清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 物価さえ上がれば景気がよくなるというカルトが中央銀行を牛耳る異様

<<   作成日時 : 2014/12/22 14:54   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 6

> 急激に進む原油安により、日銀が掲げる「2年程度で2%」の物価上昇目標が窮地に追い
 込まれている。原油価格急落を受け、消費者物価指数の上昇率は2015年春ごろには0.5% 程度まで落ち込むとの見方が強く、日銀の目標達成はますます遠のく見通しとなっているた
 めだ。企業や家計にとって恩恵も大きい原油安を、日銀だけが喜べない異常事態となって
 いる。

原油安で日銀が窮地に 再び追加緩和に踏み切るのか
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141221-00000000-jct-bus_all


 黒田総裁は原油安の効果を消すぐらいの円安にすると豪語して、そのとおりに超円安が進んでおります。が、そもそも物価さえ上がれば景気がよくなるというのはカルトです。
 
 お陰で輸入原料費や仕入れが円安で二年前の1.5倍です。これをどうやって吸収すればいいんでしょうかね?
 大抵の輸入業者はそのまますべてを転嫁出来ません。基本的にモノ余りの時代ですから、モノやサービスが値上がりすれば、普通の消費者は出費を抑えます。
 ですからメーカー、流通、消費者各レベルで負担することにになります。 ですから消費は抑制され、輸入業者やメーカーのコスト負担は増えます。 
 
 常識的に考えればコストが下がれば、利益は増えます。ところが日銀の一番偉い人はコストが上がって利益を圧迫すれば、企業が儲かって給料を上げると思っているらしいです。
 あるいはコストを遥かに上回る値上げをしても消費者が喜んで先を争って買ってくれると妄想してるのかも知れません。

 いずれにしても普通の人間の考えることではありません。

 また、普通は原油安は景気に好影響を与えます。

 ぼくのような現場のビジネスマンからみれば、黒田総裁もアレな総理も頭がオカシイとしか思えません。

  実際は原油安で、燃料代や電気代は一息つくでしょう。
  さして産業もない、年金暮らしが多く、自動車での移動が多い地方で、ガソリンと電気代がかさめば、その分消費は落ち込みます。

  むしろ原油安のお陰で冬場の消費がさほど落ち込まないかもしれません。
  皮肉なことに原油安が、安倍政権への批判を和らげることになるでしょう。


  ですが依然円安の影響は深刻です。年末年始商戦は冷え込みが予想されます。

 先日某大手商社のアパレル担当者と会ったのですが、セレクトショップなども軒並み買い付けを激減させているそうです。2年前であれば例えば一人のバイヤーが10億買い付けていたとすれば、同じだけの商品を調達するならば15億円は必要になります。それだけの予算をかけて買っても消費が冷え込んでおり、大幅に値上げした商品はそれほど売れないとい見ているわけです。かと言って利益を圧縮して薄利多売をすれば消耗するだけです。
 ですから彼らは仕入れを大幅に削減しているわけです。業績よくなり、利益が増える道理はありません。

 約96パーセントの洋服は今や輸入です。雑貨のたぐいも同じです。そしてそれらを売るサービス産業は企業の8割程度と多く、さらにその多くは零細です。
 これらは円安で大きなコストを負担を余儀なくされています。どこに賃金を上げる余裕があるでしょうか。

 よく自称「経済通」の方々は統計数字を振り回しますが、注目しているのは大企業の数字だけ。数字が公表され使い易いからです。対して一番多い5名以下の零細企業の統計なんぞほとんど存在しません。あまり科学的とは言えません。

 作りやすい数字だけを集めて作った統計を「この世の真実だ」と振り回すの片目をつぶってものを見るようなものです。それが両目を開いて見ていると錯覚するのは知性的態度とはいえないでしょう。
 
 現在の人為的な円安が維持されれば、来年は倒産するところがバタバタとでてくるでしょう。

 なんどでも申しますが、デフレの原因は人口、特に労働人口の減少が大きな要因です。そしてアレな首相のバラマキで国の借金が増え続けており、将来の大増税、社会保障負担の増大、それに反して年金が減らされるのは目に見ています。ですから余計に消費者は消費を絞ります。
 
 デフレを緩和するならば、労働人口を増やし、可処分所得を増やす方策をとるべきです。さらに政府の無駄な支出を減らして国の借金を減らすべきです。
 
 これにはシルバーブレッドは存在しません。高齢者の雇用を増やしたり、地域の産業を振興したり、予防や検診を通じて医療費を抑制するとか、小さな積み上げを、泥臭く根気よく行っていくしかありません。それには時間もかかります。


 金融政策だけで、まるで魔法の杖を一振りして、景気を良くしようなど政治屋や金融屋の驕りもいいところです。

 社会実験をやりたいならば北朝鮮とか、別な国でやって欲しいものです。



東洋経済オンラインに以下の記事を寄稿しました。
「駐在武官」を機能させるために必要なこと
増員だけでは強化にはならない
http://toyokeizai.net/articles/-/55366

『なぜ自衛隊は「暴発する機銃」を使うのか』
2014年11月09日
http://toyokeizai.net/articles/-/52889

アパッチ攻撃ヘリの調達、なぜ頓挫?
問われる陸自の当事者能力
2014年11月02日
http://toyokeizai.net/articles/-/51971

オスプレイ選定の不透明、対抗馬は商用機?防衛省は「複数候補から選んでいる」と強弁
2014年10月26日
http://toyokeizai.net/articles/-/51614

御嶽山への自衛隊派遣、口を挟むとサヨク?必要なのは事実に基づく冷静な議論
2014年10月05日
http://toyokeizai.net/articles/-/49744

戦傷者は「想定外」という、自衛隊の平和ボケ
「国内では銃創や火傷は負わない」との前提
2014年09月17日
http://toyokeizai.net/articles/-/47994


strong>WEBRONZA+に以下の記事を寄稿しました。

厚生年金強制加入は、景気をさらに悪くする
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2014111400007.html?iref=webronza

Japan in Depth に以下の記事を寄稿しました。
【防衛省・高機動パワードスーツ開発は税金のムダ】〜装備開発の在り方、抜本的に改めよ
http://japan-indepth.jp/?p=12178

【防衛駐在官の質の向上を図れ】〜外務省出向システムでは機密情報が防衛省や内閣府に届かない?〜

http://japan-indepth.jp/?s=%E6%B8%85%E8%B0%B7%E4%BF%A1%E4%B8%80



 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
この記事は、(実際には有り得ない)日銀の追加緩和期待を無理矢理煽って、年末株高を演出しようと画策している株屋あたりの情報に影響された記事では無いでしょうか?書いてある事も、株屋が気を揉んでいるということばっかりで、日銀が追加緩和に踏み切る論拠に全然説得力がありません。
財務省も黒田総裁も、円安インフレでリフレなどという珍理論を本気で信じているわけではなくて、ゼロ金利を保ちながら通貨価値を毀損する事によって、老人世代から若者世代へ、正社員から(新規に雇用された)派遣社員アルバイトへ、さらに最終的には全国民から国へ所得の強制移転を図り、借金をチャラにしようとしているのだと思います。
なので、消費増税の目が2017年まで無くなった今となっては、ゼロ金利を維持するのに必要な程度の緩和しか行わないでしょう。2017年にはまたバズーカ打つでしょうけど。
X
2014/12/23 00:48
私は経済学に疎いので原油価格と円安の関係について 知識がないので論ずるのは差し控えさせていただきます。
後半の統計につきまして、今年、統計学会で平均値は中間値とほぼ同じで、正規分布の形でないと無効という結論に至りました。例を挙げると平均貯蓄高○○万円というデータですが、それぞれの個人・世帯を調査した値ではありません。金融機関の貯蓄を顧客数で割った値らしいです。上位10%の顧客が90%の貯蓄額を占めます。高校でも今年は早稲田○名、慶応○名合格という宣伝がありますが、現役なのか浪人なのかわかりません。中間層はどのレベルの大学に合格しているか不明で、思考停止だと○○高校へ行けば一流大学に合格できると錯覚します。数字は客観的であるが、解釈をしないとと誤った判断をします。数字はやり方を変えればいくらでもメーキングできます。
やはり、全体を俯瞰する目と緻密な分析力でを養うことが重要ではないでしょうか?
また、それができるできないことがプロとアマの差ではないでしょうか。
元キャプテン
2014/12/23 18:59
お疲れ様です。
そもそも「景気」の概念が、彼らのと我ら大衆のそれと違います。
彼らの概念にしてみれば、そこそこ景気はよくなっていると。
unimaro
2014/12/23 23:33
X様。
マイナンバー制の導入で、個人の銀行口座との紐付けを目指すという記事が出ました。
これならX様の仰った通りになっていきそうですね。
T
2014/12/24 19:13
本日、地元の温泉で とある経営者と世間話しました。業種や事業規模は不明ですが・・
そこで経営者の方のお言葉を紹介します。
1 政治家、官僚、経済学者の論理は中小零細事業者にとって机上の論理で、宇宙のような話2 生き残るのは空気は読まなくてもいいから時代を読む、情報を獲得する。3 自己満足や現状維持は大敵、常に危機感を持て
4 年功序列の硬直化した人事は退化し、若手の登用と外部人材の採用で新陳代謝
5 トライ・アンド・エラーで目標や方向性を掴む
6 経営して24年経っても、成功する秘訣はわからない。また、いつ失敗=倒産してもおかしくない。
1〜6までのお話を聞いたら、経営に方程式やマニュアルはないと感じました。あれば誰も苦労しません。 経済学者・エコノミストの方はご自身の理論を経営という実験・実践で結果・結論を証明したのでしょうか? 多分、していないでしょう。科学者が実験をしないで論文を書くことと同じではないでしょうか?経済学者の方、ご自身で会社を経営して自説を立証していただきたい。 結果を証明できなければ宗教と同じだと思います。経済は必ずしも株価、物価だけでなく、地域の人口・顧客のニーズ・流行・経営者のマインド・従業員のモチベーションなど複雑に絡み合い、生き物だなぁと感じた所存です。必ずしも数字で現れにくいものもあるんだなぁと思いました。
軍事の分野でも同じで兵力や兵器の数だけでは軍事力は推し量ることができません。したがって防衛白書等の各国の兵力や戦車等の数は意味がなく、只の数字しかなりません。
元キャプテン
2014/12/26 00:45
自分の肌で感じる景気ははっきり言って良くも悪くもなし、って感じですね。
ただ、仕事上の付き合いがある人の話を聞くと総じて良くはない、と言われます。
でもやはりアベノミクスは株をやってる人しか恩恵を受けられてませんね、ある人とお話をしていると「国が率先して金の価値を落としているのに貯金をする馬鹿は居ない。これからは株を買わない奴は負け組み確定だよ。」と言ってました。
そんなもんなんですかねぇ・・・
八王子の白豚
2014/12/31 12:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
物価さえ上がれば景気がよくなるというカルトが中央銀行を牛耳る異様 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる