清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS FX商戦の行方 とグリペンNG

<<   作成日時 : 2010/07/07 23:07   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 22

 市ヶ谷界隈の噂では9月にもRfPが出るとのことです。
 まあ、昨年度末には出るとか、昨年度末には出るとか、連休中には出るとかの噂はありましたたけど。

 さすがに来年度に予算を付けないとまずいでしょう。
 それ以上の延ばすのであれば、それは自動的(あるいはなし崩し的)に戦闘機の国産を諦めるということになります。


 次期戦闘機 予算計上へ 来年度防衛費、3機種に絞る
 http://www.chunichi.co.jp/s/article/2010062690092015.html


 報道によるとF35、FA18E/F、ユーロファイターの3機種に絞り込まれたそうですが、どうも実際は違うようです。でも空自総隊では既にF−35は不要との結論らしいです。迎撃戦闘には向かないということでしょう。
 
 
 F35を選ぶならば、これまた自動的(あるいはなし崩し的)に戦闘機の国産を諦めるということになります。
 前から申し上げているように、はじめから余裕をもってF−2の後継の戦闘機は諦めますというならば産業界も説得できたでしょうが、引っ張るだけ引っ張っておいてなし崩し的に「やっぱり止めました」では信用を失います。
 ヘタをすると戦闘機だけではなく、防衛産業全体から雪崩を打って撤退が始まるかも知れません。

 
 経産省はそのような事態を心配しているわけですが、政策官庁たる防衛省には未だそのような心配や対応が足りないような気もします。
 
 ボーイングは最近レイセオンやGEなど関係各社と連合で「朝雲」なども媒体にに、ホーネットのカラーの全段広告を2回も出しています。「朝雲」にカラーの全段広告が出るで極めて異例です。初めてじゃないでしょうか。それほど力こぶを入れているということです。


 さて、今更なんですが、グリペンNGも面白いと思います。
 
 空自の大好きなAESAレーダーを搭載する予定ですし。何より値段が安い。ブルガリアに対して大バーゲンをしています。同国はルーマニアと共に中古のF−16を購入することを検討していますが、サーブはなんとそれと同等の値段でグリペンを売ります、と大幅ディスカウントを申しいれています。

Saab Lures Bulgaria to Buy Gripen Fighter Jets
http://www.novinite.com/view_news.php?id=115242

 ジェーンズ・ディフェンス・ウィークリーにも同様に記事が掲載されていました。

 恐らくは赤字時受注でしょう。これは近年セールスが思わしくなく、ラインの維持が困難になっているからではないでしょうか。インドやブラジルの大型商戦も不透明ですし。
 つまり、まったく売れないよりも赤字でも受注してラインを維持し、受注ゼロよりも赤字の幅を少なくする方がマシ、ということが、市場経済ではおこるわけです。

  因みにグリペンNGは経費削減もあり、艦載機型のみが開発される方向のようです。


 まあ、こういうことが多々起こるのがソ連崩壊後の兵器市場です。

 よく知られているようにGiat(現ネクセター)もUAEへのルクレール戦車の輸出は赤字受注でした。当時業績悪くて、雇用を維持するためにはなりふり構わずでした(6月9日号のジェーズ・ディフェンス・ウィークリーでJAC・ルイスもUAEへのルクレールも、パキスタンへのアゴスタ90B潜水艦も赤字受注だったと書いています)。

 無論グリペンもグリペンNGもFXの候補には入っていませんが、お買い得価格ならば心が揺らぐというものです。

 FXの機数はまだ明らかにされていませんが、40〜50機は程度でしょう。これを受注できればサーブにしては美味しい話でしょう。大抵10〜20機程度の商戦ばかりですから。

 まあ、そこで足下をみて、まとめ買いするから値段を負けて、技術移転や日本独自の改造の了承もお願い、と交渉をすればリーズナブルな値段や条件で調達ができるかもしれません。ライセンス生産するにしても調達単価を60〜80億円ぐらいに抑えられるかもしれません。

 無論グリペンは単発であることや、航続距離の問題などもあるでしょう(単発はF-35も同じですけど)。ですが、新鋭機のNGを格安で手に入れられるならば相応の魅力がある話ではないでしょうか。
 しかも、グリペンは短距離での離着陸が可能で、自衛隊お得意の「我が国独自の環境と運用」にも合致しているのではないでしょうか。またブラックボックスが多い米国機を採用すると国産搭載兵器の手の内を米国に明かさないといけませんが、ソースコードの開示を得られればその必要もありません。

 先代のヴィゲンも当て馬とはいえ、かつて空自のFXの候補に入っていましたし。

 また、防衛産業の基盤維持、あるいは調達コストの削減という観点からみれば、F-35よりもグリペンNGを候補に入れる方が有用かも知れません。どうせRfPもまだでないことですから、グリペンNGも候補に入れては如何でしょうか。グリペンを入れなくとも他の候補から値引きを要求するネタにはなるでしょう。
 FX候補としてはむしろF-35よりも筋がいいようも思いますが。



  


防衛破綻―「ガラパゴス化」する自衛隊装備 (中公新書ラクレ)
中央公論新社
清谷 信一

ユーザレビュー:
自衛隊の調達と装備に ...
防衛費へのわかりやす ...
無駄を省く仕組みのモ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



専守防衛──日本を支配する幻想 (祥伝社新書195) (祥伝社新書 195)
祥伝社
清谷 信一

ユーザレビュー:
「専守防衛」について ...
「専守防衛」というの ...
皆が口にする「専守防 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 20
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(22件)

内 容 ニックネーム/日時
キヨタニ先生、空自は「F22が駄目ならF35にする」という方針だったと思うのですが、方針転換したという事でしょうか?
また、そうなると対米関係上FA18E/Fが一番採用される可能性が高いという事なんでしょうか?
松本信二
2010/07/08 08:32
内局でもユーロファイターを押す声が意外に強いですよ。国産比率が多い分、天下りが確保できるという思惑もあるかもしれません。
キヨタニ
2010/07/08 10:29
どうせなら今回のF-XでグリペンNGを100機程調達して空自版地方隊を作って欲しいです。そして陸自の各方面隊への航空支援をさせれば役に立ちそうな気がします。残りのFIとFSは航続距離を伸ばして海自と共闘させるのはどうでしょうか。
通りすがり
2010/07/08 11:17
実現性は非常に薄いと思われますが、サーブ社に「グリペンNGを発注する代わりにエンジンを日本向けに双発にしたモデルを作ってくれないか?」と提案するのはダメでしょうか?
以前支那も、ミグをコピーした時単発だと推力が無いので、無理矢理双発に改造したことがあったような・・・

素人意見ですみません。
元友店長
2010/07/08 11:26
キヨタニ先生の印象として、空幕はその三機の中ではどれを一番欲しがっていると思われますか?
F/A-18Eは要撃機としては力不足のイメージがあります。
松本信二
2010/07/08 14:20
F-18は無いでしょうね。
FI向きの性能でない上に、エンジンが五月蠅すぎます。
F4やF15の代わりに来たら反対運動がえらいことになるでしょう。
同じ理由で性能云々以前にグリペンも難しいかと。
ST核融合炉
2010/07/08 23:23
態々新型機を購入するより
アメリカ空軍のUAV化で余っている
F16E/Fブロック60を
リースで導入した方がコストも安く
一番良いのでは?

中国・北朝鮮のパチモン機にはそれで十分です。
空自に必要な長距離敵地侵攻空爆能力もあるし、対艦ミサイル搭載専用のヘンなF2なぞより役に立ちますし無難です。

もしくはプレデター・リーパークラスの
UAV導入ですね。
F15を既に200機も持っているのだから
それをアップグレードすれば他は無人機で
能力は足りるでしょう。

以上2点で良いかと思います。
ユーロファイターやらF35やら高価な
オモチャは購入の必要ありません。
サイクシー
2010/07/10 05:07
>>F16E/Fブロック60を
リースで導入した方がコストも安く
一番良いのでは?

防衛産業の基盤維持は無視ですか?

>>中国・北朝鮮のパチモン機にはそれで十分です。

参考までにSu−35とのキルレシオ

タイフーン   4.5:1
F−15E   1.2:1
F−15C     1:1.3
F/A−18E/F  1:1.2
F−16C     1:3.8

F−16E/Fと言えどもおもちゃ呼ばわりされる結われはないと思われ。

>>対艦ミサイル搭載専用のヘンなF2なぞより役に立ちますし無難です。

F−2は航空阻止を主任務に開発された機体だけど第三航空団 第八航空隊のF−2の任務が何か調べてみようね。

>>もしくはプレデター・リーパークラスの
UAV導入ですね。

航空優勢下でしか用をなさないものが戦闘機の代わりにはならないのでは?今のところUAVは全て超音速で飛行可能な有人機に撃墜されている筈かと。今のJA隊にはワイルドウィーゼルも無用の長物と思われ。
兵器は欲しいから入手するのではなく、想定する運用に必要だから配備するものであることを考えようね。







F−2支援戦闘者
2010/07/10 09:28
>防衛産業の基盤維持は無視ですか?
維持するためにもUAVの新規開発導入を
するべきでしょう。
米国はUAVは売りませんよ。
何時までもライセンス生産では
基盤は出来無いし、
今時有人戦闘機のライン維持に
意味があるとは思えませんが。

>参考までにSu−35とのキルレシオ
そもそも現代の航空戦で1対1での
在り得ない格闘戦を想定なぞして
何か意味があるのですか?
私は無いと思いますよ。

>航空優勢下でしか用をなさないものが戦闘機>の代わりにはならないのでは?

F15が200機あるではないですか。

>今のところUAVは全て超音速で飛行可能な>有人機に撃墜されている筈かと。

確かにイラク戦争でプレデターはミグに撃墜されましたが、無人機だから撃墜されても関係ないしキルレシオも無用です。
人数不足に悩むJA隊にはUAVが一番では
ないでしょうか。
サイクシー
2010/07/10 17:58
私はワイルドウィーゼルといいますか、敵の防空レーダーを叩く電子戦機と対レーダーミサイルは必要だと思います。空自はF-15を電子戦機に転用するようですが。

敵基地攻撃は当然の事として、島嶼防衛においても敵の可搬式レーダーをつぶす必要性がありますから。2004年頃の東京新聞だか共同通信の記事で公明党から「電子戦機は敵基地攻撃のためだから専守防衛を逸脱する」と言われて旧防衛庁が「島嶼防衛のために必要だ」と弁明して認めさせたとあったのを憶えてます。

それとサイクシー様、アメリカはUAVを他国に輸出していますよ。グローバルホークもプレデターも輸出しているか、輸出する直前です。無人機ですから撃墜されても人的被害は出ませんが、現行の無人機だけでの防空は一方的に撃ち落とされるだけで費用対効果で疑問です。無人機に関してはミサイル防衛での早期警戒や海洋監視などに重宝するのがもっとも望ましいと考えます。
最後に空自も将来的には有人機と無人機を組み合わせた防空を考えているらしい事を付け加えておきます。
松本信二
2010/07/10 18:39
松本様へ
米国はUAVはリーパーやプレデターを
パキスタンが欲しがっても供与していません。
ですから日本が購入出来るかどうかは不明です。(日米同盟とパキと一緒にするなという意見はさておきです)
私が言いたいのは日本は有人機は肝心のエンジンが開発出来ないから欧米に追いつけないがUAV開発で追いつくチャンスがあるからそれをやれば良いのではということです。
その導入までの繋ぎ期間でF4が寿命ならばF16の最新型をリースすれば運用で得られる知識・経験があると思います。
米空軍との合同演習もやりやすいでしょう。

また例え米国がリーパー等を供与してくれても
ソースコードの問題が発生するでしょうし、
離島の防衛に向いているとは
思えないので今回のFX問題は日本向きの
UAVを自主開発するチャンスだと思います。
米DARPAでは超音速UAVを開発してい
ますし、ノースロップグラマンもステルス
UAVを開発中ですから
今更有人機を導入するのは意味が無いと
思います。

無論、当面UAVだけでの防空・攻撃は無理でしょうから有人機とUAVの組み合わせになると思いますが、パイロット育成費や開発費・維持費を考えると将来全てUAVになるのも時間の問題だと思います。
サイクシー
2010/07/10 19:37
サイクシー様

米国はプレデターをイタリア、イギリス、トルコに輸出していますし、グローバルホークはドイツに輸出する事が決まっていますし、韓国、オーストラリアにも輸出が許可されています。
日本にも次期防衛大綱に向けてグローバルホークの売り込みが行われています。
将来的には環太平洋諸国にインドとスリランカを加えた国々でグローバルホークを共同購入、共同運用する構想があり日本も誘われています。

パキスタンの場合は仰る通り同盟国としてのレベルが日本より数段下回る状況ですので、プレデターの販売が認められなかったのでしょう。パキスタンが中国と軍事面での協力関係が近い事もあるでしょうが。
UAVの自主開発は何らかの形で継続すべきですし、防衛省もそのつもりなのでしょう。ただ、武器輸出三原則等の緩和次第では他の国々と共同開発する機会があるかもしれません。

松本信二
2010/07/10 20:36
キヨタニ先生すいません。先生のブログで何度も長文投稿してしまって。

これからは自重します。
松本信二
2010/07/10 20:37
ガラパゴス化拝読させてもらいました。
かなり参考になるので。
これからも活躍してほしいので。
aaa
2010/07/10 20:40
>松本信二2010/07/10 20:37

記事内容に沿ったものであれば特に遠慮する必要は無いと思います。
abcd
2010/07/10 21:34
コメント、及び議論は歓迎ですので、ご自由にどうぞ。

他人に対する誹謗中傷、あるい礼を欠くような発言でなけばOKです。
罵倒合戦からは何も生まれませんから。
キヨタニ
2010/07/11 10:06
そもそも最新鋭のF-16を他国にリースできる余裕があるのでしょうか?
あったとして状態のいい(飛行可能時間の多い)機体をリースしてくれるのでしょうか?
どうもサイクシー氏に限らず
「○○(兵器名)リースすればいい」
と主張している方は中古車か古着でも買うような感覚で主張しているような気がするのですが
ケン
2010/07/11 19:40
グリペンNGのFX採用、個人的趣味からすると非常にそそられます。つーか日本の空を飛ぶグリペンて見てみたいです。すごく。

でも現実的には自衛隊は滑走路や民間空港(飛行場)を臨時の基地にするような訓練をしていない(私が知らないだけだったらごめんなさい)ですし、航続距離的にも不利なので実現は厳しいでしょうね。
ユニットコストの安さとかは非常に魅力的ですけど…

まぁ清谷さんには釈迦に説法でしょうけど。
Null_Devices
2010/07/18 00:11
テスト
2010/07/18 17:31
国内の戦闘機産業保護のためにF-2を20機増産する予定で
防衛省は予算の確保に動いているみたいです。by産経新聞Web版。
http://2nnlove.blog114.fc2.com/blog-entry-2418.html
元友店長
2010/07/19 23:28
誰か思惑のある方の観測気球なのではないでしょか。
キヨタニ
2010/07/20 07:04
F−35は開発遅れ。穴埋めにF−16の中古機を購入し、日本仕様に変更。AV-8bも中古機購入し日本仕様にアップグレードし海自で運用し尖閣に対応。グリペンNG複座を高等練習機でライセンス生産し、戦闘機の生産ライン確保と維持費削減のノウハウを取得し戦闘機の予備機とする。シーグリペンが開発されれば空母搭載機も確保できる。
th
2013/02/21 16:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
FX商戦の行方 とグリペンNG 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる