清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 次期輸送機 CXは飛べるのか

<<   作成日時 : 2009/07/25 23:47   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 49 / トラックバック 0 / コメント 10

空自次期輸送機、飛べるのはいつ 強度不足解決できずhttp://www.asahi.com/national/update/0725/TKY200907250001.html

 業界筋の話によればCXの今年中の初飛行は絶望的なようです。また防衛省の来年度予算の概算要求にも予算が計上されない模様です。

 開発の段階、あるいは運用開始当初の単なる不具合は良くある話であり、あまり気にする必要ありませんが、以前からCXの問題は設計全体を見直す必要がある由々しき問題であるとの観測が業界筋で流れていました。
 
 朝日のこの記事でも空自幹部の「事実上、設計やり直しの状態。部隊での運用も当初予定より大幅にずれ込むだろう」というコメントを紹介しています。

 ぼくは以前からCX、PXの同時開発には反対でした。第一にただでさえ、日本の設計者や技術者の層が薄いのに大型機を二機同時、その上ボーイングの787の下請けまでやるわけですから、無理がある。

 第二に同時に二機設計をすることで大型機の設計の需要を先喰いしてしまうことです。我が国で大型軍用機の設計が出来る機会など、20〜30年に一度ぐらいでしょう。

 例えばまず、最初にCXをやり、そのあと10年ぐらいおいてPXをやれば将来の若手設計者にも経験を積ませることができたはずです。そうすれば、中期的に大型機の設計の経験を継承できました。
 ところが両方一緒にやってしまったので、この先10〜20年は軍用大型機を設計する機会を得ることは難しいでしょう。

 日本の防衛航空宇宙産業には司令塔が存在せず、グランドデザインもありません。また防衛省、経産省、業界共に当事者意識が欠けているように思えます。

 これで戦闘機のライセンス生産が無くなれば雪崩を打ったように防衛航空産業から撤退する企業がでる可能性もあります。目先の利く経営者ならそうするでしょう。


 CXの遅延が更に続くのならC−130Jあたりをつなぎで4機ぐらい調達する必要がでてくるかもしれません。手持ちのC−130も空中給油装置を装備する改造も必要ですから改造の間埋めるためにも何か代用が必要でしょう。
 どうせやるならコクピットやエンジン回りも替えて近代化した方がいいでしょう。何ならどこからか余剰機リースという手もあるでしょう。

 それからより小型ですが、C−27Jスパルタンも面白い機体です。離陸距離が500メートルちょっとですし、機動性もあります。パリの航空ショーのデモフライの離陸は印象的でした。サイズ、値段共に特殊部隊用の機体としても有用でしょう。

 また、CXが完全にダメという可能性もあります。最悪の場合の備えて、プランBも考えておくべきでしょう。サイズが同じくらいいならエアバスミリタリーのA400Mぐらいしかありませんが、こちらもエンジンの開発で大きくスケジュールが送れております。C−17は海外任務には便利ですが、我が国で使うにはいささか大きすぎると思います。また調達及び維持費の面でも大変でしょう。

 こういうことを書くと「愛国者」の方々から嫌われるのですが、最悪の場合に備えておく必要があると思います。


画像

           パリ航空ショーのC−130J





画像

           同じくC−27Jスパルタン

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 49
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
CXが設計ミスとなると
痛いですね。
F-22も上院で予算が認められませんでしたので
これで次期FXから確実に漏れたでしょう。
これでも、空自の方は、F-22が欲しいのでしょうか? F-15SE、ユーロファイターしか有りませんので早くユーロファイター:トランシェ3を
契約すべきだと思いますが、みなさんは如何思いますか?
紫電改
2009/07/26 07:35
あのボーイングでさえB787では、設計上の問題などから、再三の初飛行延期ですからねぇ。こちらも年内の初飛行は無理という話が出ているようですが。

確かにキヨタニさまがおっしゃるように中型機2機種の同時開発は負担が重かったかもしれません。

ただCXの要求仕様を満たす輸送機は存在しませんから(というか新規開発するための要求仕様だったのかもしれませんが)、何とか問題を克服して初飛行にこぎ着けてもらいたいものです。

さて、大幅な重量増加で苦戦中と言われるエアバスミリタリーのA400Mとどちらが先に初飛行しますかね。
成田の近くの住人
2009/07/26 08:21
トラブルの出ているC-X開発を先にしたら、後のP-Xは流れていたと思います。
両方同時に開発を行ったから、片方のトラブル発生が許容されていると思います。
逆に運が良かったと思います。

それに、P-8やA400Mの完成後だと、外圧で開発が難しかったのではないでしょうか?
K
2009/07/26 11:23
後だしジャンケンなご意見ですね。
あの2機種は同時開発だったからこそ計画にGOサインが出たのではないですか?
別々に時間をずらして開発などしていたらP-X計画は潰されてP-8導入になっていた可能性が高いと思います。
C-Xの遅延は痛いし今後の開発機会の問題は確かにありますが、『共通性を持たせた同時開発』で無ければ30年後どころか現在の開発すら計画段階で潰されていたかもしれない。

紫電改さん

自分も以前はEFしか選択肢が無いだろうと思ってましたが、値段を調べて考えを改めました。
高いです、あれ。
現実的な落としどころはF-2増産じゃないかな。
天雪
2009/07/26 16:52
スレ違いですが。

インドが初の国産原潜 
インド海軍は26日、同国が開発した初の国産原子力潜水艦の進水式を南部アンドラプラデシュ州ビシャカパトナムの海軍基地で行った。隣国パキスタンへの警戒や、新型戦略原潜の配備を進める中国への対抗のため海軍戦力の増強を目指す。
http://sankei.jp.msn.com/world/asia/090726/asi0907261644001-n1.htm

我が国も、核弾頭は搭載しなくても搭載可能な原潜が欲しい所です。平和の維持には金がかかりますから。
シロ
2009/07/26 22:39
最悪の場合は、つなぎでC130J位しか選択肢無いと思います。C−27J小さいしC-17は大きすぎる。A400Mに至ってはC−Xと五十歩百歩いい勝負の遅れっぷりではないかと思います。
ぽち
2009/07/27 09:25
原子力発電に関する評価も変わってきましたから、核動力潜水艦も世論が許容するかもしれません。個人的には世界中から原潜をなくした方がいいとは思いますが。
ロシアですらやたら事故を起こしたりしており、ましてインドは・・・
キヨタニ
2009/07/27 18:36
CXを飛べるようにするだけで、5・6年いや7・8年かかるかもしれませんね。その間に若い技術者をCXにつぎ込んで、設計のノウハウを仕込むなんて、深謀遠慮しているかも。(穿った見方ですが)
ワタリガラス
2009/07/28 09:38
P-Xを先に完成させて
C-Xを完成させた方がいいですね^^
ぽぽ
2009/08/08 04:14
>>ワタリガラス氏
結構あっさり飛んじゃいましたね。
本当に大変なのはこれからですが。
787
2010/04/13 04:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
次期輸送機 CXは飛べるのか 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる