清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS ノヴァ、懲戒解雇の元講師と和解 生徒との交際問題

<<   作成日時 : 2005/07/10 23:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 6

 その昔、7年ぐらい前でしょうか。「週刊SPA!」で、「外人大好きヤラレちゃん」という外人大好きネーチャンの記事をやったことがあります。
 事前に断っておきますが、ぼくの周囲は国際結婚組みは多いし、ハーフ、クォーターもおります。日本人、特に女性が外国人とつき合うのはケシカラン、といっているわけではありません。

 ですが、相手が外人というだけで簡単に股を開く外人コンプレックス女も驚くほど多いのも事実です。キチンと金取っていたパンパンの方がナンボかマシです。
 前にも本で書きましたが、先進国で米兵がこんなモテる国ってありませんよ。それでも少女を強姦するマリンコがいるというのは困ったものです(アメリカ人は、あれは海兵隊がやったんじゃなくて黒人がやったんだなんてよくいいますが)。
 まあ、男の金髪好きとメンタリティーは同じなんですが。

 で、そのときリサーチで知り合ったのは某英会話学校の受付嬢でした。この娘も外国人講師とデキてました。彼女の話によると、講師と職員、生徒、デキまくりだそうです。何しろ語学じゃなくてイケ面講師をゲットしにくる女性生徒も多いそうです。
 んでもって、本国では全く鳴かず飛ばすだったアンチャンが日本に来た途端モテまくりの入れ食い状態になるんで、おかしくなっちゃうんですよ。で、勘違い君、傲慢君になっちゃう。

 国に帰るとまた元のモテナイ君に逆戻り。で、また日本戻ってくるというパターンが多い。日本に来て女とデキない奴は「敗北者」と呼ばれるくらいです。でも、国では日本で如何にモテかということを吹聴するので「日本の女はすぐやらせる」といった話が伝わります。
 
 友人のドイツのクォーター(日本語とドイツの完全なバイリンガル、無論英語もできる)もかつて某英会話学校の講師をしていましたが、まるでホステスみたいで嫌だったといっております。

 まあ、英会話学校ではなく、語学も教えるキャバクラ、ホストクラブと思った方が無難でしょう。
 個人的な見解ですが、英会話だけができても、単なる趣味ならともかく、仕事にはプラスになりません。
 英会話学校の講師はゆっくり話しますから、その英語に慣れても普通のネイティブの英語は聞き取れません。そんな暇があるなら受験塾で受験英語をみっちりやった方が何倍も役に立つ英語が身に付きます。

 ぼくはかつて、上智大学のコミュニティカレッジ(公開講座)に通っていましたが、たまに講師らの主催によるパーティなんぞもありました。これは非常に楽しかったですね。一律に教室以外で講師と生徒とのコミュニケーションを禁止するのもどうかと思いますが。

 「週刊SPA!」のこの記事の共同執筆者のひとりが、今は引退した伝説の新熟女AV女優、川奈まりこ氏でした。「昔、川奈まりこと仕事をしてた」というとたまに誤解されることがあります・・・


2005年07月09日17時33分

http://www.asahi.com/national/update/0709/OSK200507090013.html
アサヒ・コム

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
いっぱい聞けていっぱい愛せる?
ノヴァ、懲戒解雇の元講師と和解 生徒との交際問題(asahi.com)  わはは、こんな裁判をやってたのか。 生徒との交際を禁じた雇用契約に違反したとして懲戒解雇されたのは基本的人権の侵害にあたるとして、大手英会話学校「ノヴァ」(統括本部・大阪市中央区)の元講師が同社に慰謝料など計500万円の支払いを求めた訴訟が、控訴審の大阪高裁(若林諒裁判長)で和解していたことがわかった。ノヴァは元講師への解雇通告を撤回して円満退職とし、和解金100万円を支払う。 愛に国境はありませんからなあ。そりゃつき合っ... ...続きを見る
0.3% Weblog
2005/07/12 19:46

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
 私は、NHKのラジオ英語会話講座で勉強しましたが、これで立派に英会話を習得できました。通訳も翻訳も、不自由したことはありません。下手な英会話学校へ行くより安く手軽に、ラジオと市販の教材で十分に習得できます。
 ヤンキーのアンちゃんに負けないよう、こっちも広瀬武夫中佐になれるくらいの覚悟を持ちたいもんです。
土門見人
2005/07/11 00:07
 NHKラジオの「ビジネス英会話」も結構役に立ちました。同僚が昼間から会社をさぼっている同僚を発見した、とか結構生臭いシュチュエーションがあって面白かったです。
 何を好きこのんで英会話に大枚つぎ込むのか(といっても、未だに英語では苦労していますが)。個人的にはむしろ、速読をマスターしたいですね。せっかく外国で買った重たい本が多数積ん読になってます。
キヨタニ
2005/07/11 00:40
 清谷様、英語の速読を身につけたいならば、とにかく語彙数です。外国人が専門書をじっくり読むためには一万語を身につけている必要があり、一般的ネイティブが身につけている語彙数は五万語で、ふつうの書籍・雑誌類はこの語彙数を基準に書かれているそうです。それでインテリが身につけている語彙数は十万語を超えるらしいです。この語彙数に関する根拠はブログ「アンチ・バベルの塔」http://sahshishimei.cocolog-nifty.com/_the_tower_of_antibabel/を読むと分かります。私は英語以外の言語も身に付けたいので、一万語コースでアンチ・バベルの塔を築いていますが、このブログの著者氏は来年初めには十七万語の語彙数を達成するそうです。時間があれば急いで築けますが、時間があまりとれない方はそれなりに時間をかけてアンチ・バベルの塔を築けば、十年で五万語くらいの語彙数を達成でき、そうすれば自然と速読力も身に付くと思います。
風の祈り
2005/07/12 02:13
貴重なアドバイスありがとうございます
日本語はかなり早く読めるのでなおさら英語の読む速度にいらつくんですよね。
キヨタニ
2005/07/12 12:06
 ブログ「アンチ・バベルの塔」のアドレスを間違えたみたいです。
http://sanshisuimei.cocolog-nifty.com/_the_tower_of_antibabel/
が正確なアドレスです。

 なお、アンチ・バベルの塔の構築方法については弊ブログ「座敷牢から風の祈り」6月26日付け記事、アドレスhttp://windswishes.way-nifty.com/diary/2005/06/post_732f.htmlにも記載してありますのでご参考下さい。
風の祈り
2005/07/12 16:41
わざわざありがとうございます。
キヨタニ
2005/07/12 19:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
ノヴァ、懲戒解雇の元講師と和解 生徒との交際問題 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる