清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS ディフェンスショーの舞台裏とこの国のかたち

<<   作成日時 : 2007/02/24 23:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

 さて、最近のブログにも書きましたがIDEXのショーのオーガナイズは随分とお粗末です。

 それはプレスセンターも同じで、初日に用意されているべきマップが、3日目になって届いたり、その日にならないと走行デモの参加車輛の変更などの詳細わからないとか。

 しかも、あろうことかプレスセンターのボスは火力デモンストレーションのプレス用のバスの手配を忘れていて、面倒くさいから止めてしまおうとか、言っておりました。

 何とかプレスセンターが機能していたのは3人ばかりの女の子のスタッフ達が献身的に働いてくれていたからです。先の火力デモの件でも、彼女たちがぼくらの意を受けてボスに掛け合い、プレス用のバスを出してくれました。上司にではなく仕事にロイヤリティをもって働いてくれました。

 彼女たちは外国から職を探してこの国に来た人たちです。

 この国は、人口500万人、その他外国人2000万人からなっております。国民は医療費はタダ、家までタダで支給されたりします。つまり必至に働く必要がない。大学の学位も金で買えます。ですから勉強も仕事も身が入らない。こどもは甘やかされ放題で、しつけもされていない。

 結局この国を支えているのが二級市民たる外国人です。彼らの存在なくしてこの国はなりたたないというのが現状です。もっともプレスセンターのボスみたいにこの国の上の人たちに取り入ることだけで懸命で、仕事をしないで威張っている輩もおります。


 写真はプレスルームのその献身的に働いてくれたスタッフの一人、ディマ嬢です。典型的なアラブ系美人の彼女はイラク系カナダ人で数ヶ月前にこの国に来たそうです。奇遇にも出身地はここに取材にきている香港系カナダ人の友人と同郷でした。

 日本が好きで、宮崎駿監督の大ファンだそうです。

画像



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
>国民は医療費はタダ、家までタダで支給されたりします。

 地下資源らしいものが何もないことが、実は我が国が経済大国になれた理由なのですな。石灰以外、石油も金属も何もろくに採れないから、働かな食えないから、商工業を興すしかなかった。そして、産業に必要な資源を輸入するにしても、全世界の市場から最上のものを選ぶことができた(なまじ中途半端に自前の資源があると、それを無理に供給源にしようとするから、経済運営が非効率になる。満州の石炭と鉄鉱に拘って、非効率を極めていた戦前の満州国の製鉄業が良い例)。石炭産業なんかは、切り捨てなければなりませんでしたが。
 無資源国であることが、実は戦後日本の最大の強みだとは、何とも皮肉。
土門見人
2007/02/25 18:26
工業化に熱心なトルコやヨルダンといった国々は石油が湧いて出ませんから。人間後がないと必死で頑張るものです。
ある意味石油が湧いてでるというのは不幸かも知れません。
キヨタニ
2007/02/25 23:36
>ある意味石油が湧いてでるというのは不幸かも知れません。
オランダ病ってやつですかね。
へろ
2007/02/27 02:34
UAEは建国35年ですが、70年周年を迎えられるのでしょうか、興味があります。
キヨタニ
2007/02/28 20:18
石油だって無尽蔵ではなく、いつかは底をつくのは猿でもわかると思うのですが、その時に備えて何らかの策をとっておかないと。
はっきり言って外国人に労働を任せているような国は、長続きしませんよ。

シロ
2007/03/04 23:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
ディフェンスショーの舞台裏とこの国のかたち 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる