清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS オスプレイは政府専用機として採用でいいんじゃないの?

<<   作成日時 : 2013/12/19 16:18   >>

面白い ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 9

 中期防でオスプレイを17機調達とありますが、評価もしていないのに何を考えているのやら。調達費は一機120億円として、2040億円。1年あたり408億円になります。対して陸自の年間ヘリ予算が約350億円に過ぎないのですが。

 ぼくはオスプレイ導入自体には賛成ですが、それは性能、飛行特性、コストなどをキチンと評価をした上での話です。それでいて当初は少数を導入する。個人的には特殊部隊用の機体として数機であれば予算をさほど圧迫しないし、現在特殊部隊用の航空隊が事実上存在しないという異常事態の解消になります。

 またぼくがオスプレイ導入に賛成する理由の一つが、政治的な効果です。自衛隊がオスプレイを採用し、本土で運用するのであれば沖縄の反対運動はある程度沈静化するでしょう。
この政治的な効果は大きいと思います。
 
 むしろ現在のVIP用のスーパーピューマの代わりに入れたらどうでしょう。機数は三機ですみます。政治効果だけ考えればもっとも安い選択です。
 予算も防衛費からじゃなて、内閣府からだろうから防衛省の腹も傷まない。

 安倍首相や、やんごとなきお方々の移動にも使われますから、沖縄で騒いでいる人たちへの説得材料としてこれ以上のものはないでしょう。これであれば災害時も活躍するでしょうし。

 まあ、安倍首相が「オズプレイは危ない、俺は怖いから乗りたくない」というならば、無理な話ですけどね。


真・大東亜戦争 1
アドレナライズ
2013-02-01
林 信吾

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 真・大東亜戦争 1 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


林信吾との共著、真・大東亜戦争キンドル版1巻が現在49円とお得になっております。全17巻です


新しいウェブニュースサイト、NEXT MADIA Japan In-Depthに寄稿しております
安倍政権の安全保障軽視が露呈!やっつけ仕事の国防計画?〜安倍首相はまともに安全保障を考えていない
http://japan-indepth.jp/?p=1956
これではまるで中国政府の記者会見だ!」〜情報発信強化を謳いながら、安全保障報道で外国メディアを差別する安倍政権
http://japan-indepth.jp/?p=1939
低性能でも価格は数倍から10倍の国産小火器〜住友重機が防衛省に納入していた機関銃データの改竄も露呈
http://japan-indepth.jp/?p=1930

夢想的な平和主義者ではなかったネルソン・マンデラ〜武装組織への上手な処遇が生んだ安定政権
http://japan-indepth.jp/?p=1900
「軍事産業は国の財産」と演説した現実的政治家ネルソン・マンデラの死と「最後の未開拓巨大市場」南アフリカの現在
http://japan-indepth.jp/?p=1919
民主主義・法治の危機〜国家安全保障会議(日本版NSC)と特定機密保護法は警察官僚に支配される(1/2)
http://japan-indepth.jp/?p=1821
民主主義・法治の危機〜国家安全保障会議(日本版NSC)と特定機密保護法は警察官僚に支配される(2/2)
http://japan-indepth.jp/?p=1824

防衛省・技術研究本部に実戦的な装備は開発できるのか@〜リモート・ウェポン・ステーションとは何か?
http://japan-indepth.jp/?p=1703
防衛省・技術研究本部に実戦的な装備は開発できるのかA〜必要な調達をする気のない自衛隊と必要ない装備を技術実証する技術研究本部の悪すぎる連携
http://japan-indepth.jp/?p=1720

朝日新聞のWEBRONZA+に以下の記事を寄稿しています。
日経が伝えないトルコとの戦車エンジン共同開発の真実(上)――トルコの狙いは何か?
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2013112500006.html
日経が伝えないトルコとの戦車エンジン共同開発の真実(下)――日本がパートナーを組むべき国はどこか?


アベノミクスで食材偽装が増える?
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2013111100009.html


機動戦闘車は必要か(上)――島嶼防衛にもゲリラ・コマンドウ対処にも不向き
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2013103100010.html?iref=webronza
機動戦闘車は必要か(中)――脆弱な防御力
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2013110100004.html?iref=webronza


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
オスプレイがイラン子の性能なら導入にはなから賛成する必要もないですね
中期防に記される装備品は購入目標、検討の結果ガラッと変わることもありえる、まあ多分無さそうですが
中期防の購入リスト=決定ではない、というのが一つ
賛成となる理由を示し、不採用とするなら性能上の欠点を例示すべきではないかと思います
今の記事内容では手続き上の不備があるので反対としか読めないです

2013/12/19 17:29
オスプレイ導入は、本当に政治的効果のみだと思います。
マリンロイヤル
2013/12/20 09:53
陸自のヘリ予算って何か法的制限がかかっているのでしょうか?
政府肝入りの大型案件なら拡大されそうですが(中期防の予算規模自体も増えてますし)
もちろん他の装備を圧迫するかとは思いますが…
ゆう
2013/12/20 10:27
>オスプレイは政府専用機として採用でいいんじゃないの?

それ名案!
オバマ大統領もオスプレイの安全性を
強調する意味でも導入に積極だったみたいだし、
日本国内のオスプレイに対する不安は
安倍総理が乗れば解消されるかも。
一、二機増やしてもスズメの涙だけど、
量産効果はちょっぴり向上かな。
でも、米大統領専用機版、
軍用機の割りにツヤあるなぁ。

政府専用機の短中長・・・
短・小→オスプレイ(ラ国?国内、関東周辺小規模空港&ヘリポート移動用)
中・中→MRJ(一部国産、国内、西太平洋地域移動用)
長・大→B777(国際共同開発、大陸間移動用)
でOK?
名無し
2013/12/20 12:58
オバマさんも上院議員の時にはオスプレイに乗ってイラクを視察したけど大統領になってからは一度も乗ってませんね。
第1海兵ヘリコプター飛行隊に導入する計画もありますが、随員用で大統領本人は今後もVH-3DかVH-60Nに乗る事になってます。
決してアレが危険な飛行機だなんて言う気はありませんが、大統領が乗らないってのは邪推のタネにしかならない様な気がしますよ。

要人輸送の短中長に関しては
短 既存のシュペルピューマ(震災喪失分を新規に調達までしてる)
中 既存のU-4(航続距離上は東南アジア全域、豪州北部までカバー、米本土は無理)
長 見得で大型機を買う時代でも無い訳ですからリースやその都度チャーターでもいいのでは?
名無し2
2013/12/20 15:38
特殊戦用V-22はドンガラ海兵隊V-22とは比較にならないほどバカ高い、陸ヘリは数年ヘリが買えなくなります。機齢の若いCHかUHを特殊戦仕様に改修するほうが安いと思います…そういえば給油機が足りませんね(没)
ちき
2013/12/20 17:50
反対運動している人たちは単なる左巻きのプロ市民です。たまたまオスプレイが旬なわけで以前は「B-52撤去」でした。生命が危険と言う割には交通事故などは無視しています。とにかく反米闘争が仕事なので生暖かく見守るしかないですね。
琉球土民子
2013/12/20 19:21
「オスプレイ導入自体には賛成です」

清谷さんもわかってんだからさーw
政治的効果が一番でしょ。なんでも反対の頭おかしい連中を黙らせる効果はとても高いよ。
自分で性能評価するのも大事だけど
実際としては既に十分使われてるんじゃないのかしら?
ただ、値段が高いらしいですね。
ぽー
2013/12/21 12:16
結局自衛隊の見た目豪華な装備も、その中でスッカスカの陸自も、こうした平和な軍隊の産物なんでしょうね。
平時ではこれでもいいけど、戦争にならないことを祈るばかり。
アシュール
2013/12/23 20:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
オスプレイは政府専用機として採用でいいんじゃないの? 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる