清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 【リーダー論】悪い宇宙人などのリーダーは独裁者か絶対君主という謎

<<   作成日時 : 2005/10/29 00:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 13

昔から疑問だったのですが、悪い宇宙人&世界征服をたくらむ悪の秘密結社というと,その大将は大抵ファシストか絶対君主なんですね。
 例えば「宇宙戦艦ヤマト」のデスラー総統、同じく白色彗星帝国のズォーダー大帝、「ジャイアントロボ」のギロチン帝王、「フラッシュゴードン」のミン皇帝、「ゲッターロボ」の恐竜帝国の帝王ゴール、「ゲッターロボG」の百鬼帝国のブライ大帝、「機動戦士ガンダム」のザビ公王等々。

 ところが悪役の大将で同志書記長とか主席とか共産主義的なリーダーっていなんですよね。それが不思議でした。

むかし、そういう小説を書こうかと思っていたことがありました。未だに実現しておりませんが。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(13件)

内 容 ニックネーム/日時
「宇宙戦艦ヤマトV」の敵はボラー連邦で、指導者はベムラーゼ首相ですから、一応共和政体なのでわ?
 ダグラムも、敵が地球連邦で、敵役(?)が地球連邦評議会議長でしたね。(もっともこの作品は、ドナン・カシムが仇役なのか、ラコックか、それともフォン・シュタイン大佐なのか、簡単には決められないが)
 なお、一説によると、ガミラスのモデルはナチスドイツで、白色彗星帝国のモデルはアメリカだそうです。ガスの中から現れた彗星帝国の正体は、まさにNYのイメージだそうで。そういえば、「バルゼー」とか「デスバテイター」とか、ネーミングが伏線になっている……

 で、書かれるならば、地球人を拉致していくチョソーン漆黒小惑星民主主義人民帝国とかを敵にし、その指導者を書記長ジョン・イールとかにしてはいかがでしょう?
「ジョン・イール・トンジ、まんせー」と、デスラーコールの真似をさせたら、さぞ傑作でしょう。
 題して「宇宙戦艦ヤマト 何度目かの新たなる旅立ち」(著作権という厄介な問題を解決する必要がありますが)
土門見人
2005/10/29 00:23
もし、“悪の民主主義国家”vs“善の独裁帝国”なんてゆー作品が書けたら、それこそノーベル文学賞モノではないかと(ゴールディングの『蠅の王』みたいに)
truly_false
2005/10/29 00:54
 既に田中ヨシキンが『銀河英雄伝説』でやっていたような……
土門見人
2005/10/29 00:57
http://www.gainax.co.jp/soft/daicon/dai.html
「愛国戦隊大日本」
「びっくり!君の教科書もまっ赤っか」
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/yanazawa/tokusatsu/dainippon.html

えの
2005/10/29 09:06
この件で言い出したら、他にも、
「〜旧内務省復活を目論む、室戸文明〜」等
とやたら内務省が悪の巣窟扱いされてる作品が
随分あったなあ、と思います。
んなもん害務省や捨保庁に比べりゃ可愛いもん
だべ?と言わずにはいられません(w
なんか、帝国といい内務といい、昔の作品は
内容が革新的でも、実は設定があからさまな
ステレオタイプが刷り込まれていたような感じ
がしましたね。
北極28号
2005/10/29 09:10
 ゾイドのガイロス帝国も、ルドルフ殿下のネーミングの由来は、多分「ルドルフ」・フォン・ゴールデンバウムだろうけど、悪の帝国とは言い難かった。しかし、あの作品、途中から敵役が変わったから、ドラマの焦点がぼけてしまった。
土門見人
2005/10/29 12:48
皆さんこういうネタだともりあがるようですね。
やはり、連戦時代西側諸国ではいわゆる平和主義勢力と称される勢力が強く、またメディアも東のプロパガンダにおどらされていたからでしょうね。
キヨタニ
2005/10/29 20:00
 ジオン公国は、一応議会もあれば、首相率いる内閣もあるので、専制君主国家というよりは、体裁だけでも立憲君主制国家だったでしょう。
 もっとも、ギレンが議会を押さえていたとのことで、軍部の総帥が国政全体を掌握していたとすれば、第一次世界大戦前のドイツ帝国に近かったのでしょう。思えば、あの時代のドイツ史では、皇帝ヴィルヘルム二世や小モルトケの名は出てきても、宰相ベートマン・ホルウェヒの名前は殆ど出て来ない。
土門見人
2005/10/29 20:48
ジオン・ダイクンからザビ家がジオン公国を
のっとたのは急逝した小渕首相の後を森首相が襲ったのとシュチュエーションが似ていますね。密室で次のリーダーがきまったところも、ザビの親父と森元首相もなんとなく外見が似ているし・・・・
キヨタニ
2005/10/29 23:56
しかし、『ギレンの野望』の宣伝ポスターには、「起て!国民」(うろ覚え)と。おのれのとこは、“公国”と違うんかい、“公国”なら“臣民”だろうが、と突っ込みたくなりましたが。
truly_false
2005/10/30 01:31
 ジオン公国の一年戦争の大義は「スペースノイドの自由と権利」ですから、臣民では大義にならないでしょう。
土門見人
2005/10/30 10:53
しかし、我が国もアジアの自由をうたった大東亜戦争をおこした当時、国民を臣民と称しておりました。いずれれにしろ、当時の制作スタッフはこんな大河物語になるとはおもってなかったでしょうし。
キヨタニ
2005/10/30 12:48
宇宙人がどんな奴なのかというのは、アメリカの政治に関係してくるそうです。藤原帰一氏の指摘がありますね。政治思想的には130度くらいうぇぶますたあさんやここの皆さんとは違っていますが、映画評論の名手でもあります。それから、ジオンみたいな国が歴史上ありますよ。アルバニアです。その名もゾグ王。(ザグではなくて)。
DDT
2013/09/19 03:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
【リーダー論】悪い宇宙人などのリーダーは独裁者か絶対君主という謎 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる