清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS F-15の偵察システムをめぐって東芝と防衛省の泥仕合

<<   作成日時 : 2011/11/03 20:34   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 62 / トラックバック 1 / コメント 10

東芝、93億円支払い求め国提訴 戦闘機改修契約解除で
http://www.asahi.com/national/update/1031/TKY201110310226.html

偵察機改修 契約解除 東芝、93億円求め提訴 防衛省も訴訟検討
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2011103102000028.html

 この偵察システムの話は以前も書いております。

空自F-15用偵察ポッド契約解除が意味すること
http://kiyotani.at.webry.info/201010/article_3.html


 さて、いままでだったらメーカーには「どこかで埋め合わせをするからさあ」で済んだ話でしょう。
 それが済まないようになってきているわけです。

 そもそも論でいえば高々15セットぐらいしか調達しないのに国産開発する必要があったのでしょうか、ということです。ISRのシステム全体の体系的な観点から、是非とも開発が必要という話しでも無かったようですし。

 予定の性能が出なかったから金はまったく払わない、F―15の改修費用まで支払えというオレ様的態度は問題ありでしょう。

 ポッドと伝送システムの試作が123億円、機体改修が63億円、合わせて186億円です。東芝の防衛省売り上げが一〇年度で186億円ですから、これに匹敵する金額です。これを支払うとなれば10年分〜20年程度の利益が吹っ飛ぶことになります。となれば、株主代表訴訟も免れないでしょう。

 まあ、防衛省・空自もこれならいけると判断してGOサインを出したわけですが、その責任は負わず、すべて民が悪いと。これは通用しません。

 そら、裁判を起こしますわな。

 装備開発で必ずしも予定していた性能が出るとは限りません。また開発費や調達費の高騰などもあり得ます。アメリカでは開発費が一定以上高騰すると開発が中止という法律がありますが、我が国には調達中止、あるいは調達数削減の明白なガイドラインがありません。

 こんなキャンセルが恒常化すれば、リスクを負ってまで装備開発する企業は激減するでしょう。少なくとも難易度の高い開発を嫌うメーカーは増えるでしょう。まあいずれにしても株主から防衛産業から手をひけという圧力は高まるでしょう。


 さて、その理屈が通るならばC-Xはどうなのだ、という話になります。試作機にはトラブルがつきもなのは常識ですが、強度不足を補うために外板に補強板を打ち付け、内部につっかえ棒を入れた状態のものを受領したことが異常です。

 本来、突っ返すべきでしょう。普通の装備品なら自衛隊はそうしています。試作品とはいえ、メーカーとしては完成した段階で納品し、それを受領するのが当たり前です。
 
 C-Xでそんなナアナアがまかり通るならば、偵察システムもいいじゃないか、それがダメというならば二重基準だと東芝は主張するでしょう。ぼくもそう思います。

 因みに空自の広報筋によると、来年度の予算でCXの改修費用を数十億円要求しているそうです。この中で、受領前に直しておくべき不具合の修理分は含まれていないのでしょうか。
 もしそうならば、本来これこそメーカーが負担するべき費用ではないでしょうか。 
 
 そしてこの改修費用は開発費の計上されるでしょうか、初度費の一部として処理されるのでしょうか。

 いずれにも計上されないのであれば、CXのライフ・サイクル・コストの算定が不正確になると思います。
 まあ、公開されているCXや他の装備のライフ・サイクル・コストは人件費が入っていおりません。この点で信頼に値しません。人件費はタダと考えがちなのは自衛隊・防衛省にかぎらず、官によるあることではありますが。
 だから役所ではだらだら非効率な仕事をしているわけですが、そんな考えではコスト意識は身に付きません。
 行政効率も上がりません。
 

 今回の東日本大震災ではRF-4偵察機がリアルタイムで情報収集ができないことが問題になりました。ですが、来年度の概算要求では偵察ポッド関連の要求が無いようです。また第二次、三次の補正予算にも盛り込まれていないようです。
 ということは偵察ポッドシステムは必要なかったということにならないでしょうか。

 空自筋ではUAVとFX(つまりはF-35)の偵察機能を合わせれば偵察ポッドを搭載した偵察部隊は必要ではない、ということらしいのです。となればFX商戦は出来レースということになります。

 また、それが本当ならば、契約解除は単なる空自の都合ということになります。その自分の都合で、メーカーを悪者にして支払うべきを金を踏み倒そうということになります。
 メーカーだけじゃありません。コンポーネントの輸入は住友商事が担当していたはずです。商社も損を被ることになります。

 FXの件でもそうですが、空自は防衛産業に対する信用の毀損に極めて鈍感です。
 アパッチやOH-1などの調達中止もそうですが、ますます防衛産業から逃げ出すメーカーが出てくるでしょう。


WEBRONZA+で以下の記事を寄稿しております。

FXはユーロファイターを採用すべきだ
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2011110100003.html
FX購入の代わりに、コンポーネントの輸出を
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2011110200003.html


また同じく、朝日新聞の谷田邦一編集委員が以下の記事を寄稿しております。
最終局面のFX選定――透明性の確保は?
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2011110100004.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 62
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い
かわいい かわいい

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
技本と空幕装備は無用の長物か  装置開発、契約通り行わず…防衛省が東芝訴える
装置開発、契約通り行わず…防衛省が東芝訴える http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20121126-OYT1T00503.htm?from=ylist ...続きを見る
清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所...
2012/12/02 16:27

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
キヨタニ先生は「要求仕様」という言葉をご存じないようです。F-15の偵察ポッドは要求仕様を満たしていない、C-Xは要求仕様を満たしている。それだけの話です。
あと東芝の責任が全く論じられてないので公正さを欠いた批判に見受けられます。
徒織須賀李
2011/11/04 06:39
CXの回収費用を数十億円要求…どこからサルベージしてくるのでしょうか?
名無し
2011/11/04 10:39
>つぎはぎ
初期不良って言葉を知っているかな?浅学すぎてちょっと笑った。
名無し
2011/11/04 21:43
要求仕様とは性能のことで補強材の有無のような実装方法とは違いますよ、とマジレス。
まあ印象論で突っ返せとか異常とか言っても正確な契約書の内容も不明だとあんま意味ないかと。
ちなみに最近全日空で就役した787も初期の生産分は以降のものとはかなり内部が違ったり…。
へんりー
2011/11/04 21:46
>徒織須賀李氏殿
「要求仕様」というよりは、「運用要求・要求性能」ではないでしょうか?仕様書はこれらをベースに構築されるものと理解しています。
>F-15の偵察ポッドは要求仕様を満たしていない、C-Xは要求仕様を満たしている。
 間違いではないのですが、「F-15の偵察ポッドは、要求性能を満たす見通しが全くない」「C-Xは要求仕様を満たす見通しがある」が正しいかと思われます。さもなきゃC-Xの技術・実用試験は実施されていないでしょう。
 本件については、「防衛省が示した運用要求・要求性能を具体化した仕様書」に「どの様な表記」がしてあり、それを東芝が「どのように理解」し「対応しようとしていたか」が明らかにならない限り、第三者には正しい評価は出来ません。
 なお、「高々15セットぐらいしか調達しないのに国産開発」とありますが海外のA、B、C社の製品を組み合わせて要求を満たす装備品を構築する「開発」を受け入れたT社が安易に過ぎると言う印象もあります。開発要素が見当たりませんから。どちらにせよ、貧弱な一次情報では、なんとも判断し得ない、と言うのが現状です。
簡単な質問の名無し
2011/11/05 22:24
125.197.220.248さん。
202.229.177.169さん。
あなた方はアクセス禁止です。別アカウントまで使ってのコメントはお断りいたします。
キヨタニ
2011/11/06 00:43
恐らく、東芝は出来もしない要求性能にも出来るって言うからでしょうか。
ノン
2011/12/14 23:48
続きです。もしフリーソフトだとただ当然のソフトが何億もの開発費用を出してメーカーに発注するのと、(性能、セキュリティ等を含めて)どちらが要求性能として高いですか?
ノン
2011/12/15 00:27
RF−15J転用事業は元々実現可能な要求性能書に基づくF−22を買うためのF−15リタイア事業であったもので、技術的には、OP−3Cで、光学・SARとも実現済みである。しかし、GW商戦で、米国の思惑から、候補の米国製センサーが輸入できなくなった時点で、空幕が仕様書変更して、センサーを再選定し、OP−3Cと同一とすれば開発できたはずである。それを放置して東芝側から手を上げるのを待って、後ろから切り付けたのは、AH−64事業の頓挫などと同じやり口である。
これは、空幕がどのような装備体系を構築するのかとういう根本的構想が欠落していることに原因がある。支援戦闘機(戦闘爆撃機)の名称廃止や、電子戦機が全くないなど、空自が本当に空中戦で勝つ気があるのかを真剣に検証する必要がある。
(東芝を訴えているのに、天下りがいるのはお行儀が悪い。天下り全員は退職するべきである。)
空幕の事業担当者の無知傲慢
2012/11/27 00:03
軍事産業は知りませんが東芝は要注意!
うちの会社でもシステム開発が納期内にできなく、延長してもできなかったので契約書にあったとおり違約金を払ってもらいました。
ゴリ
2012/11/27 01:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
F-15の偵察システムをめぐって東芝と防衛省の泥仕合 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる