清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS ネットだけみていると真実は見えない、というお話

<<   作成日時 : 2013/08/28 14:51   >>

面白い ブログ気持玉 80 / トラックバック 0 / コメント 29

 ネットが発達してアマチュアでも日本国内のみならず、世界に向けて発信情報をすることがきるようになりました。また今まで不可能だった情報もネットで容易に検索できるようになました。

 このためアマチュアでも公開情報元に非常に優れた分析を行ない、それを発表することが可能となりました。実際に軍事関係のブログなどでも瞠目すべきブログは少なからず存在します。

 その一方で非常に残念な情報発信ばかりしている人たちはもっと増えました。
 情報の鉄則はまず疑うことですが、この手の人たちは自分たちが信じていること、信じたいことをまず信じてしまう。
 そしてその信じたことを補完する材料をネットで探して自説補強のために、一生懸命貼り付けるわけです。一番元がおかしいから、いくら補強をしてもアレなのですが。そして自分の主張と異なることを述べている人間を攻撃します。

 フレンチ・レストランで、ブルーチーズを出されて、これはカビの生えた不良品だとか、ウオッシュタイプのリバロとか出されると、これは腐臭がする!と、怒るわけです。
 しかも覆面(匿名)して仲間を集めて店先で鉦や太鼓を鳴らして大騒ぎする。ネットでカビとか腐臭という言葉を検索して、これが事実だと大騒ぎするわけです。
 かつてサングラスとヘルメット、手ぬぐいで顔を隠して狼藉を働いていた左翼の暴力集団と同じです。顔も名前も出ないから、品性下劣な素を丸出しです。 

 この手の人たちに共通するのが自分対する評価が過剰とも言えるほど高いことです。また根拠のない自信もこれまた極めて強いということです。
 恐らくリアル社会では周囲から殆ど評価されていのでしょう。ですから自己愛、過剰な自己評価、自己顕示欲、自己認知欲求が更に強くなるのでしょう。それを満たすためには他者を攻撃するのではないでしょうか。
 
 軍事という分野は極めて広範囲であり、しかも政治や外交、経済、科学技術、法律などの分野の知識も必要です。仮に陸戦兵器限ったことろで膨大な知識が必要です。
 しかも次々に新しい事実やテクノロジーが登場してきます。
 ですから一人の人間がすべてをカバーすることは不可能です。
 
 ぼくは原稿を書くときはいつも不安です。ですから、取材するときは常に教えてください、というスタンスです。また分からないことは同業者でその分野に精通している人や、産業界、自衛隊などのエキスパートに尋ねるようにしています。そうすると立場や見解は違っても情報を提供してくださる方は少なからずいるわけです。

 ところがネットで唯の情報を漁っているだけで、第一人者になったようなつもりになって、上から目線で他人を馬鹿扱いするようなタイプにはまともな情報は集まってきません。

 罵倒し合っていれば建設的な議論はできません。まあ、この手のアレな人たちは真実の追究やや知的興味の充足よりも「法敵」を折伏することを目的らしいので、そうであれば目的は達成していることになります。が、それは知性的とはいえません。

 しかも、この手の人たちは得てして本を読まないようです。
 読んでも読書量が少ない。本を読まないということは、体系的に知識が入ってこない、知識を得ながら思考を熟成させることが非常に困難ということです。
 端的に言うと教養がないということです。

 おそらくは堪え性がないのでしょうが、必要な本を精読することができませんから、深い知識が頭に入ってこない。また忍耐力が無いから、文献を漁ることもしない。ひたすらネットで入手可能な断片的な知識だけをかき集めているわけです。

 そればかりか雑誌や有料のサイトですら読まない傾向が強いようです。雑誌を立ち見読みしてうろ覚えで、他人の悪口をかいたりします。別に買わなくても、図書館でコピーすればいいと思うのですが、そういう手間はかけたくないらしいです。
 因みにぼくは基本的に図書館は使いません。好きないときに参照できないからです。ですから必要な資料は全部買っています。

 ぼくたちの世界では海外の専門媒体を長年に読むことが普通です。このような文献購読は情報を扱う人間の基礎的となります。複数の媒体を長年読み続けることで、個々の記事が頭の中でつながり、体系化されたり、情報の相場観が養われます。例えば●●という情報があるけど、過去の報道から見ると怪しいな、と疑いたくなります。

 このような努力や訓練をしていないと、目先の情報をそのまま信じてしまいます。例えば10式戦車が調達コストが7億円といった誤報に飛びついてしまいます。

 こんなことは少しフレームを引いてみればわかることです。概算要求が出る1年前に、しかも担当の陸幕ではなく、技本が量産品の単価に言及するということはまずありません。役所の仕組みを知っていればこの報道は怪しいな、と思うでしょう。
 ぼくはこれは誤報道だとブログで書きましたが、そのブログを読んでも一旦7億円と信じた人たちは考えを変えなかったようです。それで今に7億円になるはずだ、という主張を繰り返したしています。それは願望であり、事実ではありません。こうなると宗教です。

 ぼくはコンバントマガジン2011年11月号に「10式戦車とその必要性」10式戦車に関して技本に長時間インタビューしたのをまとめた記事を書きました。ぼくの知る限り他にこのよう技本の担当部署に長時間インタビューをした記事ありません。
 当然技本の証言という形で、他の記事には書かれていない内容が多数記されています。因みに原稿は技本にも見せておりますから、間違いはないはずです。
 ですから10式戦車を語るのであれば、清谷信一の主張が好きか嫌いかは置いておいても、当然押さえておくべき文献です。

 ところがネットで手に入る無料の情報だけを手にキヨタニは●●と言っているとか、根も葉もないような批判をしています。
  
 件のコンバットマガジンでは10式の試験で正面から自分の砲で10式を撃った場合「500〜800Gがかかり、中の人間は死ぬ」と書きました。
 これを物理の法則上あり得ない、と数式まで挙げて主張する人たちがいたりします。その中には自称院生や自称院修了者がいたりするようです。

 しかもぼくの記事の全文も読まず、一部だけを切り取って違法にアップされたものを元にして批判したりしているようです。言うまでもありませんが、雑誌などを許可を取らずに複写してネットに挙げるのは違法行為です。ぼくらプロの物書きからすれば、このような行為は万引きやコソドロにしか見えません。
 まともな高等教育を受けた人間ならば、批判対象に全文に目を通すでしょう。仮にプロの人間がこんなことをやると次から仕事は来なくなります。

 この話は10式開発の中心人物に直接聞いた話で裏もとっています。これが物理法則上、あり得ないのであえば技本、陸幕、三菱重工に適当な試験をしたことになりますし、そうだとすれば責任者の進退問題になるような大事件です。何れにしても10式の実用性や、調達のレジデマシーが疑われることになります。ところがこの手の批判をする人たちは諸手を上げて、10式は優秀な戦車だと褒め称えていたりします。


 10式開発の中心人物よりも自分の知識が正しいと信じ、得意になるのはご勝手ですし、止めませんけど。

 しかもその上、ぼくが10式の装甲は全く薄いと主張している断言したりします。先のコンバットマガジンの記事でも、「盗用」以外の部分には「装甲のレベルは先述のようにノーコメントだが、開発関係者によると新戦車の砲塔正面は自己の主砲弾の直撃に耐えられるとのことである」と書いてあります。拙著「国防の死角」でも他の記事でも何度も10式の正面の防御力は90式よりも高いだろうと書いています。

 「盗用」した一文だけを頼りに他人を批判しようとすると、このような無様を晒すことになります。
 
 無料ののネット情報に頼ると事実にはたどりつけません。ネットサーフィンをしていると、お手軽で楽しく自分が賢くなったつもりにはなれるでしょうが、それはイリュージョンです。最近の大学院では文献の探し方を教えていないのでしょうか。

 基礎文献もろくに読まず、ネットの唯のタダで拾ってきた情報や万引き犯のように盗用した情報をもとに専門家の証言を幼稚な知識で物理の法則上ありえない批判し、自分は理系の院生だ、マスターだと威張るのは滑稽です。

 まあネットでは博士だろうが、幹部自衛官だとか、技本の人間だとか、はたまた天皇陛下を自称することは可能ですから、本当に院生だか怪しいものですが。

 もしこの手の人達が本当に院生だの院修了者だったら自分は専門分野で無能です、と公言していることになります。こういう学生を間違って採用した企業やら研究機関は大変ですね。この手の人が自分の実名を公表しないのはある意味賢明かもしれません。 



 
朝日新聞のWEBRONAに以下の記事を掲載しました。
おおすみ級〜いずも級 空母保有に向ける海自の野望と緻密な世論誘導
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2013082600005.html?iref=webronza
防衛省は空母が必要であれば、堂々と建造すべきだ
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2013082800007.html?iref=webronza

22DDHは護衛艦=駆逐艦か?(上)――実態は「ヘリ空母」
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2013080100004.html?iref=webronza
22DDHは護衛艦=駆逐艦か?(下)――なし崩し的な拡大解釈
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2013080200008.html

陸自の救急セットでは、自衛隊員の命を救えない
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2013082100006.html?iref=webronza

暑いニッポン、戦車にクーラーを付けなくていいのか?
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2013081400005.html?iref=webronza






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 80
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(29件)

内 容 ニックネーム/日時
まさに清谷様が言われているように、ネットの情報だけをあてにしていると、AKB48はうんこをしないことになりますね。
ひゃっはー
2013/08/28 16:22
あと、日本は過去の韓国に対する植民地支配を反省していないから、安倍首相は機体番号が731の飛行機に乗ったんだ、とかいう報道を流した韓国メディアも、どのような情報の分析を行ったのかが読めて来ますね。
ひゃっはー
2013/08/28 17:23
要は、最近未だ何処がで自分向けの批判を読んだので、怒り任せで長文を書いた訳ですね…

>「10式戦車とその必要性」

成る程…読んだ事(香港に居るですので、手に入るのはちょっと…)無いので細かく評価できんが、このポストだけで判斷すれば、Exclusive情報を強く頼っているの記事ですね。

信頼できる情報源と思われるですが、検証可能性が低いですので、総合的信憑性に置いて利点が有れば不利な所も有ります。

記事も批判文も読む機会がなかったので、以下は飽くまでこのポストに提供された情報に元つくの考察です…

>「300〜500Gがかかり、中の人間は死ぬ」

何処の「中」の人間ですが?発砲する車輌の人間ですが?標的に成ったの車輌の人間ですが?幾らなんでも引用した部分は短すぎるでしょう。

それに、この文の目的は短時間内に読者の私達を説得する為でしょう?それなのに、信じ難いな引用文で段落を始まって、相手は一応数式まで使用した事を認めた上で的もな反論や指摘もせず、ただ人身攻撃で段落を終わろうとするとは…論理式討論でもレトリック式討論でもこれで勝てる方が可笑しい…

>しかもぼくの記事の全文も読まず、一部だけを切り取って違法にアップされたものを元にして批判したりしているようです。

批評の為の引用は日本の著作権法でも明言で許されるけど…

>この話は10式開発の中心人物に直接聞いた話で裏もとっています。

権威に訴える論証ですが?権威を引用する事はいい事ですが、自身も論点に対しある程度の理解力が無いと危険ですね…少なくとも「自称院生」程度を自力で対処出来無いと…
香港からの客人
2013/08/28 23:35
7億円
これは、初期調達コストがそうだと言ってれば誤報となりますが、設備の償還が終わった後にはその位になるという話なのでは?
90式も初期は11億でしたし。

500G
正しいか正しく無いかは、御自身で検証されたらはっきりするかと。
その中心人物が、テレビのコメンテーターのように相手に受ける情報を喋ちゃう人かも知れませんし。
ST核融合
2013/08/29 03:45
個別兵器のスペックなんてのは、以前の兵器よりカタログスペックが劣ってたら防衛省・メーカーの怠慢だ、と怒りたくなるのは分かりますが(笑)それが全てみたいな議論はおかしいでしょう。
マリンロイヤル
2013/08/29 06:22
>設備の償還が終わった後にはその位になるという話なのでは?

ですから、それが希望的観測と事実の混同です。

清谷
2013/08/29 10:10
そもそも生産設備の減価償却が難しいのが10式戦車なんですよ…だいたい現在の戦車定数では400両しか枠がないのに。教育用を入れても大した数の生産の見込みもない。90式戦車の更新はまだ先(実際出来ない筈だった90式への情報システムの改修の話も出ている)。


仮に90式戦車の更新も含めてだらだら生産を伸ばしたら。真の意味の次世代戦車が他国で開発され10式戦車は一気に陳腐化するのが目に見える。

10式戦車は正式化したこと自体が失敗だったという意見はすでに陸自の中でもある訳です。他国の動向を見つつ現行戦車の生産継続と改修をするのが世界の主流なのに惰性で戦車を作ったのが陸自ですから。反って日本性戦車の将来を潰した可能性すらある。
10式は最後の国産戦車
2013/08/29 11:06
嘘をついたり、データの改ざんを行ったのは陸幕、技本、企業、清谷氏の中では誰なのか?その動機、狙いは何なのか?データの改ざんは実行可能だったのか?清谷氏が誤報を出したのならば、なぜ技本は抗議を行わなかったのか?
これらの疑問点が解消されない限りは、その「院生」の計算を百パーセント信用するのは危険だと思います。
ひゃっはー
2013/08/29 12:15
>ひゃっはーさん
あまり難しく考えないでも良いんじゃないかと…
技本等が間違いを訂正する必要がないと考えたのではないかと思います
残念ながら日本では軍事雑誌や有料ネット新聞等は世間一般に広く観られるものでは無いので、
誤解を放置しても問題ないと判断したのでは?(訂正するとなると根拠を示さないといけない)
ゆう
2013/08/29 17:33
お邪魔します。
 ネット云々というよりも「始めに結論ありき」の姿勢の問題だと思います。
 それから情報を表す英語には「インフォメーション」と「インテリジェンス」の二つがあり、「インフォメーション」は”生”の情報、「インテリジェンス」はそれらを加工して判断の材料に使えるようにしたものだと聞いた事があります(英MI6のIはインテリジェンスだとも)。ネットの情報は”生”に近く、それだけ見る側に”加工”する事が求められているとは思います。尤も日本のマスコミの”加工”には?が少なくないようにも思えますが。
ブロガー(志望)
2013/08/29 23:12
ゆう様へ
もしも、仮に清谷氏が誤報を出していて、技本もそれを放置しても問題ない、と判断するほど仕事に対するこだわりがない組織だった、としましょう。すると、「誤報を出した前科のある」清谷氏が、なぜ防衛省の記者会見に出席して大臣に質問できるのか、技本の各種発表会に参加できるのか、が分からなくなります。
ひゃっはー
2013/08/29 23:38
2ちゃんねるの軍事板や某ミリタリーブログにはF35真理教従と言うべき輩が常駐している様ですね。まるでF35が万能であってF35に国の未来を託しているかの様な熱の入り様です。少しでもネガティブな事を指摘されると方便や詭弁を述べたり挙げ句の果てには火病を起こしたりしますね。
パイナポー
2013/08/30 11:04
>ひゃっはーさん
そこはTPOというものでしょう
大臣や官房長官発表とかでは誤りは許されなくとも、一雑誌の取材では誤報も見逃されます(週刊紙なんて誤報だらけ)
とくにキヨタニ先生のように現場の隊員からの情報をもとにすると、「そう思っている隊員もいる」自体は真実なので訂正しにくくなります。
そして、同じ発表を聴いたとしても受け取り方は記者それぞれなので「そういう受け取り方もあるよね」で済んでしまいます
この部分を厳密に修正すると、発表側からの一元的な見方にされてしまうため、言論統制、大本営発表まっしぐらになるでしょう
あと、技本発表会は一般人にも結構公開してるのでよほどのことが無ければ出禁にはならないでしょう
ゆう
2013/08/30 13:27
10式戦車は……車体傾斜装置とか独自すぎて(笑)こんなモノ研究してる間に、他国ではアクティブ防護システムが登場してますし、世界の趨勢とは違う方向を向いてるとしか思えませんね。
マリンロイヤル
2013/08/30 13:57
清谷様、防衛省の「平成26年度概算要求の概要」がやっと公開されました。専門家のお立場で突っ込みどころ満載だと思います。商業誌で分析結果を発表されるかもしれませんが、おさしつかえない範囲で、当ブログでも分析結果をご紹介いただけると幸いです。
また、記者会見でのご質問も期待しております。
ブリンデン
2013/08/30 17:23
うはは。JSFって人か。ああいう人は

俺最高。
ミリタリー最高。
んでもって、
ミリタリーが好きな俺最高。

という考えの人だからなあ。
ぽー
2013/08/30 18:35
ゆう様へ
技本が単独の取材に応じたということは、清谷氏のことをそこらの三流記者とは違う、と信用していたことになります。仮に、あくまでも仮に、その信用していた記者が誤報を出したとしても、技本は何もせずに放っておくのでしょうか。技本には橋下市長のような骨のある人物はいないのでしょうか?いない、と断言されたらもう何も言うことはありません。
ひゃっはー
2013/08/30 19:16
>ゆう
このひとはこのエントリーで上げている軍オタの典型例です。コメントをみれば「300〜500Gがかかり、中の人間は死ぬ」、などということは信じたくないという「願望」が明らかで、その「願望」を補強するために想像で発言をしています。それを本人は事実だ、と思い込んでいます。

>技本等が間違いを訂正する必要がないと考えたのではないかと思います
残念ながら日本では軍事雑誌や有料ネット新聞等は世間一般に広く観られるものでは無いので、
誤解を放置しても問題ないと判断したのでは?

こんな阿呆なことをいったら防衛省の広報や技本は怒りますよ。ぼくの上記の戦車の取材などでは、偉い人を含めて一〇名近い人間がその場に出てきます。そしてインタビューは通常一時間〜二時間程度になります。また双方で間違いや思い違いがないように録音もします。
もしどうでもいい媒体や相手の取材なら、そもそも取材は受けなでしょう。また間違ってもいいや、と思っているならゲラのチェックも、録音もしないでしょう。かつて軍事研究の新戦車のインタビューはではゲラの直しをめぐって入稿当日の午前二時まで攻防をくりかえしていました。お説が正しいならば防衛省の広報課もそんな馬鹿なことはしないはずですけどもね。

今週概算要求のレクがありましたが、これは記者クラブ、記者クラブのキャップクラス、そして専門誌と外国メディア用の3回がありました。専門誌が影響力がないなら三回めのレクはやらないでしょう。

いいかげんに妄想と現実の区別をつけてはいかがでしょうか。

キヨタニ
2013/08/31 10:45
>ゆう
>技本発表会は一般人にも結構公開してるのでよほどのことが無ければ出禁にはならないでしょう

これは下記のコメントに対するものです。
>ヒャッハー
>なぜ防衛省の記者会見に出席して大臣に質問できるのか、技本の各種発表会に参加できるのか、が分からなくなります。

だれでも見学できる11月の技本の発表会に出入りできるならば、相模原で行われた一〇式の発表会やら、防衛省の記者クラブの記者会見やらにも出ることができると主張していることになります。
 そのようにお考えならば、防衛省の正門にいって、おれは技本の発表会に出入りしているんだ、記者会見や戦車の発表会に参加させろと要求してはいかがでしょうか。お説が正しれば記者会見や発表会でお目にかかれることでしょう。

この手の人達は願望や妄想と事実の区別がつきません。新興宗教にかぶれているアレな人たちと同じです。道理なんぞが通じる手合ではないでしょう。議論をするだけ無駄でしょう。
キヨタニ
2013/08/31 10:55
余談ですが、今度デビューするAV女優はホクロの位置が同じだから元アイドルの誰それだ、みたいな動かぬ証拠を持ってる人は強いですね。しかし、そういう人は清谷様が言っているように、長年に渡って基礎的な情報を欠かさずに収集している人なんでしょうね。それをやっていないと、変化や異変が起こった時に気がつかないし、想像力を働かせることができないという訳ですか。
ひゃっはー
2013/08/31 19:40
マリンロイヤル様へ
軍事研究9月号に10式と中国の99G式が台湾で戦うシュミレーシをやってましたが、10式が低い姿勢による待ち伏せ攻撃を行う、といった場面は出てきませんね。また、陸自の演習で90式や74式が車体を傾斜させた状態を捉えた写真を、私は雑誌等で見たことがありません。ゆえに、車体傾斜装置はいらないのではないのかと思います。
ひゃっはー
2013/09/02 10:39
ひゃっはー様
稜線射撃で使われるのではないでしょうか。


清谷様
「10式戦車主砲弾の直撃を正面から受けた10式戦車内の乗員は、装甲が貫徹されずとも即死する」という情報についていくつかお伺いしたいのですが、よろしいでしょうか?

1.それは10式戦車特有の現象でしょうか? そうである場合、主砲弾と装甲のどちらに原因があるのでしょうか、それともそれ以外に原因が求められるのでしょうか?
2.10式戦車特有の現象ではない場合、過去にそういった事例が起きたという文献などは存在するのでしょうか?
3.これは重要ではないのですが、乗員の「死因」はどのようなものになるのでしょうか。
さぁぶ
2013/09/02 23:05
かつてM4シャーマンで豚を使って同様のた生体実験をやった時、豚は血を流して死んだそうです。
無論距離にもよるでしょう。撃たれたら必ずしも死ぬわけではないでしょう。
文献は特に存じません。
キヨタニ
2013/09/03 22:42
ご回答ありがとうございます。
豚による実験なんてものがあったんですね、そんなこと思いもしませんでした。どこかで実験のデータなどは公表されているのでしょうか?

ですが、そうだとすると10式戦車特有の問題ではなさそうですね。
清谷様がわざわざ記事にされるほど優先度が高い問題となりますと、各国でも同様の問題が報告され、なにかしらの対策がなされていると思うのですが、そこのところはどうなのでしょうか?
現代における一兵士の人命は安価とは言いがたいでしょうしそれが戦車兵ともなればなおさら。電子機器も即座に復旧できなければ、主砲もただの飾りになってしまうでしょうし。
さぁぶ
2013/09/04 01:57
さぁぶ様へ
その雑誌では、残念ながら稜線射撃を行う場面もありませんでした。
ひゃっはー
2013/09/04 08:47
ひゃっはー様
稜線射撃は、特殊なサスペンションを開発してまで拘るほど、決定的な戦術なんでしょうか。
マリンロイヤル
2013/09/05 17:09
私は74式の時代とは異なり、走行間射撃が可能となった現在においては、稜線射撃はピストン戦法に取って変えることが出来ると愚考しています。
ピストン戦法とは、稜線の手前で待機する我の戦車が、稜線の向こう側に接近する敵戦車を察知した際に稜線を駆け上がり、先制攻撃をした後に迅速に元の場所に戻る、といったものです。これなら、地形によって我を防護しつつ攻撃を行う、という稜線射撃の目的を達成できますし、姿勢変換装置は要りません。
問題は見通しの利かない稜線の向こう側を、どうやって監視するかです。そこで、OHー1やUAVや他部隊が得た敵情をリアルタイムに得ることが出来るネットワークが必要になります。もちろん、敵が先に我を発見したら迫撃砲やトップアタック式のミサイルなどの曲射火器で攻撃されるので、戦車の偽装は怠ってはなりません。
ひゃっはー
2013/09/05 19:55
ひゃっはー様

ピストン戦法が有用であるとお考えならばですが、「その戦法のように姿を晒さずとも、極力隠れた状態で射撃が行える」という意味で姿勢変換装置の有効性が証明されていると思うのですが、いかがでしょうか。
ピストン戦法では「遮蔽に身を隠し索敵、発見したら遮蔽から出て発砲し、また遮蔽に戻る」ようですが、それでは「遮蔽に身を隠し索敵、発見したらそのまま射撃」の稜線射撃とは意味が変わってきてしまいます。
一対一で「先に撃ったほうが勝ち」、という状況ばかりでもないでしょう。
さぁぶ
2013/09/06 03:55
さぁぶ様の言われる通りです。
稜線射撃もピストン戦法も一長一短あるという結論でいいと思います。
ただ、専門家のシュミレーション上ではどちらもそれほど有用な戦術になり得ないようですが。
ひゃっはー
2013/09/08 17:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
ネットだけみていると真実は見えない、というお話 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる