清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 旅客機に国費の投入は無駄

<<   作成日時 : 2006/08/27 00:08   >>

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 2 / コメント 14

国産ジェット機、開発支援強化 概算要求20億円
http://www.asahi.com/business/update/0825/164.html


 経済産業省が三菱重工業等を中心に進めている国産初のジェット旅客機の開発支援を強化する。基礎技術開発助成金を、07年度予算の概算要求に前年の4倍の20億円を盛り込みました。
 国産旅客機開発に関しては官民挙げては長年ズルズルやってきました。本気でやる気はないでしょう。ジジィの小便みたいに、ちょろちょろと税金の逐次投入を繰り返すのは止めるべきです。

 まず民の側に巨額の投資をして旅客機開発するなんぞというギャンブルに投資するなどという根性がありません。しかも投資を回収するまで十年単位でかかります。重工各社にはこういうリスキーなビジネスに手を出す根性はありません。

 ボーイングやエアバスやらの下請けは利益は薄いでしょうが、確実に儲かります。特に勝ち組の川重はPX、CXを抱えておりますから官需の方でも仕事は足りていますから危ない橋は渡らないでしょう。

 官の方も本気で世界に互して戦える航空産業の育成なんぞ考えていません。本気ならもっと我が国のメーカーの統廃合を促していたはずです。各社とも規模は小さいし、所詮重工メーカーの一部門です

 ぼくが考えるに、国産旅客機開発はPXと統合してやるべきでした(PXに関する批判は拙著「こんな自衛隊に誰がした」を参照)。対潜哨戒機に専用の機体を開発なんぞという道楽は普通の国家では考えられません。アメリカですらやっていません。

 そうすれば最低空自が哨戒機として調達する機数は確定でき、リスクが減ります。また電子戦機、やYS−11の後継のプラットフォームとして採用すれば更に機数が稼げます。もっともそれはそれで旅客機と哨戒機の要求をすり合わせる作業が非常に大変だとは思いますが。
 PXは機体規模がP3Cとほぼ同じ、将来の近代化を視野に入れた冗長性はないでしょう。そのような機体をつくるよりはマシでしょう。

 自衛隊は国産を推進する際に外国に無いから、というのを理由にします。確かにあのクラスの機体で、四発のジェットエンジン、しかも低空での運動性能がいい機体なんぞは諸外国にありません。ですが、それは必要ないからではないでしょうか。諸外国に無い、というのはどこの国でも必要ないから無いのではないでしょうか。

 そのような機体がどうしても必要だとしても高々数十機を高いコストで生産するということは、他のプロジェクトに回す予算を食うことになります。果たしてそのような機体がそれだけの予算を喰うに値する価値があるのかは非常に疑問です。
 単に大型機を開発するノウハウの習得だけならば、CXだけで十分だったでしょう。
 
 どうしても税金投入して国産旅客機を作りたいのならば、業界の再編成とセットでおこなうべきです。経産省は天下りの確保ではなく、真の航空産業育成による技術的優位と雇用の確保という「国益」の実現を考えて税金を使って欲しいものです。
 

税金所詮は人のカネ、後は野となれ山となれ・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
面白い 面白い
ナイス

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
YS−11の引退に思う
 我が国でのYS−11の商業飛行が終わりました。歴史にIF(イフ)は無いといいますが、YS−11に続く機体を開発し、製造元であった日本飛行機製造を発展させていれば日本版エアバスとなり、ボーイングやエアバスと並んで世界の大型旅客機の一角を占めていたかもしれない、というのもあり得た話かもしれません。  そこまで行かなくともエンブラエルやボンバルディアあたりと肩を並べていた可能性はあります。 YS−11のセールスで培った営業ノウハウは霧散してしまったのは極めて残念です。日本人の得意とする納期の... ...続きを見る
魁!清谷防衛経済研究所 ブログ分室
2006/09/28 22:58
【捕らぬ狸の皮算用】三菱重工、国産ジェット機受注に異例の大サービス
 三菱重工業が日本航空(JAL)と全日本空輸(ANA)に「MJ(三菱ジェット)」購入に関して異例の好条件を提案しているそうです。 ...続きを見る
魁!清谷防衛経済研究所 ブログ分室
2006/11/24 14:08

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
JAXAの超音速無人機。ペイロードは大した事の無い空力モデルで、エンジンがはっきりしないのだけど。こっちに予算を集中、注力してもらえれば、グローバルホークの次につながるし、SSBJにもなる。三菱の機体は川崎が手を引いたEMB190とどう違う?
http://www.jaxa.jp/press/2006/08/20060821_atc_sst_j.html
pongchang
2006/08/27 07:07
P−3Cにしたって元は旅客機(こっちの方はコケかけたんだっけな?)ベースですから。調整が大変って言ってもPXとCXだって大変だろうし。本気で旅客機(及び貨物機)造ろうというならやっぱりメーカーの統廃合は必要でしょう。
特にエアバスの傾きっぷりとボーイングの強気ぶりを考えても、機数を少しでも稼がないと税金の無駄遣いは目に見えているし。
…まあ、天下りの温床なんだからずるずるべったりやった方が当事者にとってはいいんでしょうがね。
CXはC−1の後継としてまあいいとしても、PXはP−3Cの近代化改修で十分まかなえると思うんだよなぁ。当のアメリカも確かP−3Cの近代化でしのぐという事になったのでは?
あと何故にジェット化?C−130Jのようにスキュードプロペラ使うとか他にアイディアもあるだろうに。
D・Dダレル
2006/08/27 09:22
新規に機体を作るなら、旅客機との併用は無理でもC−Xの機体を使えば量産効果で少しは安くなると思っていたのですが・・・。
C−XとP−Xって機体の共通性が高いっていうけど見た目からして別物だし・・・。
輸送機を哨戒機に改造って無理なんですか?
ここは、PーXはP−3Cの近代化改修なり、アメリカのボーイングP−8哨戒機を完成機購入ないし技術向上、仕事の確保の点からみたら、ライセンス生産で導入してみたらいかがでょう?
そのほうが結局安、くて早く済むと思います。
あとC−XもアメリカのC−17とかを買ったほうがいいかもと思っていもす。

2006/08/27 20:26
C−17はオーバースペックだと言った方がおりましたが、海外派遣は増える一方だし、現在のC−130の枠をC−17に充ててもいいのでは。
ウクライナのアントノフをチャーターしてばっかりもいかないだろうし。
輸送機ベースの哨戒機ってアイディア、確かC−130jベースであったような。
D・Dダレル
2006/08/28 01:04
C17も直にラインしめますから
pongchang
2006/08/28 03:13
PXの機体にかけるカネがあるならば、内部の機材とソフトにつぎ込むべきですね。世界中で日本だけが、あのクラスで4発のジェット機じゃないといけないというのは無理があると思います。
しかもSSTはフランスと共同でやると言っています。戦力の逐次投入は止めて欲しいモノです。
キヨタニ
2006/08/29 23:55
C−17に関してはまだペンタゴンがあがいています。英豪意外の顧客がでてくればラインの延命はあるのでは。
キヨタニ
2006/08/29 23:57
 我が国は、戦前から安物買いの銭失いを繰り返していますからねぇ。「我が国は貧乏だから、この程度でいいや……」結果は、お定まりで、今日まであんまり変わらない。
 兵器ってのは、常に大は小をかねる。例外は殆どなし。目的が同じであれば、迷いなく大を選ぶべきであって、下手なケチ根性は税金の無駄使いを招いてきた。
 北欧のことわざですが、「金持ちでなければ、安物は買うな」安物は、直ぐに役に立たなくなって、結局高くつくからです。
土門見人
2006/08/30 00:37
哨戒機と輸送機の運用法・構造性の違い、P-8MMAの大ポシャぶり、C-17のライン閉鎖...もう少し現実に即した話をしてもらいたいですね。
C-XにしろP-Xにしろ、逆に怖いと言って良い程に他ライバル機に比べ計画は順調で、世界2位の哨戒機大国のノウハウの結晶とも云えるP-Xは完全に現場の声の生きた設計で、名機の予感さえするスペック。C-X民生型も川崎がファーンボロ航空ショーで売り込みを展開し上々の反応。
国産ジェットももう既にエンジン選定(RR)までしてますし、三菱の本気度は高いのでは。
Ekimchan
2006/08/30 07:17
20億円。はした金ですね。
今時市民病院一つも建てられません。地下鉄なら数十メートルしか掘れません。戦闘機一機も買えません。産業育成、技術保持の観点から言えば安いものです。
もう一点。PXで「世界で必要とされてないから日本でも必要ない」は暴論に過ぎます。必要があり、他のどこにもないから作るのです。
もしそれでも必要ないと言うなら、輸出入の殆どを海運に頼り、かつ自国の周囲にある程度有力な通称破壊戦力を持つ非友好的国家が二つ、場合によっては三つ四つに増えそうな国家が他にある事を証明してからにしてほしい。
iloha
2006/08/30 21:55
日本の航空産業が機体メーカーが、新旅客機がこけてしまうリスクをおってまで世界に営業&サービス網をつくり、なおかつ黒字が出るまでの長い期間、我慢をするという根性がないところに幾らカネをつぎ込もうが無駄です。
国産旅客機だって随分長い間経産省はカネをだしてまいます。しかもそれが産業の育成には繋がっていません。
 ですが、その「はした金」は天下りが懐を潤すには十分すぎるカネです。その程度の「はした金」が社会保険庁をはじめ、多くの官庁であれこれ「業界育成」とか名目をつけてつかかわれているわけですが。


PXに関してはP3Cと同じ規模の、拡張性がない機体しかも生産機数の上限が決まっている
機体をわざわざ作る必要性はありません。
大型機がの開発生産のノウハウの維持だけならならば、CXだけで十分でしょう。もっともぼくはCXが輸出される可能性は低いと思います。
 盲目的な国産偏愛は結果として国内産業を潰します。

キヨタニ
2006/08/31 13:11
suck my dick kiyotani
buhii
2006/11/01 13:57
buhii

小生に興味を持っていただいて光栄です。

未だにこういうのがくるんですね。

礼儀をわきまえない。知性のかけらもない。
どうせ嫌みを書くのであれば、それなりにギャラリーを湧かせるようなものを書けば、と思うのですが。


まあ、この手の知性も教養も常識も無い人間は汚い言葉を吐く、卑怯者のゲス野郎ですから、諭しても無駄でしょう。

ですから説諭する代わりにIPを晒します。
219.167.38.250

キヨタニ
2006/11/01 22:50
いちいち反応していると
かえって可哀想な人に見えるので
やめたほうがよろしいかと
たむ
2007/09/29 13:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
旅客機に国費の投入は無駄 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる