清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS ユーロコプター社が伊丹空港から神戸空港に移るわけ

<<   作成日時 : 2010/09/12 14:44   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 16 / トラックバック 1 / コメント 17

神戸空港島に仏ヘリ会社 数十億円投資、整備場を設置へ
http://www.asahi.com/kansai/travel/news/OSK201009090018.html


 ユーロコプター社が数十億円をかけて神戸空港島に整備場と訓練施設を建設します。しかし今頃なんでこんな記事がでたのでしょう。既にこの情報は春にはオープンになっていました。日経が報じて朝日が後追いしたようですが、今更な話です。
 

整備場では点検・修理のほか、輸入したヘリの組み立て作業も行う方針。訓練施設には運航のシミュレーター機器を備え、安全操縦の研修・教育ができるようにする。将来はヘリ開発や北東アジアの整備拠点として位置付け、大規模な災害時の防災拠点としても使えるよう配慮する。大阪(伊丹)空港にある同社グループの整備場も神戸空港へ移転することで調整している。今秋にも発表する見通しだ。

 新施設建設の目的の一つは海自の練習ヘリ、TH−135(EC135T2+)のサポート体制強化のためです。なんでも現在当社の施設のある伊丹空港では近隣住民とのかねあいなどもあって「軍用施設」を許さないかららしいです。
 本来つぶれているはずで、血税で延命しているゾンビ空港らしいです。ユーロコプターが出て行けばその分同社が落とす金もへってますます寂れていくでしょうに。早く伊丹空港は閉鎖すべきです。
 

 ユーロコプターは自衛隊以外の国内市場で約55パーセントのシェアを持っています。その企業が整備体制の構築に本腰を入れています。
 民間市場では1機だけの顧客も多いわけです。その1機が飛べなくなると稼働率ゼロですから由々しき問題となります。対して軍用機の場合、例えば100機あればその内1機が故障しても稼働率99パーセントです。その分民間機の世界がシビアであると言えます。またパーツや維持費にも当然顧客はシビアです。

 今回の移転と、陣容の強化は当然、自衛隊向けの受注拡大も狙ってのことだと考えていいでしょう。

 自衛隊は場合によっては6倍以上の値段のライセンス生産を選んできました。その理由は輸入機だとまともなサポートが受けられないからです。ところが外国メーカーが国内に充分なサポート体制を持つと、その理由が力を失ってきます。
 
 ライセンス生産だから高くて当たり前、と開き直って防衛需要によりかかり、コスト削減の努力をしないのであれば、そううち日本のヘリ産業は衰退します。

  ですが、国内メーカーも防衛省もエライ人たちには危機感があまりないようです。
  

防衛破綻―「ガラパゴス化」する自衛隊装備 (中公新書ラクレ)
中央公論新社
清谷 信一

ユーザレビュー:
私には書かれているこ ...
この本の内容は信頼出 ...
自衛隊の調達と装備に ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 防衛破綻―「ガラパゴス化」する自衛隊装備 (中公新書ラクレ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 16
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた
面白い
かわいい

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
PSP ぼくは航空管制官 エアポートヒーロー 関空
大人気シリーズぼくは航空管制官の ...続きを見る
ゲーム攻略サイト
2010/12/12 15:16

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(17件)

内 容 ニックネーム/日時
キヨタニ先生へ
まず、他でお返事を頂いており、有難うございます。

本件に付、伊丹空港は利害関係のみで継続されている空港です。
使用者の殆どは神戸空港や関西空港より身近で使いやすいと言われていますが、それは設備ではなく、国の政策による規制によりる処が大きく、同レベルの運用体制になれば使いが手は殆んど変わらないと、神戸市関係者より聞いております。
実際に私はこの3つの空港を頻繁に使いますが関西空港は別として、伊丹と神戸では空港自身できは新しい分だけ神戸空港の方が使い勝手がよいです。
昔は、伊丹では空港は邪魔だと言われ、廃止が言われると必要だと言われて、今に至ります。

愚かに見える行政でも、それは役人ばかりが愚かだとは限らないと思います。
役人の方と、飲んだりすると色々な愚痴を聞きますが、愚かな役人もいれば、それに指示を出す代議士も変だし、それを支持する市民もおかしいかなと、思います。
無名です。
2010/09/12 15:31
ここに空港はいらないから沖合につくれ。
沖合につくった不便だからここの空港を
残せ。ですからね。
関西が何故地盤沈下を起こしているかよくわかる気がします。
キヨタニ
2010/09/12 16:15
すっかり、神戸にも空港が存在しているのを失念しておりました><いよいよユーロコプターも日本での市場拡大に本腰を入れはじめたわけですかね(既に全日空のヘリ整備部門を買収していますものね)。第一、最近では官公庁はもとより民間も海外(それもユーロコプターかアグスタ・ウエストランドのいずれか)から直に輸入し、国内メーカー(川崎のBK117は別として)からは購入していないような気もいたします。ここまで民間市場に相手にされないメーカーもないような。それはそうと、海自の22DDH(あれで「護衛艦」と呼ぶのもムリがありすぎます)に搭載する予定の輸送/救難ヘリの候補や、現行のSH-60J/Kの後継機は決まりつつあるのでしょうか?
かつかつ
2010/09/12 16:42
>搭載する予定の輸送/救難ヘリの候補や、現行のSH-60J/K

SH-60Kはこのまま調達でしょう。その他の件は不明です。ただ空自にCSAR部隊を移籍する見返りが何かあるようです。


キヨタニ
2010/09/12 17:04
さっそく御返答いただき、有難うございます。そうでした。海自の救難飛行隊も空自の航空救難団に統合されるのでしたね。まさかとは思いますが、US-1A/2は(第71航空隊でしたか)対象外ですよね。それと何年か前から言われている空自の「基地防衛教導隊(仮称)」の設立はどうなったのでしょうか?あれが発足すれば、CSARを行うにしても、かなり有益だと思うのですが。
かつかつ
2010/09/12 17:26
伊丹空港は便利ですよ。
現在関空からアメリカへはサンフランシスコとシアトル便しかないので、勤務先の殆どのものはアメリカ出張の際は伊丹→成田→アメリカ各地へと乗り継いでいます。
ヨーロッパもパリ・アムステルダム・フランクフルト・ローマ・ヘルシンキ線が残るのみでしかも毎日運航とも限りません。このような状況で伊丹→成田路線が使えなくなると正直かなり困ります。
関西空港は国際線の便が悪く、神戸空港は伊丹空港ほどのキャパシティがないので現状では代替とはなりえません。上記が改善されれば伊丹空港廃止でも構わないのですが現状では難しいでしょうね。
ibukuro3
2010/09/12 21:14
>海自の救難飛行隊も空自の航空救難団に統合される

この話前からちょくちょくこのブログで出てくるのですが
ソースは何ですか?
他(含む防衛省)を調べてもそれらしい話は見当たらないんですが?

これも隔離されますか?
ケンケン
2010/09/13 07:43
>基地防衛教導隊
CSARとは直接は関係ないと思います。むしろ陸の特殊部隊や編成される予定の前方航空統制部隊のほうでしょうが。

キヨタニ
2010/09/13 10:15
申し訳ありません。基地防衛教導隊が編成されれば、そこでメディックに対する近接戦闘訓練を実施(野外訓練ともなれば、それこそ陸自の協力が必要でしょうけども)できるかな、などと考えたものですから。ちょっと説明が足りなかったかと反省しております。それと前線航空統制官ですか。確か陸自内部に編成する動きがあるのでしたっけ。何だか単なる(陸自と空自の)面子争いにしか思えないのですが。更に言うならば、陸(特殊作戦群)・海(特別警備隊(この名称もどうかと。何せ、海保のそれと紛らわしいですし))を統一の指揮系統(それこそ米軍よろしく)で運用しようという動きはあるのでしょうか?本来の記事内容から逸脱してしまい恐縮ではありますが、よろしくお願いいたします。
かつかつ
2010/09/13 12:53
前線航空統制官の部隊は普通、空軍が組織するものですが、空自は基本的に対地支援を主たる任務として積極的に考えていないのでしょう。

それから基地防衛教導隊は陸自に比べて頭数がすくいなかからの選別で、果たして相応しい人材が揃うのかという疑問があります。

CSARの部隊と特殊作戦のヘリ部隊はスキルがかなり近いので、合同運用する国が増えています。
キヨタニ
2010/09/13 14:41
最近、日本はタイフーンもしくはJSFの共同開発に計画当初から参加しておくべきだったとの意見が強くなっております。

馬鹿な三原則とアホな政府解釈で共同開発のチャンスを失い、
結果的に国益を損ねたり、
防衛に穴を開けるのは非常に愚かな事です。
山田
2010/09/13 18:55
何度も愚問に丁寧にお答えいただき、有難うございます。確かに陸自に比べて空自は頭数も少ないです。ましてや、特殊部隊に相応しいスキルの持ち主を探すともなると、何とも前途多難な気がいたします。いっそのこと(キヨタニ先生が「軍事研究」誌上で披露されたアイディアに只乗りするようで恐縮ですけれども)、陸自の人員を削減し、一部を海保だけでなく海自や空自に移管するというのは、どうでしょうかね。その中からSBUやSST、更に基地防衛教導隊等に人員を選抜・配属するならば、かなり強化出来そうな気も。でも財務省がクビを縦に振らないと何も進まないでしょうし。結局のところ、政治が決断しなければ、何も変わらないですよね。
かつかつ
2010/09/13 19:39
追伸。そういえば、アグスタウエストランドも日本支社を開設しておりましたでしょうか。ここ何年かは警察庁(AW109E/AW139)や海保(AW139)などの官公庁に同社の製品が採用されることが目立っておりますよね。今後は、ユーロコプター並みに日本国内で事業拡大を狙っていくのでしょうか(個人的には、親方日の丸的なメーカーや企業は海外企業に買収されても仕方ないと思っております。何せ、我が国の各メーカーは海外企業を買収するなどして普通に事業拡大を行っております。当然、逆の事態が起こっても不思議ではありません)。
かつかつ
2010/09/13 19:47
>三原則
共同開発にはMDはじめ例外があります。例外と称するればOKなんですけどね。
ただ、現状の日本の交渉力ではは共同開発してもババをひかされる可能性も少なくないですが。

AWは現在世界第二位です。日本との共同開発や整備工場の建設も考えているようです。
キヨタニ
2010/09/13 20:31
清谷さん、AWは何の略ですか?
名無し
2010/09/14 01:11
アグスタ・ウエストランドです。
キヨタニ
2010/09/14 15:26
大阪空港近くに住むものです。こいつらが神戸に移転するのはありがたことです。大阪空港での離陸規定、航空法2条、騒音指定区域、航空局の騒音指導を無視し、低空高速で飛び回り、空港脇から離着陸するからです。管制はVFR機の要望をなんでも聞きなんでも許可するのも問題なんですよ。一度規定航空法規定ををみながら大阪空港でVFR機がどのような離着陸をしているか実際にみたらどうですか?
アキラ
2012/02/10 15:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
ユーロコプター社が伊丹空港から神戸空港に移るわけ 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる