清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 空き家の急増を見てもアベノミクスは筋が悪い

<<   作成日時 : 2014/12/17 11:51   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 10

さて衆議院選挙が終わりました。
与党は勢力維持といったところでしょう。
これでまたアレな首相はアベノミクスが信任されたと大はしゃぎでしょう。

ですが、我が国でインフレなんぞ簡単に起こせるわけがありません。
これまでさんざん述べたように人口と労働人口の減少で需要が減るからです。

住宅では今後も価格が下落するでしょう。
既に郊外の高級住宅地でも買い手が付かがずに、住まいを売って老人ホームに入ろう目論んでもできない状態だそうです。
また都心のマンションにすらも空き家が増えているのが実情です。
ましてや地方は惨憺たる有り様です。

景気良く不動産が上がっているのは都心部の一部のオフィス街やショッピングエリアだけです。

住まなくなった空き家を更地にすると取り壊し費用がかかるし、税金が高くなります。しかも売れそうもない、あるいは売れないので、空き家が放置される例が増えています。

こういう状況は随分前からあったのに、アレな首相率いる与党は景気回復のためだと新築を促すような政策をとってきました。
で、最近になってやっと空き家の取り壊し対策をおこなうと発表しました。


どう考えても、地価、不動産価格はさがるでしょう。アレな首相はインフレで不動産価格があがることをイメージしているでしょうが、それは無理です。

3千万円でかったマイホームが30年後に売って半額ならばまだしもゼロ、あるいは買い手がつかないことが容易に予想できます。
資産どころか不良資産です。
その間、高い利息を含むローンを払いつづけ、補修代も必要です。

ぼくらの親の時代には生きていた不動産神話は過去のものです。
その昔は1千万円で買った家が3千万円とか5千万円で売れましたが、そんなことはもうないでしょう。当時はまた早く家を買わないとインフレでどんどん値段が上がって手が出なくなりました。ですが、それも過去の話です。

地価がどんどん下がるのにインフレになるでしょうかね?


率直に申し上げて、現在普通のサラリーマンが新築のマイホームを買うのは馬鹿げている、ぼくはそう思います。

何しろマイホームをかっても入居その日に資産評価は2割下がります。
五千万円で買った家は、4千万になります。一日で1千万円の損になります。
そして何十年もローンと金利を払い続ける必要があります。

しかも5年先まで自分の勤めている会社が安泰か、自分の仕事があるかも怪しいのに、30年ローンを組むなど極めて大きなリスクを背負い込むことになります。

その上地震などの天災で家が崩壊すれば丸損です。保険ではカバーしきれません。

子供が生まれたり、親と同居したり、子供が独立すれば家族数も変わります。例えば親子4名で住んでいた家に老夫婦が住んでも広すぎるだけでしょう。


手元にキャッシュを残したいならば賃貸か、リフォームした中古住宅にすべきです。
その方が可処分所得も増えて、消費も拡大します。住宅ローンに圧迫されている人間が消費にお金を回せるはずがありません。
68年以来住宅数が世帯数を上回っており空き家が増えているにもかかわらず、政府とお馬鹿な経済アナリストたちなど「自称経済の専門家」は新築マイホーム取得が景気対策に有効だと主張してきました。まあ、土建屋は儲かったでしょうが、景気不要にはマイナスです。

需要を拡大したいのであれば、広くて快適な賃貸住宅と中古住宅市場の整備を優先すべきです。不動産の評価は現在かなりいい加減ですから、これを改め、また30年で家の資産価値がゼロとなるような耐久消費財的、フロー的な評価ではなく、ストックとして評価をして中古住宅をより高く売れるようなシステムが必要です。
マイホームのスクラップ&ビルドを繰り返していてはいつまでたっても豊かにはなれないでしょう。賽の河原で石を積むようなものです。

安くて広い家に住めれば、より高くて大きな家具を買ったり、洋服を買ったりしても快適に住めます。目指すべきは新築貧乏脱却だと思います。

現在の新築マイホーム至上主義は地価はますます下がり、アレな首相がお嫌いなデフレが促進するばかりです。ですが古い自民党体質の首相やらそのお友達は土建屋に不利になるような政策は取れないでしょうね。
顔を真赤にしてデフレ脱却を叫んでいながら、デフレを促進させているのは極めて奇妙で喜劇的です。国民には悲劇ですけども。





関連記事が掲載されております。


(036)「空き家」が蝕む日本 (ポプラ新書)
ポプラ社
長嶋 修

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by (036)「空き家」が蝕む日本 (ポプラ新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
経済政策が支離滅裂ですからね。消費税率を下げて財政出動しないと、経済の失速は止められないと思います。出来なかったら、来年の今ごろまた選挙じゃないでしょうか。
マリンロイヤル
2014/12/17 19:05
お疲れ様です。
ローンは長期になればなるほど、その人間を「縛り」ます。
冒険は出来なくなります。
物程度だって多く所有すると、身動きが鈍くなります。海外に出ると決めたときに全てを処分し終えたとき、物凄く身軽に感じました。
つまり、その真逆が長期ローン。人生が縛られることになります。
そういう者が増えれば増えるほど、安倍らや財界がほくそ笑むことになります。そしてそのローン者の収入が減少すればするほど、縛りがきつくなります。←今ココ。
平蔵によってはじまりました。
>新社会層構築
何年前だろう、随分前だから探しきれなかった。
以前こういうことを何度か言っていた。
思い出しながら書いてみる。
以前、日本の階層はアッパークラス、金持ち(資産のみで暮らせる)、小金持ち(経営者等)、中級階級(収入が余裕。余剰資金多し)、中の下(収入で暮らし、たまに遊びに行ける。子供を大学にやれる)、下(子供は私立は厳しい)。
で、下は少なく、大半は中の下。
小泉竹中以降、その中の下を下にする政策を行い、その浮いた分を財界と官僚どもと一部政治家等でぶんどる。
(続く
unimaro
2014/12/17 21:32
(続き
その後、中級階級を中の下に落とすことを行い、同時に金持ちを中級に落とす。
そのまたのちに、中の下になった階層を下に落とすことをし、同時に中級になった者たちを中の下に落とす。
そうすると、日本の大半の資産が、財界と官僚と一部政治家にいく。
クラス変更をすると社会構成員の意識はかなり混乱するので、当然それを利用し、税金の食いつぶしシステムを再構築し、今までよりも相当食いつぶすようにする。
後に残ったのは、アッパークラス。と中の下(奴隷頭階級)、下層階級のみだ。
(http://unimaronikkibuckup.blog.fc2.com/blog-entry-1182.html コメ欄2013/03/09(21:11))

ということなので、奴らは今やっていることを変える気はまったくないでしょう。
unimaro
2014/12/17 21:33
横須賀市の取り組みで、空き家をリホームして売却か賃貸にしているニュースを知りました。空き家の再利用も一つの方法ではないかと思います。
特に地方では高齢化による空き家を無料供与する方法も人口減抑制政策としてよいのではないでしょうか?
元キャプテン
2014/12/17 22:03
しかし、国民は自民党を支持した

まったくやれやれです

2014/12/18 02:29
>需要を拡大したいのであれば、広くて快適な賃貸住宅と中古住宅市場の整備を優先すべきです
by清谷先生

そうですね。仰る通りだと思います。昔の団地等に比べ今建築されている賃貸用マンション&新古マンション(特にファミリー向け)に関しては延べ床面積は広くなっている傾向があります。ですので、下手な新築買うよりもその分の可処分所得を使って様々な生活用品を購入できる機会が出て来るのではないでしょうか?

都市部のマンションに関しては新築マンションが分譲後価格が低下した後、路線価等を考慮した中古価格が形成されるのに対して、一軒家に関しては使い捨ての傾向がいまだ消えていないのが問題点ではないか、と個人的には考えています。

即ち土地付新築一軒家が資産として見なされていない、という事で正直若年層が手を出すメリットが皆無です。

ある一定の基準等を設ける事&資産価値を高めるリフォームを行う事で中古一軒家の価値を高めていこう、という動きは出てはいるのですが、道半ばの様ですね。

ちなみに私個人も中古分譲マンションに住んでいます。バブル期に建てられたもので、鉄筋&鉄骨の丈夫な造りでして、今じゃ考えられない一枚板を使った引き戸等細かい部分に関してもリフォーム業者がビックリする「奢りっぷり」で今現在じゃ作れない、と仰っていました。即ち何でも新築が良いのでは無いんだ、という事でしょう。想定売却金額の見積もりも購入金額と比較して殆ど下落していませんし。良い買い物をしたものです。
北極28号
2014/12/18 10:21
最近の新築は木造ばかり
わざわざローン組んでまで買うようなものなのかしら?

2014/12/19 18:52
お邪魔します。

 根本には家を「住むための”道具”」ではなくあたかも「家族の”象徴”」のように見る傾向があるように思われます。だから他人の”手垢”が付いた中古住宅は敬遠されるのでしょう。”象徴”には値段の付けようがありませんが、"道具"であれば費用対効果があり、それによって需要と供給が発生し、それによって値段が決まるでしょうし、それにそぐわない「商品」は淘汰されるでしょう。

 日本は「象徴は天皇、実務は政治家」のはずでしたが、「天皇は日本の歴史(継続性)の象徴、政治家は"今の"日本または"空気"の象徴、実務はどこかの誰かがやってくれるもの」のように思われます。
ブロガー(志望)
2014/12/20 10:42
まあ、選挙の結果はともかく今回の選挙で自民党が獲得した票は全体の15%程度だったそうです。

半分以上の国民が投票を放棄した選挙が民意の表れかは微妙に感じますが、この程度で政権が取れてしまう今の選挙制度に危惧を覚えますね。

それはともかく。

家を買うことがステータスであり人生の目標の一つだった時代は終わっったってことなんですね〜
これじゃあ結婚して夢のマイホームなんて未来は描けそうに無いなぁ・・・
そのマイホームが人生の重荷になるんじゃ若者は手を出しませんよね〜

八王子の白豚
2014/12/20 12:40
田中角栄以来のバラマキ体質と兼業農家の保護が、事態を特に悪化させていますね。田舎で車を走らせていると、辺鄙だけど農地も無い、と言う様な詰んだ様な場所でも立派な一戸建てがいっぱい建っている事に驚きます。自由競争して稼げる要素が無いところにお金をばら撒けば、全て将来の空き家問題の原因となります。そんな所に次世代は住まないですから。
東京でも空き家問題は有りますが、まだレアで、基本的にはバラマキドーピングしてた田舎が問題となります。空き家問題で政策転換を行う為には「もうあなた達の地域を維持できる見込も、注ぐ税金もありません、衰退して行く運命ですので今ある資産(空き家)を上手く活用して生活コストを下げる方向に切り替えましょう」と言う事を言わねばならないので、現実的には空き家問題解消は無理です。コンパクトシティとかが一般的になれば別ですけど。
ほっといても50年もすれば土に帰りますから、最終的には放置と言う政策?になるでしょう。下手なことをして税金ばらまくより、一挙に最終結論目指す方が害がありません。
X
2014/12/20 21:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
空き家の急増を見てもアベノミクスは筋が悪い 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる