清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 離島防衛をめぐる市ヶ谷界隈の噂

<<   作成日時 : 2013/08/20 11:27   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 35 / トラックバック 1 / コメント 11

水陸両用部隊の準備経費要求
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130817/k10013836431000.html

離島防衛を担っている陸上自衛隊の西部方面隊に新たな部隊を編成し、アメリカ海兵隊などが保有し沖合いに展開した艦船から、兵士を乗せて海岸に上陸する機能を持つ水陸両用車「AAV7」を装備する方針を固めました。そして、来年度はその準備にあたる部隊を発足させることとし、当面、「AAV7」6両の体制を目指して概算要求に必要な経費を盛り込むことを決めました。

水陸両用車を増強、防衛省が予算要求へ 島しょ防衛強化
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS1800N_Y3A810C1PE8000/

島しょ防衛に使う水陸両用車の購入を盛り込む方針だ。初めて購入した13年度に続くもので、侵攻された離島を奪還する米海兵隊のような機能を強化する。

 陸自はAAV-7を本採用するのは既定路線だそうです。 市ヶ谷内部からもそのような話がちらほら、聞こえてきます。

 ならば「調査用」として本年度予算で調達したのに、「調査」も行わないで決めたことになるわけで、問題でしょう(普通の国ならね)。
 まあ、記者クラブがこれを問題にするとは思えませんしね。そういうふうに陸幕がメディアをなめているのかもしれません。
 政治も無関心でしょう。ですが「我が国固有の環境や運用」を鑑みればAAV7は決して合致した装備ではないでしょう。まあ、どうぜ実際に使わないからいいや、とでも思っているのでしょう。
 AAV7だと尖閣あたりのリーフが超えられないという話があるのですが、ちゃんと確認したんですかね?その確認のためのサンプル購入じゃなかったんでしょうか。
 もしダメなら誰が責任をとるんでしょうかね。まあ、誰も責任を取らなくていいからいい加減に話を進めている、という感もありますが。

 
 これらは西部普通科連隊に配備されるようですが、現場ではやめて欲しいとい声も多いようです。AAV7の車輌の乗員や整備要員などからなる別部隊の編成が予定されているそうです。でないと、下車歩兵が減るし、負担も大きくなるでしょう。実際陸自普通科の多くに軽装甲機動車が配備されているのはこれが理由ですから。

 市ヶ谷界隈では西部普通科連隊に加えて、もう一連隊、水陸両用部隊を増やし、二個連隊を基幹に「海兵隊」を作り、中央即応集団に加える構想もあるらしいです。その場合旅団にでもなるのでしょう。が、既存の部隊を潰して、新部隊を立ち上げるのか、それとも既存の部隊を改変するでしょうか。

 それからオスプレイの導入も既定路線らしく、特殊部隊用に使用される可能性あるようです。ぼくは基本的にオスプレイの特殊部隊用の導入は主張してきました。ですが、いきなり特殊部隊用というのは、いささか性急だと思います。

 いきなり特殊部隊用に導入して、それようの訓練をすれば事故も起こる可能性が高くなるでしょう。そうなるとアレな人たちがまた政治利用しようとして大騒ぎするようになるでしょう。まずは通常の輸送ヘリとして使用して、しかるべき期間、運用ノウハウを掴んだ上で、特殊部隊用に転用すべきです。

 まあ、市ヶ谷の中でも色々と主張や利権の衝突もあるようですから、ここで紹介した話が前部実現するとは思えません。

 それと最近は佐藤政務官が将官人事に介入しているとの噂もあります。●●を●●にさせないようにしたとか、しないとか。 佐藤氏は「みどりの人と呼ばれているそうです(自衛隊が登場している某ファンタジー小説からでしょうか)。そのこころは陸自の予算を増やすことしか考えていない。

 そういえば佐藤政務官といえば、防衛省や駐屯地敷地内で選挙運動やってましたが、これは防衛省大臣的にはOKということでしたが、だったら十条駐屯地で共産党候補が活動やっても司令は挨拶に顔だして握手するんでしょうねえ? そういうことになりますよねえ。やらないんだったら佐藤政務官だけ特別扱い、ということになりますが


 部隊の新設や新装備の調達にはカネがかかります。ですが陸自は部隊数の維持を図るでしょう。となればまたも、兵站や教育などにしわ寄せがくるでしょう。であればますます陸自の戦力は減ずることになります。

 自衛隊は組織内政治よりも現実を見るべきです。人員、部隊。駐屯地などの削減なくして構造転換は不可能です。将官、将校のポストよりも国防を優先すべきです。
 ましてや政治家は尚更厳しい現実を直視し、削るべきものを削るべきです。制服組におもねるようではいけません。


朝日新聞のWEBRONAに以下の記事を掲載しました。
暑いニッポン、戦車にクーラーを付けなくていいのか?
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2013081400005.html?iref=webronza
22DDHは護衛艦=駆逐艦か?(上)――実態は「ヘリ空母」
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2013080100004.html?iref=webronza
22DDHは護衛艦=駆逐艦か?(下)――なし崩し的な拡大解釈
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2013080200008.html


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 35
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い 面白い 面白い
驚いた
かわいい

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
フレンドフレンド≪出会い系サイト詐欺,悪質出会い系サクラ被害≫解決実績NO1.あすなろ総合調査
? フレンドフレンド? 運営会社:ティーケーグラフィックス株式会社? 責任者名:菊池信暁? 責任者名:津村衆? アドレス:info@friend-friend.net? TEL:03-3984-1333? 住所:東京都豊島区高田3-5-5 谷口ビル305? 宿第一ビル701? http://friend-friend.net/?当社に ...続きを見る
フレンドフレンド≪出会い系サイト詐欺,悪...
2013/09/10 20:46

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
>部隊の新設や新装備の調達にはカネがかかります。ですが陸自は部隊数の維持を図るでしょう。となればまたも、兵站や教育などにしわ寄せがくるでしょう。
そのために防衛予算が増額要求されるのでは? (補正予算も含め)
さすがに昨今の国内外情勢なら増額は認められると思います
ゆう
2013/08/20 11:56
日本の防衛に必要な海空自は、大丈夫なんてすか?
v(^o^)
2013/08/20 13:02
来年の防衛費増額は輸入品の値上がり分と、バブル時代の人間の退職増加で大半が消えます。
現在でも兵站部隊は極端に数がすくなく、炊飯時になると小隊の一個分隊が駆り出されるし、弾薬補給のトラックも少ないので連続して迫撃砲などの射撃も出ません。弾薬の備蓄はお寒い限り、戦時燃料の備蓄は全くありません。

空海も問題ありです。火の出る玩具、大きな玩具を買うことばかりに頭がいっています。未だに買い物官庁です。
キヨタニ
2013/08/20 13:18
もし、自分の国が必要であるならば、自分の国は自分自身で守れ。
虎の威を借る狐* になるな。 狐の根性が汚い。

力は正義である。(Might is right).
もしも、自分に正義が必要であるならば、自分自身の力を示すこともまた必要なことである。

仏法の守護神は、仁王である。国家の守護神は、自国の軍隊である。
主護神を置かずして、法を説く者はむなしい。得意な歌詠みも、ごまめの歯ぎしりとなるか。

自分の死に場所を探す兵士ばかりでは、戦に勝てない。戦場に屍をさらせば、敵の戦果の山となる。
兵卒は有能、参謀は無能。
お上の理不尽な要求には、耐え難きを耐え、忍び難きを忍んで、南の島に雪が降る。

序列メンタリィティを日本語脳から除去することは難しい。
階称 (言葉づかい) は、日本人のリーズン (理性・理由・適当) をむしばむアヘンのようなものになっている。

*(他人の権勢をかさに着ていばる小人のたとえ。)

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://3379tera.blog.ocn.ne.jp/blog/





noga
2013/08/20 15:04
自衛隊は、独自の上陸作戦の理論研究なんて全くしてませんし、米軍のドクトリンを翻訳して使うんでしょうが、そのドクトリンを実行するための装備を買う予算も人も用意できないでしょう。
マリンロイヤル
2013/08/20 18:36
自民党の方々は清谷様が述べているように、「憲法改正」と「予算の増額」が全ての問題を解決する魔法の杖だと思っているようですが、自衛隊にも「基本基礎の確行」という便利な魔法の杖があるんです。
ひゃっはー
2013/08/20 20:37
>キヨタニ先生
レスありがとうございます
概算要求では必要経費、補正予算で購入費と新聞報道でありましたね。
個人的には、多少性急でも以前キヨタニ先生がブログ記事にされたように、
尖閣対処や離島防衛は待った無しと言うことを考えると比較的現実的な対応をしているのではないでしょうか
どちらにせよ、予算措置から戦力化までには少なく見積もっても5年はかかることから、納税者としては迅速な決断は評価したいところです
ゆう
2013/08/21 01:26
 最新記事の解説ありがとうございます。
オスプレイは発狂したようなネガティブ記事を書く既存の新聞社。空軍仕様と海兵隊仕様のオスプレイの違いには無関心なのか報道はMV22オスプレイと一括りですね。
本記事では空軍特殊部隊仕様の可能性を指摘されてるのでしょうか。米海兵隊仕様のオスプレイは塩害対策でかなりのコスト高になるとか。
某誌の海外兵器記事も楽しみにしております。
カド
2013/08/21 23:59
何か変だなと感じていたんですが、バブル期は特別、人数が多いわけではないような…
バブル期と言えば入隊適齢期の若者(私より年上ですが)が一般企業に持っていかれていた時期では?
隊員の質では悪い意味で特筆すべき時期ではありますが退職金が格段問題になることは無いと思います
ゆう
2013/08/22 11:54
離島防衛に、陸自が海兵隊もどかを作ろうとしてますが、海自に海兵隊を作った方が良いのではないでしょうか?
その方が、船や飛行機との連携が上手くと思います
陸海空自よりも、海空自の方が連携が上手くいくような気がします
きりこ
2013/08/23 20:07
ぼくもそう思います。
キヨタニ
2013/08/24 10:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
離島防衛をめぐる市ヶ谷界隈の噂 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる