清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 散弾銃乱射事件と銃規制

<<   作成日時 : 2007/12/16 00:48   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 2 / コメント 7

銃所有後に奇行次々 住民「怖い」と相談も
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2007121590152143.html

 このような事件が起こると決まって銃規制を強化しろという声が上がります。ですが既に世界でもっとも厳しい銃規制をしているわけで、あとは個人の内面や性格などの問題になるので人権と関わってきます。
 内面をどうやって推し量るのかは極めて難しいと思います。
 これ以上の規制になるとまったく民間人は銃を持てなくするしかありません。
 確かに職業的なハンター以外に銃は必要ないですし、拳銃は今でも民間人は持てません。
 ですからそのようなことは不可能ではないでしょう。

 それもやれば結構ですが、銃以外のアブナいオモチャはどうなるのでしょうか。

 例えば自動車。本当に生活に必要でないのに自動車に乗っている人間は多いと思います。で、交通事故で毎年8千人程死んでいるわけです。
 銃で死んでいる人間の数とは比べものにならない、イラク戦争発生後のイラクで戦死した米兵の二倍以上の日本人が毎年自動車で殺されているわけです。またクルマは「走る凶器」であるほかに、誘拐などの犯罪に使われたり、暴走族の玩具にもなっているわけです。
 
 仕事で乗っている人間でも飲酒運転なんぞをしている輩もいるわけです。銃器の免許の取得条件をより厳しくするならば、運転免許を取る際に、同じぐらい厳しくするのでしょうか。
 更にいえば、大排気量のバイクなんぞ白バイ以外は必要ないでしょう。これも公用以外禁止にするのでしょうか。

 それにタバコ。タバコでガンやその他の病によって死ぬ(副流煙含む)、あるいは病気が悪化する人は勿論、寝たばこなどは火事の大きな要因となっています。タバコを吸わなくとも死にはしません。むしろ健康にいいでしょう。タバコの販売を全面禁止にしますか?
 また、飲酒運転の多さ、あるいは酒に酔った上での事故、喧嘩による死亡、怪我などもこれまた多いわけです。
 酒が無くて死ぬ人間はこれまたいないでしょう。

 ぼくは自動の免許は持っていますが、恐いのとめんどくさいのと、運転が嫌いだし、金がかかる自動車は持っていません。バイクも同様です。タバコも吸いません。酒も飲めなくはありませんが飲まなくとも平気です。
 ですから自動車、バイク、酒、タバコを全部禁止にしても痛くもかゆくもありません。ですが、これらを一律全部禁止するというのは実際的ではないと思います。

 鉄砲撃つのは好きですが、職業柄外国でサブマシンガンやら重機関銃まで撃てるので敢えて不便な国内で撃とうは思いません。何が悲しゅうて7連発のポンプアクションのショットガンを2連発に改造してなけりゃならない国で鉄砲を所持せないかんのでしょうか。

 そもそも銃器犯罪は免許を持った人間の犯罪よりもヤクザの発砲事件の方が余程多いわけです。取り締まるならばヤクザの方が優先でしょう。

 同様に、スノーボード、スケートボード、ジェットスキー、パラグライダー、軽飛行機などでも他人を巻き込んで事故を起こし、死人が出ます。更にボクシングや空手など格闘技も喧嘩で使われることもしばしばです。
 銃器を全面規制しろという人達は、これらレジャーやスポーツの類も禁止にしろというのでしょうか。

 銃規制を声高々に叫ぶ人達は、恐らく自分たちは銃とは無関係だからと安易に規制を求めているのではないでしょうか。
 ご自分の身の回りや自分自身が関わるものがいきなり禁止されたらどうなるのかということを、一度想像しては如何でしょうか。

 今回のような痛ましい事件は起きないような工夫や努力は必要ですが、人民裁判よろしく鉄砲を悪者にすれば済む話ではありません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
( たばこ )についての最新のブログのリンク集
たばこに関する最新ブログ、ユーチューブなどネットからの口コミ情報をまとめてみると… ...続きを見る
クチコミコミュニケーション
2007/12/16 01:13
民主党の銃規制強化案に反対する
今度は「合法銃叩き」をして人気取りか。 民主党は不安を煽り世情に阿ることしかできないのだろうか。 ...続きを見る
玄倉川の岸辺
2008/01/04 20:13

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
>7連発のポンプアクションのショットガンを2連発に改造してなけりゃならない国で鉄砲を所持せないかんのでしょうか。

海外に頻繁に行くわけでもない散弾銃持ちのおれがきましたよ。
ちなみに薬室は弾倉に含まれない為、3連発です。
「じゃあ上下2連をくっつけて上下左右散弾銃ってのも合法ですか」って講習のときに引退した弁護士にきいたら法律上は合法ですと。薬室の数の規定はないため。
まあ、重くて使い物になりませんけどね。
Tammy
2007/12/16 13:45
某巨大掲示板であまりにも銃規制派が多いので反論をしてみた所、返ってきた答えは「キチガイに撃たれてお前が死ね!」でした。
稀なキチガイより、他人の自由を制限してもなんとも思わない底の浅い善人の方がよっぽど社会をおかしくするし、それがあまりにも多い事に自覚が無いのが日本人なんだと再確認する事になりました。
サンダー
2007/12/16 19:52
南アには2連チューブ式、しかもブルパップのポンプアクションのコンバントショットガンがあります。これなら欲しいですが。
キヨタニ
2007/12/16 22:18
不謹慎かもしれませんが池田小学校の事件のときは出刃包丁で8人の児童が亡くなっていますが出刃包丁を規制すべしという話は出てきませんよね(以前雑誌で読んだ記事だとアメリカでは銃よりもむしろナイフのほうが危険と認識されているとありましたが今回の事件の死傷者数と池田小の事件を照らし合わせると頷ける話です。自動火器なら別ですが)。

それよりも不思議なのは公共の場に銃で武装した警備員を配置すべしとか、自衛するための議論が聞かれないことです。

いくら規制しても(銃の所持を一切禁止としても)吉外と違法な銃がなくならない以上、同じ事件は再発します。

自衛の気概のない町人国家はどうしようもありませんね。

あーちゃん
2007/12/16 23:04
>それよりも不思議なのは公共の場に銃で武装した警備員を配置すべし
 外国に行くと、空港は勿論として市街地でも自動小銃を剥き身でぶら下げた警備員が立っていて、気持ちが引き締まりますね。

 でも、抑止力にはなりそうですが、破滅的な思考と行動をとる“凶悪な”人間には、それほど効きそうにない気もしますね。
TANG GO
2007/12/17 10:30
許可制といいながら、実際には書類さえ整っていればいい事実上の届出制になっていたのも問題ですよね。

 許可を出す際に必要であるはずの、付近住民の聞き取り調査が行われていなかったと、ワイドショーでやってました。で、みなさん口をそろえて「あんな奴に銃をもたすな!」と述べている訳ですな。
 
 現在の規制を当たり前に執行していれば、防げたわけですから、規制強化よりも警察のマンパワーを増やして、規制どおりの調査ができるようにするほうがバランスがよさそうですね
ドクトル
2007/12/19 04:38
まず、在日と日教組の基地外を規制すべきですよね。
ななし
2007/12/22 21:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
散弾銃乱射事件と銃規制 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる