清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 「防衛技術ジャーナル」誌に変化の兆し? 健全な技術検証を

<<   作成日時 : 2011/04/08 09:51   >>

ナイス ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 10

 今月の「防衛技術ジャーナル」(4月号)には面白い記事が載っています。
 
 「防衛ギジュツ論争! 戦闘車両の装軌式と装輪式をめぐって」で、司会が菊池征夫氏(同誌編集委員)、木元寛明氏(元富士学校機甲科部副部長)、篠田芳明氏(元技本の開発官付主任研究員、現IHI防衛技術部長付)が対談を行っております。

 同誌では珍しく自衛隊装備に対する苦言もでています。

 「僅かな数しかない戦車を3系列ももってどうするんですが。要員の養成を考えた場合、74式しか乗ったことのない隊員が90式に配備されてもまったく使えないわけですから。それをいちいち教育していたら時間とカネのムダです」(木元氏)
「1系列に必要な科目を10とすると、3系列では30科目。部品点数も膨大になると、現場は混乱するでしょう。平時こそ、こうした統一を思い切ってやるべきだと思いますね」(篠田氏)

「90式は計器類のボタンの数が多すぎる。これを米国のヤキマに持っていった射撃訓練したら、米国の将校が計器の多さにびっくりしていましたよ。平時の発想かもしれなけど、実際の戦闘中いま生きるか死ぬかというとき、こんな複雑な装置は扱えないんじゃないですか」「10式も身動きすることができなくらい装置が詰まっていますよ。どうやって操縦席にはいったらいのか」((木元氏)

「もう改善されているとは思いますが、74式車載7.62ミリ機関銃は弾がでなかったりした。構造が複雑すぎて弾が詰まることがよくあったんです。偵察警戒車の機銃にしてもついている位置が悪くて、弾が詰まったとき排除しようとしても手が入らないような取り付け方をしているんですから」(木元氏)

「10式は5転輪で、90式は6転輪です(中略)私は戦車の転輪は6輪のほうがよいと思っています」(篠田氏)

 この種の雑誌として多少なりとも国産装に対する批判や批評は珍しいです。

 どんな兵器にも長所や短所があるわけです。まして我が国の兵器は実戦を経験していないし、市場で淘汰にあったこともないわけです。ですから、至らないところも多々あるわけです。きちんとした評価が必要です。
  
 ところが我が国のメディアではプラスのことは大いに書くが、問題点があまり指摘されない。読者もそれを望みます。対して外国の兵器はあれこれ欠点が指摘されています。
 

 このコンディションで国産と外国産を比べて、日本の兵器のは欠点がない、対して外国産は欠点が多い。だから国産兵器は優秀だという意見が出てきます。国産兵器・自衛隊無謬論です。ネットでは特にその傾向が強いように思えます。

 アメリカ軍は都合の悪い情報も結構開示します。軍が隠してもジャーナリズムが暴きます。対して北朝鮮は当局は悪い情報を開示しません。北朝鮮もメディアは国営です。都合の悪い情報を暴露したりしません。
 「国産兵器・自衛隊無謬論」は両国を比較して米国は悪い点が多々ある。北朝鮮は偉大なる将軍様の指導よろしく、なにことも完璧で失敗はない、と結論づけるのと同じです。

 ベトナム戦争では米軍は不都合な情報も出ていたが、北ベトナムやベトコン(南ベトナム解放民族戦線)は出さなかった。結果メディアは米軍の悪行をあげつらったが、北ベトナムやベトコンは正義と報道したわけです。米軍以上にあくどい行為を行っていたにもかかわらずです。これを同じ間違いをおかすことになります。

   
  自衛隊のOBの方々は「大本営発表」式ではなく、ネガティブな情報を開示してほしいものです。一番必要なのは失敗の情報と経験です。それが次世代の兵器開発には不可欠です。

  ところが現状では「失敗」の多くはなかったことにされています。このようなあり方が国益になるのでしょうか(国益になるのだ、とかつて陸幕広報室は主張しておりましたが)。

 国産兵器に愛着を持つのは自然な感情ですから否定はしませんが、判官贔屓がすぎると有事に際に現場の隊員や我々国民がその代償を血で払うことになります。
 繰り返しますが、都合の悪い情報こそ進んで開示する必要があります。
 



防衛技術ジャーナル
http://www.defense-tech.or.jp/03/index_03.html




プレイズ・クラフトワーク
Third-Ear JPN Ltd.
2006-09-20
セニョール・ココナッツ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by プレイズ・クラフトワーク の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


セニョール・ココナッツによるテクノバンド、クラフトワークのカバーです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 18
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
>ベトナム戦争では〜

この段落を読む限り、不都合な情報は出さない方が良い、という風に読めるのですが。未だに欠陥機扱いのF-2という存在も考えると、情報を出す側の問題というより受け手側の問題なんじゃないでしょうか。不都合な情報を出しても正しく評価されないなら出しても意味が無いですよ。
maruko
2011/04/08 19:30
とある有名OBが、身内の恥は隠すものだとか言ってましたっけ。
歩兵
2011/04/08 20:09
いくら巷の情報の質・量が上がっても、批評を発信する側が誤情報を流したり、情報の意義を理解しないようでは全く話になりませんよね。
確かに
2011/04/08 20:11
90式とかF-2なんかでも欠陥論みたいなのは散々出てたように思えますが。
まあ内容は非常に稚拙で事実誤認多々であり真面目に見る類のものじゃありませんでしたが。
ここで言うのもなんですが結局日本には防衛問題に関して深い見識を持つメディアや記者がいないのが大本かと思われます
江畑さんくらいしか思いつきませんし、他国のように元軍人などの内部の人が後にジャーナリストになることも殆どないですし。
プレイ
2011/04/09 12:58
>僅かな数しかない戦車を3系列ももってどうするんですが。

この手の主張をされる方の理想像を聞いてみたい所です。
現在の場合、全部90式に置き換わるまで待てと言うことなのでしょうか?
また訓練の必要性に関しては、
>74しか乗ったことのない他インが90式に配備されてもまったく使えないわけですから。それをいちいち教育していたら時間とカネのムダです

というのも正直よくわかりません。
74式の部隊に一度配属されてしまったら一生74式部隊に居ろと言うことでしょうか?
なぜ教育機関の要職にいた方がこういうことを言ってしまうのか理解に苦しむところです。
転換が難しいのであれば、74式から90式へ転換した隊員が犯しやすいミスなどの事例集をまとめるのも富士学校の役目だと思うのですが・・・
一部だけで判断するとよろしくないと思いますので早めに自分も現物を読んでみることにします
ゆう
2011/04/10 02:02
戦時の部隊再編成で74式の乗員を90式に乗せて戦えますか。
戦時を考える
2011/04/10 21:16
全部10式にすれば無問題

2011/04/11 06:09
>初
そうですね〜。
74式は減るだけです。
10式の調達ペースが怪しいですけどね。
最終的には少数の90式と多数の10式で完結。
10式の調達が終わる頃には新戦車の調達が開始・・・。
不況で防衛予算は厳しいでしょうが90式などでは
約20年の間、少数調達でした。20年あれば戦車の
配備計画や予算も多くなる可能性もありますしね。
輝ける未来
2011/04/11 06:40
>要員の養成を考えた場合、74式しか乗ったことのない隊員が90式に配備されてもまったく使えないわけですから。それをいちいち教育していたら時間とカネのムダです」(木元氏)

つまりは転換教育は必要ないと?
自分の無能さを装備のせいにされてもね。
というか、段階的に装備を更新していくのは何時起こるのか分からない有事を想定して、その状況に常に対処できるような「力」の空白を無くする事が目的だと思っていますが?
それよりも、若年兵でも目標をロックしてしまえばたとえ行進間であってもボタン一つで必中させる90式と、命中させるには長年の経験と研ぎ澄まされた鍛錬による職人芸に頼らざるをえない74式戦車、どっちが教育するには大変なんでしょうか?

>「90式は計器類のボタンの数が多すぎる。これを米国のヤキマに持っていった射撃訓練したら、米国の将校が計器の多さにびっくりしていましたよ

いつの話なのか分かりませんが、M1A2含めて西側最新鋭MBTなんて計器どころか車内はコンピュータでぎっしりですよ?

>「10式は5転輪で、90式は6転輪です(中略)私は戦車の転輪は6輪のほうがよいと思っています」

「全くもって意味が分からないよ。」(QB)
507
2011/05/16 21:52
国産の装備品は現場のニーズにあわせて制作するような努力が必要なのでは?
ノン
2011/07/21 01:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
「防衛技術ジャーナル」誌に変化の兆し? 健全な技術検証を 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる