清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS ロンドン写真日記その2 世界に広がらない日本製「和食」

<<   作成日時 : 2011/09/26 10:35   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 6

画像

 以前にも紹介した現地資本の和食チェーン、WASABIです。


画像

豆腐チャーハンと豆腐カレー、みそ汁です。
豆腐といっても厚揚げを切ってそれを更に揚げたものが入っています。日本人には無い発想です。
まあ、こういうカップをどんぶり代わりにつかうというのも日本人には無い発想でしょう。

画像

 みそ汁のデスペンサーです。みそ汁の味は昨年より向上しているようです。

画像

 様々な種類のどら焼き。他の現地資本の店でもどら焼きは人気のようです。


 Yo寿司にしてもこのWASABIにしても英国だけではなく、欧州更には北米、世界に出店を増やしています。Yo寿司はクオリティも値段もどうかと思いますが、モンゴルや韓国、南米にまで出店しています。

 ここで食事をしながら思ったのは、何故日本資本は和食のチェーン店を世界展開できないのか、ということです。一つの理由はいくつか考えられます。「本物の和食」にこだわりすぎてローカライズできないのではないだろうかということではないでしょうか。
 海老フライやうどんは現地で人気です。ところがこれらに強い日本企業、例えば加ト吉などが進出したという話もききません。

 個人的には日本側の居酒屋や回転寿司をそのまま世界に持ち出してチェーン店を展開するのは難しいと思います。ある程度割り切った現地化が必要かと思います。

 メーカーなり、商社なりが現地資本のチェーン店を買収するという手段もあると思うのですが、それも無い。せっかく世界で和食が定着しつつあるのに随分ともったいない話です。





日本食の国際化ビジネスに関して非常に示唆に富む本で、ご一読をお勧めします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
飲食ビジネス、海外進出が加速度を増す 2011/05/07(土) 19:01:15 [サーチナ] http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0507&f=business_0507_045.shtml
K
2011/09/27 00:34
日本のチェーンも、元気寿司がハワイやアジアに数十店舗を展開するほか、マリンポリスがアメリカ本土に「SUSHI LAND」の店名で十店舗以上を出店している。
http://ja.wikipedia.org/wiki/回転寿司
K
2011/09/27 01:14
吉野家
http://junya-homepage.web.infoseek.co.jp/yoshinoya.html

和民
http://www.watami-int.net/shop/list.html
K
2011/09/27 01:24
牛角
http://www.shopbiz.jp/fc/news/90989.html

味千ラーメン
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/kumamoto/feature/kumamoto1232079497410_02/news/20090116-OYT8T00525.htm
K
2011/09/27 01:38
 日本文化、サブカルチャーには関心の薄い国、不毛地帯、との印象が英国にはありましたので、意外ですね。
 三十年くらい前は海外、特に欧米で和食好きというときわめて特殊な階層しかいなかったように思いましたね。
 子供時代、英語教師が英国人だったんですが、彼女は生魚どころかお餅すらダメでした。
 
 
 
レッド・バロン
2011/09/27 11:34
まあ、80年代でも生魚=未調理の魚を喰う日本人は野蛮という風潮がありました。
でもお前ら生牡蠣喰っているだろうとか、タルタルステーキを食っているだろうと。
無知から来る偏見ですよね。

生理的に海苔とか生卵が受け付けないというのはわかりますが。我々日本人だってフィリピン人が好きな半分付加した卵とかダメですから。
生理的なものは仕方がない。ただそれを偏見と結びつけるのは如何なものかと思います。

とはいえ、英国では一部ですが岩のりのジャムにたいなのを食べる習慣がありますけど。

現地資本の店ではタイ料理などの要素を加えた料理なども供されています。ある意味オリジナルにこだわらずに自分たちの消費者に受けるメニューを開発するという姿勢は必要でしょう。
日本人からみたら何だかなあ、というものも少なくありません。

我が国でもラーメンや餃子、カレー、ハンバーグにしてもオリジナルとは別物といっていいほど、独自の進化を遂げています。
キヨタニ
2011/09/27 17:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
ロンドン写真日記その2 世界に広がらない日本製「和食」 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる