清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS クアラルンプール滞在記 イスラムと食事

<<   作成日時 : 2006/04/26 23:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像
この国にモスリムが多いと感じるのは食事をするときです。
 
 まず、ホテルの朝食のバイキングで豚肉が出てこない。通常ホテルの朝食だと目玉焼きとベーコン、ソーセージは必須アイテムなんですが、ベーコンは七面鳥とかビーフ、ソーセージはこれまたチキンとかで豚肉は使用されていません。また中華風のメニューでも同様です。
ラードも使われていません。これはモスリムの人口が多いからです。
 この国ではモスリムの人口が増えているそうです。子供が多い上に、モスリムと他の宗教の人が結婚すると大抵モスリムに改宗するからだそうです。

 ショーの会場のカフェテリアなどでも豚肉をつかったメニューはありません。まあ中華の専門店とか華人向けのレストランではあるんでしょうが。
 ファーストフードではケンタッキー・フライド・チキンが繁盛しているのもそういう理由のような気がします。現地のファーストフード店でも鶏肉料理の店が流行っています。

 それに感心するのはモスリムの女性たちはこの湿気が多くてクソ暑い(約30度です)のにスカーフをかぶり、長袖で、踵まであるスカートやワンピースをきていることです。ぼくにはとても出来ません。宗教とはかくも生活のスタイルを律するものかと感心してしまいます。

 日本のOLの真夏にパンストも凄いですが。ヘソぐらいまで直にナイロンの腹巻きをしているようなもので、あれもあれで根性がいると思います。もっとも最近は生足のコが増えているようですが。やはり宗教的な背景がないからでしょうか。

 写真はホテルの部屋からの眺めです。緑が多く、高層ビルとモスクが同居しているのが、この国を象徴しています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
マレーシアの首都クアラルンプール
マレー鉄道からの続き。 3日目 4月20日(木)夕方 ...続きを見る
30代バラ色人生
2006/04/30 01:57

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
クアラルンプール滞在記 イスラムと食事 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる