとなると、一機350億円ぐらいまでいきそうですね。そして、少数運用で維持費も高騰するでしょうし、F-35が最善の選択なんでしょうか?
その辺りも考えないと、清谷先生を論理的に批判してるつもりなんでしょうが、単なる悪口にしかなってないですよ。
それに、装備は全て輸入しろなんて、言うてませんしね。
T
2014/12/31 18:34
2ちゃんはキヨタニさんへの悪意ある書き込みばかりなんで信用するに値しないですよ。
以前、キヨタニさんの意見は逆張りするが正しい?そんな馬鹿なといっても、2ちゃん中毒の軍オタたちには馬の耳に念仏でした。
xdfgbhんj
2014/12/31 21:23
何も考えずにF35の導入を決定した人々に戦闘機の開発をやらせるのって、オラウータンに核ミサイルの発射ボタンの拭き掃除をやらせるのと同じくらいヤバいじゃないですか。
ひゃっはー
2015/01/01 10:26
ライトニングUの極東における整備基地が名航小牧南になったのは、防衛省が対米で上手く立ち回った成果だと、ある軍事評論家が褒めていた。

確か、ライトニングUの整備を任せられることで、技術的にも得るものが多いとも書いていた。

どの軍事評論家か忘れたが。
真の愛国者ゆりか
2015/01/01 20:20
新年あけましておめでとうございます。
チャイカですが、小生の投稿に対し、主様を筆頭に
皆様方からのご指摘を頂き、ありがとうございます。
本年も宜しくお願いします。。

>アメリカは我が国を単なるカモだと思っているでしょう。カモを盟友と思いますか?
ですが、どこの国とて、自国の利益が最優先です。
一方、米国に取って、日本列島は大陸からの防壁かつ、足場です。
おかしな事をし続ければ、その存在が危うくなることを弁えぬ程、抜け作でもなかろう。
また、日本側とて、過去、自国の立場を利用し、
言うべき事を言っていたのでは?
現に宮沢政権の頃、コメの自由化を迫る米国に対し、余り度が過ぎると社会党(当時)の勢力が増す
と警告し、その主張を抑えた事が有りますから。
まぁ〜防衛分野では、まだまだかも知れませんが、
防衛とて、最終的には、政治が鍵ですし。

それから、xdfgbhんj様とひゃっはー様へ、
2ちゃんねるは、見るに堪えぬ投稿がある一方、海外での貴重な見聞(実弾射撃や政情不安定で日本から遠い国々の旅行体験他)等があり、玉石混合ではないでしょうか?
また、前にも述べましたが、F35の導入については、現在のみならず、20年後、即ち西暦2035年の事等を見据えた上での決断では?
今から、20年後、即ち西暦2035年の世界が、どのようになっているか?
当然判りません。
しかし、中露、特に中国は、いつまでも第4世代+までの機体が最新鋭機の座にいるわけではないですから。
チャイカ
2015/01/02 06:39
空自は、防御力も補給力も貧弱な航空基地を何とかする気は全く無いんですね。
マリンロイヤル
2015/01/02 07:05
2ちゃんあたりの印象というか
キヨタニ先生の過去の検討外れな見解は
実証機を戦闘機と言ってる方とたいして変わらないというのが本音ではないでしょかね。
誤字脱字の多いキヨタニ先生の事なので
実際はどうかは知りませんが、
取材した時も裏取りや再確認などという作業はしてないのではないかという印象ではないでしょうか。
ノン
2015/01/02 09:41
田母神さんの著書でFSX 現在のFー2の開発の話題が出た時、空幕防衛部の2〜3佐のスタッフでアメリカの圧力でFー16の改良型になったらしいです。また、機体の素材やレーダーの技術がアメリカに持っていかれたらしいです。Fー35の導入は対米依存を強め、航空産業の基盤を失いかねないと主張しています。空幕長時代、安倍総理にユーロ・ファイターの導入を進言したらしいです。
思想や政治的な主張は同意できませんが、防衛の中枢に関わり、航空総隊・BMD司令官、空幕長を歴任した方なので、信頼性のある情報です。まがりにも4つ星の空軍大将になった方で、政治や経済に無知でも、軍事のプロです。軍事的見識は清谷さんにも勝るとも劣らないと思います。
元キャプテン
2015/01/02 13:37
なんか太平洋戦争前の海軍のどっちつかずというか、八方美人な感じがします。Fー35をライセンスする一方で国内開発?支離滅裂です。空自の組織文化ではありませんが。
旧海軍では、零戦を主体とする航空決戦派と戦艦大和・武蔵を主体とする艦隊決戦派みたいなものです。
輸入・ライセンス派=航空派、国産派=戦艦派に近い構造ではないでしょうか?
元キャプテン
2015/01/02 13:48
チャイカ様へ
あなたの説によると、空幕は2035年の世界がどうなっているのかは当然わからないが、2035年の世界を見据えてF35を導入したということですか。
言われていることが矛盾しています。
ひゃっはー
2015/01/02 21:46
チャイカ様。
皆様が言っているのは、清谷先生の専用板の事かと思います。
あと、自国の立場を〜ですが圧倒的に米国の主張が通っていると思います。
防衛関連だけでなく、為替や貿易などです。

ノン様。
>本音ではないでしょうかね。
御自分はどのような視点から物を言ってらっしゃるのですか?
>過去の検討外れな見解
具体的事例を上げて反証しないと、単なる誹謗中傷としか捉えられず、誰にも理解されませんよ?
公に目に触れる所に書き込む以上はそのような事を意識しなければならないと思います。
>実際はどうかは知りませんが
仮定で話をするのは如何なものでしょうか?
>してないのではないかという印象ではないでしょうか。
こちらも、あなたの立場が不明瞭ですよ。
その上『ない』を使用しすぎですよ。

御自分が思ってらっしゃる程、日本語能力は高くないと感じられます。

わかりやすく纏めさせて頂くと、まず御自分の事から始めましょうと云う事です。
T
2015/01/02 23:51
チャイカですが、拙投稿に対し、ひゃっはー様とT様からのご指摘ありがとうございます。

整理するならば、確かに20年後の未来は判りません。一例としてあげるならば、1971年の時点で、ソ連が崩壊すると予測は…。
とは言え、航空防衛では、カウンターステルス能力は今よりも確実に向上するにしろ、ステルス機の開発、配備が停滞するとは、とても思えません。
なぜなら、中露、特に中国は、ステルス機を2機種同時進行で、開発等を行っています。
その為、いつまでも第4世代+までの機体が最新鋭機の座にいるわけではないでしょう。
ですから、日本がF35を選択したのでは?

後、2ちゃんねるの主様スレですが、見るに堪えぬ投稿がある反面、XT-2/FS-T2改(F-1)とFS-X(F-2)開発時の予算超過の有無等に触れており、これまた、
玉石混合では?

唯、日本の対米交渉は、力関係の差はあるにしろ、
アメリカが圧倒的優位なのは、確かです。
しかし、コメの問題以外にも、内乱介入条項等が含まれ、日本側に著しく不利な旧安保条約の改定に成功した事等も有りました。
ですから、日本側とて、過去、自国の立場を利用し、言うべき事を言っていたのでは?と述べたのですが。

チャイカ
2015/01/03 02:43
★チャイカ様へ

新年明けましておめでとうございます。昨年は、貴重な助言や意見を賜り、ありがとうございます。今年もよろしくお願いします。 チャイカ様に御奨励の著書があります。自立する国家へ 田母神元空幕長と天木元レバノン大使の共作です。 大使と四ツ星の将軍の外交と防衛の重鎮が対米追従の歴史〜日本の自立まで本音を語り合う 一読の価値がある本です。 国家の自立と個人の自立は似て非なるものがあります。自立とは意思決定の〜経済の自立〜安全保障の自立、個人の自立は意思決定〜生活の自立〜経済の自立〜人間関係の自立 国家も人間の集合体であり、最大の人間社会です。外交関係も人間関係と本質が変わらないと思います。
チャイカ様は保育園で働いるとお聞きしましたので、自立するという言葉の真意は理解していると察します。 日本は、敗戦から70年、経済大国になりました。しかし、外交・防衛はアメリカの言いなりで、アメリカの属国とかアメリカのポチと揶揄されています。講和を結ばれて60年以上、外国の軍隊が駐留し、上納金=思いやり予算 4000〜5000億を貢いでいます。アメリカは対等なトモダチなのか?この現状は異常でしょう! 人間も40歳、50歳になって、親の言いなりになるのはみっともないでしょう。これが日本の現状です。チャイカ様が相手している保育園児は、体力も未熟でソーシャルスキルも身に付いていない保護国・植民地の状態で、一人立ちするまで大人の保護、教育、援助が欠かせないと思います。チャイカ様の考える人間の自立とは教えてください!
元キャプテン
2015/01/03 08:22
2ちゃんも玉石混交だけと、ここもレベルは同じでしょ。何ら変わらないね。
熱意は認めるけど、日本語能力が低く何が言いたいか理解しかねる自称元自幹部、何かと人の揚げ足をとったり、挑発的言動を繰り返し、議論や情報交換の場であるという趣旨がどっかいっちゃってる人、裏取り、根拠提示はすごく大事で異論はないけど、それを強調するわりには、推測、思い込み、根拠希薄で、反論、指摘があると、たまに素直になるが、ほぼほぼ人格障害者かのようなオーバートークで反論攻撃する人など、2ちゃんと住人のキャラが完全に被ってますね。
傍観者
2015/01/03 09:17
2ちゃんも玉石混交だけと、ここもレベルは同じでしょ。何ら変わらないね。
熱意は認めるけど、日本語能力が低く何が言いたいか理解しかねる自称元自幹部、何かと人の揚げ足をとったり、挑発的言動を繰り返し、議論や情報交換の場であるという趣旨がどっかいっちゃってる人、裏取り、根拠提示はすごく大事で異論はないけど、それを強調するわりには、推測、思い込み、根拠希薄で、反論、指摘があると、たまに素直になるが、ほぼほぼ人格障害者かのようなオーバートークで反論攻撃する人など、2ちゃんと住人のキャラが完全に被ってますね。
傍観者
2015/01/03 09:18
お邪魔します。

 三菱がMRJにチャレンジしているのは、リーガルジェット機の市場が拡大するとの予測に基づいているからと思われます。もしこれが「椅子取りゲーム」状態であれば、既に座っているボンバルディアとかが圧倒時に有利です。

 兵器は本来「何の付加価値も生まない消耗品」ですが、往年の戦艦は大国を以てしても建造及び維持は容易で無くなり「消耗できない消耗品」になってしまいました。昨今の戦闘機等もあまりに高額になり過ぎて、「数を揃える、消耗する」事が困難になりつつあるのではないかと思われます(機種を統合して数を確保する事で解決を目指したのがF35?)。

 市場の拡大がそれ程期待できないというか「椅子取りゲーム」状態の中、「新参者」に入りこむ余地があるか疑問に思います。アメリカが金融緩和を見直したらBRICs関連の株価が下がったという事は、BRICsは未だ先進国に代る世界経済の成長エンジンには成りえていないという事でしょう(T50もどうなるやら、喧嘩別れのリスクも抱え)。「付加価値ではなく必要性でやる」のなら負担可能なコストの範囲内でするしかないですが、巨額の財政赤字を抱える中、こちらも「新参者」に入りこむ余地があるか疑問に思います(サンゴを奪われ、島を奪われるかもしれない中で)。

 余談ですが「将来どうなるか分からないから、現時点で最良(と思われる)のものを選ぶ」という選択ではないかと思われます。しかし高いから(状況やニーズにとって)良い物とは限らないのは世の常です。それこそ「想定の範囲外」になるかも知れませんし。
ブロガー(志望)
2015/01/03 10:54
>ノン
まあ、誤字脱字の問題は努力しますとしか言いようがないですね。
誤字脱字ぐらいしか具体的な指摘ができないといことですね。
それと誤字が多いのと、取材をしたかのどうかが同関係してくるのは不思議ですね。
こういうのを巷ではヤクザのいいがかりのような、と形容します。

この手の人達は自意識と自己愛、認知欲求が異常に肥大しており、かつガラスのように脆いようです。で、その厄介な自己愛などを満たすために、名前を出して仕事をしている人間に因縁をつける。そうすると自分が偉くなったような気になるのでしょう。もっともソレは気のせいなのですが。
この手のアレな人たちはある意味カルトですから、何を言っても無駄ですね。

キヨタニ
2015/01/03 15:41
チャイカ様へ
で、航空自衛隊は2035年の世界を見据えてF35を導入したのですか? 見据えていなかったのですか? どっちですか?
ひゃっはー
2015/01/03 15:58
★傍観者様へ

2チャンネルはどういうものか知りませんが、傍観者さんは投稿記事に関する内容やコメント投稿者に対して意見、提案、批判を述べないのは卑怯ではないでしょうか?
あなたからみたら、おかしいと思う思わないは御自由ですが、それが民主主義や言論の自由です。ただの放任と履き違えないでいただきたい。 人それぞれ、価値観、思想、視点が異なるのことは自然なことではありませんか!
しかし、コメントに投稿している方の大半は根拠と信念に基づいて発言しています。
貴方国語能力が足りない元幹部とおっしゃいましたよね? 貴方、本や記事を投稿・出版なさった実績があるのでしょうか?自信が有るなら、 あなたのこの記事に関するコメント投稿していただけませんでしょうか?
元キャプテン
2015/01/03 17:49
清谷様へ

この記事の肝は戦闘機の開発云々よりも、外交や国際政治の問題点を強調したいと自分は捉えました。清谷様へ質問です。基盤や環境が整えれば国産の戦闘機を開発・量産できるのでしょうか? 開発・量産するに当たっての障害になるものを教えてください。
元キャプテン
2015/01/03 18:00
★傍観者様へ

自称元自幹部とは聞き捨てなりません。ブログでは、こちらからも証明できませんし、第3者から確認すべき術もありません。
今までのコメント見て、防衛に素人の見識に思えますか?おそらく清谷さんも信用してもらっています。自分は軍事的な見識、経験、勤務上感じた疑問・矛盾・不満を述べてます。決して根拠のないことを述べてません。その証拠にブログに承認されています。
他の方も、相応の根拠や考えで投稿しています。理解するしないは別として、自分の過去の職場や自分の考え方を見直すきっかけを与え、悪いブログとは思っていません。それが社会と思っていますから。
第3者として見るより、当事者として考えることも大事ではないでしょうか? どの分野・業界でも10年くらい働かないと本質は理解できないと思います。
元キャプテン
2015/01/03 21:16
F-35はNATOのかつて存在したNFR-90計画とよく似ているのではないでしょうか?
NFR-90計画とはNATO加盟8カ国で共通のフリゲートを使用し、相互運用性とコスト削減を目指したものですが、各国の意見が合わずに破綻しました。
今回のF-35のNFR-90との違いは、もはや最新鋭戦闘機を各国が単独ないし2〜3国で開発出来るだけの資金や技術力が無いのが、ここまで続いている理由だと思います。
そしてブロガー(志望)様が書かれている通り、
>昨今の戦闘機等もあまりに高額になり過ぎて、「数を揃える、消耗する」事が困難になりつつあるのではないかと思われます

この高額になり数を揃えるのが困難であるという事自体が、戦闘機(空母もそう云えるでしょう)の存在意義の低下を招いていると思います。

かつての傭兵から国民軍への変化のように、極めて専門的になると、より安く、より有効な手段が出てくると思います。
T
2015/01/03 21:49
F-35だけではなく航空自衛隊の戦闘機パイロット全般についてです。
戦闘機3種類(F-4EJ、F-2、F-15)のパイロットの養成経費はそれぞれ、7億9千万、7億1千万、6億2千万です。

また、主な要員の供給源で有る航空学生についてですが、募集人員は震災でF-2の喪失により減少し40名となっています。

航空自衛隊の航空学生は戦闘機パイロットの養成を主な目的としていますが、エリミネートが多く、近年では戦闘機以外を希望する学生も増えています。

また、緊急発進の増加も有ります。平成16年度は141回でしたが、平成25年度は810回、平成26年度上半期で533回と増えています。
この緊急発進の事例より、戦闘機パイロットの需要が増えている事がわかりますが、供給が減っています。

その対策として戦闘機パイロットへの手当ての増額を空自は考えているようですが、抜本的な解決策にはならないでしょう。
これらの問題への解決策(質を維持するためにもある程度の数が必要です)としても、私はユーロファイターかFA-18を採用するべきで有ったと思います。
特にユーロファイターのライセンスの内容はとても日本にとっては魅力的だったと思います。
T
2015/01/04 01:20
元キャプテンさん

立証する必要はありませんが、元自衛隊幹部であるという権威付けをして持論展開してるわけですから経歴に偽りなしかどうか確認が出来ないので、自称とさせてもらいました。
なんで気に障ってるのか理解出来ませんがね。

あとは、何が言いたいのか、煽りじゃなく理解できません。だからレス不能です。

これまた煽りじゃないんですが、本当にこんな文章能力で1尉までつとめれるんだろうかと正直疑問に思った次第です。
傍観者
2015/01/04 02:46
チャイカですが、拙投稿に対し、新年早々、皆様方からのご指摘ありがとうございます。

★元キャプテン様へ
私は、保育士証と准看護師免許証を持っており、
保育園で働けたら、良いのですが、中々、男性の就職の門が狭いです。
それに諸般の事情から、現在、療養病棟勤務で、高齢者主体の看護に従事しています。
それらはさて置いて、貴重なご指摘と情報のご提供について、感謝しています。
ご紹介の「自立する国家へ」へは、残念ながら、
拝読していないのですが、元大使と元空幕長と言う
重鎮が共著された物ですから、学ぶべき事は多いかと思います。
★ひゃっは様へ
F35戦闘機の選定は加点方式で行われました。
以下はその時の比較表です。
性能 50 F-35 空対地攻撃能力などすべてにおいてバランスが良い。
経費 22.5 F-35 機体はF/A-18、燃料費はユーロファイターがそれぞれ高得点であったが、F-35はそれぞれ次点であり、全体では最高点を獲得。
国内企業参画 22.5 ユーロファイター 参画の程度や技術開示の程度が高い。
後方支援 5 F-35 全機体で、ほぼ拮抗。故障部位を特定する機能などの要因からF-35が選ばれた。
総合得点 100 F-35 評価点を合計した結果、F-35が最高点となり、選定されました。
今後、カウンターステルス能力は今よりも確実に向上するにしろ、ステルス性が鍵であり、将来=2035年の世界をも、見据えてF35を導入に踏み切ったとも言えるのでは?
尤も、この表には2035年云々は記載されていませんから、違うと言われれば、それまでですが。
チャイカ
2015/01/04 06:29
続きます。
★傍観者様へ
確かに、様々な背景を持つ投稿者様が居る点では、2ちゃんねるも、此処も玉石混合です。
しかし、皆様方からのご意見には学ぶべき事等は大きいし、私と考えの違えは有れど、主様は内外の現場を渡り歩き、貴重な情報紹介等を行っています。
その為、違いは有れど、両方とも重要かと思います。
ブロガー(志望)様とT様へ。
確かに将来性等を配慮し、F35を選択しましたが、
経費の問題は重要です。
この問題は世界共通ですが、機材の選択について、汎用か専門的(単能的)は難しい問題でしょう。
多用途性等は前者で、専門性等は後者ですから。
尤も、これは国家戦略=政治の世界でも有りますから、その時々の事例等を熟慮したとしか…。

最後に主様へ、長文となり、申し訳ございません。しかし、皆様方からのご指摘に対し、私なりの返答をさせて頂きました。
この場を以て、御礼申し上げます。
チャイカ
2015/01/04 06:30
兵器は、ハコモノと似ていると思います。ハコモノ=ダム、高速道路、空港等 と違いは火を噴く、移動することです。この種は公共工事と同質の問題ではないのでしょうか?必要性や合理性を関係なしに、官公庁は予算獲得と存在理由のため、民間は安定した受注と生活のため、政治家は利権のためと政・官・民のトライアングルの体質ではないでしょうか? 投稿者の皆様もさまざまな切り口でコメントしています。経済、外交、科学技術等多面的に考察することがこのブログのウリなのでしょう!
物事を捉える、考えることは一方向からだと偏りがあるし、失敗のリスクもあります。自分の考えることも限界があるので他の方の意見も実になります。 意見、提言、批判、反論はあって当たり前で、化学反応することで見えないものが見えてくるのではないでしょうか?
清谷さんのねらいはそこにあるような気がします。
元キャプテン
2015/01/04 08:42
ジャーナリストは国語、文章のスペシャリストではありません。情報のプロです。文字を媒体として情報を発信しているので文章が目につくんでしょう!それは枝葉末節、木を見て森を見ずではないでしょいか? 国語が赤点の方はジャーナリストになる資格はないとでもおっしゃりたいのでしょうか?例の方は?ジャーナリストは小説家や文学者と同じだと勘違いしているのではないでしょうか?大事なのは情報資料の分析や洞察力なのでは?コミニュケーションは目的ではなく、手段に過ぎません。言葉、文字は道具にしかなりません。主客転倒なことを申したので、清谷さんが再度、説明したのではないでしょうか?
元キャプテン
2015/01/04 09:22
日本のいい所は、オウムは例外として、カルトのような人々が武器を持っていないことなんですよね。そうでないのが、イスラム国です。
ひゃっはー
2015/01/04 11:10
★傍観者様へ

持論でも構わないのではないでしょうか?公的なケースと私的なケースは違います。私的な場で、自由な意見を交わす場所です。学会や会議とは別であることは、言われなくてもわかります。1尉までつとめた方の文書とおっしゃいましたけど、公的な文章と私的な文章を区別できます。
確かに、文書能力には自信はありませんが、中学生が読んで理解できる文章にしたつもりです。専門用語や難しい慣用句を使うことがわかりやすい文章ですか?
あなたは文章能力に自信がおありなのでしょう。見本となる文章を是非、教えてください。元幹部自衛官にふさわしい文章とは具体的に教えてください。過去形ですが、行政文書をたくさん作成しました。あなたに文章どうの言われたくありません。何度も言いますが、私的な場所に行政文書がマッチしますか。TPO弁えていますよ!
元キャプテン
2015/01/04 17:08
チャイカ様へ

男性の方でしたか!保育士・准看護士から女性の方だと思いました。先入観・固定観念は対人援助職を志す者として、失格で反省しなければなりません。先入観が情報を歪め、相手の不利益になることを肝に銘じます。
チャイカさんの文章を読んで、先入観もなく、根拠や具体例を挙げ、説明責任を果たしていると感じました。対人援助職であることに納得しました。
お互い、わからないことを教え合えたらいいと思います。補完関係を築きましょう!
元キャプテン
2015/01/04 17:21
★T様へ
パイロットの養成問題にて鋭い分析に舌を巻きました。この種の問題は量か質か? ヒト、モノ、カネが複雑に絡む問題です。財務省の主計官にも納得させる理論武装も必要でしょう。
パイロットの養成というより、人事の問題になりますが、防大出身者のパイロットが指揮幕僚課程入校〜中央・幕僚監部勤務 30代の脂の乗っている時期に第一線から離れるのも損失だと思います。キャリア・アップで仕方ないと言われればそれまでですが。戦闘機のパイロットの寿命は30代後半と聞いています。20代の若い内から中央か現場か 選択するというオプションもありかなぁと思います。
元キャプテン
2015/01/04 17:40
あけましておめでとうございます。
新年早々何ですが、今の日本は全身全霊で全てを投げ打って漸く現状維持と言うレベルで、自立とかできる状態ではありません。アメリカのポチとか何とか言われようとも、出来るだけ金銭を毟り取られない範囲でご機嫌伺って守ってもらうのが優先です。その意味は、高額なF-35やオスプレイをご機嫌とりに買うのは良くないが、大多数の日本国民にとって有害無益な農協とかはTPPで人身御供に差し出すとかです。農協/農村は一回崩壊した方が日本農業のためにもなるので。
今の日本は普通の企業会計の基準でバランスシートと資金収支表を作成したら、銀行が絶対に金を貸してくれないレベルの債務超過企業です。この点、よくある保守系論客の簿記と経済学の基本を全く理解していない素人考えに惑わされてはなりません。
X
2015/01/04 18:03
チャイカ様へ
「何も考えずにF35の導入を決定した」というのは言いすぎだったと思います。しかし、空幕は本当に合理的かつ公平に評価を行って、F−35の性能は「すべてにおいてバランスが良い。」という結論を出したんでしょうかね? まあ、あなたに聞いてもしょうがないのですが(笑)
私も清谷氏の記事をもう一度読み返してみようと思うのですが、清谷氏もFXにステルス性能は必要ない、と断言していましたよ。
ひゃっはー
2015/01/04 18:21
再びお邪魔します。
 F35はあの時点では開発は完了しておらず、しかも開発は遅延し費用は増大し続けていた事(ズムウォルト級駆逐艦もLCSも関連の開発がいくつか中止されて当初予定していたより戦闘能力は下がった)、F111で陸上機と艦上機の統合がうまくいかなかったにも関わらず、さらに他の機体とかけ離れ、かつハリヤーしか成功例の無いVTOL機を一緒にした事、国際共同開発であるからアメリカ一国だけが相手では無い事(パートナー国よりも優先される事はありえないし、あったら信用できない)は反映されなかったように思われます。空自は一貫して米空軍機を採用してきたから、それでF35を採用したのかなと。今回「未完成機は採用しない」を外したようですが、外すなら他の条件を外した方が良かったのかも知れません。
ブロガー(志望)
2015/01/04 22:54
元キャプテン様。
お褒め預かり光栄です。
戦闘機パイロットは本人の希望だけではなく技量や肉体面も重要です。
背骨が少し歪んでるだけでもなれません。
また、元キャプテン様も仰っている通り、パイロットの寿命は30代後半から40代前半といった所です。
乗れなくなったら、地上勤務ですが辞められる方もいます。
また、ここ2年の事はわかりませんが、それ以前の戦闘機の訓練費は少しずつ減少しています。
(空自の基地広報の方より)
これは、航空学生の募集人員の減少、緊急発進の増加によるパイロットの疲労などを考えると由々しき問題です。
纏めさせて頂くとある程度の、人員、機体、訓練費等に余裕があるべきと云う事です。
>防衛大出身者のパイロット
これも深刻な事ですね。
もちろん、機体に精通し部隊運用においても良く理解しいる幹部は必要ですがコスト面を考えると損失でも有ります。
私もそのような選択肢が有れば良いと思います。

X様。
私も農協は潰さなければならないと思いますが、TPPは過激だと思っています。
このままだと票田の農協を国が潰す事も不可能ですが国内で良い方向に持って行って欲しいものです。
T
2015/01/04 23:07
傍観者様。

>2ちゃんも玉石混交だけと、ここもレベルは同じでしょ。何ら変わらないね。

それら全てを判別出来るほど優秀な方のようですね。


>議論や情報交換の場であるという趣旨がどっかいっちゃってる人

まさしく貴方の事では?

>裏取り、根拠提示はすごく大事で異論はないけど、それを強調するわりには、推測、思い込み、根拠希薄で、反論、指摘があると、たまに素直になるが、ほぼほぼ人格障害者かのよう

それの具体例を上げて指摘しないと意味無いんじゃ有りませんか?
御自分もあなたが非難されてる人と、とても似てますよ?

それに、ここにコメントしている以上、傍観者ではないでしょう。
T
2015/01/05 00:53
ずいぶん粘着質だなぁ。。。

誰も行政文書のように書くべきだなんて言ってませんが。
暴走してますからご自分で止まってください。

誰かさんと同様、話があっちこっち飛んで、論旨がわからない、またはわかりにくいんですよ。

指摘なんておこがましいので、感想と表現しますが、私の感想が、否定的であったがゆえに、執拗までに執着するのは、あまりに個が未成熟過ぎませんかね?

あと幹部自衛官としてあるべき文章能力を第三者に教えを請うなど、本当に元幹部自衛官ならそんな不見識なことはしないだろうとあらためて思った次第ですね。

それと、あなたは自衛隊の体制などに問題定義をしてますね。
その上で改革案なども提示してますが。
こと防衛省、自衛隊に関しては、制服が、各幕が仮にあるべき姿に近づいたとしても根本はかわりませんよ。そこまで権限ありませんから。
実質的権限は内局に集中しており、極端な例えではありませんが、各幕僚長は内局の課長より権限がない場合が多いですから。
傍観者
2015/01/05 09:03
>傍観者

はいはい、ご自分が一番偉い、と。
オナニーをネットでやるのはやめましょうや。
まあ、無理でしょうけどね。実社会で相手にされないルサンチマンをネットで晴らすしか無い人間の屑でしょうから。

以後あなたのコメントは掲載しません。
キヨタニ
2015/01/05 13:58
清谷様へ
この傍観者氏のIPアドレスは125.193.59.124 でしょうか? 差し支えがなければ教えて下さい(笑)
ひゃっはー
2015/01/05 16:19
チャイカ様
奨励本を紹介します。社会批評社 小西 誠作 自衛隊 この 国営ブラック企業!です。自分の主張の一部ございます。内容は 自衛隊の人権問題、教育・人事の問題、集団的自衛権の問題です。
現在、高齢者福祉施設で実習中です。対人援助職又は高齢者施設で働いている先輩として高齢者の方々との意思疏通、信頼関係のコツを御教授願いますでしょうか。 前の職場はコミニュケーションは一方通行で人間関係は縦軸が基本です。お客様がいない業界でした。やれ!nはい!
俺が法律だ!の世界でしたから。まぁ〜、大学の体育会系のバージョンアップでしたから。ちなみに私は脳みそ筋肉の体力バカではありません。 よろしくお願いします。
元キャプテン
2015/01/06 06:53
★傍観者様
粘着質、未熟云々はあなたのことです。墓穴を掘らないでください。ご自分の発言や文章を赤の他人に見せて意見を貰いなさい!
批判する際、対案や提言を準備してください。そうでないと傍観でなく、野次馬です。義務教育の国語を勉強してください!
元キャプテン
2015/01/06 12:54
★傍観者

内局が権限を握っていることは、自分が陸士時代から知っています。釈迦に説法です。 体制・体質に問題提起して、改革案を提示するのは、権限がないから無理。自分は退官しました。 当たり前でしょ!個々の能力や権限に限りがありますから。戦術変えればいいでしょう!政治家なるとかジャーナリストになるとかあるのでは?できない、 どうしたら、できるのかを考えるのが知恵ではありませんか? どの業界でも問題や壁はあります。どうしたら解決するか、そこが問題です。だから進歩向上するのでは?
あなたの文章読んでいると思考停止としか思えない。 じゃ、問題を放置すればいいのか?それは違うでしょう。危機感を抱くことが改革の一歩ではないでしょうか?
元キャプテン
2015/01/06 21:28
まぁ、F2や存続機がどの程度なのかはやってみないと分からないのも事実。

F-35は整備ラインを日本とオーストラリアにするらしいですから技術力の低下は防げそうですけどね。

今の日本に必要なのは種類じゃなく、充分な備蓄なのでは?
J
2015/01/07 19:44
コスト意識を持て。市場調査をしろ。中途半端な予算でやる前によく検討しろ、と当たり前の話が『国産装備』という言霊の前には霧散する。
interneet
2015/01/10 12:35
傍観者様

現状打破と改善につきまして自分なりの考えと意見を述べさせたいただきます。
自分の高校時代の同級生・現県議員ですが、10年前NHKの日本のがん医療を問うという番組で地方のガン医療の劣悪さや地域間格差を訴え、厚労省の局長や国立ガンセンターの院長と論戦を挑みました。結果、ガン対策基本法成立や医療現場でもガン対策に力を入れるようになりました。問題提起や改革案を示すことは無駄でしょうか?やってもダメ、無駄と諦めては何も進化しないのではないでしょうか?個々それぞれ方法や戦術は異なります。政治家になって法律や政策を変える、マスメディアにより、関心と問題意識を持たせる。
教育により正しい知識を身に付ける。
自分の周囲でも代議士の秘書及び野党の防衛政策のブレーン、ジャーナスト、高校の社会科教師に転職して、外部から変えようとしています。
できない?どうすればできるか? 工夫、知恵、別手段ではないでしょうか。清谷さんのこのブログの趣旨は防衛問題をわかりやすく発信し、問題意識を共有することです。そりゃ、人それぞれ考えや意見は違いますよ!違った意見や主張は化学反応を起こし、良いアイディアが生まれます。思考停止は進歩ではなく退化します。
どの分野でも同じでしょう!
元キャプテン
2015/01/11 17:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
国産戦闘機が初飛行へ、 いやソレ、戦闘機じゃないから。 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる