清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS NBC偵察車:開発は必要だったか

<<   作成日時 : 2012/05/17 15:26   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 35

 NBC偵察車:3台を配備 車外に出ずに状況調査可能
http://mainichi.jp/select/news/20120517k0000m040106000c.html

 ぼくはNBC偵察車は輸入で賄うべきだった思っています。

 NBC偵察車の調達単価は約7億円です。そのうち車体が約4億円、NBC関連の装備が据え付け込みで約3億円だそうです。その装備は殆どが輸入品です。高すぎる専用のプラットフォームと輸入品の搭載機器ばかりです。国産開発の必要性は薄かったといわざるを得ません。例によって道路法の規制を盾に開発したのですが、何度も述べているように道路法には特例措置が使えます。ですから車幅がより大きい輸入品でも使用できます。


 NBC偵察車は開発試験費が約68億円、初度費が12億円、合わせて80億円です。防衛省のライフサイクルコストの計算では「平成40 年代までに50 両を取得するもの」、としていますが実際には20輛も調達されれば御の字でしょう。平成40年では既に旧式で途中で近代化が必要です。

 さて、仮に中をとって30輛が調達されるとして開発試験費、初度費を頭割りすると一輛あたり2.67億円、単価と合わせれば実質の調達単価は約10億円になります。50輛としても8.6億円、20輛ならば11億円です。

 ドイツのフォックスでも輸入した余程安価です。何しろNBC装備は外国製なのですから。フォックスは装備によって値段が異なりますが、恐らくは半分から三分の一程度でしょう。

 また開発にかかる時間も必要なかったので、昨年の大震災には間に合ったでしょう。

 フォックスには指揮通信型なども存在しますが、陸自ではNBC偵察車にそのような派生型を調達するつもりはないそうです。これで大規模な作戦をどう指揮するのでしょうか。
 
 ただでさえ少ない研究開発費はもっと基礎研究などに使うべきです。
 

WEBRONZA+に以下の記事を寄稿しています。
有料ですが、一部は無料で閲覧できます。

火力戦闘車の開発は必要か(1)――重すぎる重量(2012/05/08)
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2012050700004.html
火力戦闘車の開発は必要か(2)――優先すべき島嶼防衛
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2012050900013.html
火力戦闘車の開発は必要か(3)――費用対効果と優先順位
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2012051500010.html
火力戦闘車の開発は必要か(最終回)――自衛隊の弱体化?
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2012051600007.html


?ref=rss
【新刊のご案内】
拙著「防衛の死角」(PHP刊)



国防の死角
PHP研究所
清谷 信一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 国防の死角 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





【告知】
画像

林信吾と共著の仮想戦記「真・大東亜戦争」シリーズが電子版が販売中です。
現在第一巻のみ定価450円→0円  なんと完全無料です
http://itunes.apple.com/jp/app//id480083237?ls=1&mt=8












テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 20
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(35件)

内 容 ニックネーム/日時
道交法ではパトなど緊急車両の法定速度は一般車が50キロとすれば60キロぐらいだったと記憶しています。でも現実はそれ以上。大人になって分かったことは「各都道府県の条例」で何でもあり。陸自の戦車が公道の倒れた電柱を勝手に処分できないなどと言うことは都市伝説なんでしょうね。
昔の話
2012/05/17 19:07
>道路法には特例措置が使えます。ですから車幅がより大きい輸入品でも使用できます
法律はそれでクリアしても現実の道路がその法律での運用を前提にしてる以上
仮に特例措置で導入できたとしても運用できる場所が減るのでは?
特に広い道はともかくとして狭隘な道路はヘタをすると通れなくなり
通れないという事は場合によっては遠回りせねばならず
結果部隊としての展開速度が遅くなる
と言う事は考えられませんか?
僕は清谷氏は軍事評論家なのでこの位の事は分かると思っていたのですがどうやら過大評価だったようですね
そうは言っても
2012/05/17 20:17
ドイツのフォックスは、どのような
NBCから防御するものなんですか?
そんな情報を、ドイツから開示して
もらえるものなんですかね?
また、どんなNBCから防御するか
国外に漏らしても良いんですかね?

基礎研究に予算を付けるべきという
ことだけには、賛成しますが。。

まぁ せいぜいしっかりと取材して下さい。
やん
2012/05/18 00:41
この記事(http://www.army-guide.com/eng/product4358.html)よれば、UAEが2005年にFUCHS 2 ABC ✕16両、バイオ車両?✕8両、コマンドポスト✕8両、教育費用を含むパッケージを160百万EUROで契約したとあります。
当時の為替レートは約140円/EUROだったのでもっとも高価であろうABCは単価7億円以上になると思われます。ベースシャシーが6✕6駆動のFUCHS 2よりも高価だと思われる8✕8駆動の陸自新NBC偵察車は、言うほど高価じゃないのでは?
。。。
2012/05/18 00:43
連カキコ失礼。

装備数は10個防護隊、7個防護小隊があるので、現配備に準ずれば54両が必要、調達はちゃんとされるでしょう。

あと、いつ起きるかわからない天災に間に合わなかったという揶揄はちょとどうかと思いますね。だって、この車両は民主党政権の横槍で延期されてなければ、震災の前年から配備が始まる計画でした。じつは開発・生産は間に合っていたんです。
。。。
2012/05/18 01:05
>どんなNBCから防御するか
国外に漏らしても良いんですかね?
米英他多くの国が輸入していますけどね。

>陸自新NBC偵察車は、言うほど高価じゃないのでは?
訓練やサポート込みの値段と、車体単体の値段を比べて安いといわれてもね。
N
2012/05/18 11:28
Blog記事の、諸経費込み単価10億円と比較して7億円以上する輸入車はそれほどお得?
それに、日本が輸入する場合は、慣例によれば単年度契約で3、4両程度の調達になるから単価はさらに上がるでしょうね。
。。。
2012/05/18 13:24
>日本が輸入する場合は、慣例によれば単年度契約で3、4両程度の調達になるから単価はさらに上がるでしょうね。

車体は専用だから年にその程度、システムも輸入なんだけどね。

皇攘夷軍オタは初めに国産開発ありきだからね。どんなに説得しても無理。
まっ
2012/05/18 13:56
>その装備は殆どが輸入品です

NBC偵察者に搭載される機器の一覧を示して頂けないでしょうか。その内容にとても興味があります。
お役所が何かを購入する以上は必ず契約が存在するはずですし、このように言っているということはきちんと取材をされたということですよね。
K
2012/05/19 17:37
>ただでさえ少ない研究開発費はもっと基礎研究などに使うべきです。
そのとおりだと思いますが、清谷さんの場合基礎研究してても完成品は輸入しろ!ですから何のための研究かわからんじゃないですか。
あれま?
2012/05/19 19:58
>>>その装備は殆どが輸入品です

しかるべきソースに確認してます。
もしそのような事実がないとおっしゃるのであれば
根拠をどうぞ。

>清谷さんの場合基礎研究してても完成品は輸入しろ!

いつそのようなことをいったのでしょうか。
脳内でかってにぼくの発言を合成しないください。

ぼくが国内開発自体をすべて否定したことは一度もありません。コメントする前に今一度ご自分でコメンの内容を精査するべきです。
キヨタニ
2012/05/19 20:16
いつも思うのですが、安易に人の揚げ足をとろう
思われるコメントが多いですね。情報を疑ってかかるという姿勢自体は評価しますが、その疑念をうらじずけるだけの根拠を時間使って調べてからコメントしてはいかがでしょうか。
キヨタニ
2012/05/19 20:18
清谷先生、うらじずけると書かれていますが、
うらずけるの誤植でしょうか?
TK
2012/05/19 23:22
タイプミスです。
キヨタニ
2012/05/19 23:26
アハハ、馬鹿だね。

日本の法令では、基本2.5+メートルをこえるものは許可出しにくくなってる。

そして輸送上幅2.5メートルをこえる車両は併走が難しくなり、ようは輸送の速度を下げてしまうため、自衛隊は近年から幅2.5メートル制限を徹底してる。

次世代火力戦闘車 MCV NBC装甲車など
そのため法令および自衛隊の戦術ドクトリンの都合で幅2.5メートルってのを最近徹底してるわけだが、
意味わかってないでしょ。


そして幅2.5メートルオーダーを大きく超えすぎるフクスなんかじゃまともに機動できない。

交通が法的。そして物理的に大きく制限される日本だと、車体の大きさなども輸送戦略において重要なんだがそんなこともわからないのか?
やる夫
2012/05/20 06:19
でも重量物運搬の幅3.2メートルのトレーラーは普通に公道を走っている。細かいことを言ったら戦争はできない。先軍政治まで行かなくても兵士が萎縮しない環境整備を望みます。
戦車に方向指示器
2012/05/20 07:32
国交省に取材したかぎり、それほど多くない車輛が多少制限を超えても問題ないとの見解でした。
NBC偵察車が何百輛も隊列をつくって行動するならば別ですが。

横幅2.5メートルに制限されているために、96式装甲車などは路外走行性を犠牲にしています。また増加装甲も付加できません。

因みに米軍は道路法に従わなくともよいとのことです。それとも米軍は横幅2.5メートル以上の装甲車輛は使用しないのでしょうか。

>次世代火力戦闘車 MCV
これらも横幅規制の問題で設計上大きな制約を受けています。開発の現場の人間はそういっています。

例えば人民解放軍が侵攻してくる場合、彼らが道路法を尊重してくれるとは思えません。

それでいいんだ、何があろうと現行道路法を守って装甲車を開発するべきだ、例外は認めないけど、米軍は例外だと仰るならばなにもいいません。 




キヨタニ
2012/05/20 13:08
米国の法律ではそもそも2.5メートルではないのでは
あああ
2012/05/20 18:34
10式戦車の幅 3.24m。 2.5m規制を根拠にするのは 「ご都合主義」でしょ。
読者
2012/05/20 22:55
自衛隊では装甲車と戦車は一緒に行動も戦闘もしないからいいんです。自衛隊には諸兵科連合はありません(キリッ
自衛隊は常に正しい
2012/05/21 00:07
>因みに米軍は道路法に従わなくともよいとのことです。それとも米軍は横幅2.5メートル以上の装甲車輛は使用しないのでしょうか。

すみません、これは(在日)米軍所属の装軌車両という事でしょうか?
みづせ@黒書刊行会
2012/05/21 15:27
装輪車輛もです。国交省は有事の際の運用は米国側と協議することになっているといいますが、いまだかつてそのような話し合いがもたれたことはないそうです。
キヨタニ
2012/05/21 17:30
日本に駐留する米軍(海兵隊など)の装輪車両ってHumveeやMTVR、LAV-25などわりと車幅2.5m以内のモノが多くありませんでしたっけ?全て把握してる訳ではありませんし例外もあるかも知れませんが…
みづせ@黒書刊行会
2012/05/21 17:57
今日の産経にいいこと書いてあった。最新鋭戦闘機がどうのこうなどなどアホらしくなるような記事です。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120521/plc12052110580002-n1.htm
産経新聞
2012/05/21 19:39
>もしそのような事実がないとおっしゃるのであれば
根拠をどうぞ。

ええー…具体的にどういった機器を使ってるか知りたい、そこからどういった仕事を狙いとしているか考える材料にしたいだけなんですが、なんで揚げ足取りになるんでしょう…。そもそも海外製かどうかを確かめたいだけならそう書きますって。「海外製である根拠」でなくて「機器の一覧」と書いたのは具体的な品物を知りたいのが理由ですよ。
そもそも、分析機器なんて世界中にメーカーがあって、目的に合わせて種類も山ほどあるんだから海外製の機器を搭載しても特に何もおかしくないと思います。

で、改めて清谷先生にお聞きしたいのですが、NBC偵察車に搭載する機器のリストはありますでしょうか?調べていないのならば「はあ、さいですか」で終わりですが、如何でしょうか?
K
2012/05/21 21:39
>K氏殿
老婆心ながら。
「需品・化学器材の調達及び開発の現状」
P9/10
http://www.mod.go.jp/j/approach/agenda/meeting/seisan/sonota/pdf/06/001.pdf
簡単な質問の名無し
2012/05/21 23:37
清谷先生
>うらじずける
をタイプミスと仰ってましたが、
正しくは「うらづける=裏付ける」なので、二重に間違っておられます。

重箱の隅ながら気になったので指摘させて頂きました。失礼しました。
500G
2012/05/22 08:58
>産経新聞
情報ありがとうございます。
本来こういう議論はもっと国会でやらないといけないことですし、防衛省も手足を縛る非現実的な法令の改正を主張すべきです。が、あまり
熱心ではありません。
キヨタニ
2012/05/22 14:25
>簡単な質問の名無し さん

検知器が輸入って書いてありますね。まー、確かにそういった部品単位の輸入なら無いほうがおかしいですよね。「複数の企業が同じメーカーの同じようなセンサーを使って競合する商品を作っているでござる」なんてことが普通にあるわけですし。


あと、清谷先生。

>国交省に取材したかぎり、それほど多くない車輛が多少制限を超えても問題ないとの見解でした

えーっと…
・それは要するに明文化されていないということであり、「道路交通法の例外規定」ではありえない(つまり、その点を指摘されたら明確に問題ないとは言えない)
・その見解は警察などによる車両取締りに適用されるのか、というか、それをどのように裏付けるのか
・清谷先生の推すフォックスはその「多少」のうちに入るのか

なんちゅうか…要するに「最初から道交法違反を無視する前提で装備を整えろ」ってことですよね。
自衛隊が普段からそこまで積極的に法律を無視できる組織だとはとても思えない、というか、できれば自衛隊を含めた官公庁がそうあって欲しくないのですが、本当に国交省がそのようなことを言ったのでしょうか?
K
2012/05/22 22:10
>道路法には特例措置
特殊車両通行許可申請書類作成要領
http://www.cgr.mlit.go.jp/chiki/doyroj/tokusya/yoryo.pdf
等をみると、原則として申請し許可された「出発地」「到着地」及び「経路」を通行しなければなりません。例えば、A駐屯地(出発地)からB演習場(到着地)まで移動する場合、その間のルート、曲がる交差点、場合によっては時間帯も指定され、それを原則として逸脱してはならないのか、幅2.5mを越える車両の運用形態となります。詳しくは専門の行政書士にご相談下さい。
簡単な質問の名無し
2012/05/22 22:31
連投失礼。
>K氏殿
 K氏殿にコメントさせていただいたのは、私が調べ得る範囲の「しかるべきソース」で確認できたのは先の資料のみであり、この資料だけでは「機器の一覧」のリストは絶対に作成できない事を示したかったためです。
 ただし、先の資料をもって「殆どが輸入品」と断じることは非常に容易です。
 ただ、それ以上の深さはないということです(深読みしてね)。
 さて、そろそろアク禁かな?
簡単な質問の名無し
2012/05/22 23:01
>96式装甲車などは路外走行性を犠牲にしています。また増加装甲も付加できません。

96式装輪装甲車(II型)がありますよ。
中核自衛隊
2012/05/23 07:21
>96式装輪装甲車(II型)がありますよ。
仰る通りです。訂正します。
ただ、あれが国内で使用できるかどうか、確認する必要があります。今年採用された救急セットもPKO用は国内で使用できず、国内はより貧弱な内容となっています。

>防衛装備品が、常に同じ価格で全世界に
 販売されるという、有り得ない仮定で、
 ここのブログ主が論じていることが
 全ての問題です。

だれがいったんでしょうかね。このような人物のコメントは停止します。ご本人が実名で名乗り出て、コメントの根拠を出すのであれば解除します。

思いこみや信仰による折伏に付き合う趣味も時間もありませんのであしからず。

キヨタニ
2012/05/23 11:07
それから、明らかにコメントでぼくが何度も本や記事で書いたことを読んでいないと思われるものが非常に多いです。


今後そのようなコメントには今後一切反応しません。
キヨタニ
2012/05/23 11:18
恐らくNBC偵察車は将来装輪戦闘車両と共通化を図った車両の中で最も生産数が抑えられる車両なのでこれを火力戦闘車等の運用の参考として採用したのではないかと思うのですがどうでしょうか。
aa
2012/06/25 19:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
NBC偵察車:開発は必要だったか 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる