清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 陸自の短距離弾道弾

<<   作成日時 : 2013/06/29 11:48   >>

ナイス ブログ気持玉 66 / トラックバック 0 / コメント 17

陸自に短距離弾道弾 沖縄配備で尖閣防衛 防衛大綱盛り込みへ
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130626/plc13062607020006-n1.htm


防衛省が短距離弾道ミサイルの開発の検討に入ったことが25日、分かった。射程は400〜500キロを想定し、沖縄本島に配備することで中国による尖閣諸島(沖縄県石垣市)など東シナ海の離島侵攻への抑止力強化を目指す。

16年の防衛大綱改定の際も、防衛省は長射程ミサイルの技術研究開始を検討した。だが、公明党が敵基地攻撃能力保有と専守防衛逸脱の恐れがあるとして反対したため見送った。

 今回は射程を限定することで敵基地攻撃能力に直結しないと明確化。配備場所も沖縄本島と明示し、九州に配備すれば射程内に入る韓国の反発にも配慮する。


 

 これは以前からここでも紹介していた話です。防衛省内では以前から調査をしておりました。で、射程500キロまでのものならば割合簡単に作れる、射程1000キロになるとお勉強が必要、とのことです。
 
 唯実際大綱に盛り込まれるか、疑問です。今回の記事は観測気球かもしれません。

 軍事的な整合性から言えばこの種の弾道弾は有用です。島が占領されたら即座に反撃ができるし、敵には迎撃手段がない。味方の人的損害を気にする必要もない。
 巡航ミサイルよりも有用です。これはぼくが書籍も含めて以前から繰り返し申し上げてきたことです。


 ただ、これまでの政府見解との折り合いをつけるのがどうだろうか、公明党をどう説得するのか、政治的に沖縄に配備が可能なのか(不可能ならばより長射程が必要)。などの政治的な問題を同処理するかが問題となるでしょう。
 まあ、短距離弾道弾だし、非核弾頭だし、従来政府が想定していた長距離弾道弾とは違い、自衛用だからOKだと内閣法制局長あたりに発言させれば問題ないでしょう。
 韓国が因縁つける筋合いの話でありません。韓国に配慮する必要はありません。むしろ我が国がもっと長距離のミサイルを開発したり、韓国を攻撃するんじゃないか、と心配してくれたほうが国益になります。


 それと予算です。その分何を削るか、です。火砲400門の中にこれを含めるならばMLRSなんぞ全廃する必要があるでしょう。

 前から申し上げておりますが、現用のMLRSは冷戦型装備であり、これを維持するのであればトラック搭載型に変え、ATACOMSなどもあわせて導入すべきです。それはそれでコストはかかります。
 まあ、そのようにしてMLRSを維持するのであれば別な何かを削る必要があります。例えば戦車の定数を現大綱の400から減らして、150〜200輛にしてもいいじゃないでしょうかね。
余った戦車はモスボール化すればいい。ゲリコマや島嶼防衛にたいそうな数の戦車は必要ありません。


 またその弾道弾を陸自が運用するのか、空自なのかという問題も浮上してくるでしょう。
 インドのように水上艦発射型にする手もありますが、コスト的にはあまり現実的ではないでしょう。
 
 ぼくは1000キロ以上の射程のものを開発し、本土に配備する方が宜しいのではないかと思います。沖縄県配備で政治的なコスト(沖縄に対する税金のばらまき)をかけるのはばからしいし、あと中国や韓国に対する無言の圧力になりますから。

 いっそのこと北海道から尖閣諸島を攻撃できるようなミサイルを開発してはどうでしょうかね。北海道の部隊を減らすと地元が困ると政治家がゴネています。これが陸自の兵力削減を難しくしている原因の一つです。

 ですから北海道の既存部隊を廃止し、そこに弾道ミサイル部隊を配備する。人数は減りますが基地は残ります。北海道の経済ためと長距離弾道ミサイルが必要です、といういいわけにもなります。

 開発にはJAXAの3段式の固形燃料ロケット、イプシロンをベースに開発すると開発・調達コストはさがるでしょう。イプシロンは発射まで1週間かかりますが、これを改める必要があります。また三段式も必定じゃない。うまくいけば量産効果でイプシロンのコストも下がるでしょう。


 通常動力型潜水艦でかまいませんが、SLBMを発射できるミサイル潜水艦を配備すると面白いでしょうね。燃料電池などを搭載すればかなりの時間潜行が可能です。

 当然ながら尖閣ではなく、大連や厦門あたりの軍港を火の海にすることも可能となります。しかも相手には防ぐ方策は現状ありません。 

 SLBMやその発射システムはフランスあたりから導入すれば宜しいでしょう。コストは掛かりますが、周辺諸国がかってに我が国が核弾頭を搭載するかもしれないと妄想してくれれば、抑止力として大きな存在になるので投資に見合うリターンがあるのではないでしょうか。

 

朝日新聞のWEBROZA+に以下の記事を寄稿しております。防衛省の国会答弁で虚偽の可能性があることを指摘してます。全四回の連載です。
東日本大震災で防衛省の無人機はなぜ飛ばなかったか(1)――墜落を恐れた?
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2013061900007.html
東日本大震災で防衛省の無人機はなぜ飛ばなかったか(2)――省内の食い違い
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2013062000004.html
東日本大震災で防衛省の無人機はなぜ飛ばなかったか(3)――難しい新規参入
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2013062700005.html?iref=webronza 
東日本大震災で防衛省の無人機はなぜ飛ばなかったか(4)――「我が国固有の環境」とは何か
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2013070100008.html?iref=webronza

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 66
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
かわいい かわいい
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(17件)

内 容 ニックネーム/日時
「軍事的な整合性から言えばこの種の弾道弾は有用です。島が占領されたら即座に反撃ができるし、敵には迎撃手段がない。味方の人的損害を気にする必要もない。」

そうでしょうが?島占領部隊を相手とすれば、標的は歩兵、或いは装甲車は関の山でしょう。クラスター弾で攻撃するなら其れなりの効果を期待出来るが、日本は既にクラスター弾に関する条約に署名しています。単一弾頭、或いは小数(しかも、安全や判別為の電子システム満載で子弾毎の値段が高い)の子弾しか含まないのミサイルで攻撃するとは果たして対費用効果が有るでしょうが?

「例えば戦車の定数を現大綱の400から減らして、150〜200輛にしてもいいじゃないでしょうかね。」

別に戦車が有るから全て大丈夫と言わないけど、戦車や砲兵が無いの歩兵集団は最早2次大戦以下です。其れなら自衛隊の全体的削減を主張する方が良い。

「またその弾道弾を陸自が運用するのか、空自なのかという問題も浮上してくるでしょう。」

対艦ミサイルと言う前例から思うと陸自じゃない?人的余裕も陸自の方ですし。

「ぼくは1000キロ以上の射程のものを開発し、本土に配備する方が宜しいのではないかと思います。」

此れだと、開発難に依る遅延の可能性が高いし、ミサイルの高価化も必至ですね。
香港からの客人
2013/06/29 16:31
10式戦車などという訳の分からない兵器の調達など止めて、この手の遠隔攻撃兵器を導入すべきですよね。北朝鮮じゃあるまいし、今どき本土決戦主義なんぞ流行りませんよ。
ばるたん星人
2013/06/29 18:09
お邪魔します。
 弾道ミサイルは半径何百メートルのどこかに落ちるものと聞いています。確かに防ぐのは極めて困難かも知れませんが、核弾頭(または化学弾頭)を装備する、または都市といった「ある程度の大きさがあり、かつ動かせも隠せもできないもの」を狙う以外で、兵器としての有用性がどこまであるのかと思います。尤も例えば「北朝鮮が核開発・ミサイル開発を止めれば(どこかの国が止めさせれば)開発はしない」といった利用法もあると思いますが。

>戦車や砲兵が無いの歩兵集団は最早2次大戦以下です。

 清谷様は「全廃」までは言っておられないと思います。海洋国家である日本で大陸国家のような大機甲戦が起こる可能性は考え難いと思います。占領された島を奪い返すのであれば、戦車そのもの(の数)だけでは無くその輸送手段を確保しておくことも必要と思われます(陸なら走っていけない事はないが戦車自体は海を渡れない)。

>北朝鮮じゃあるまいし、今どき本土決戦主義

 北朝鮮は元々ゲリラですから、ゲリラに戻るだけでしょう。地続きの中国から物資の補給を受け、ヤバくなったら中国領内に逃げるといった(中国が見限らない限り)。陸自は日本を「占領しない(されない)限り決着がつかない」大陸国家とでも思っているのでしょうか。
ブロガー(志望)
2013/06/30 18:48
本土決戦の前提は専守防衛を撤回しない限り続くでしょうね


短距離弾道弾もSLBMも嫌がらせ程度にしかならないスカッドとどう違うんですか?

大体核搭載可能だと国際的にマズく無いんですかね?

原発全廃すれば大丈夫とでも言うのですか?
第9
2013/07/01 05:40
通常戦力止めて弾道ミサイルに注力するほうが、よっぽど「北朝鮮じゃあるまいし」という感じがしますが。
ぽち
2013/07/01 10:19
>ぽち
そういう下手な印象操作は感心しませんね。それとも本気で北朝鮮と日本の弾道ミサイル政策が同じだと思っているのでしょうか?
ばるたん星人
2013/07/01 11:48
地上配備型弾道ミサイルは中共の戦略ミサイル部隊の先制攻撃に生き残れないんじゃないでしょうか?。やっぱり水中発射型弾道ミサイル搭載型潜水艦部隊が必要です。問題はその弾頭に核を積むかどうかですが、とりあえず核無しハープーンミサイルといのもありかと思います。あとやっぱり原発はいらないけど、原子力潜水艦欲しいような気がしますね。
大海人
2013/07/01 13:11
射程500キロのATACMSって感じなんでしょうか、火力の投射手段は多い方が良いです。
マリンロイヤル
2013/07/01 14:06
イプシロンは固体燃料式なので
弾道弾との共通化は良いですね。
ただ、終末段階では弾頭側には別途、
誘導装置の研究開発が必要になります。
また、長距離弾道弾に注意すべき点は、
周辺国が核弾頭という疑念を持ち、
それを根拠に核兵器による
報復を正当化する危険性です。
以前、米軍でも核弾頭を
通常弾頭に付け替えて使用する案が
浮上しましたが、
核弾頭と識別するのが困難な為、
核戦争を不用意に発生させかねないとして
結局挫折しました。
日本は原発先進国故に核弾頭を
開発できるのではないかという
周辺国に対する心理的圧迫は利点でもあり、
同時に欠点です。
弾道弾を使用しない限りは
相互確証破壊に繋がりますが、
使用すれば核弾頭と捏造されて
核による報復が正当化されかねません。
そこが最大の懸念事項です。
名無し
2013/07/01 14:40
 外国では対艦弾道ミサイルやGPSを利用した精密誘導砲弾が登場してる時代ですから。自衛隊の装備調達は既存の利権に固執せずに進めてほしいですね。 
カド
2013/07/02 00:58
>ばるたん星人
>そういう下手な印象操作は感心しませんね。
そのお言葉そっくりお返しします。

弾道ミサイルがあれば抑止力になるという発想は十分「北朝鮮的」だと条件反射で考える人は少なからず現れると思います(本心かはともかく)。

そもそも北朝鮮って本土決戦主義なのでしょうか?
ぽち
2013/07/02 11:23
核弾頭と通常弾頭との鑑別が不可能と言うご意見がありました。しかし地上核実験やらずに核弾頭の開発できますかね?。コンピュータシュミレーションだけで核弾頭作れますか?。日本が核実験したら絶対ばれます。また日本のいったいどこに核実験場の適地があるというのでしょうか?。地下核実験でも土地を貸す自治体探すのは難しいのではないでしょうか?。日印安全保障条約締結して、日本がインド国内で核実験場租借するぐらいしか思いつきません。原潜だって日本で建造できるかどうか怪しいもんです。横浜、神戸、呉、長崎いずれの自治体も原潜建造拒否すると思います。原潜もやっぱインドあたりから輸入するしかないんじゃないでしょうか?。
尖核諸島
2013/07/03 15:40
>ぽち
条件反射(笑)
ばるたん星人
2013/07/04 00:27
>ばるたん星人
条件反射(笑)

あなたの反応こそ条件反射(笑)
ですね(笑)
ぽち
2013/07/04 18:46
日本が短距離弾道ミサイルを配備した時点で中国政府からの見解がある。憲法規定上、北海道に配備すれば米国との関係上安全保障に抵触し、弾道ミサイルの問題は危険度が増してくる。
政治と軍事の両極で開発、配備を行うのが防衛大綱の持つ意味。「尖閣問題」が顕在化している今、安易な発想では中国に良い口実を与える。また、JAXAは軍事組織じゃなく先端科学研究所であり、弾道ロケット技術を平和利用に限定している。科学知識がない人は混同するが、宇宙工学を軍事利用すれば国連も日本に敵国条例の適応してもおかしくない。政治、経済を含んだ軍事視点はきちんと大学で学べば理解できる。自分の知識に現実を当てはめるのは夢想だけにしてもらいたい。
夢想家の博覧強記
2013/07/06 20:59
>ぽち
何と言いますか・・・もっと良く考えてからコメントした方が良いと思いますよ?「条件反射で取り合えず噛み付いただけです」なんて言われてもリアクションに困ります。
ばるたん星人
2013/07/09 08:12
弾道ミサイルは、命中精度の飛躍的向上などの技術革新が無い限り、通常弾頭の搭載は意味がないので、核戦争以外使い道がありません。とうぜん弾道ミサイルの発射は、相手方の核ミサイルによる反撃を誘発する可能性があります。潜水艦から核ミサイルで反撃があった場合どう対応するのでしょうか。
イランイラク戦争の水準で物事を考えていると、取り返しのつかない痛い目にあいます。
素人
2014/09/22 02:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
陸自の短距離弾道弾 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる