清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本の夏、エレキの夏

<<   作成日時 : 2012/07/25 15:38   >>

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 1

 
 中学生ぐらいからエレキが好きでした。その他、当時聞いていたのはフォーク・クルセイダース、エンニオ・モリコーネ、昭和歌謡、サイモン&ガーファンクル、戦争映画サントラ、米TVドラマのサントラなど同世代の人間からは音楽の趣味は大いに外れておりました。むしろ団塊の世代と音楽の趣味は近いと思います。

 そんなわけで昨日、中野サンプラザで行われたベンチャーズのコンサートに行って来ました。
 ベンチャーズは既に米国ではほぼ忘れれたた存在ですが、我が国では毎年夏にツアーを行なっております。以前からベンチャーズのコンサートにいきたいと思っていたのですが、当日日本にいなかったりすることも多く、なかなか実現しませんでした。

 ベンチャーズは59年に結成、初来日が62年ですから、以後半世紀がたったことになります。言うまでありませんが、ベンチャーズは我が国においてエレキブームを巻き起こし、日本の音楽界に多大な影響を与えました。
 
 ベンチャーズの影響がなければ現在の日本のポップミュージックの世界は全く違ったものになっていたでしょう。
 現在でも教則本やスコア多数が販売れて、コピーバンドも多数存在します。
 何故これほどエレキと日本人の相性がいいのか、気になるところでもあります。

 で、コンサートは良かったです。やはりライブはいいですね。
 面白かったのは45分ほどの前半が終わると15分ほどの休憩が入ったことでした。さすがにメンバーも結構な高齢ですから。途中の休憩が必要なのでしょう。
 まあ、観客の方も平均年齢は60歳以上と思われ、観客のトイレタイムという側面もあるのでしょう。
 
 コンサートでただひとつ残念だったのは、モズライトのベンチャーズモデルが使用されなかったことです。ステージに用意はされていたのですが、最後まで使用されませんでした。


 さて、坂本龍一氏は「たかが電気」といっていましたが、エレキギターがどれだけポップ・ミュージックに影響を与え、ご自分の創作活動に影響を与えたかを忘れているようです。
  http://alfalfalfa.com/archives/5691763.html

 既にこのブログでも書きましたが、音楽家としては非常に軽率な発言です。
 http://kiyotani.at.webry.info/201207/article_11.html
 
 我々の生活に電気は欠かせないものになっています。それこそ音楽が無くても人は死にませんが、電気がなければ失われる命は多数あります。
 勿論電気の浪費を控えなければならないのは当たり前ですが、何を持って浪費かというのは人によっても異なるでしょう。
 
 音楽を聞いたり、映画をみたりすることにも、出版や読書にだって電気は必要です。
 先述のように音楽や芸術がなくても人間は死にません。 そのようなことができなくなれば、我々の生活は潤いをなくすし、社会生活の基盤自体にも大きな影響がでるでしょう。また音楽を含めた芸術、芸能、文学、エンターティメントが生きる精神的な糧をあたえることもすくなくありません。
 これらの文化に対する電力の電力の消費を抑えることは望ましくありません。ですからといって、芸術は芸事はアルミの精錬や炭素繊維よりも、他の産業よりも重要だという論にはならないでしょう。

 今更我々はアーミッシュのような生活には戻れません。
 
 坂本氏が「たかが電気」というならば、まずご自分がアーミッシュのような生活を実践し、世に発言すべきです。

 それが出来ないならば、単なるアジテーターです。あるいは、有名人としてのバリューを維持し、併せて収入を維持するための機会主義的な発言であり、これは単なるアジテーターよりも悪質です。

 坂本氏はその昔浅はかな左翼活動で、暴力こういうも含め社会に多大な迷惑をかけたはずです。
 インタビューよるとご尊父から「お前を殺して、オレも死ぬ」といわれて活動をやめたはずです。

 そのことを忘れたのでしょうか。

 ニューヨークでは知りませんが、我が国ではこういう人物は尊敬されません。

 馬鹿な有名人(しかも自分が賢人と思い込んでいる)ほど迷惑なものはありせん。キチガイに刃物です。



 あっ、それから川崎重工への公開質問状はまだ続きますのでご心配なく。
   




 




 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
>サイモン&ガーファンクル
私も好きですねぇ。ジミヘンやレッドツェッペリンのようなガチロックも好きですけど、バーズのようなフォークロックやサイモン&ガーファンクルの様なインストゥルメンタルも落ち着いて聞けて好きだったりします。

しかし、ベンチャーズ自体ロックの殿堂入りしていたりして、結構豪華な顔触れだったりするんですよね。あのジェフべックなんかも少なからず影響を受けていたようです。
北極28号
2012/07/27 09:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本の夏、エレキの夏 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる