清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 2012年クアラルンプール写真日記その5

<<   作成日時 : 2012/04/27 11:06   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 1

画像

弁当屋さんも大人気。おかずは現地風です。

画像

ペッパーランチもマレーシアに進出。

画像

カラコン(カラーコンタクト)屋さん。近年、こちらの女の子達のファッションやメイクが急速に日本化しています。

画像

テンガも売られています。

画像

現地のファッションブランド、ブリテッシュ・インディア。シャツが邦貨で1万円から2万円ほど。現地の物価だとその3倍程度ですから、高級です。
これまで途上国ではファッションなどは先進国のものを消費するだけ(特に高級品)だったのですが、最近は地場の高級ブランドも出てきているようです。これも経験と思い切って、シャツを購入。

画像

アラブ系の香水店。結構高級な感じです。が、欧米の高級ブランドほどではありませんが、こういう香水ブランドが出てきてることはアラブ・イスラム圏の消費文化の成熟化の象徴でしょう。
アラブ・イスラム圏では宗教の観点から使用できない材料などもありますから、ハラル素材を使っているアラブ・イスラム系のメーカーはその点では安心して使えるというメリットがあります。
また、アラブでは香木などが好かれるなど、欧米と少し香りの嗜好が違いますから、彼ら向けの香水の需要はかなりあるでしょう。ここでは香木系のオード・トワレを購入。

 ファッションや香水、音楽など商業文化に関してもイスラム・アラブ圏はかつては消費者でした。この分野でも企業の勃興が起こっています。これらの地域のメーカーが先進国に輸出をするような日はそう遠くない将来くるのではないでしょうか。かつて日本だそうだったように。
 銀座あたりにマレーシアやタイの高級ブランドが出店する日が近い将来くるかもしれません。

 どうように、シンガポール、マレーシア、トルコ、タイ、インドネシアといったかつては装甲車輛の消費者だった国々が独自に装甲車輛を開発、生産しています。今後先進国のメーカーは国際市場では彼らと競合関係が激化するでしょう。また協力関係を強化して提携なども進むでしょう













テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
 スレとは直接関係のない話ですが・・・。

毎年、BBCが行っている、世界主要国の国別イメージ調査の2012年版が出ました。

 その中で個人的に驚愕したのが、ヨーロッパ諸国の中でもっとも「親日」だったのが、英国だったってこと。(mainly positiveが70%)私がみるところ、英国メディアの日本記事自体少ないし、あってもステレオタイプに阿ったような、とても好感につながりそうにない記事が多い気がしたので、ホンマかいな?なんですが。

http://www.globescan.com/images/images/pressreleases/bbc2012_country_ratings/2012_bbc_country%20rating%20final%20080512.pdf 

 もしかして、英国人は「ツンデレ」なんでしょうか?

 ちなみに、日本に対する世界の好感度は高めで(58%がポジティブ、堂々の第一位)NEGATIVEがPOSITIVEを上回ったのは中国と韓国だけでした。
 左巻きの方々が好きなフレーズ「アジアで孤立する日本」のアジアってどこのこと?です。

まあ、好意的評価といっても、それが高い関心、深い知識に基づいたものとは限りませんし、単に人畜無害、与しやすい相手と思われている可能性も無きにしもあらず・・なのであまり「浮かれる」のもなんですが、いわゆる「反日」的な国は中国・南北朝鮮以外にはほとんどなく、犯罪人でない大部分の日本人は安心して海外を旅できるわけで、信頼を築き上げてきた先人の努力に素直に感謝したいところです。

レッド・バロン
2012/05/13 21:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
2012年クアラルンプール写真日記その5 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる