清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS アブダビ タクシーとの戦い その3

<<   作成日時 : 2007/02/23 16:46   >>

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 3

画像
 
 
 IDEXの最終日、例によってホテルから会場までタクシーに乗りました。
 この運転手はふつう10Dhのところを15Dhと、良心的にボッてきました。大抵、20Dhから50Dhぐらいは要求してきますから。それでもインチキはインチキですので、会場に着いてから運転手に説教を垂れました。

 おまえのやっていることは違法行為である。こういう犯罪行為をやってだなあ、おまえ天国にいけると思うか?ぼくがそこの警官を呼んだらどうする、おまえどうする?最悪ムショ暮らしだろう。そこにある写真はおまえの子供だろう。お父さんがインチキ野郎と知ったら喜ぶか、よく考えてみろ、等々。 

 途中、うんざりした顔をたびたび見せるのでその都度、警官を呼ぶそぶりをして脅しました。色々言うと、ではインチキした分の金を返すと言い出しましたが、ふざけるな、俺は金の問題を言っているのでない!モラルの問題を言っているのだ、おまえ本当にわかっているのか、などとついつい10分ぐらい説教をしておりました。
 それでもあまりこたえたようではありませんでした。こちらは散々説教を垂れてすっきりしたので、5Dh余計に払った分の価値はありました。



 で、帰りにU氏、T氏と一緒に帰ろうとタクシーを拾ったのですが、これまたメーターを使わないという。朝の運転手も説教しても分からんようでしたから、今度は本当に近くにいた警官を呼びました。
 さすがに運転手の顔色が変わりましたが、後の祭り。
 運転免許の提示を求められ、あれこれ言われておりました。言い訳しても警官は聞く耳をもちません。この国の官憲は怖いです。アラビア語での会話なので詳しいことは分かりませんが、彼にとってあまり愉快でない内容であることはわかりました。結局この日本人たちをメーターをつかって真面目にホテルまで送り届けろ、とか言われてたようでした。
 で、そのタクシーに乗り込んでぼくのホテルまで向かったのですが。運転手はブスッと黙り込んだまま。ぼくらが話をしていると、ラジオのボリュームを大きくして嫌がらせをしていました。ぼくのホテルの手前で、車を止めて、後の二人のホテルに向かうように言うと「おれは忙しい、おまえらにはつきあえない」と拒否されました。随分とお怒りのようでした。
 まあこれもアッラーの思し召し、日本人からこういう怖い目に遭うとは予想だにしていなかったでしょう。

 写真はこの運転手が警察官に尋問されておるところを撮影したものです。

 警官の写真を写すと揉めるので、こういうアングルになっております。ご了承ください。


ネット接続復旧とアラブの雲助タクシー (2007/02/20 )
http://kiyotani.at.webry.info/200702/article_12.html

アブダビ雲助タクシーとの戦い。その2 (2007/02/22 )
http://kiyotani.at.webry.info/200702/article_14.html




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
かわいい

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
写真日記その4
さて、4年前のアブダビの写真日記では雲助タクシーの駆け引きをご紹介しました。 ...続きを見る
清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所...
2011/02/26 22:08

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
そのキヨタニさんの姿勢、日本の外務省の血税泥棒連中に見せたりたいですわ。
ほんまに。
落武者
2007/02/23 21:41
日本でこういう話をするとやりすぎたとか、かわいそうだとか、惻隠の情がないとか、武士の情けがないとか言われることが多々あります。あたしゃ士族出身じゃないなら元から武士の情けなんかないんですが・・・
キヨタニ
2007/02/25 23:32
お疲れ様です。
ありがとうございました。
どうか、これからもよろしくお願いいたします。
          途上国在住者 拝
unimaro
2007/07/29 17:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
アブダビ タクシーとの戦い その3 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる