清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS FXは必要なし? 航空自衛隊は予算を1000億円ぐらい削減されてもいいらしい。

<<   作成日時 : 2010/03/12 17:08   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 60 / トラックバック 1 / コメント 24

 航空自衛隊は予算を1000億円ぐらい削減されてもいいと思っているらしい、そのように思えます。

 F−4EJ改の後継となるFX(次期戦闘機)の選択をみているとそうとしか思えません。

 米国が輸出しないといっている手に入らないF−22が欲しいと、駄々をこねてFXの選択を先延ばしにしてきました。
 
 仮にF−22は調達が可能だとしても調達及び運用コストが極めて高い。しかもF−22の能力を活かすためのC4IR関連の投資もかなりの金額が必要です。
 つまり他の候補の機体の何倍も超すとがかかる。しかも空自の資料によるとF−22の稼働率は話にならないぐらい低い。つまり現実的ではない選択です。

 そうこうしている間にF−2の生産ラインは今年で終わります。
 それで、F−22がダメだと分かると、今度はまだ完成もしていない、入手は10年以上は先だと見られているF−35が欲しいと駄々をこねているわけです。

 制空戦闘機がダメなら攻撃機でいいや、というのが空自の主流派の主張です。
 空自には戦略もドクトリンもない、単に米空軍と同じ玩具が欲しいといっているわけです。


 装備調達は民間でいえば設備投資です。例えば建設会社が来年度に大きな仕事を受注し、そのため既存のブルドーザーを新型に買い換えたいとします。
 
 そのブルドーザーの調達が5年後とか10年後とかでは設備投資の意味がありません。またどうしてもキャラピラー社のブルドーザーが欲しい。でもそれが生産中止で入手できない。
 ならば同じキャタピラー社のダンプカーが欲しい。コマツや日立のブルドーザーならいらないというならば、正気を疑われかねないでしょう。

 空自のやっていることはそういうことです。


 我が国が軍備を整えているのは周辺諸国に対するものです。スワジランドやトリニダード・ドバゴ軍が攻めてくることはないでしょう。

 特に中国空軍の近代化のテンポは早いし、ファントムでは充分な抑止ができない。あるいは戦時にまともに戦えない。しかもファントムの数は減っていきます。だからFXが必要だったわけです。

 つまりいつまでに、何機の新型機を導入し、訓練をほどこして何個飛行隊をいつまでに戦力化するのかという「締め切り」があってしかるべきです。
 
 ところがFXの調達は5年前からでも、10年以上先でもいいですといっているのは周辺に脅威は存在しない、単に新しい玩具が欲しいだけといっているのに等しいわけです。

 空自のやっていることは戦闘機の「調達」という手段が目的化しているわけです。調達自体が目的なわけですから、戦力化がいつになろうと知ったことじゃない、というわけです。
 どうせ実戦なんて起こりっこない、空軍と同じ玩具で遊びたいだけです。


 となれば、戦闘機の数は50機ぐらい減らしてもいいじゃないか、ということになります。少なくとも財務省はそう考えるでしょう。

 二個飛行隊分のパイロット、整備員、その他基地要員など諸々の間接人員は600〜1000名ぐらいでしょうか。彼らが必要ないとなると、一人頭、間接的な人件費込みで1千万円として計算すれば、毎年60〜100億円ほどが削減できます。

 またFXの調達コストが一機150億円として、毎年5機調達するとして750億円、訓練のコストやミサイルなどの調達、機体の整備コストその他費用などを毎年100〜200億円としてしてみましょう。非常に粗い計算ですが毎年ざっと約1千億円が節約できることになります。

 与党は次の参議院選で苦戦が予想されます。
 「防衛費を1千億円削って、子供手当の原資にまわします」というような選挙民に迎合するようなばらまきをすることは予想されます。
 特に北沢防衛大臣は「中国を脅威と思ったことは一度もない」人です。次期防衛大綱で戦闘機の数が減らされても不思議ではありません。

 毎年1千億円、10年ならば一兆円です。
 その金額を国の借金の支払いに充てた方が、財形の健全化につながり、長期的あるいは広義的には安全保障に寄与するな気がしないでもありません。
 戦闘機を玩具としか思っていない人達にこの金額を使わせても、国防にはさほど役に立たないのではないでしょうか。

 
 ライセンス生産の目がなくなれば、防衛産業の防衛省不審は増大するでしょう。
 
 戦闘機だけではなく、防衛産業から撤退する企業は増えるでしょう。いうまでもありませんが、戦闘機の仕事がとぎれて経営が苦しくなって、人員整理、倒産が相次ぐ可能性もあります。

 防衛省発、民主党発の倒産や失業が発生するわけです。高速道路の無料化でフェリー会社が追いつめられたのと同じです。

 ぼくは戦闘機の生産は続けるべきだとは思いますが、生産を止めるオプションもありだとは思います。
 
 ですが、それの決定を出すまでには関係企業に充分なリードタイムを与えるべきです。そのためにはいずれにしてもFXのライセンス生産は不可欠です。生産を続けるにしても、やめるにしてもFXの生産中に将来の構想を固めるべきです。

 防衛省・空幕にも、民主党にもそのような考えはないようです。

 ここで、千億円ほど空自の予算をばっさりと削らないと防衛省や空幕の目は醒めないと思います。





防衛破綻―「ガラパゴス化」する自衛隊装備 (中公新書ラクレ)
中央公論新社
清谷 信一

ユーザレビュー:
FXを巡る議論につい ...
間違いだらけの兵器選 ...
問題だらけの自衛隊装 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 60
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた
かわいい

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【木を見て森を見ない防衛省】 防衛省と空幕は、FXも防衛産業もいらないらしい。
 防衛省 F35情報開示請求へ 概算要求 調査費、最大10億円  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100808-00000098-san-pol  ...続きを見る
清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所...
2010/08/09 00:17

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(24件)

内 容 ニックネーム/日時
脅威思ったことがないの話が中国人記者とのやりとりであった事で決め付けるのも

一方、北澤大臣会見
Q:今回、「ひゅうが」と潜水艦を視察されたご感想をお願いします。

A:皆さんと一緒に雨の洗礼を受けましたが、海上自衛隊の現状を視察ができ、清々しい1日でした。
やはり現場へ来てみると、士気の高さというのは非常に強く感じましたし、それから潜水艦は特に過酷な環境の中で、よく頑張っていただいているなとしみじみ感じました。
それともう一つは、装備が今日の急速な技術進歩の中で、
これを維持していくのは、やはりなかなか大変なことなのだなということを感じました。

Q:8月の概算要求で、
「ひゅうが」より大型の護衛艦を要求していますけれども、
視察を終えられて、これの必要性についてはどのようにお考えでしょうか。

A:私は、そういう技術的なことはまだ十分承知しておりませんが、
やはり、すぐ隣で、かなうべくもありませんが、
米空母「ジョージ・ワシントン」を見ますと、我が国の四海を海に囲まれた国防というものからすると、
十分理解のできることかなと思った次第です。
SIA
2010/03/12 18:22
前評判では、本当に大丈夫か?と思われていた北澤防衛相が現政権では一番まともな人間で、一番まともに仕事しているというオチだったわけで。

まあ、それはそれとして、今回のF-Xの件について空自や防衛省の方々にもうちょっと突っ込んだ取材をして、より深い分析・考察をしてもらえませんかね清谷さん?
この件に関しては、最初から最善のF-22、最悪の純減の二択しか選択肢を準備してない様な印象があった訳ですが、十把一からげで”空自全部バカ”だからこうなった、ではなく、
空自内でどの様な意見があり、どの様な議論があって、現在の最悪(と言っても良い)の選択にまで至ったのかを明々白々にしないと後世への教訓にはならないし、防衛省や空幕の目は醒めないと思います。

あ、後、陸自のアパッチについても同じ方向性でお願いします。清谷さんが何度か触れてはいますが、もっと詳しく書かないと警句にも教訓にも足り得ないので。
せめて軍事研究の記事一回分位はないと。

あーにゃ
2010/03/12 22:34
ごねるのは、F22じゃないと勝てない(抑止力足り得ない)と思ってるんじゃないでしょうか?
向こうは順調に近代化(警戒管制機導入とか)してるのに、こっちは順調に定数減に老朽化ですから。
全ては安全保障に感心がなく、冷戦が崩壊したからと防衛費削減しまくった選挙民の責任ですよ。
二十年後に沖縄が沖縄自治区に成ってても甘んじて受け入れるべきでしょう。
それは与し易いと思わせた日本人の責任なのですから(-人-)ナムー。
蛙の蛙
2010/03/13 04:02
清谷さんの記事の主旨からは外れますが、もうユーロファイターでいいんじゃないでしょうか。アメリカはF22はどうせ売らないし、F35も入手は10年以上先、それならユーロファイターをライセンス生産した方がいいです(実現可能かどうかはさておき、特アやロシアの脅威を考えると次期戦闘機は空自には必要です)。
千葉次郎
2010/03/14 11:39
世界が5〜8万円で調達している小銃を30万円もかけて調達している自衛隊はただのバカ。
AIM120ミサイルを搭載できないF2支援戦闘機を120億円もかけて調達している自衛隊はただのバカ。そのバカを見てバカと思わない人もただのバカ。
自衛隊に足りないのは予算ではなく、頭と良心だ。
裸の王様自衛隊
2010/03/14 19:30
↑国内技術の維持という観点が抜けているあなたがバカなのでは。
通りすがり
2010/03/14 19:36

国産すると5倍も6倍になると決めつけているあなたがバカなのでは。
通りすがりの通りすがり
2010/03/14 20:34
裸の王様自衛隊サマ

全く違いますとも。

日本国政府にこそ日本の有権者にこそ頭と良心が必要なのです。
そこから始めないと裸の王様自衛隊サマが望む様な事は何一つ実現出来ないという事に気付けない裸の王様自衛隊サマこそが多分、おそらく、きっと筋金入りのバカなのではなかろうかと。





あーにゃ
2010/03/14 20:54
どうも良くわからないのですが、現主力戦闘機F15の後継では無く、F-4EJ改の退役に伴う後継ですよね?
だったら、目の前にで必要なのに何時モノになるかわからないF22やF35に執着するのか解りません。
F15の後継としてF22にこだわるならまだ解るのですが・・・・。
774
2010/03/15 01:09
裸の王様自衛隊さん
スイスのSG550は各家庭に配備されてる程にガッツリ量産されてるのに、日本円で20万円ほどします。
国産を止めるならまだしも、低率生産で30万は法外な価格ではないでしょう。
蛙の蛙
2010/03/15 03:50
トキを守れなかった環境省に代わり自衛隊は敵の侵入経路を徹底的に潰してただのバカではないことを思い知らせてやれ。
トキバカ
2010/03/15 06:55
> スイスのSG550は各家庭に配備されてる程にガッツリ量産されてるのに、日本円で20万円ほどします。

以下のサイトでは狙撃型ですら1000ドル程度と紹介されています。標準型ならそれ以下です。欧米の銃器雑誌でも8万〜10万円程度のようです。
スイス政府が約20万円で調達しているソースはありますか?
http://www.biggerhammer.net/sigamt/550/sniper.html
替えるの替える
2010/03/15 10:58
替えるの替えるさん
それは本体価格?それとも予備部品やら含めたセット価格?記事の書かれた時の為替は?(それは此方もですが)
まあ、その価格でも当然かなとも思いますね。
スイス国籍の国民が600万として、ざっくり六人で一世帯、約100万丁量産されてると計算できます。
一方、89式は10万丁に届くか届かないかですから。


書き込み出来なくなったので、以後のコメは難しいと思います。
蛙の蛙
2010/03/15 19:23
>書き込み出来なくなったので、以後のコメは難しいと思います。


つまりはソースが示せない思いつきだったようですね。そこまでして国産兵器の肩を持つのは
もはや病気ですね。
替えるの替える
2010/03/15 19:57
89式調達の問題点は、戦闘機などと違い量産効果が見込めるライフルにも関わらず、遅い調達速度の為、無意味に高価になっている点では無いでしょうか?

蛙の蛙さんのコメントからは、今の調達がベストで変えるべきでは無いと読んでしまうのですが?
774
2010/03/15 21:46
>以下のサイトでは狙撃型ですら1000ドル程度と紹介されています。
 英語は得意ではありませんが『 The rifle’s high price (around $10,000 with optics)』部分の事を言っているなら、『そのライフルは高価格で光学機器コミで100万円(計算しやすいように適当換算)近くする』と書いてあるように思えますが? 
 明確なソースは失念しましたが法執行機関等向けのSGシリーズは耐久性と命中精度が高く、日本の89式の価格を聞いたシグアームズ社員?がスチール板プレスやロストワックスで作っているのにも拘らず同じ位の価格になるのは信じられないと言う話があったと思います。そうなるとどう考えても20万円は超える物と思います。ただ家庭用(民間用?)だと邦貨にして1桁万円位じゃないととてもばら撒けないと思いますが・・・。
とんぬら
2010/03/16 00:21
>774
今後想定される脅威に対抗できない機体を導入しても、意味がないからです>F-22などに拘る理由
戦時下や危機が目前の状態なら、すべてに妥協して「とりあえず導入出来る機体を導入する」という選択肢もありですが、現状は平時です。
今後想定される脅威に対抗できない機体を導入した場合、その機体は早期に陳腐化し、ただの税金の無駄遣いになります。
通りすがり
2010/03/16 08:43
SiG-Sauer SG-550 Sniper
http://www.pmulcahy.com/sniper_rifles/swiss_sniper_rifles.htm

>$1664
このサイトによると狙撃型でも20万円しないことになりますね。
悲喜こもごも
2010/03/16 10:16
>http://www.pmulcahy.com/sniper_rifles/swiss_sniper_rifles.htm
>このサイトによると狙撃型でも20万円しないことになりますね。

 本当に安いですね、どうも自分の勘違いだったようです。ただ、『Damage/Range』の数値が気になりますがゲーム内での武器説明とかではないですよね?
『Type 89 (Fixed Stock) 5.56mm NATO 3.5 kg $1192』だと価格がかなり安い感じがします。『StG-44 8mm Kurz 5.22 kg $802』プレミアが付いたりしてもっと高い気もします。『AS-50 .50 Browning Machinegun 14.1 kg $5715』、割と最近の銃の様な気もしますが、バレットM82よりかなり安くなっていますね。
とんぬら
2010/03/16 23:54
替えるの替えるさん
質問に答えてない上に病気認定ですか……。
あなたこそ病気では?
為替やセット価格や本体価格かはかなり大きな違いだと思いますがね。
私がソースを出さないのは雑誌の価格を否定してないのと、検証不可能なソースだからですよ。
雑多に集めたコピペをソースと言われても困るでしょう。
規制は事実ですよ。

774さん
日本の場合、必要量の生産が終わってもラインの維持費が通るか?という疑問が……。
良い悪い以前に、"しょうがない"というニュアンスですね。

蛙の蛙
2010/03/17 20:55
アメリカのガン雑誌で出ている売値の、二倍の価格をかけてスイス政府が調達しているということを信用しろ、ソースはだせないと。

自分の「脳内事実」が事実だと。

>検証不可能なソースだからですよ。
失礼ですがもしかしてあなたは落合信彦さんですか?
スイス政府の職員の方ですか?
替えるの替える
2010/03/18 10:10
>SG-550
こちらのサイト(http://www.kitsune.addr.com/Firearms/Auto-Rifles/SIG_SG_550.htm)では$3000(約27万円)となってますね…データは2001年の段階のようですが(^_^;)
みづせ@黒書刊行会
2010/03/23 01:59
「 非常に高品質の高級ライフルでアメリカの銃器市場では90年代末に1000ドル近くの値が付いています。海外市場では正式採用した国は少なく特殊部隊などで限定的に使用されている程度です。」http://www2.wbs.ne.jp/~camo0/soubi-sz.htm
ちなみに
2010/03/26 21:56
清谷さんが書いている記事はとてもわかりやすいです!
なぜなら清谷さんがYESと言っていることは、つまりはNOだからです
Yankee
2010/03/28 05:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
FXは必要なし? 航空自衛隊は予算を1000億円ぐらい削減されてもいいらしい。 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる