清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS AW609はオスプレイと同じような戦術運用が可能という江渡防衛大臣の見識

<<   作成日時 : 2014/10/24 15:09   >>

面白い ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 9

 さて、本日防衛大臣記者会見にいってきました。
  
 江渡大臣にオスプレイについて質問ました。
 月曜日の報道官会見で、武田報道官はぼくの質問に対して、陸自の運用を鑑みて、陸自の採用するティルトローター機の候補にはAW609も上がっていたと答えました。

 で、大臣も同じ認識でしょうかと、質問したわけです。
 両機種では機体重量は3倍も違います。ペイロードも大きくことなります。
 AW609は民間機で、軍事作戦に耐えられる構造にはなっていません。当然ながらIFFやミサイル警報機なども装備されていません。
 またランプドアも無く、重量物を懸吊輸送することもできません。

 これを陸自の想定している運用に沿っていると強弁するのは極めて異様です。
 砂利を運搬するダンプカーを選択するときに、軽ワゴン車を選択肢にいれるようなものです。ソープランドも銭湯も同じ公衆浴場だと主張するようなものです。

 率直に申し上げて、こんなことを外国で言えば物笑いになります。

 恐らく安倍首相がオスプレイの調達を米国政府から押し付けられたのか、そそのかされたのかして防衛省に買えと命じたのでしょう

 で、防衛省としては一応広く世の中から募って競争入札をしないと体裁が取れない。
 だから始めからオスプレイありきとはいえない。

 それで、入札がオスプレイだけだったら校正な入札の結果選ばれましたと主張する。

 これでは中国や北朝鮮の選挙と同じです。

 そもそもティルトローター機がどのようなシナリオで、どのような性能が要求されるのか納税者と国会に情報を出すのが民主国家としてあるべき姿です。ところが防衛省はホッカムリして
国民や議員に内緒にして勝手に話を進めているわけです。
  現在の防衛省の情報開示のありかたは中共レベルといってもいいでしょう。

 大臣の不適切や政治資金の使い道よりも、このような「暴力装置」による民主国家にあるまじき軍事情報の独占こそが問題です。
 野党はSMバーの追求も結構ですが、こういう国家のあり方に関わる本質を国会で議論して欲しいものです。
 
 
以下は記者会見のやりとりです。
http://www.mod.go.jp/j/press/kisha/2014/10/24.html

Q:月曜日に報道官にお尋ねしたのですが、ティルト・ローター機の機種選定に関してなのですが、候補機としては運用なども考えた上でアグスタウェストランドのAW609も入っていたというふうにおっしゃったのですが、これがオスプレイが24トン、全備重量24トンに対して、AW609は7.62トン、約3倍違うのですね。ペイロードがオスプレイ9トンに対して2.5トン、定員が完全装備の兵士24名に対して、609は6〜9名。そもそも民間機ですし、軍用機としての非常に荒い使い方をする想定されていませんし、609は牽吊して荷物を運んだり、ランプドアもありませんし、全く違うカテゴリーの航空機ではないかと思うのですが、これを同じ候補として挙げたことに何か違和感を感じられませんか。

A:あくまでもこのティルト・ローター機の取得にあたりましては、公平で公正な入札をきちんとしなければいけないという観点がございます。それ故に提案書を提出していただいて、その中身について、今現在評価を行っているところでございまして、確かにいろいろ所要が変わっているかもしれませんけれども、MV−22とこのAW609、AW609の方が提案書を出してくれば、そのことも踏まえてわが省として、しっかりと評価を行うという形になろうかというふうに我々は考えておりました。ただ、現段階においては、この提案書を提出していただいているのはMV−22のみであるということであります。ですから、それを今評価を行っているということで、この本年中に機種を決定するというような形になろうかというふうに思っておりますけれども、いろいろな所要の中身等々、いろいろ違い等があるかもしれませんけれども、わが省としては、公平で公正な形のきちんと入札を行いたいという観点から、オープンで提案書を提出していただきたいというふうにやっていたところであります。

Q:大臣、その二つを比べると、砂利を運ぶのにダンプカーを買うという感じのところに、軽ワゴンもそれを候補に入れている感じだと思うんです。全くこの違う用途のものを、同じティルト・ローター機だからという話は「二本足だから人間だ。だから二本足のニワトリも人間だ」というような、ちょっと違和感のあるロジックだと思われるんですけど。そもそも軍用のティルト・ローター機というのはオスプレイしか存在しないわけで、なぜその1機種だけを選ぶというふうに初めから言えなかったのでしょうか。

A:あの私は、公平で公正な入札という観点からは、広くオープンあるべきだというふうに思っております。その中において、実際に、確かに軍用機というだけであれば、そのような形かもしれませんけれども、いろいろな観点から、いろいろな使い方は私はあるだろうというふうに思っています。ですから、そういう状況下において、いろいろな種類のティルト・ロ−ター機があるのであれば、様々な観点から検討を進めることは、私は大切ではないのかと思っています。

Q:運用上考えると、例えば航続距離であるとか、ペイロードであるとか、そういうことを想定して、こういうシナリオでもって運用するということが、陸自の方である程度固まっているわけです。それにAW609が入ることはあり得ないと思うんですが。

A:それは、あり得るかあり得ないか。私は、その軍事の専門家でございません。ただ、先程からお話させていただいているように、公平で公正な観点からどのような形で選定していくかということが、一番私は大切だろうと思っております。ですからこそ、そういう意味で、広く各国に対して提案書を出していただきたいと。そして、出てきた提案書をしっかりと評価を行って決定するということが一番正しいやり方ではないのかなと、私は思っております。

Q:先程のオスプレイだけに限らないのですけれども、防衛省の装備調達に関して、あれこれ決定する際に、例えばその運用構想であるとか、非常に納税者に対し説明されないまま、今回のオスプレイ、特にそうだと思うのですけれども、その段階、そういう状況で国会でもあまり議論もされず、納税者も知らない間に防衛省が決めているというようなことがあると思うのですが、これは諸外国を取材していると、特に日本の場合、いわゆる民主国家の中では非常に情報の開示が低いと思うのですが、大臣、こういうことは問題ないと思われますか。

A:私は諸外国の状況というものを、どの程度なされているかということはよくわからないものですから、その辺のところもしっかりと調べさせていただいてから、お答えをさせていただければなというふうに思っております。



軍事・航空宇宙の専門サイト始めました。
「東京防衛航空宇宙時評・Tokyo Defence & Aerospace Review」

http://www.tokyo-dar.com/

最新記事
日本航空電子工業、航空機搭載用カメラスタビライザをSEECATに展示
http://www.tokyo-dar.com/news/974/
レスポンダー・プロダクツ・ジャパン、危機管理産業展に車輪付ストレッチャーを展示
http://www.tokyo-dar.com/news/966/
アメリカのポラリスATV、日本での販売を開始へ
http://www.tokyo-dar.com/news/962/
MRJの飛行試験初号機がロールアウト
http://www.tokyo-dar.com/news/956/
防衛省、データ改ざんされた機銃の調達を見送りへ
http://www.tokyo-dar.com/news/945/
防衛省、米海兵隊のMV-22の整備に木更津駐屯地のハンガーを提供
http://www.tokyo-dar.com/news/939/

Japan in Depth に以下の記事を寄稿しました。
【防衛駐在官の質の向上を図れ】〜外務省出向システムでは機密情報が防衛省や内閣府に届かない?〜
http://japan-indepth.jp/?s=%E6%B8%85%E8%B0%B7%E4%BF%A1%E4%B8%80


東洋経済オンラインに以下の記事を寄稿しました。

御嶽山への自衛隊派遣、口を挟むとサヨク?必要なのは事実に基づく冷静な議論
http://toyokeizai.net/articles/-/49744

戦傷者は「想定外」という、自衛隊の平和ボケ
「国内では銃創や火傷は負わない」との前提
http://toyokeizai.net/articles/-/47994

結論ありき」で高額な兵器を調達する怪
防衛省概算要求に隠された問題<前編>
http://toyokeizai.net/preview/dd9c698dc49dbfafe1fdddad129294461604ead0

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 21
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
竹島問題や従軍慰安婦問題で、なぜ中国・韓国に広報・情報戦でいいようにやられているかといえば、防衛省がウソばっかり言っていて、外国からまともに信用されていないことも理由の一つなんでしょうね。
ティルトローター機の候補にはAW609も上がっていた、と言ってる組織が同じ口で竹島は日本固有の領土だ、と言っても信用してもらえるわけがない。
ひゃっはー
2014/10/24 18:27
まぁ…「専門家」ではないのでしょうけどねぇ。その「専門家ではない」大臣を補佐するのが専門家たる制服組や内局のお仕事なんですが、聞かれないことは答えないのでしょう?それに大臣にしても、オスプレイはご存知でしょうが、AW609とは、どういう機体かなんて知らないでしょうね。最低限必要な知識も持たないまま大臣になるのだから、そら良いように官僚や制服組に使われますわ。
ku
2014/10/24 19:11
清谷さんが政治家・国民が軍事的情報・認識が乏しいのは、情報公開・説明責任という辞書が頭の中にないことに納得しました。
心理学の世界で信頼関係を構築する手段のひとつに自己開示があります。
学校の評価・入学試験の成績、病院では手術件数・カルテ開示等情報公開は常識です。閉鎖空間・公共施設でも情報公開は当たり前です。教育や医療は人生に影響を与え、社会的責任があります。利益追求の株式会社においても財務諸表、収支決算報告書を公開しています。株主、取引先、顧客、メインバンク、地域社会等のステークホルダーに説明責任があります。
防衛省は心理学のダブル・バインドという発言と行動が逆のことをわざとやっています。
防衛白書や部隊の額縁に国民から信頼されるとか地域社会との一体化という念仏があります。信頼されることはなにか、自己開示です。
5兆円という国家予算を使わしていただき、素人は黙ってろ!それはないでしょう。石波先生が使う、お客様のいない商店ですよ!
退官してからある駐屯地記念日に遊びにいったとき、ある2空佐は自衛隊は説明責任はない!訓練だけやってればいいんだ!とマジ顔で主張しました。
自分は訓練も税金使われているので説明責任を果たすのは常識だろ!お前何様だ!とヤキ入れました。まぁ、田舎の分屯地司令のお山の大将ですが・・
デタラメなことやっているから情報公開しないのでしょう!日本相撲協会と全日本柔道連盟と同じ旧態依然の体質で、JY時代が読めませんから
元キャプテン
2014/10/24 19:46
踏み台なんでしょうね。でも軍用ではなく皇室用に購入したらいいんじゃないですかね。軍アレルギーの共産党も納得しますよ。
いわゆる
2014/10/24 20:01
新聞社のサラリーマン記者には出来ない質問ですね。
著作買うしか応援できませんが頑張ってください。
カド
2014/10/24 21:47
私は諸外国の状況というものを、どの程度なされているかということはよくわからないものですから

ダメだこりゃ…
即応予備自衛官
2014/10/24 22:52
ふ〜ん、つまり江渡大臣は「私は官僚が作文してくれた答弁以外は自分の頭で考えて喋ることができない大馬鹿野郎でございます」と言っているも同然ですな。
聞かれていることに何も具体的に回答していませんな・・・
まあ、日本は大臣になるのに能力は求められない異常な国なんで仕方ないんですかね。

それとも防衛省と自衛隊は「大臣がこんなに馬鹿でも俺たちはちゃんと組織が動かせるんだぜぇ〜」と暗に自慢してるんですか?
八王子の白豚
2014/10/25 14:54
大臣の答弁を読を拝見したら、官僚作文らしく、要点の掴めない、偽装している感じがありました。大臣は官僚や将官の傀儡でしたか・・ 官僚に丸投げするのはシビリアン・コントロールの放棄です。官僚・コントロールです。民主党政権時の政治主導と同じ念仏です。政治家は勉強が足りません。石破先生の著書である国防では、圧力団体なし、票や献金にならないので政治家は安全保障を勉強しないらしい。永田町では、まともな見識を持っているのは石破先生と前原先生しか思い浮かびません。民主党政権下では北澤先生ではなく、前原先生が防衛大臣をして欲しかったです。 あと、橋本大阪市長が防衛大臣をやるのもおもしろいのではないでしょうか。劇薬ですが、改革という面では効果があります。副作用として官僚や将官がついていけなくて辞表出すこともあるでしょう。防衛省の天皇の守屋事務次官とは比にならないでしょう。まぁ背広組=文官からは、防衛省のスターリン、金日成、ポル・ポトと称されますが、改革は進み、緊張感を与え、仕事の質は高まります。保守勢力からは恨まれますが、若手・改革派からは崇拝されるでしょう。清谷さんに質問です。与野党問わず防衛大臣の資質にふさわしい政治家は誰でしょうか?
元キャプテン
2014/10/25 21:05
お邪魔します。

 お言葉ですが清谷様のような「違いの分かる」人達に向けての事ではないように思われます。例えば「装甲車を戦車と言うばかりか、戦車と装甲車の違いを説明したら『ミリオタきもい』とか言い返す」ような(知らざるを知らず、知ろうともせず)相手を想定しているのではないかと思います。原理原則とその派生物の区別が無く、相見積が「価格(価値)の妥当性を検証する”手段”」という認識が無く、あたかもそれを原理原則のようにみなしているから、オズプレイのように同種の物が無い場合には「オズプレイ自体の価値の検証」に向かわないため、無理を承知でAW609を比較対象にもってこざるをえなかったのかなとも思います。

 余談ですがオズプレイではなくAW609(Wikiに開発中とあった)を海保(または空自か海自)とかで海難捜索・救助用として少数購入し、新ジャンルの航空機であるティルトローター機の使い勝手等を検証して、それからオズプレイとかの購入を考えたらどうかと自分は思います。「一見便利そうだけど、以外に使い道が無い」物はありますから。JR北海道のDMVもその後は聞きませんし、沿岸域戦闘艦も「海賊やテロリストにはオーバースペック、正規軍相手には力不足」のように思えます。
ブロガー(志望)
2014/10/26 13:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
AW609はオスプレイと同じような戦術運用が可能という江渡防衛大臣の見識 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる