清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS アニメ美術館は「国立の漫画喫茶」か

<<   作成日時 : 2009/05/10 18:13   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 34 / トラックバック 1 / コメント 11

アニメ美術館は「国立の漫画喫茶」 民主・鳩山氏が批判
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/090509/stt0905092001001-n1.htm

「アニメが好きなのは麻生太郎首相だ。首相が好きだから、官僚が作ってやろうと(いうことになった)。簡単に言えば国立の漫画喫茶だ。大変な浪費で、ばかばかしい」

 まあ、官僚にそういう了見が無いとは言えないでしょうが、この種のアーカイブの必要性をまったく無視するのは如何なものでしょうか。

 鳩山氏にはアニメやマンガに対する偏見があるのではないでしょうか。
 バレエやオペラ、有名な絵画、伝統芸術など評価が定まったものは「立派な文化」であるが、アニメやマンガがゲスで文化ではないと。
 金持ちのボンボンの割りには文化に対して鷹揚ではないですね。むしろ成金に近いセンスではないでしょうか。
 歌舞伎にしてもオペラにしても始めから「エライ文化」だったわけじゃありません。歌舞伎に女形がでてきのだって、女優がでると風紀が乱れるからと、当局に規制されたからでしょうが。つまりは大衆向けのいかがわしい出し物だったわけです。
 ゴッホだって生前は殆ど絵が売れていません。浮世絵だって江戸時代のアイドルグラビアみたいなものです。

 「文化」かクズかは後世の人が決めれば宜しい。

 評価の定まったもの(特にお偉い白人旦那方のお眼鏡にかなったもの)しか認めず、金も出さないのはまさに官僚と成金のメンタリティです。
 昔から本当の金持ちはまだ世に出ていないけども、才能ある画家や音楽家のパトロンになってきたものですが、鳩山氏は金持ちとしての矜恃に欠けるのではないでしょうか…
 一度倉敷の大原美術館をつくった故大原孫三郎氏の思い起こして欲しいものです。
 http://www.ohara.or.jp/200707/jp/2_history/data/001.html

 ぼくは一度民主党政権もあり、だとは思うのですが、こういう文化に対して見識の浅い人が政権の中枢に収まるのはなんだかな、と思ってしまいます。

 アニメやマンガに関してまともな国立のアーカイブが存在しません。民間では漫画図書館などがありますが、個人の資金では膨大な資料を収集、整理し、補修するといったようなことには限界があります。
 週刊の漫画本だけどれだけ書庫が必要となるでしょうか。また、ゲーム、玩具、同人誌の類などまでカバーするとこれまた大変なことなります。また3流エロ劇画やホモ漫画など「ゲスな漫画」の類まで収集する必要があります。

 アニメのオリジナルのフィルムなど経年変化で傷んだりしますから、これらを修復したり、デジタル化するようなことも必要でしょう。ゲームは基盤がいかれますから、これをどう修復するかなど問題です。これらを維持し管理するのは莫大なコストがかかり、民間では不可能です。

 例えば内記稔夫氏が運営している「現代マンガ図書館」は貴重な資料が集まっている民間の図書館ですが、人生をマンガに献げた内記氏情熱と献身なしには成立していません。氏が経済的な成功を求めていたらこんな儲からないことはしなかったでしょう。こういう民間の施設をサポートするのも公的機関の仕事だと思いますが。
http://www.naiki-collection.jp/


 マンガやアニメは世界的で伝播して、各国に影響与えているわけですから、このような文化のアーカイブをつくることは世界対しての我が国の責務でもあります。
 これこそ国がやるべき事業です。売れ筋の本だけ大量に入れて書店の営業妨害しているような地方の図書館なんぞ全部潰していいから、こういう施設をつくるべきです。

 このようなアーカイブはすぐに目に見えた利益は生みませんが、長い目で見れば利益になります。例えば英国では電話帳の様に厚い博物館のリストがあります。
 軍事博物館、航空関係の博物館だけでも相当な数があります。毎年世界中から多くの観光客がこれらの博物館を目当てにやってきます。彼らが英国に落とす金は決して少なくはありません。
 また世界中から研究者の類も集まってきますし、このような博物館が出版や放送などのコンテンツの情報源としても有益です。これらが英国の文化産業の地盤になっているといって言い過ぎではないでしょう。

 このままでいけば、日本のマンガやアニメも国内の市場は縮み、また作り手も減ってきますから10年ぐらい前の活気は戻ってこないでしょう。これからは過去の遺産で喰う準備をすべきです。
 またこのような施設が、次代のクリエーターを生む孵化器になる可能性もあります。そのうち何十年か先には、第二のオタク文化の黄金期がくるかもしれません。

 問題は官僚達にそのようなグランドデザインが描けるでしょうか。
 とりあえずブリュッセルやアングレームのBD(フランス語圏のマンガ)博物館や、ロンドンMOMI(Museum of the Moving Image)あたりを入念にリサーチする必要があるのではないでしょうか。

 コンセプトをつくるに当たっては官僚や御用学者を排して、その道のエキスパートに任せるべきです。

 ただお台場につくるのは問題です。どうせ安易に人出をあてにしてのことでしょうが、地震の際には地盤が液化しそうだし、津波も心配です。もっと地盤のしっかりした場所につくるべきです。

 国がダメなら東京都がやるべきです。
 石原さん、猪瀬さん、いかがでしょうか。



ル・オタク―フランスおたく物語 (講談社文庫)
講談社
清谷 信一

ユーザレビュー:
海外での日本のマンガ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 34
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い
かわいい

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
政局ありきの、浅ましい国立メディア芸術総合センター批判
 政府が提案している「国立メディア芸術総合センター(仮称)」について、民主党がかみついています。鳩山代表は「漫画喫茶」とすら酷評しております。    このような民主党を態度を見るにつけ、この人達に政権担当は無理だなあ、と思います。 ...続きを見る
清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所...
2009/05/28 20:29

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
立ち読みの本の内容で、記憶が定かでないので申し訳ないんですが、映像作品の保存は著作権の関係で難しい部分があるそうですよ。

特に難しいのが、原作者の了解を取らずに制作されたフィルムだそうです。そういうフィルムは、国立近代美術館フィルムセンターでも保存できず、例えテレビ局(制作プロダクションや現像所)に偶然残っていたものを無償で寄付しようとしてもフィルムセンター側で丁重にお断りするとか。

せめて保存くらいは、強力すぎる著作権の例外にしてもらいたいものですがねえ・・・
とーりすがり
2009/05/10 19:42
文化は、歴史や伝統がないと評価されにくいものですね。
長田ドーム
2009/05/10 22:09
箱は「私の仕事館」を融通し、アニメーターの雇用条件向上や後進の育成を「目的」とすれば、旧労働省予算の流用も良しとされるのではなかろうか?
pongchang
2009/05/11 05:12
面白いアイデイアですね。
ほかにも役に立っていない(あるとむしろ邪魔な)ハコモノは多いですね。
キヨタニ
2009/05/11 08:13
庶民が生み出した「文化」は、むしろ低俗なものが原型でそこから発展していたったものです。
第三帝国時代のドイツの文化が相対的につまらなくなった最大の理由は、潔癖症のナチスの統制によって「低俗」とされたものを排除したからです。
「お上」の理解と庇護があってこそ、文化の発展があったことも事実。
理想は、「お上は、文化に口出しはするな。しかし、援助しろ」ということでしょうが、そう単純に行かないのが世の中です。
シロ
2009/05/11 11:07
とりあえず国会図書館がありますよ。
国会図書館法における納本制度は、マンガ雑誌のみならず、同人誌、ゲームソフトも対象となっています(もちろん「ゲス」なものも)。
残念ながら映像関係は対象外ですが・・・。
国会図書館は閉架式で使いにくいとの批判もありますが、収集・保管を考えるといたしかたないかと思います。ちなみに、古くなったものはマイクロフィルム化され、更に利用しにくくなっています。
禿鷲
2009/05/11 13:21
同感です。ところで清谷さんは児ポ法の改悪はいかがお考えですか?あれが通るとコミケは壊滅的打撃を受けます。
おでっさ☆うぷだて
2009/05/12 17:15
>鳩山氏にはアニメやマンガに対する偏見があるのではないでしょうか。
鳩山兄はかつて桂正和の漫画「アイズ」の読者とか言ってたので、漫画を全否定してるわけでもないと思う。

>とりあえず国会図書館がありますよ。
一応、喫茶店もあったっけ。
へろ
2009/05/12 21:01
国会図書館の話が出ましたが、その国会図書館の負担を減らすために、こういうアーカイブをもうひとつ設けるのはアリだと思います。(東洋文庫や国際こども図書館のように。)資料自体にはアクセスしにくいのは仕方がないとしても、データベースは一般に公開して、ネット上から検索出来るようにするのが良いのではないでしょうか。
いずれにしても、土建屋だけが喜ぶ箱モノではなく、資料保存の施設としてきちんと機能するものを建てるべきです。とはいっても、きちんとした保存施設を建てるためには、当然それなりの予算と技術が必要になると思いますが。

2009/05/13 00:00
まともな学芸員の育成も必要ですね。
また一般からの蔵書の寄付とそれに伴う、減税などの措置などもあるといいのですが。

>児童ポルノ
実質的に児童ポルノでないもの、野田聖子やアグネス・チャンが黒といえば全部規制しよう
シロモノですからね。

まえもありましたね。成人コミックが、お目々キラキラだから少女漫画と間違えて叩いていた
おばさん達がヒスを起こしていました。

キヨタニ
2009/05/13 02:52
アニメがメインの近代史博物館だと自分は考えているので、とても貴重なものになると思います。
ゲームについては可動式筐体の保存が難しいようです。
現在、好事家のユーザー達が保存をおこなっておりますが、かれらの資産が尽きるか情熱を失うとお仕舞いです。

アニメーターの雇用については、JAniCA の応援や支援をするのがベストだと思います。
オオタ
2009/05/20 23:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
アニメ美術館は「国立の漫画喫茶」か 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる