清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 外務省、アニメで日本アピール。だけど知恵袋はオヂばかり…・

<<   作成日時 : 2006/03/15 13:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

 外務省は日本のアニメや音楽などを通じて外国人に対日理解を深めてもらおうと、若者文化の海外発信戦略を練るため外相の諮問機関「海外交流審議会」の設置を決めました。

 ぼくは90年代当初から、日本の輸出文化はおたく文化しかない、歌舞伎やら能からばかり紹介していては日本に対する誤解を拡大するだけ、またおたく文化の海外発信は国益の点からも是非必要だ主張してきました。実際拙著「ル・オタク」はその意味では予言の書と自負しております。

 ですからこのような機関をつくるのは賛成です。基本的には。

 ところがこの審議会、会長が張富士夫トヨタ自動車副会長、岡田裕介・東映社長、亀井修・小学館マルチメディア局取締役、佐藤修ポニーキャニオン会長等々。親分が車屋で、メンツはじーさん達。実際の文化消費の場からは遠く離れた「偉い人達ばかり」。

 如何にも官僚の好きな「威張りが利いた」人選です。

 もっと国際感覚があり、おたく、サブカルチャーを皮膚感覚で理解できる人選をすべきでしょう。
 ぼくは国益としてオタク文化をバックアップする必要があるとは思いますが、国家が前面にでて「コンテンツ産業で国益増進!」とやると「衣の下から鎧」で、かえって逆効果だと思います。
 
 その辺の機微をこの老人達と官僚はわかっているのか、非常に不安を覚えます。
 
  アニメで日本アピール=若者文化発信で審議会−外務省

(時事通信) - 3月14日7時0分更新
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060313-00000165-jij-pol



Le OTAKU―フランスおたく事情
Le OTAKU―フランスおたく事情

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
 審議会のメンバーには、是が非でも萌え萌えなコスプレをして貰いたいですね。
らりぱ
2006/03/15 15:25
審議会のメンバーには、是が非でも萌え萌えなコスプレをして貰いたいですね。

>いや、それこの面子じゃ猥褻物陳列罪でつ(w

正直な所、この面子に関して言えば、対日理解
何かよりも著作権保護の面で経産省とタッグを組んで欲しかったような気もしますね。
北極28号
2006/03/15 21:03
 ここは是非、ぬえのタケさんと高橋けも女史をメンバーに加えましょう。
土門見人
2006/03/15 21:43
執事カフェで一週間研修やるとか・・・・
キヨタニ
2006/03/15 22:53
ほー、「世界の押井」を差し置いてジジィ共ですかいw

全くこの国の「ズレた権威至上主義」をどうにか汁と小一時間。
F-4EJ改
2006/03/15 23:35
如何なる納税者負担も無く、政府のチョッカイもなかったゲーム、アニメ、ロボットが世界最強なった理由をよくよく考えるべし!こんなもんは、政府が関与せずに、各国新世代に任せておけばヨロチイ!
guest
2006/03/16 07:03
コンテンツ産業を、国策として推進するのはいいのですが、何もわからないのに偉そうなオッサン連中が口を挟むと逆効果でしょう。
いわゆる文化とは、お上に対する反逆みたいなところがありますから。
それより、劣悪なアニメーター達何とかするほうが、先決でしょう。
先日20年以上前のアニメ雑誌を読んでいると、「アニメーター 物語」という類の特集を見つけましたが、状況は殆ど変わっていないでしょう。ある演出家は、「後10年で人材は、枯渇する」と明言していました。
シロ
2006/03/16 10:53
アニメーターや声優の貧しさは相変わらずで、仕事だけは増えているわけです。最近少し、この方面も改善が進められていますが、未だに十分とはいえません。特に我が国の場合、契約が口頭だったり、いい加減ですからねえ。

それと日本人はとかく自分たちの実力を過大評価か過小評価する嫌いがあります。冷静に現場の様子を把握する必要があります。
少なくとも審議会の先生方には押井監督の本と拙著を読んでおいて欲しいものです。
キヨタニ
2006/03/16 16:22
先日かみさんと話していて、1年以上続くアニメ番組が今や10本あるかないかなのに、半年とか3ヶ月のスパンでやる深夜枠のアニメは増える一方という話になりました。
DVDの製造を前提として制作費を捻出するとしても、粗製濫造が増えるのは自明の理といったところでしょうか。
中には「これを夕方とかゴールデンタイムでやったらいいのに」と思うようないい番組もありますし。
さて、審議会のメンツで言えば東映と小学館がその1年以上のスパンでやれる番組(特撮も同様のカテゴリーと解釈出来るでしょう)を持ってますが、同時に関連商品が確実に売れるというのも強みでしょう。avexとサンライズとバンダイが絡んでないのが不思議なくらい。
D・Dダレル
2006/03/23 21:19
CGが増えたといっても過剰生産でしょう。業界では今の40代、50代の人間に過度に負担がかかっているとのことです。
キヨタニ
2006/03/25 13:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
外務省、アニメで日本アピール。だけど知恵袋はオヂばかり…・ 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる