清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 何故かマスメディアが検証しない−西船橋「焚書」事件

<<   作成日時 : 2005/08/08 00:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

 この事件、意外に取りあげているメディアが少ないのでぼくは非常に驚いております。
 この問題は単に船橋ローカルの話ではなく出版、および表現の自由の保証、公務員の倫理、政治の在り方などの根元に関わる問題であると思うのですが、何故か追求するところが少ないんです。

 「SPAPIO」 8/10号38ページで原告の代表である井沢元彦氏が、この訴訟に関して1頁のコラムを書いています(誌面をみるかぎり、締め切りギリギリに押し込んだ感じで、あまり目立たないのが残念です)。

 このコラムで井沢氏は「最高裁の判決がでた後も市側からも土橋悦子氏本人からも、一切謝罪が無い」と述べています。船橋市は既に土橋に罰則を与え、配置転換にしています。非をみとめたならば謝罪すべきでしょう。この様な態度は船橋市が文化を軽視しているかの証左でしょう。
 くだらないハコモノ作る暇があれば、このような民主主義の根幹に関わる案件に対して徹底的に事実を追求し、不備があれば素直に謝罪すべきでしょう。

 この件を取りあげたメディアが非常に少ないし、突っ込んだ報道もされていません。新聞では産経新聞が熱心につたえていただけです。
 表現の自由という民主主義の今回に関わる問題だし、同様の「焚書」は全国の図書館で行われている可能性もあります。恐らくはあまりつつくと自社の書籍が図書館から閉め出される、といった心配をしているのではいでしょうか。

 井沢氏及び「つくる会」は土橋悦子氏の書籍不法廃棄を器物損壊を刑事告発、また船橋市図書館が土橋氏の本を大量に購入した件についても、警察に告発をすることをお勧めします。

 ぼくも今月、某月刊誌でこの問題を取りあげます。詳細は発売日が近くなったら公表します。

井沢元彦氏HP:http://www.gyakusetsu-j.com/
SAPIO HP:http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Labo/4996/sapio_info.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「西尾幹二のインターネット日録」管理人「年上の長谷川」さま。
※下記は標記宛てメールとして送信する予定だったものです。が、私の不徳の致すところ ...続きを見る
図書館員の愛弟子
2005/09/02 23:11

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
 思うに、日本のマスコミは自分たちの商売が言論の自由の上に成り立っていることを理解せず、報道とプロパガンダの区別がついていないからでしょう。
 官庁の記者クラブによる情報統制に安住する姿は、かつてのプラウダや今日の新華社と大筋で違わないものです。
土門見人
2005/08/08 22:53
毎年この時期になると新聞各社は国民に「あの戦争を反省しろ」と迫りますが、先の大戦で大本営のお先棒を担いで国民を煽った反省は聞いたことがありませんねぇ。
一葉
2005/08/09 00:11
 マスメディアは誤りを犯さず、なんでしょう。基本的には官僚とメンタリティは似ていますね。
キヨタニ
2005/08/09 01:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
何故かマスメディアが検証しない−西船橋「焚書」事件 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる