清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS メディアの大阪維新の会、の国政進出報道は的外れ?

<<   作成日時 : 2012/02/18 13:22   >>

面白い ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 2

 大阪維新の会の国政進出関する報道は、政局偏重で、本質を見ていないような物が多いような気がします。
 特に先の市長選挙でネガティブキャンペーンを行った媒体のものにはその傾向が強いように思えます。
 
 ぼくは先月某勉強会で維新の会のブレーン、慶応大の上山信一教授の講演を聞いたのですが、彼の話を聞く
限り、維新の会は大層な国政改革に乗り出す予定はないそうです。
 
 彼らが国政の場に出るのは、あくまで大阪都構想を実現するための方便だそうです。つまり大阪都を実現する
ためには国会で法改正が必要だ。それには国会の協力が必要である。  
 ですから、協力してくれない議員、あるいは反対する議員に対しては「刺客」を送り込み、そいつを落選させて
大阪都構想に賛同する人間を国会議員にする、というわけです。

 つまりは国政進出は大阪改革のための方便にすぎない。それが目的ですから、大上段に構えた国政のグランドデザインなど必要ないというわけです。極めて醒めていています。

 そんなですから、名古屋市長や東京都知事から本格的なアライアンスを組む必要もありません。要は次の選挙まで世論を騒がせて維新の会に衆目が集まればいい。そのように考えているのではないでしょうか。それにマンマとメディアは踊らされているように思えます。

 ただ、「刺客」として当選した議員たちは、各々ビジョンや野望があるでしょうし、現状を見るかぎり一定の議
席を得るでしょうから、既成政党やそこから出奔者と新党を作るなどの動きもあり得るでしょう。
 その意味では維新の会の動きが、政界再編のきっかけにはなる可能性はあるでしょう。

 もうそろそろ政局偏重、永田町のゴシップ偏重の政治記事はやめて欲しいものです。


WEBRONZA+に『防衛費における「初度費」はなぜ大切か(上)』を寄稿しました。http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2012021400007.html

【新刊のご案内】
拙著「防衛の死角」(PHP刊)が発売になりました配本が17日ですから、20日ぐらいから書店に並ぶと思います。因みに新宿の紀伊国屋書店では17日に店頭にならんでおりました。



国防の死角
PHP研究所
清谷 信一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 国防の死角 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





【告知】
画像

林信吾と共著の仮想戦記「真・大東亜戦争」シリーズが電子版が販売中です。
現在第一巻のみ定価450円→0円  なんと完全無料です
http://itunes.apple.com/jp/app//id480083237?ls=1&mt=8

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
みんなの党と組むのはいいが、ソーカと組むのだけは止めて欲しいです。利用するだけ利用して使い捨てなら分かりますがね。
なんで
2012/02/19 07:39
なんで異常に創価学会を敵視する奴がいるんだろうか?

2012/02/20 11:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
メディアの大阪維新の会、の国政進出報道は的外れ? 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる