清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 【情報追加】朝日社説8/31虚偽報道 朝日新聞が問われている

<<   作成日時 : 2005/09/02 00:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

朝日新聞の8月31日付けの社説を検証してみましょう。

相手に会っていないのに、一問一答の取材メモをでっち上げる。そのメモをもとに記事が出来上がる。報道に携わる者にとって決して許されないことが朝日新聞で起きてしまった。

ほう、まるで他人事のようにクールなでだしですなあ。

新党結成について亀井静香元自民党政調会長と田中康夫長野県知事が会ったという情報があり、政治部から取材を依頼された長野総局の記者が、田中知事から話を聞いたかのように虚偽のメモをつくり、政治部記者にメールで送った。
政治部記者は虚偽と分からないまま、メモを引用して記事にしてしまった。


 ここで件の中の総局の記者の名前はでないし、彼のメモ=我々がデータ原稿と呼ぶ−をリライトした記者の名前、デスクの名前も出てきませんなあ。

田中知事、亀井氏に大きな迷惑をかけてしまった。何よりも読者の信頼を裏切る結果になった。悔やんでも悔やみきれない不祥事である。

別に田中康夫に迷惑かけるのは一向にかまわんのですが、これまた第三者のような。社説書いてるんだから編集委員でしょうが。こんなぬるい後悔日誌かいてていいんですか。当事者意識のカケラもかんじられませんねえ。

長野総局の記者は、田中知事が出席する集会の後で個別に取材ようと出かけたが、集会が終わる前に引き揚げた。
 取材できずに戻ったことを「負い目に思った」という。メモについては「功名心だったかもしれない」と話している

 
「功名心だったかもしれない」 珊瑚事件もそうでしたね。

虚報という結果が、どれほど深刻な事態をもたらすか。普通なら、だれしも分かることである。

 朝日以外の普通の日本人はね。
 だって諸先輩方は先の戦争のお先担ぎから始まり、文革、大躍進、朝鮮戦争、慰安婦問題、教科書問題などでセンセンーショナルな誤報を繰り返してきましたが、謝罪もせず、これらの記事を未だに多くの日本人、そして外国人が真実だとおもいこんでいるんですよ。
 またガセとしりつつ政治カードとして意図的に使っている国もあることは皆さんご承知の通り。朝日新聞は国益を犯して、反省していないわけです。
 で、若い記者が諸先輩方の所業をみて書き逃げOK、と思っても仕方ないでしょう。


しかし、この信じられないような出来事は、1人の若い記者に魔がさしたといって済むことではない。記者をそんな心理にさせたものは何だったのか。取材をチェックする仕組みをどうつくるか。問われているのは、そうしたことを含めた朝日新聞の組織や体質だと思う。

 「信じられない様な出来事」?お戯れを。あたしゃ、またやると確信していましたけど。「記者をそんな心理にさせたものは何だったのか」って、そりゃ、前述のように諸先輩方の記事と朝日は誤りを犯さずとういう傲慢な社風のせいでしょう。「問われているのは、そうしたことを含めた朝日新聞の組織や体質だと思う」世間は延々問うてきたわけです。それに対してあんたらがほっかむりしてんです。

朝日新聞では89年に、写真部員が沖縄・西表島で自ら傷をつけたサンゴを撮影した。写真部員と本社は法律違反の疑いで書類送検され、社長は辞任した。

このサンゴ事件で朝日新聞は出直しを誓う一方、紙面審議会を設け、紙面や取材の仕方について識者の意見を聞くことにした。読者や取材先の声に広く耳を傾けるため、読者広報室もつくった。

 仏作って魂入れず、って奴ですな。

しかし、5年前には広島支局(現、総局)の記者が中国新聞の記事を盗用するという事件が起きた。当時の大阪本社編集局長は職を解かれた後、全国の地方取材網を回り、現場取材の重視などの再発防止策をまとめた。

 画龍点睛を欠く、ってやつですか。

それからいくらもたたないうちに、今回の虚偽取材メモである。

 雀百まで踊りを忘れず。

最近では、取材録音を第三者に渡した不祥事、週刊朝日への武富士からの5千万円の資金提供、NHK幹部らを取材した社内資料の流出問題なども重なった。

 全部外部からの圧力で渋々みとめましたよね。 

これらの問題は一つひとつ性格も原因も違う。しかし、こうも続いて起こると、何か構造的な問題があるのではないかと感じざるをえない。

 またまた他人事の様に言う。当事者意識がないんだってば。そこが問題なんだってば。

このくらいならという気のゆるみやおごり。社内外での競争がもたらす重圧や焦り。朝日新聞という伝統と看板がかえって組織の病を生んではいないか。
こうしたことにきちんと目を向けて、病弊を根本から取り除く。日々の取材や紙面づくりで地道に努力する。それしか読者の信頼を取り戻す道はない。

 もともと信頼していなから気にしなくて大丈夫です。

あらためて、そう誓いたい。

 真摯な決意があれば誓う。と断言すべきですよね。でも断言調でかいちゃうと、社長ら経営陣が詰め腹切らないんくなるからでしょう。かくして捏造事件はまた起こるんでしょう。次はどんな事件が起こるか。朝日新聞を広げる愉しみがまた増えました。

http://www.asahi.com/paper/editorial20050831.html


【東京本社】〒104-8011 東京都中央区築地5丁目3番2号  TEL 03-3545-0131(代)
最寄り駅:地下鉄大江戸線築地市場駅すぐ上
【大阪本社】〒530-8211 大阪市北区中之島3丁目2番4号  TEL 06-6231-0131(代)
最寄り駅:地下鉄四つ橋線肥後橋駅より徒歩1分
【西部本社】〒803-8586 北九州市小倉北区室町1丁目1番1号 TEL 093-563-1131(代)
最寄り駅:JR鹿児島線・日豊線西小倉駅より徒歩3分
【福岡本部】〒812-8511 福岡市博多区博多駅前2-1-1 TEL 092-411-1131(代)
最寄り駅:JR新幹線・鹿児島線博多駅より徒歩3分
【名古屋本社】〒460-8488 名古屋市中区栄1丁目3番3号 TEL 052-231-8131(代)
最寄り駅:地下鉄東山線・鶴舞線伏見駅(7番出口)より徒歩5分
【北海道支社】 〒060-8602 札幌市中央区北2条西1丁目1番地1 TEL 011-281-2131(代)
最寄り駅:JR函館線札幌駅より徒歩7分

お問い合わせ・ご意見
東京本社 03-5540-7615(ご意見・苦情)
03-5540-7616(お問い合わせ)
大阪本社 06-6201-8016
西部本社 093-592-9920
名古屋本社 052-221-0337
北海道支社 011-222-5044
お問い合わせフォーム http://www.asahi.com/reference/form.html
よくある質問 (FAQ) http://www.asahi.com/reference/faq.html


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
まあともかく「本多を早く出せ!!話はそれからだ、朝日の信用がかかってるんだ!」って例のヤクザヒゲ記者がやってくれないかしら。
ざんぶろんぞ
2005/09/02 14:03
これは右翼の皆さんにとってはおいしい話だと
おもうんですけどね。築地の本社や社長の自宅に押し掛けても、社会の木鐸としての説明責任をはたせ〜!」とか正論ぶたれたら。反論できないでしょう。
キヨタニ
2005/09/02 14:27
そんなにいじめないでよ。
朝日は莫迦なんだから。(笑)
キヨタニさんの言うとおり、次回が楽しみだ。
Joe
2005/09/02 15:48
出版局とかBeの編集部にはまともな人も多いんですが。アホが主流派なんでしょう。困ったものです。
キヨタニ
2005/09/02 16:21
はじめまして。
ご存知かもしれませんが、
「戦う憂国の戦士たち(朝日新聞の歌)」という
ヘヴィメタルの曲があります。
とりわけ今の時分にぴったりです。
http://www.muzie.co.jp/cgi-bin/artist.cgi?id=a021935
ぷろすて
2005/09/03 00:36
情報ありがとうございます。
今度聞いていてみます。
朝日の中にもまともな人も多いですが、組織になると・・まるでロシア人ですな。
キヨタニ
2005/09/03 12:23
朝日も本流のトコが異常な歪みを見せているだけで、
基本的には毎日、読売、産経、日経に比べて良い記事が
載る確率は高いと、私は思っています。
あの素粒子を読んで、苦虫を噛み潰している
社員の方も多いんじゃないでしょうか。
出世コースが異様に歪んでいるのでしょうねぇ。
ぷろすて
2005/09/03 15:43
特に日経はひどいですね。書く記事のノルマが多いというのと、あとはチャントした取材の能力が欠如した人間が多い。
まあ、社長が経済犯罪起こす経済紙だからなあ・・・

ただ、朝日にあらずば人にあらず、という社風が・・・・
キヨタニ
2005/09/03 15:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
【情報追加】朝日社説8/31虚偽報道 朝日新聞が問われている  清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる