清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS インドの将来はバラ色の発展か?

<<   作成日時 : 2007/01/28 23:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

 本日NHKで、インドの教育が如何に素晴らしく、いかに産業に寄与しているか、という番組をやっておりました。事実、優れた教育をやっていると思います。

 この番組だけで判断すれば、インドの産業発展は盤石、という風に思う人は多いでしょう。最近我が国ではインドの株式などを組み込んだ投信も人気だそうです。

 が、そうした見方は非常に危険だと思います。かつて中国の発展は凄まじく、これから先は中国の発展は間違いない、中国の未来はバラ色、こう報じていたメディアや経済専門家が如何に多かったか思い起こすべきでしょう。

 まず、インドで発展しているのは主としてIT関連など、パソコンさえあれば事足りるようなものが多いわけです。

 製造業なんぞは全般的に中国以下です。

 まず、インフラが貧弱、鉄道は低速で線路も不備が多く、貨物が途中で無くなるし、事故も多い。道路も同様です。

 またカーストの問題もあります。

 これは地元の兵器を見れば、工業のレベルが分かります。仕上げが粗い、納期は守られられない。幾度の意志決定がひっくり返され、プロジェクトは進まない。
 アージュン戦車など国産化率はドンドン下がり、恐らくは国産率は2割以下でしょう。それでもちゃんと動かない。だからロシアからT−90を輸入しているわけです。

 ライセンス生産をしてもクオリティが中々上がらない。

 また製品のカタログにしても出来が悪い。広告にすら退色した反射原稿の写真をそのまま使っておるし、版がぶれていたりするのが普通です。デザインが鈍くさいのは当たり前です。
 昨今はITの進化で、簡単に一定以上のクオリティが出せるにもかかわらずです。軽工業である印刷すら満足にできないレベルです。

 一般にインドでは物作り、工業が発展しにくいと思います。現地に進出しているスズキやコマツは尋常ならざる努力をしているのでしょう。

 ひとつの問題は、インド人の気質にあります。議論が好き、過剰なぐらい理屈を捏ねて相手を論破しようとします。しかもしつこい。モノ作りの現場で、神学論争を延々やっていれば製品はできません。

 また商売がえげつない。殆ど詐欺同然の商売を平気でやったりします(スズキもかつて現地法人が大変な目に遭いました)。かつての大英帝国の植民地が独立したときにインド人が迫害されることが多かったのですが、そういうあくどい商売をしていたのも一因でしょう(これは経験するとよく分かります。)
 我が社は基本的ににインド商人とは商売しません。 ただし日本で商売しているインド人はそういう傾向があまりないようです。
 

 別にぼくはインド人が劣っていると言うつもりは毛頭ありません。欠点は裏返せば長所でありますから、インド人の気質を活かせる産業も多々あるでしょう。が、すべての産業がぐんぐん伸びてインド経済が一本調子で成長するわけではないでしょう。

 製造業にしてもここ5、6年は急速に製品の質が高まってきています。自動車のタタは昨年ぐらいから南アフリカで自社製品の販売を開始しています。外国で商売すると今後、更に品質は高まるでしょう。
 韓国の産業がいい例です。それができなければ、市場から敗退するだけです。

 また日本の重要な投資先であります。中国よりは遙かにカントリーリスクは少ないし、民主主義が根付いている。また役人の汚職もすくない。
 
 恐らくはインドの発展はまだら状にになっていくでしょう。日本の均質的な経済の発展の仕方をすると思っていたら大間違いです。

 インドに関してはある種別な惑星ぐらいに考えていた方が判断を誤りません(アラブも同じです)。

 メディアの一方的な情報、特にポジティブな情報だけを信じていると後で痛い目に遭う、ということです。

 これからはBRICSだ、などと未だに言っている人もおりますが、アメリカ人の思いつきの語呂合わせに付和雷同し、定理のごとく崇めるのは、一種の思考停止です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
相変わらず誤字脱字ばかりですね。
アップする前に見直したらどうです?
中身がとてもいいだけに誤字などは残念なのです。
 
2007/01/29 00:05
>アメリカ人の思いつきの語呂合わせ

最近は、“vista”(ベトナム・インドネシア・南アフリカ共和国・トルコ・アルゼンチン)とかとも言うてをりますな。ビンボー人で無関係ですので、バカな投資話に引っかかって火ダルマになる金持ちを見物でもしようと、今からwktkしてをる次第ですハイ(しかし犬HKは相変わらずですのう。ごく一部のスバラシイところだけをフォーカスするってあたり。この手口で英米の医療について、どれだけのカン違いが日本に蔓延ったか。ネットがなければ空恐ろしいことになっていたでしょう)
truly_false
2007/01/29 07:46
我が地方にもインドの人が来てますが、「インドの成長」の話が出ると「そんな馬鹿な」という返事しか返ってこない。大半は貧苦の中で生活し、成功者とそうでない人の差は開くばかりという声ばかり。いや中国にしてもしかりで、砂漠のオアシスを目指しているつもりが砂漠で野垂れ死にという事がありませんように。
ペルゼウス
2007/01/29 12:02
http://it.nikkei.co.jp/business/column/takeda_india.aspx?n=MMITzp000024012007
一般に治安が良いとされる南インドでも、デリー、ムンバイほどではないが、時々暴動が発生する。特にIT業界に代表される経済発展の著しいバンガロールでは、経済格差が激しく、何かのきっかけさえあればすぐに暴動に結びつく可能性がある。
えの
2007/01/29 14:39
インド人は全員とはいわないけど、肉は食べないからね、チキンを食べているから、身体的にパワーのある人には劣る。頭脳と関係ないけど、肉ばかりくわないから、攻撃性はなさそうだ、ガンジーの非暴力主義が生まれたように、しかし気候も暑いし、まだ麒麟や猿が普通に車がとおるようなインフラなんかな、ダウリのような階級差別とか、両手両足がなくてはいずりまわりながらホームレスしている人とか、チルドレンが日本人みて恵んでもらうために、パフォーマンスしたり、物売りチルドレンが交渉したり、警官が警棒でチルドレンをこずいたり、食事は端を使わず右手で食べ、左手で排便した後お尻をふいてるんかな。
ソクラテス
2007/01/29 15:12
海外に行って思うのですが、
その国の製造業が発展するには気候が
関係すると思っています。
つまり、一日最低8時間働く事が出来るかどうかです、欲を言えば10時間くらい欲しいです。
熱くて、昼休みを3時間も取るような国の製造業は発展しないと思います。
mur難民
2007/01/29 18:49
>チキン
は肉。
 ヒンドゥー教徒が食わないのは牛。
>麒麟
 は想像上の動物。
 キリン(ジラフ)は、アフリカ産。
犬右
2007/01/29 19:16
中国もそうですが、インドはエイズも深刻ですね。今、500万人くらいですが、このままだと2000万人、4000万人を超すのは時間の問題だそうです。
エイズは、貧困とリンクしており、貧困がエイズを、エイズが貧困を生む悪循環が存在するわけです。この悪循環を断ち切らない限り、国家存続の問題にまで発展するでしょう。
あの中国政府ですら、このまま感染者が増えれば、国家崩壊に繋がると危惧しています。
シロ
2007/01/29 22:01
インドであれ、中国であれ、国の技術比
較は未来に形骸化する。 何故ならば、日本の趣味分野に於いて、遠隔越境技術
(シミュレーションで)完成途上である
ことを考えれば、国家技術レベル(技術覇権)の比較は、近未来に無意味とな
る。
guest
2007/01/30 06:23
>相変わらず誤字脱字
精進いたしたいと思います。

インドが経済成長することは間違いがないでしょう。が、100を越える言語、宗教対立、カースト、基礎教育の不備など、解決すべき問題があまりに多いと思います。軍備に回す金をもう少し、教育にまわしたら、その方が先々宜しいと思うのですが。
キヨタニ
2007/02/01 13:49
お邪魔します。
 インドには多様な人種、民族、言語、
宗教及び階層があります。世界的に見れ
ば日本の方が「均一性の高すぎる異様な
国」なのではないでしょうか。インドも
中国も規模からいえばEUに匹敵するので
は。後経済発展は欧米ではピューリタニ
ズム、日本では鈴木梅岩のような「労働
それ自体を目的とする"思想"」を必要と
します。イスラム圏ではイスラム教が強
すぎてそういった思想が生まれる(入り
込む)余地が少ないのですが、インド
(中国)はどうなのでしょう。
ブロガー(志望)
2007/02/18 16:09
乞食まで論理性がある討論ができるインドはわがタイとはかなり違うと思います。が、いかんせん濃すぎる。それが足かせとなっているきらいが見えます。
うまく良い方向に全体を方向付けられれば走っていくでしょうが。
ただ、「人の資質」は変えようが無いとは思いますが、私のするほんの少しの現地の経験の中からでは、「可能性はある」と見ます。

中国の当て馬はインドぐらいなので、頑張ってはほしいと思っております。
unimaro
2007/07/29 18:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
インドの将来はバラ色の発展か? 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる