清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS アニメーターの7割が年収100万円未満−TBS社員及び労組諸君。どうよ、この現実。

<<   作成日時 : 2005/11/08 20:47   >>

驚いた ブログ気持玉 5 / トラックバック 2 / コメント 15

芸術関係団体71団体が組織している芸団協が5年ごとにおこなっている調査で、初めてアニメーターを調査対象に加えたそうです。

 その結果、労働時間は1日平均10・2時間で、月間労働時間は推計250時間。アニメーターは出来高払いが8割を占め、1枚あたりの報酬は平均186・9円。年収は100万円未満が73・7%を占めている。
 仕事については78・4%が「プライドを持っている」と答えるも、報酬については49・5%が「納得のいく額ではない」と回答。失業補償や年金についても9割近くが「十分でない」と、答えているそうです。

 やれ、この先はマンガやアニメなどの日本の誇る「コンテンツで」喰っていこう、というかけ声と商魂だけは逞しいですが、その土台となっている「コンテンツ制作の現場」はこういう有様です。

 さて、TBS及びテレビ局およびその労組諸君。諸君らは莫大な利益をあげ、世間様より遙かに高い高給をはんでいるわけですが、この現状をどう思っているのでしょうか。

 いまやアニメに限らず、実際に番組を制作しているのは下請けの制作会社です。これらの制作会社の現場も金銭的には恵まれておりません。悲惨な状態です。

 テレビ局は許認可権によって新規参入者か入れ込めない特権をもっています。いわば護送船団的にまもられているわけです。しかも番組の制作の外注を進め、外注費極小化することよって利益を上げてきたわけです。
 換言すれば下請け会社の労働者の非人道的な低賃金でこき使っているわけです。まさにアメリカ流のどん欲な資本主義のそのものです。

 ところが自分たちの会社が買収されそうになると「報道機関としての公共性」だの、「目先の利益より大事な使命がある」「会社は株主だけのモノではない」などと、のたまいます。
 
 確か優勝劣敗がこの世の常です。が、自らは許認可という利権に守られていながら、このような下請け企業を食い物にするような企業が社会的責任を果たしているのでしょうか。
 困ったときだけ自分たちの会社の公共性を謳って世論の同情を買おうというのは虫が良すぎると思います。

儲からなくても、やりたい仕事にしがみつくというのはぼくら40代ぐらいまでです。
 下の世代はもっとドライです。アニメーターも若手の確保は大変です。入ってきても定着しません。ですからアニメーターの平均年齢は上がっていく。つまり、テレビ局がコンテンツ産業を殺しているも言えます。

テレビ局という摩天楼を支えている土台の部分が朽ちかけているわけです。
 それは中長期的にみてテレビ局にとっても由々しき問題でしょう。土台が崩れれば楼閣も崩れ去ります。
 ところが当のテレビ局にその危機意識がありません。

 またアニメ産業の底辺をどうにかしようと画策している経産省の方が危機意識を持っているように見えます。

 今回の調査は非常に小規模に行われたそうですが、経産省には是非もっと大規模で精度の高いアニメ業界の統計をとって、その現状を公表して欲しいものです。

【調査】“「動画担当」の7割は年収100万円未満” アニメーター、労働時間多く・年収少なく [10/31]

http://www.yomiuri.co.jp/main/news/20051031i317.htm

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
nikkeibp.jpに石川光久氏の記事 また続き
チャンスとリスクで育つ人材 - nikkeibp.jp - 石川光久、アニメビジネスを変えた男 2月に単行本発売が決まった記事のまた続き。 ... ...続きを見る
野良犬の塒
2006/01/27 20:16
nikkeibp.jpに石川光久氏の記事 また続き
チャンスとリスクで育つ人材 - nikkeibp.jp - 石川光久、アニメビジネスを変えた男 2月に単行本発売が決まった記事のまた続き。 ... ...続きを見る
野良犬の塒
2006/01/28 04:47

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(15件)

内 容 ニックネーム/日時
 うーみゅ、しかし最低賃金を法定化するのは共産主義への道だし、保護する業界は衰退するのが経済の習い。さて、具体的にアニメーター業界に労働基本権を確立する方法って、あるのでしょうか?
土門見人
2005/11/08 20:58
そもそも賃金が低い原因は会社間の契約自体が不公平なことにあるので、最低賃金の法定化とかでは解決策にならないと思うのですが…

契約は当事者の合意のみによって成り立つのが原則だが、あまりにも不公平な契約ではこのような悲惨な問題がどんどん発生してくる。
へろ
2005/11/08 21:48
ただ、あまり契約関係をきっちりすると(ネズ公のところのスタジオは、原画マンとは、外で勝手にネズ公を描いてはならんとの契約を結んでいるのだそうな)、日本のアニメーターが、コミケとかで、パロディ本とかイラスト集を出したりして、糊口をしのぐってことも出来なくなりますから、痛し痒しです。ペン一本をフトコロの無宿渡世がアニメーターの本懐だ、みたいなことを押井守もいってました。
truly_false
2005/11/08 22:06
やっぱり最低限、著作権擁護ですか?
少し前に声優の日本アニメーション?に対する裁判ってありましたよね?
じおんぐ
2005/11/08 22:20
まあ、手塚治虫が悪いといってしまえばそれまでなんですが、建設的ではありませんね。

現在一部の有力なプロダクションが独自に資金調達を行うなども増えていますね。

本来は金の卵を産むガチョウを大事にするようにテレビ局が目覚めることですが、そうはいでしょう。

声優もトップクラスでもギャラは驚くほど低いですからねえ。

キヨタニ
2005/11/08 23:06
かの永井一郎が、かつて、“ギャラ(サザエさん)が、作品一本で一万円”だと“告発”したことがありましたが。しかし、広告代理店とかテレビ局が、なぜにあんなにボッタくるのかが、いまだに分かりません。そんなにリスキーな商売とも思えないんですが。
truly_false
2005/11/09 00:56
日本にはアメリカみたいに業界の組合がありませんからね。だから発注側が好き放題できる。ですが、
アメリカの場合ユニオンに入らないと仕事ができない。それにユニオンが権利を強く要求しすぎる部分もあって、手放しでそのあり方を賛美出来ない部分もあります。
キヨタニ
2005/11/09 13:48
 何かっちゅーと「天才」の冠詞がつくのがうざい手塚治虫ですが(実際、クリエーターとしてはそうだったと思うが)、負の遺産も少なくないのですよね。
 東映動画では正反対の路線でアニメ作りをしていた宮崎駿が、メタクソに罵るのもむべなるかな。もっとも、宮崎もアカですけど。そういう作家の作品の上映会が宮中で行われるのだから、我が国はなんとも寛容なお国柄ですにゃぁ。(なお、サーヤは宮崎作品だけでなく、高千穂遥ヲタである模様)
土門見人
2005/11/10 23:47
紀宮様におかれてはお付きのものがアニメージュを買いに行っていたという噂も。
ちなみにタイの王女様は「ケロケロケロッピー」のファンで、かつでデザイナーが謁見、手書きのイラストを献上したことがありましたなあ。
キヨタニ
2005/11/11 00:49
 この冬から、サーヤも堂々とコミケに並べるわけですな。もっとも、そうなったら警視庁の頭痛の種、というかコミケ事務局への圧力の口実が、また増えるか……
土門見人
2005/11/11 19:41
主催者がロイヤルルームを用意するでしょう。
でも、同人誌売ったら大もうけでしょう。
キヨタニ
2005/11/11 23:15
>かの永井一郎が、かつて、“ギャラ(サザエさん)が、作品一本で一万円”だと“告発”したことがありましたが。
「磯野波平、ただいま年収164万円」だっけ?

「広告代理店とかテレビ局がボッたくる」とのことだけど、永井一郎は元電通マンだったり…
奪サラして天職を見つけたんだろうけど、給与には文句が出るだろうな。
へろ
2005/11/13 05:38
もと電通マンで、退社して後悔している人は結構知ってます・・・・・・

声優や制作現場の改善は視聴者がスポンサーに直接働きかけるというが一番有効でしょう。
主婦連なんぞを巻き込むと効果あるかも。
キヨタニ
2005/11/13 17:36
 私が同人誌出していたら、「黒田清子さんお買い上げ(御用達?)」の看板掲げますね。あ、そういや明日だな、サーヤのケコーン式。お兄さんたちは記念艦三笠にお出でなのに、サーヤだけ見えていない……
土門見人
2005/11/14 16:09
ペンネームを黒田某と名乗って皇室モノの同人誌を作ったら右翼の街宣車の抗議をうけるでしょうかね。
キヨタニ
2005/11/14 16:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
アニメーターの7割が年収100万円未満−TBS社員及び労組諸君。どうよ、この現実。 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる