清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS  お奨めマンガ「先生がいっぱい」安田弘之

<<   作成日時 : 2006/06/30 14:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

 最近この作者の「ラビパパ」なる新作がでました。主人公の「ラビさん」というのが、着ぐるみを着た人間なのか、それとも着ぐるみのような存在なのかは明らかにされておりません(でもしっかり子供はつくっております)。

 このキャラクター「先生がいっぱい」から引っ張ってきたものです。ファンシーな顔をした体育教師「ラビ先生」なんですが、極めて凶暴。かつ女には甘いという。
「先生がいっぱい」はヘタレな先生達と大人びた生徒達の織りなす「色と欲、建て前と本音」にからむドタバタを軽妙に描いております。

 センセイは子供のなれの果て、というのが実感できる作品です。
「ラビパパ」も面白いのですが、より複雑な人間関係と大人のしょうも無さが描かれている「先生がいっぱいの方をお奨めします。
 先生がいっぱい―生徒そっちのけ学園マンガ!! (1)
先生がいっぱい―生徒そっちのけ学園マンガ!! (1) (ビッグコミックス)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめ『ショムニ』をチラ見したときは、ただの“ヘタウマ”の人かと思ってましたが(蛭子さんみたいな)、『紺野さんと遊ぼう』を読んだら、センスとデッサンが凄く良かったのに驚きました。ご紹介の新作のほうも読んでみます。
truly_false
2006/06/30 16:00
ラビパパは「紺野さんと遊ぼう」からじゃないですか?
su-san
2006/06/30 22:15
「紺野さん〜」を実はまだ読んでいなんです。
キヨタニ
2006/06/30 22:57
重ね重ね、ネタちまいスミマセン。

仏2少女、マンガの国あこがれ日本向け家出 警察に保護
http://www.asahi.com/international/update/0704/012.html

日本の漫画やロックに魅せられたパリ郊外に住む16歳の少女2人があこがれの日本を目指して家出。鉄道を乗り継ぎポーランドにたどり着いたところで警察に保護された。

↑はなんとかしてやれモンでしょうか?セバとかだったらどうにかできるんじゃないでしょうか。
truly_false
2006/07/04 23:03
これは明日のネタにする予定です。
しかし、地理の時間にねっとたんでしょうなあ・・・お前らアメリカ人かぁ!

こりゃセバより大者になるかもしれません。
キヨタニ
2006/07/04 23:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
 お奨めマンガ「先生がいっぱい」安田弘之 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる