清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS ソマリア沖海賊で海自艦同乗の海保活用の怪

<<   作成日時 : 2009/01/04 11:55   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 16 / トラックバック 2 / コメント 6

ソマリア沖海賊、刑法で摘発へ 海自艦同乗の海保活用
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090103/plc0901030108000-n1.htm

 政府は、海賊対策の一般法検討の中で、海賊行為全般を取り締まる海賊罪の創設を視野に置いている。だが、法改正には時間がかかり、早期の対応が必要なため、今回は現行刑法で対応することにした。
一般自衛官は犯人の逮捕・送検などにあたる「司法警察権」を持たず、「海賊を捕らえても長く拘束できない」(政府関係者)のが実情だ。


 何とも胡乱な話です。ちゃんと法律を作ると時間がかかるから、というのが理由なのでしょうが、ならば自衛隊の警務隊だって司法警察員なんですが、何で彼らを利用しないのでしょうか。

 この件に関しては海保がおれが、おれがと色気を出しているという話もありますが、そのせいでしょうか。かつてプルトニウム輸送に関して海自に任せればいいものを、海保が担当しました。
 わざわざ大型の巡視船まで建造してまで海保がやるべき任務だったのでしょうか。まったく、官僚の縄張り争いには閉口します。何せ抗争のために軍資金は税金=他人のカネですから、そら面白いでしょうなあ。自分の腹が痛むわけじゃない。

 あのとき海自に任せて、そのために法改正をしていれば今回のような間抜けな状況には陥らなかったと思います。

 前にも書きましたが、海賊退治には海自のP3Cを出せば宜しい。
 他の国にはあれだけの哨戒機を長期間貼り付けることはそうそうできません。その間に、観戦武官を派遣して対海賊の実情を把握し、それを反映させたキチンとした法律を作ってから海自の艦隊を派遣すべきです。


海賊退治はまず「観戦武官」から始めよ
http://tb.bblog.biglobe.ne.jp/ap/tb/107635eca8


【ブログ主の新刊コマーシャル】
さて、今月15日、拙著「ル・オタク≪フランスおたく物語≫」が、講談社文庫から発売となります。これは10年ほど前にKKベストセラーズから出した本に新たに最近のフランスのオタク動向を書き加えております。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 16
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
海賊問題で海保を叩きたい人たち
今週あたりから、通常更新に戻りたいと思っています。 通常がどのくらいを指すのかは不明ですが・・・・ ...続きを見る
蒼き清浄なる海のために
2009/01/08 06:53
「海賊というのは漫画で見たことはあるが、イメージがわかない」、お前は冠二郎か!
 少し前ですが演歌歌手、冠二郎が「バイキング」という歌を歌っていました。    「どくろの旗をなびかせて 世界の海を駆けめぐる」  「命を賭けたこの帆船は 太平洋の海賊船(あばれぶね)」  http://music.goo.ne.jp/lyric/LYRUTND10245/index.html ...続きを見る
清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所...
2009/01/30 12:27

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
いいですね。よそがやるからというのはいけません。
さくら博士
2009/01/04 13:18
きちんとした考えがないまま、成り行き任せだからなあ。それから国民の支持のないままだし、国民自体も考えてないからなぁ。
どう考えればいいのかなぁ!
確かに !
2009/01/04 15:43
>自衛隊の警務隊だって司法警察員なんですが、何で彼らを利用しないのでしょうか

今の警務隊にそんな能力全くないでしょう。そのようなOPの為の訓練を受けているとも聞いた事がありませんし。

>観戦武官を派遣して対海賊の実情を把握し、それを反映させたキチンとした法律を作ってから海自の艦隊を派遣すべきです。

内閣官房に設置された総合海洋政策本部で去年の2月から進められている立法作業を待ってから派遣しても、それはあまりにも遅すぎますよ。
今、この瞬間にも日本船舶は海賊の襲撃というリスクを抱えながら運行している事を忘れないでください。
P3Cだけでなく、ちゃんと海保要員を搭乗させた海自艦艇を現場海域に今すぐに派遣すべきです。このねじれ国会での新法制定を待っていたら何時になるか判ったもんじゃない。
石友
2009/01/04 17:48
EUから自衛隊に共同運用の話がある様ですね、米軍も連合司令部を立ち上げたいようです。(綱引きですね。)
各国は軍が主体の様ですから、海保に出る幕は無い様に見えるのですが。
K
2009/01/04 18:52
そもそも、海保自身も船体に「ジャパン・コースト・ガード」と書いている訳ですから、「沿岸警備隊」ですよね。ソマリア沖が沿岸には、入らないでしょう。
以前、キヨタニさまが書いていたように、海自の元地方隊を合わせて、領海警備に特化した方がよいと思うのですがね。
フェリ
2009/01/05 16:37
警務隊≠憲兵なので(警務隊は自衛隊員の非違についてのみ取り扱う)、今回のよーに海保要員を充てるのはそーまつがいでもないです(自衛隊法78条以下の要件に該当する)
ただやはり万里波涛を超えて海保を派遣するとゆーのはさすがにミリがあるもんで、国家主権外で法を執行できる憲兵(orそれに類する法務要員)を創設すべきかと。
truly_false
2009/01/05 20:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
ソマリア沖海賊で海自艦同乗の海保活用の怪 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる