清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 韓国 扶桑社教科書“妨害”活発化 日本で阻止活動、反対派と共闘集会も

<<   作成日時 : 2005/07/10 01:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

韓国では官民合同で、我が国の「市民団体」と手を組んで「扶桑社」の歴史教科書採用の妨害工作をおこなっているそうです。感情の赴くままの非理性的な行動は諸外国にプラスのイメージを与えないと思うんですが、言っても聞かない人たちだし。
我が国では例え売国、自分たちの運動のためなら外国の走狗になるような連中に対してですら言論、行動の自由が保障されているわけですな。
 これが逆の立場ならば韓国政府が内政干渉だ、と顔を真っ赤にしておこるだろうし、親日派は政府、世間から攻撃され、何ら行動を起こせないでしょう。

 まあ、どういう活動をやろうとご自由ですが、将来歴史が審判を下してくれるでしょう。
こういう運動をやるなら、長年韓半島を支配してきた中国に対しても、同様の行動をとって欲しいものです。まあ、怖くてできなんでしょう。

 我が国も対抗上、内閣府が司令塔となって外務省、文部科学省などをまとめ、理性的な反撃を行うべきです。せめて宮沢内閣の謝罪は間違っていたとか、あとは韓国の主張の誤りと日本の主張をHPや各国主要メディアにおいて意見広告を多言語で主張すべきでしょう。国際社会においては声の大きい方が正義ですから。

 
 【ソウル=黒田勝弘】 (産経新聞) - 7月9日2時53分更新
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050709-00000006-san-pol

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
 こん**は、こんな記事がありますよ。

中韓英訳の歴史教科書、8月上旬から外務省HPで公表(読売新聞)

 外務省は日本の中学校歴史教科書のうち、近現代史に関する記述を英語、中国語、韓国語に翻訳し、8月上旬からホームページ(HP)で公表する。

 主に、中国や韓国の人々を対象に、「戦前の軍事的な行動を賛美するような教科書は一つもない」(町村外相)ことを示す狙いがある。

 今春の教科書検定に合格した8社すべての教科書を対象とし、近く民間の翻訳会社に翻訳を委託する。

[読売新聞社:2005年07月09日 22時56分]

 町村外相、やるべきことを粛々と進めているようです。
KWAT
2005/07/10 03:07
そうでしたね。思い出しました。
あと、英仏語、その他アジアの言葉でもやって欲しいですね。
要は国際的な世論を味方にしなければりませんからね。
キヨタニ
2005/07/10 10:27
 以前、民団の幹部と討論した際、
「韓国は、日本に分断の責任があるような言い方をするが、金日成に兵員と兵器を与え、更に朝鮮戦争で途中から介入し、朝鮮半島の分断と固定化をもたらしたのは中国だろう。中国の方が遥かに罪深い」と指摘したら、
「中国は略奪しなかったからいいのだ。日本は、朝鮮の美術品を略奪した」
 とのたまいました。
 性根まで腐っているとしか言いようがない。
土門見人
2005/07/10 22:46
民団の朝鮮戦争論の典型例ですね。
一月に中国の高句麗発言で一度は沸騰した韓国世論もすっかり大人しくなってしまったし。陸続くの大国は怖い、というのが本音でしょう。
キヨタニ
2005/07/10 23:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
韓国 扶桑社教科書“妨害”活発化 日本で阻止活動、反対派と共闘集会も 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる