清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 川崎重工 企画本部 西野光生広報部長、長谷川聰取締役社長に対する公開質問状その4

<<   作成日時 : 2012/07/27 14:03   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 22 / コメント 5

 さて、最近川崎重工広報部長への公開質問を継続します。

 ですが、ぼくは同社の航空宇宙カンパニーの方たちには決して悪い印象をもっていません。
 むしろ非常に高く評価しています。過去いろいろと訪ねてもざっくばらんに答えて頂いたり、丁寧に対応していただいています。

 国際航空宇宙展その3 PXは必要か?  
 http://kiyotani.at.webry.info/200810/article_5.html
 

 こんなこともありました。アグスタ・ウエストランド日本支社開設のおり、英国大使館でレセプションがありました。その時同社航空宇宙カンパニーの堀川英嗣執行役員に、PXは低空では4発のエンジンの内、2発を停止して2発のみで飛行するという俗説がホントかどうか尋ねてみました。
 氏は即座に電話でPXの主設計者久保正幸氏に連絡をとってくれました。そして電話を変わってもらい、直接お話しをして説明を受けました。結果、低空では2発で飛ぶというのはガセでした。
 http://kiyotani.at.webry.info/200804/article_4.html

 この低空で二発停止説は専門誌でも延々と引用されつづけ、多くの人達がこれを信じ、PX導入の利点として力説してきました。

 我が国では記者クラブ制度があり、我々フリーランスや専門誌の人間は防衛省や自衛隊など防衛当局から定期的なリリースを貰えるわけでもないし、記者会見で質問をすることはおろか、記者会見にも出られません。

 ですから、このような情報が広報部を通じて気軽に確認できるようになれば、随分とメディアでの誤解や誤報も減り、より精度の高い情報が提供されて、読者の建設的な議論が可能となるでしょう。

 ところが同社の広報部は、広報の仕事をしないこと、情報を出さないこと。自社に対する異論を封じることが広報の仕事と思っているようです。


 今年の週刊東洋経済1月21日号で防衛産業特集がありました。これにぼくも関わっていました。経済誌の場合、記者は担当の会社には詳しいが、軍事に詳しいわけではありません。ですから取材の際に川崎重工に取材記者に清谷が同行していいかと尋ねたら断れたそうです。

 その分野に詳しい人間が来ると困ることがある、そのように思われても仕方ないでしょう。

 その号の川崎重工の記事中でエアバス・ミリタリー社が開発中のA400Mよりも川崎が開発中のC−2の方が単価が安いという記述がありました。
 ぼくの持っていた情報とは異なるので、確認のため広報部に連絡をしましたが、既にご案内のように拒否されました。

 ところが先日ファンボローの航空ショーを取材のおりにはこの件について、同社の方から詳しい説明を受けました。例えば最新のDGA(仏国防省装備庁)のA400Mの試算によると、調達単価は目下XC-2の方が安いそうです。
 無論C-2の民間転用の話など、全ての説明に納得したわけではありませんが、非常に誠実かつ丁寧な説明を受けました。

 なんで、広報が繋いでこのような説明ができないのでしょうか。
 実際に担当部署では明確な説明ができるのですから。非常に不思議です。

 あのまま質問を握りつぶされて、ファンボローの取材にも行っていなければ「きっと、インチキな説明をしたのがバレ
るから取材に応じない」と、誤解しかねせませんでした。
 ぼくに限らず同様に疑うのではないでしょうか。
 また多くの報道関係者がぼくと同様な体験をしているのではないでしょうか。それは企業にとっても取材側にとっても読者にとっても全くメリットがありません。

 報道関係者に不必要な疑問を与えない、好意的な記事ではないにしろ、せめて間違った情報や先入観念によった記事を書かれる可能性を減らすのが広報の仕事のはずです。

 
 FX商戦のおり、ボーイング社の広報は積極的にユーロファイターを推していたぼくに積極的に接触していました。それは上記のように、自社に有利な記事にはならなくとも、せめて間違ったことを書いて欲しくなかったからでしょう。ボーイング本社の重役とも何度もお会いして、随分と勉強になりました。
 こういう仕事をプロの仕事と言います。

 実はこの公開質問の件では、多数のメディアや業界の方から感想や意見を賜っています。どれも川重の広報はひどいという点では一致しています。 
 某大手メディアのシニアの記者は、同社の広報は接触するだけ無駄なので一切接触しないで記事を書くと言い切りました。

 このような仕事で給料が貰えるとは、ある意味羨ましいです。

 ぼくが同社の広報の社員だったら転属を希望するか、それが叶えられないならば退職しますね。履歴書の一行埋めることできまが、実質的な将来にキャリアにはつながりません。
 例えば彼らがPR会社に転職しても全く使い物にはならないでしょう。若い社員がこういう部署で数年を無駄に過ごすのはビジネス・パーソンとしての劣化を招き、大いなる損失だと思います。そうは思いませんか、田村さん、衣笠さん。
 
 このような意識では同社が何らかの事故や不祥事、例えばXC-2が墜落して民間人にまで被害を出すとかのを起こした際に、まともなメディア対応はできないでしょう。

 かつて某総理がメディアから袋叩きあったことがあります。その総理の秘書は普段からメディアの人間に横柄な態度をとっておりました。恐らくはそれが原因でしょう。
 結果、総理本人は国民に人気が有ったにも関わらず政権は短命でした。別にメディアのゴキゲン取りをしろとはいいませんが(むしろ、それはやらないほうがいいです)、メディアに対して積極的に接し公平、公正、嘘をつかない、間口は広く開けておくという姿勢は、件の秘書氏だけではなく、広報に関わるものには必要不可欠の態度です。
 
 橋下大阪市長は最近女性スキャンダルが報じられましたが、本人が素早くそれを認めたので大事には至りませんでした。文春を訴えるとか、隠れて記者会見にでてこないとかしていたらどうでしょう。
  仮に川崎重工の長谷川聰取締役社長が同じようなスキャンダルを起こした場合、どうでしょう。恐らく広報部が対処すれば、橋下市長のような対応は取れないでしょう。であれば、大きなダメージを受けることになります。

 普段からメディアとは極力接触しません、情報は出しません、メディアとの人間関係も構築していません、だとスキャンダルや事件が起きた時はかなり剣呑なことになります。同社のダメージコントロール能力、危機管理意識は極めて低いといってよいでしょう。

 大方問題やスキャンダルを起こした企業が大きなダメージを受けるケースは事実を隠す、都合の悪ことは一切情報をださない、キーパーソンを隠す、嘘をつく、普段から秘密主義。ということが共通しています。
 で、世論の圧力を受けて記者会見を開かざる得ないような状態に追い込まれ、最終的にはこれ以上はないという証拠を突きつけられて、経営陣が辞任に追い込まれたり、最悪の場合倒産に至ります。



 川崎重工の広報がこれほどまでに自閉的なのは何故でしょうか。

 それは恐らく、橋梁などビジネスで談合など、反社会的な所業を繰り返してきたからではないでしょうか。川崎重工、談合、指名停止などのキーワードで検索すると以下のようにゴロゴロでてきます。


談合による「不当な利益」を賠償せよ!
http://www.jcp-kawajyu.jp/data/dangou4.htm

談合を認め、経営責任を認める時です!
http://www.jcp-kawajyu.jp/data/incinerator_collusion.htm

ごみ施設談合訴訟和解へ多摩川衛生組合と川崎重工
http://blog.goo.ne.jp/wa8823/e/50a74e147eb0f57ebbc1ba57d1daf42a

7011:三菱重工,7012:川崎重工など トンネル設備談合、7社を営業停止処分
http://blacksikiho.seesaa.net/article/34969578.html

京都市ごみ焼却施設談合 川重に18億円返還命令 大阪高裁 一審上回る額に20060915日経
http://blogs.yahoo.co.jp/guntosi/39984705.html

ごみ焼却炉談合:八千代市、川崎重工業と和解 市に5億円支払いへ /千葉 - 毎日jp(毎日新聞).
http://antitrust.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/--d376.html

佐世保市の東部クリーンセンター入札談合で川崎重工業が争う構え(長崎県)
http://blog.goo.ne.jp/wa8823/e/c44edc3c28bd97fd9ac66fc4dd3a1c95

川崎重工に2億7300万円賠償命令=ごみ処理施設談合で−新潟地裁
http://blog.goo.ne.jp/wa8823/e/792befca985dfddfb4fc2f1cfe0dc98b

川崎重工が佐世保で談合 1998年に 賠償支払い申し出
http://blog.goo.ne.jp/wa8823/e/48b3fef3e7ac8979f0892ec947629633

談合認定で川崎重工業と賠償協議へ 三次(広島)
http://blog.goo.ne.jp/wa8823/e/c49fdf43420ead6dfb8d74dfe65954a0

ごみ焼却炉談合:損賠訴訟 川崎重工に支払い命令、佐渡市へ2億7383万円
http://saitamasogo.jp/?p=2073

CSRは負の遺産の清算から!
http://www.jcp-kawajyu.jp/data/dangou2.htm

京都市が川崎重工提訴へ 談合訴訟の弁護士費用5千万円求め - MSN産経ニュース
http://snowman1.blog5.fc2.com/blog-entry-2960.html

有資格業者に対する指名停止措置について
http://www.thr.mlit.go.jp/bumon/kisya/kisyah/images/26490_1.pdf

指名停止措置について
http://corp.w-nexco.co.jp/corporate/release/hq/h17/1025/

当社子会社のカワサキプラントシステムズにおける建設業法に基づく営業停止処分について(清掃施設工事業)
http://www.khi.co.jp/news/detail/c3100120-2.html

建設業法に基づく営業停止処分について(鋼構造物工事業)
http://www.khi.co.jp/news/detail/c3070116-1.html

 
 まあ、こんな商売をやっていれば、そら、できるだけ会社の情報を外に出さない体質になるというのも理解できます。ですが談合が必要ないビジネスの広報まで歪めていることは大きな問題です。


 
 このような企業が果たして投資家向け、或いは金融機関向けの説明で十分な情報開示を行ったり、本当の情報を出しているのでしょうか。ぼくが証券アナリストならば大いに疑います。
 
 同社の株価が業績に比べてあまり高くならないのは、このような同社の企業文化も起因しているのではないでしょうか。

 不思議なのはこのような企業が日本を代表する経済団体に名を連ねていることです。新興のIT企業がちょっと問題を起こすと追放されるのに不思議な話です。

 喩えるならば開店早々繁盛店になった焼き鳥屋の大将が出来心で一回万引きしたら商店会から追放され、毎度取り込み詐欺や強盗を繰り返している老舗の旦那は商店会の理事として居座り続けているようなものです。

 このような税金を盗むような商売をする会社に対して、我が国はメディアも国民もいささか寛大すぎるのではないでしょうか。
 ですから何時まで経ってもお行儀が良くならない、世間様に対して尊大なままなのではないでしょうか。




 質問
 4−1
 基本的に隠すことが仕事という体質で、まともな広報ができると信じているのか。

 4−2
 広報の対応が自閉的なのは貴社が談合などの反社会的な行為を繰り返してきたことに
 起因しているではないか。

 4−3
 このような自閉的な広報体質は多くの分野の自社のビジネスの足を引っ張っているのではないか。
 
 4−4
 不正な方法を用いて税金から利益を得ることに関して、川崎重工はコンプライアンス上問題がないと認識しているのか。そのような認識があるならば何故に同じような不法行為を繰返してきているのか。
 


  
朝日新聞のWEBRONZA+に以下の記事を寄稿しております。
ファンボロー航空ショーで米国がオスプレイを公開した意図とメディアの問題
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2012072000011.html
オスプレイの安全性を客観的に分析し、自衛隊の採用も検討すべきだ
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2012072100003.html


 
 関連記事
川崎重工 企画本部 西野光生広報部長、長谷川聰取締役社長に対する公開質問状その3 MCH-101
http://kiyotani.at.webry.info/201207/article_17.html

川崎重工 企画本部 西野光生広報部長、長谷川聰取締役社長に対する公開質問状その2 UH-X
http://kiyotani.at.webry.info/201207/article_15.html

川崎重工 企画本部 西野光生広報部長、長谷川聰取締役社長に対する公開質問状その1
https://bblog.sso.biglobe.ne.jp/ap/tool/newsedit.do

川崎重工広報部の見識
http://kiyotani.at.webry.info/201206/article_2.html

川崎重工、橋梁部門から撤退検討
https://bblog.sso.biglobe.ne.jp/ap/tool/newsedit.do

陸自UH-Xが日本のヘリ産業を潰す
http://kiyotani.at.webry.info/201008/article_21.html

C―2の重量超過問題と空自の隠蔽体質について
http://kiyotani.at.webry.info/201103/article_6.html

【ファンボロー航空ショー3】日本の航空機メーカーは商売をする気があるのか?
http://kiyotani.at.webry.info/201007/article_9.html

 


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた
面白い

トラックバック(22件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
川崎重工 企画本部 西野光生広報部長、長谷川聰取締役社長に対する公開質問状その5
 海自が現用哨戒機、P−3Cの後継として開発している哨戒機、P-1は開発が難航を極めています。機体は勿論搭載機器も同様です。既にご案内のように、NECが開発してきたソノブイのデータ処理システムは数十億円の開発費をかけましたが、開発に失敗カナダ製のシステムを沖電気がライセンスする方向で話が進んでいます。    ところがNECそれも採用し、それぞれにパッシブ・アクティブのソナーのデータを振り分けよう、という「大人 の話」も進んでいるといいます。それが本当ならばとんでもない話です。しかもカ... ...続きを見る
清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所...
2012/07/28 18:50
川崎重工 企画本部 西野光生広報部長、長谷川聰取締役社長に対する公開質問状その6 XC-2
 さて、現在技本(実際は川崎重工)が開発中である、空自の次期輸送機XC-2の開発が難航しております。    既に報道さているようにXC-2は機体の強度不足と、重量超過で開発が遅れております。空自は東芝の偵察システムは能力が不足だ開発遅延だと切り捨てたのにXC-2に対しては能力が不足でも、開発が遅延しても、追加の開発費を本年度に支出しても開発を継続しています。 ...続きを見る
清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所...
2012/07/30 17:55
川崎重工の品格 UH-X官製談合疑惑
次期多用途ヘリで受注調整か=川崎重工を捜索―東京地検 http://jp.wsj.com/Japan/node_506686 ...続きを見る
清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所...
2012/09/05 20:21
川崎重工 企画本部 西野光生広報部長、 長谷川聰取締役社長に対する公開質問状その8
 さて、ご案内のようにぼくは今年6月、UH-Xに関する取材を内局にしました。で、内局はUH-Xの完成予想図は 川崎重工から入手してくれといいました。  これは事実上防衛省から川崎重工への依頼ともいっていいでしょう。通常であれば防衛省が協力した取材に対してメーカーが協力しないことはないからです。    ですが、川崎重工はそれを西野光生広報部長の判断で拒否しました。 ...続きを見る
清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所...
2012/09/06 09:15
川崎重工 UH-X官製談合疑惑と報道機関の姿勢について
 川崎重工に他社の内部資料 陸自談合疑惑  http://www.chunichi.co.jp/s/article/2012090690152521.html ...続きを見る
清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所...
2012/09/07 09:40
UH-X談合疑惑そもそも論
 .防衛省ヘリ談合 川重が“代理作成”か 仕様書で受注有利に  http://www.sankeibiz.jp/compliance/news/120907/cpb1209071500005-n1.htm  ...続きを見る
清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所...
2012/09/08 08:28
UH-X 談合疑惑 ニート・ヘリメーカー、川崎重工が日本のヘリ産業を潰す日
そもそも国内ヘリ産業って必要あるんでしょうかね。 ...続きを見る
清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所...
2012/09/10 15:28
川崎重工 UH-X官製談合疑惑 川崎OH−1は名機か。
   陸自のUH-Xは観測ヘリOH-1ベースで開発が決まったわけですが、はてこのOH-1国内で評判は高いのですが、は名機でしょうか。 ...続きを見る
清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所...
2012/09/13 10:39
川崎重工 UH-X官製談合疑惑 防衛省、来年度予算でUH-X予算要求を断念
 さて、来年度防衛省概算予算において、UH-Xの予算は要求されておりません。防衛省に確認しました。  まあ、当然のことでしょう。 ...続きを見る
清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所...
2012/09/13 13:16
川崎重工 UH-X官製談合疑惑 技本の存在意義はありや?
 さて、今回の官製談合疑惑でガサ入れあったのは技本が中心です。明野の飛行学校などもガサ入れがありましたが、これは全て当時技本にいた人間を対象としたようです。 ...続きを見る
清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所...
2012/09/14 10:22
川崎重工 UH-X官製談合 疑惑 陸自の攻撃ヘリと観測ヘリ調達の???
競合社内部資料 川重が事前入手 ヘリ談合 問われる防衛省関与 http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2012-09-14/2012091415_01_1.html ...続きを見る
清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所...
2012/09/19 05:12
南アフリカに学ぶこと
 昨日から南アフリカの首都、プレトリアに来ています。  軍事・航空ショー、AAD2012の取材です。 ...続きを見る
清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所...
2012/09/20 14:49
防衛省 UH-X談合疑惑 トカゲの尻尾切りで強制収束か
佐官級幹部らを刑事告発 防衛省、官製談合防止法違反の疑い http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120928/crm12092812470010-n1.htm ...続きを見る
清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所...
2012/09/28 16:34
南アフリカ写真日記 その3 寿司とマッサージ
せっかくなので、ヨハネスブルグのオリバー・タンボ空港(元ヤン・スマッツ空港)で現地系寿司屋に入ってきました。 ケープタウンでは寿司に挑戦しましたが、プレトリア・ヨハネスでは経験がありません。 ...続きを見る
清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所...
2012/10/01 21:10
川崎重工 UH-X談合疑惑  UH-Xと火力戦闘車は同じ穴のムジナ
 防衛省、陸幕の自己保身は酷いですねヤクザ並です。 ...続きを見る
清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所...
2012/10/05 13:45
UH-X コンバントマガジン8月号掲載記事その1
 UH-Xの官製談合スキャンダルで、昨今取材するよりもされることが増えて、業務にいささか支障をきたしております。何しろ全国紙のすべて、地方紙やテレビ局などからも取材があり、そのリピートの取材も非常に多くなっております。  毎回同じことを話すのにも疲れたので、今年コンバットマガジン8月号に寄稿した記事を掲載することにします。取材に見える方は事前にこれを読んでいただければ幸いです。  ...続きを見る
清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所...
2012/10/07 21:21
UH-X コンバントマガジン8月号掲載記事その2
 現在かつて陸自には約500機のヘリがあったが、現在は約470機まで減少している。陸自ではこれを中期的には350機まで減少させるという。となるとその半分はUH-Xで占められることになる。  削減されるヘリの多くは旧式化し、順次用途廃止となる攻撃ヘリAH-1SやOH-6などとなる。陸幕ではAH-1SおよびAH-64Dの後継となる攻撃(或いは戦闘)ヘリ、単機能の観測ヘリの調達は考えていないようだ。  現在有力なのはUH-Xをベースに軽武装型を開発し、これを攻撃ヘリや観測ヘリの任務などに当て... ...続きを見る
清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所...
2012/10/08 21:37
UH-X コンバントマガジン8月号掲載記事その3(終)
 筆者はUH-XとしてBK117を押してきた。BK117は半分が日本製で、これをベースに改良を加えても開発費も初度費も殆どかならない。調達単価は日本では7〜8億円程度だが川重とユーロコプターを競わせればUH-70並の5億円程度に収まる可能性もある。BK117C2は重量約3.6トンながらキャビン容量はUH-1Jに匹敵する。    ペイロードも1.7トンとUH-1Jに匹敵する。UH-Xは開発費、初度費を含めれば実質的な調達単価は予定内に収まっても約14.5億円だ。BK117ならばその半額で... ...続きを見る
清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所...
2012/10/09 18:26
国際航空宇宙展始まる 川崎重工の広報体制を憂う
 さて、国際航空宇宙展が始まりました。取材に来ています。 ...続きを見る
清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所...
2012/10/09 23:00
韓国製兵器の欠陥と我が国の国産兵器 お花畑な愛国者と軍オタの危うさ
【社説】兵器故障のニュースはいつまで続くのか(朝鮮日報 日本語 電子版 2012年10月6日) http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2012/10/06/2012100600750.html ...続きを見る
清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所...
2012/10/20 15:52
ガミラスの将軍と UH-X官製談合疑惑スキャンダルと
 先日「宇宙戦艦ヤマト2199第三章」を見てきました。  ガミラス帝国の銀河方面軍司令官、グレムト・ゲール少将が「大活躍」するのですが、その人柄、見識が  陸自の将官たちのようだなぁ、などと思って見ておりました。 ...続きを見る
清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所...
2012/10/24 10:43
橋下さん 大方の予想通り怒りの連続ツイートキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
1 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2012/11/30(金) 17:30:05.34 ID:kK1Om/my0 ?2BP(1024)ソースhttps://jp.twitter.com/t_ishin ...続きを見る
【2ch】ニュース速報嫌儲版
2012/11/30 21:02

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
今日は土用の丑の日、川重って由緒あるうなぎ屋のようだと思っていたが、キヨタニ氏の話半分でも酷い。これは食えない! 最近同社はCSR説明の立派な小冊子を全社員に配布し、社会に貢献する企業であるべしとの社長指導があったそうです。企画・広報は読んだのかな・・・
トライ
2012/07/27 15:50
A400Mは一機一億ユーロだったかと思います。今であれば96億円くらいですが。で、C-2は200億円くらいですよね?しかしながらフランス国防省はC-2はA400Mより安いとの事です。どうやら私が知らぬ間に単価が上昇したようです、単純に倍に。で清谷氏にお聞きしたいのですがA400Mの単価及び輸出単価はどうなっているのでしょうか?併せて重量超過問題についても知っているのであればお聞きしたいですね。
名無し
2012/07/27 15:52
キヨタニさん、うな重のC-2開発は失敗に近い状況なのに、会社負担は微々たるもの、改修はすべて多額の国費が支払われている現状が理解できません。技本審査をパスしたから官の責任・・・富士、東芝の訴訟との対応の違いに違和感があります。この当たりすっきり解き明かしていただきたい。
トライ
2012/07/27 16:03
現在、A400Mの単価は邦貨にして概ね200億円強程度とのことです。今後の開発によっては更に高くなる可能性はあります。
ただ、現状ではXC-2の調達単価に初度費を加えればかなり価格的な優位性はさほどないともいえるでしょう。XC-2も開発途上であり、単価が今後上がらないという保証もありません。
また今年同様に追加の開発予算が組まれることも予想されます。

XC-2、P-1に関しては今後も公開質問状に取り上げるつもりです。

キヨタニ
2012/07/27 16:51
>A400Mの試算によると、調達単価は目下XC-2の方が安いそうです。

ええー、マジですか?
2008年以前に比べてユーロ/円が2/3くらいになってるのに、それでもまだXC-2のほうが安いんですか。
確かにA400Mはいろいろゴタゴタしてましたけど、そこまで高くなっちゃった原因は何なんですかね?
GG
2012/07/29 13:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
川崎重工 企画本部 西野光生広報部長、長谷川聰取締役社長に対する公開質問状その4 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる