清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 「防衛力の在り方検討に関する中間報告について」について

<<   作成日時 : 2013/08/04 19:52   >>

かわいい ブログ気持玉 44 / トラックバック 0 / コメント 1

防衛力の在り方検討に関する中間報告について

http://www.mod.go.jp/j/approach/agenda/guideline/2013_chukan/index.html

前にも書きましたが、政権交代で、しかも予算の執行が二ヶ月遅れでバタバタしているときに防衛大綱見直すといっても無理なんじゃないでしょうかね。
どうせ見直すならば、外部の意見も入れて、腰を据えてそもそもの大綱のあり方自体から見なおすべきでしょう。

自民党国防族のマスターベーションにならなければいいですけどね。

今回も別表をつけるといっていますが、これは全面的にリニューアルすべきです。
よく買い物リストと揶揄されますが、買い物リスト以下のシロモノです。
例えば戦車400両とかありますが、それがどのような戦車なのかは書いてありません。
ですから、10式戦車にしても何両作るかも決まっていません。つまり計画性はゼロ。
こんなでたらめな話はありません。


前回の民主党時代に決定された現大綱の別表はひどいインチキでした。

 戦車、火砲を600門/両から400門/両に減らすとありましたが、
 前大綱では火砲600門/両には地対艦ミサイルが含まれていました。
 ところが現大綱では400門/両の中に地対艦ミサイルは含まれていません。

 また、前大綱中の防衛省の予算では現在開発中の機動戦闘車は戦車600両の中に含めるとしていましたが、これまた現大綱の400量には含まれておりません。

 この事実を指摘したのはぼくを含めて極めて少数でした。

 つまり多くの納税者(まあ、払っていない人もいるかもしれませんが)は、実際に減らされる火砲の数は200門/両ではなく、140門/両程度ということを知りません。

 はっきり言って現大綱の別表はインチキ、詐欺の類です。
 
 これについて当時野党だった自民党が物言いしたという話は寡聞にして聞いたことがありません。おおかた、削減される装備は少ないほうがいいとか思っていたんじゃないですか?

 国会のセンセイ方が軍に興味を持っていないから、こういうインチキがまかり通るわけです 

 このようなインチキは文民統制を危うくし、また諸外国からの信頼を失います。

 新しい戦車が強いの、弱いのとか口泡飛ばしている前に、考えることがあるんじゃないでしょうかね。
 
朝日新聞のWEBRONAに以下の記事を掲載しました。
22DDHは護衛艦=駆逐艦か?(上)――実態は「ヘリ空母」
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2013080100004.html?iref=webronza


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 44
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
こんなコロコロしょっちゅう変わるものを「大綱」とは呼べないでしょう。
マリンロイヤル
2013/08/04 21:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
「防衛力の在り方検討に関する中間報告について」について 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる