清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 看護陸曹が「衛生兵」に?衛生関連の法規制の見直しか

<<   作成日時 : 2014/01/29 20:04   >>

ナイス ブログ気持玉 25 / トラックバック 1 / コメント 9

 政府は、他国から武力攻撃を受けた有事に際して、救急救命士の資格を持ち負傷者搬送
に従事する自衛官が担う医療行為の範囲を拡大する方向で検討に入った。


自衛官の医療行為拡大 後方支援強化へ検討 
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2014012701002291.html


 やっと、こういうことを国がまじめに考えるようになった、というところでしょうか。
 
 陸自の看護陸曹は自分の判断で投薬や注射、手術までできる諸外国の看護兵とことなり、看護士、救急救命士ぐらいのことしかできません。
 医官の指示がなければ、これらの行為ができません。ですが、戦場のあらゆる場所に医官がいるわけでもない、また医官自身が死傷する可能性も少なくありません。

 現状は多少乱暴いえば、怪我した自衛官は死ね、ということになっています。
 あるいは戦争、実戦のたぐいは起こらない前提でやってきたわけです。

 ですから陸自は途上国ですら持っている装甲野戦救急車すら1輌ももっていない、わけです。ですが我々は未来永劫戦争が起こらないという、ファンタージーの世界に住んでいるわけじゃありません。戦えばけが人、病人、死人がでるのが当たり前です。
 
 
 現状で戦争が起これば、米軍ならば1名の死亡で済むところ、10人も20も死ぬ、あるいは失わなくて済む手足を失うことになるでしょう。


 これは陸自だけではなく、海自や空自でも同じです。すべてのフネに医官が乗っているわけでもないし、医官が戦死する場合もあります。空自の救難ヘリのメディックや空自の基地が攻撃された場合だって出来る処置が限られています。

 陸自の野戦病院もかねてから持ってはいましたが、実戦では使えませんでした。これは有事法で変わりましたが、衛生がらみでは多々問題が残っています。


 平時の医師法などで戦時の自衛隊の行動を規制することが土台無理な話です。ところがこういう話が中々問題になってきませんでした。
 まあ、戦車だの戦闘機だの景気のいい話をしている方が楽しいのでしょうけども、いくら戦車があってもこういう衛生関連不備のままではまともに戦争ができません。

 戦車を増やせ、戦車がないと、国が滅ぶというような主張をする人達は装甲野戦救急車を採用しろとはいいません。率直に申し上げて彼らが「お花畑」と揶揄する観念的左翼の平和主義者と目くそ鼻くそです。

 実戦経験が豊富で人口が少ない国、例えばイスラエルや、かつての南アフリカでは衛生を非常に重視しています。
 
 防衛省でこのようなことを等閑視してきたのは、内局の衛生のトップが厚労省からの出向者ばかりで、現実を分かっていないからだと以前自衛隊中央病院の院長に聞いたことがあります。無論原因はそれだけではなく、防衛省・自衛隊にまともに戦時に備えるという意識が薄かったからでしょう。

 衛生担当者だけではなく、一般隊員に対する衛生関連の規制も再検討すべきです。
 また先の大震災のような大規模災害では、一般国民に対しても看護陸曹などの治療行為を行えるようにすべきです。
 
関連記事
 陸自の救急セットでは、自衛隊員の命を救えない
 http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2013082100006.html


朝日新聞のWEBRONZA+に以下の記事を寄稿しています。
国産機銃は廃止すべきだ(上)――製品不良で多くの自衛隊員が死傷する
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2014012700004.html
国産機銃は廃止すべきだ(下)――小火器メーカーの再編を
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2014012700005.html?iref=webronza

オスプレイはいっそのこと、政府専用機に
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2014011600005.html
陸自向けのオスプレイ導入は「裏口入学」だ
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2014011500004.html
陸自の水陸両用装甲車、AAV7導入は裏口入学だ
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2013122500002.html
日経が伝えないトルコとの戦車エンジン共同開発の真実(上)――トルコの狙いは何か?
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2013112500006.html
日経が伝えないトルコとの戦車エンジン共同開発の真実(下)――日本がパートナーを組むべき国はどこか?
アベノミクスで食材偽装が増える?
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2013111100009.html
機動戦闘車は必要か(上)――島嶼防衛にもゲリラ・コマンドウ対処にも不向き
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2013103100010.html?iref=webronza
機動戦闘車は必要か(中)――脆弱な防御力
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2013110100004.html?iref=webronza
機動戦闘車は必要か(下)――高いコスト
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2013110700008.html

新しいウェブニュースサイト、NEXT MADIA Japan In-Depthに寄稿しております
まともな評価もしないでオスプレイ導入を政治決定した安倍政権〜兵器は子供の玩具ではない@
http://japan-indepth.jp/?p=2962
まともな評価もしないでオスプレイ導入を政治決定した安倍政権〜兵器は子供の玩具ではないA
http://japan-indepth.jp/?p=2967
安倍政権は軍拡?! 右派?!〜その実態は多額の税金をアメリカに貢ぎ、自衛隊を弱体化させている事実に警鐘@
http://japan-indepth.jp/?p=2899
安倍政権は軍拡?! 右派?!〜その実態は多額の税金をアメリカに貢ぎ、自衛隊を弱体化させている事実に警鐘A
http://japan-indepth.jp/?p=2902

陸上自衛隊の水陸両用車の調達先は『アメリカ製』だけが候補の「出来レース」?〜水陸両用装甲車=AAV7は導入ありきでいいのか@
http://japan-indepth.jp/?p=2220
陸上自衛隊の水陸両用車の調達先は『アメリカ製』だけが候補の「出来レース」?〜水陸両用装甲車=AAV7は導入ありきでいいのかA
http://japan-indepth.jp/?p=2220
陸上自衛隊の水陸両用車の調達先は『アメリカ製』だけが候補の「出来レース」?〜水陸両用装甲車=AAV7は導入ありきでいいのかB
http://japan-indepth.jp/?p=2234
安倍政権の安全保障軽視が露呈!やっつけ仕事の国防計画?〜安倍首相はまともに安全保障を考えていない
http://japan-indepth.jp/?p=1956
これではまるで中国政府の記者会見だ!」〜情報発信強化を謳いながら、安全保障報道で外国メディアを差別する安倍政権



真・大東亜戦争 1
アドレナライズ
2013-02-01
林 信吾

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 真・大東亜戦争 1 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


林信吾との共著、真・大東亜戦争全17巻です

  

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 25
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
自衛官の「命の値段」は犬以下なのか?
 先週、東洋経済オンラインで以下の記事を掲載したところ、思いのほか反響がありました。 ...続きを見る
清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所...
2015/03/29 13:55

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
他国の衛生兵でも言うようなことが出来るのは私が知るかぎりあまり多くないけども。

アメリカ軍ですら一部の衛生兵(実際は下士官)にし気道確保のための手術を認めているだけだし。

自衛隊の状況はそもそも話にならないけど、言うほど他国でも出来るわけではないので、正確にお願いしますね。

この手の問題が改善されなかったのは、自中院長の指摘通りでしょう。
なぜなら防衛省は実戦を前提にした組織じゃないんだから。
あなたは分けてるけど、同じことですよ。


一月
2014/01/29 22:18
他国の衛生兵でも言うようなことが出来るのは私が知るかぎりあまり多くないけども。

アメリカ軍ですら一部の衛生兵(実際は下士官)にし気道確保のための手術を認めているだけだし。

自衛隊の状況はそもそも話にならないけど、言うほど他国でも出来るわけではないので、正確にお願いしますね。

この手の問題が改善されなかったのは、自中院長の指摘通りでしょう。
なぜなら防衛省は実戦を前提にした組織じゃないんだから。
あなたは分けてるけど、同じことですよ。


一月
2014/01/29 22:18
自衛隊の本格的なPKO海外展開にむけて、現実的な準備を始めたということでしょうね。

かねてから「投入手段を持たない戦力は戦力足りえない」と考えてきましたが、それに加えて「戦力維持ができなければ、戦力足りえない」ということも含め、変革しつつあるように思えます。

キヨタニさんがおっしゃるように、どうも輸送や兵站維持といった部分を軽視する風潮があります。でもそういう方々は、例えば米空母ではわずか200〜300名のパイロットを活かすために、5000〜6000名の乗員が存在するってことを理解すべきです。
PAN
2014/01/30 09:19
この問題が前進するとしたら、清谷氏の功績が大でしょう。私はこの問題を清谷氏の指摘で知りました。私のような素人への啓蒙は重要です。戦場に限らず自衛隊の任務地は危険が伴います。災害派遣や邦人救出でも同様ですから、この問題は一般国民にも関係する話です。東日本大震災では民間病院が避難する側になる例がありました。民間が合理的に機能するのはあくまで平時の話です。最低限の医療設備を機動的に運用する能力では、軍隊の野戦病院が合理的です。野戦病院と軍医と衛生兵を法的にパッケージングするのを妨害する勢力は軍事力を誤解しています。負傷者だけでなく、避難所の公衆衛生へのケアも民間で対応するには無理があると思います。軍事力に含まれる能力のうち、弾薬を発射・投下する部分だけしか注目されないのは民度の限界とはいえ放置するリスクは計り知れません。

2014/01/30 19:27
陸上戦闘で日米の死傷者に差が出るような事が有っても装甲車両の差の方が大きいんじゃないですかね

イスラエルや南アフリカでは医師でも無い兵卒が手術するんですか?
薬剤官とか居ないで大丈夫なんですか?
第9
2014/01/31 05:22
ここでいう衛生兵っていうのは兵卒という意味ではないでしょ。
ところで映画の話で恐縮ですが、ブラックホークダウンで、中盤、衛生兵が止血のため、傷口を切開して動脈に鉗子?を使おうとするシーンがありますよね。
蛸杉
2014/01/31 11:15
当然、負傷すれば後送が基本ですが、病院に辿り着くまでに出来る事をもっと広げてもよかろう、という話でしょう。
マリンロイヤル
2014/01/31 17:21
役人というモノは、利権にならないことには手を出しません。
士官以上はもろ役人じゃないですか?

あ、ぺーぺーも、見た目だけとってさえ世界で言うところの軍人とは違うようですけど、、
unimaro
2014/01/31 19:20
本問題は古くは40年以上前からずっと指摘されていた問題で、言い換えれば少なくとも40年以上無視され続けてきたとも言えます。

内部的には、陸幕、海幕が長年特に強く要望を出し続けてきていました。

ここまで進んだのは安部政権だからと言えるでしょう。
ルーフィー
2014/02/02 16:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
看護陸曹が「衛生兵」に?衛生関連の法規制の見直しか 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる