テーマ:軍事

陸上自衛隊、2系列の装輪装甲車ファミリーを導入の不思議。

陸上自衛隊、2系列の装輪装甲車ファミリーを導入へ http://www.tokyo-dar.com/news/6293/ >防衛省が陸上自衛隊用に2種類の装輪装甲車ファミリー「共通戦術装甲車」と「次期装輪装甲車」を導入する方針であることが、当サイトの取材によってわかった。 >「共通戦術装甲車」は16式機動戦闘車と共に即…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

日刊工業新聞に防衛産業の記事を書く能力はない。

日刊工業新聞には防衛産業について記事を書くための基礎的な能力が記者にも、 記事を精査するデスクにもないようです。「工業」の専門紙ですから、これを信用する読者も 少なからずいることでしょう。罪作りな話です。 宙に浮く「F2」後継機゛…開発経費計上は見送りの公算 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

アメリカ様に言われましたと、南西諸島で使えないAAV7を入れた陸幕の見識

さて先日、軍事見本市、MASTジャパンに行ってきました。 前回も初回よりもしょぼかったのですが、今回は更にスペースが約半分に縮小されておりました。 余り見るべきものがなかったというのが正直な感想です。次もやるんでしょうかね? さて、防衛装備庁のブースでは三菱重工がオウンベンチャーで始めて、いまは装備庁の開発予算がつ…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

陸自MLRS退役。 特科のポートフォリオは?

■本日の市ヶ谷の噂■ 陸幕は今中防衛大綱、中期防から203ミリ自走榴弾砲の退役を実施、合わせてMLRSも退役させる意向との噂。 さて、遅々として進まない戦車、火砲の削減ですが、どうせならFH-70よりも203ミリを優先させるべきでした。 口径が違う、年代もモノの上に、装軌式、操作要員も多い。203ミリの退役を優先させ、…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

パリ航空ショー、C-2、P-1地上展示の愚。

>航空自衛隊は、6月17日に開幕する世界最大規模の航空ショー「第53回パリ航空ショー」にC-2輸送機を参加させる。C-2の同航空ショー参加は初めてで、前回自衛隊機として初参加した海上自衛隊のP-1哨戒機も参加する。 >空自によると、国外運航訓練の一環で、航空支援集団第3輸送航空隊の隊員約15人が参加するという。主催者によると、2機…
トラックバック:0
コメント:17

続きを読むread more

IHIの防衛需要頼りのいびつなジェットエンジンビジネス。

IHI、トランプ発言に喜べぬ航空エンジン事業 >「日本は(米ステルス戦闘機の)F35を105機買う。日米両国の危機への対応力は増すだろう」。日本の防衛関係者は28日のトランプ大統領の発言を半ばあきらめ顔で聞いていた。この話はすでに昨年12月に出ており、米政府の提示額や納期を日本側が受け入れる「対外有償軍事援助(FMS)」に基…
トラックバック:0
コメント:29

続きを読むread more

F35より福祉 「有能とは言えない作家」、青木俊さんの平和病

なぜ税金という一つの財布から出るカネの使い道で、戦闘機より福祉実を という主張が「無駄な兵器調達を助長している」ことになるのか、さっぱりわ からない。記者クラブの記者が無能という批判は当たっているのかもしれない が、だからといってフリーの記者がみんな有能とは言えないという一例 ↓。 https://t.co/72isQxhAP…
トラックバック:0
コメント:24

続きを読むread more

10式戦車に商機などない。

IHSジェーンズの記事です。 日本の最新式戦車「10式(ヒトマルシキ)」は何がスゴいのか、商機はどこにあるのか https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190515-00036389-biz_plus-bus_all&p=1 これはジェーンズの月刊誌、IDW2月号の陸自特集の戦車…
トラックバック:0
コメント:26

続きを読むread more

日経は防衛ビジネスを分かっていないか、政府の批判をできない。

防衛装備品、輸出実績ゼロ 解禁5年、厳しい現実 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44689520R10C19A5SHA000/ >航空機や潜水艦など防衛装備品の国際共同開発や輸出が進んでいない。政府は2014年に「防衛装備移転三原則」を定め条件を緩和したが、新たな原則のもとで始まっ…
トラックバック:0
コメント:33

続きを読むread more

トルコ取材で思ったこと。日本の防衛産業に先はない。

 先週、トルコの軍事見本市IDFF2019に行っておりました。  この四半世紀ほどでトルコの軍事産業は中国同様に長足の進歩を遂げております。  主要コンポーネントはまだ海外製に頼っているケースが多々あるにしても、陸軍用装備はほぼ国産です。装甲車両にしても、ISR関連にしても遥かに我が国を凌駕しています。  また、レールガン…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

いずも、F35の文句を言う前にメディアと野党がやるべきこと。

いずもの空母化とか、F35の墜落とかをうけて、にわかにメディアや野党が攻撃しています。 ですが、いずも(その前の16DDHも)、F-35の調達について、事前にまともな報道や国会で議論はなされたのでしょうか? はっきり申し上げて、やっておりません。 以下にぼくの過去書いた記事を幾つか紹介します。 文民統制の放棄!なぜ「…
トラックバック:0
コメント:21

続きを読むread more

航空自衛隊に戦闘機調達の能力はない。

 昨今、空自のF-35Aの墜落を受けて、「欠陥機」だ、調達を中止しろという人たちがメディアにも少なからずおいでですが、原因も特定されていないのに決めつけはまずいでしょう。  それにFX選定時にどれだけの人が興味をもっていたのでしょうか。墜落したから大騒ぎ、では文明人じゃないでしょう。オスプレイ反対もそうですが、反対派の主張は人を動…
トラックバック:0
コメント:35

続きを読むread more

F-35が欠陥機か、ニューズウィーク・ジャパンが欠陥メディアか?

さて、空自のF-35A戦闘機が墜落しましたが、未だにパイロットも機体も発見されていません。 現時点で墜落原因の特定は困難です。あれこれ言っても推測の域をでません。 ですからぼくはこの墜落自体には発言してません。 F-35 1機の金額で何ができたかという志葉玲氏の記事が話題になっています。 https://www.ne…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

防衛記者クラブを補助する防衛省女性職員の人件費

さて、相も変わらず防衛省は防衛省での記者会見の主催者である防衛記者クラブが了承した我々フリーランスの会見の参加を認めていません。会見室のキャパだの、入館の手続きだのを理由にそれがいつ解消するかの見通しも述べておりません。 日本の官僚の能力ってこんなに低いんでしょうかね? それはともかく、別な方面から攻撃することにしました。 …
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

陸自は内局志賀佐保子広報課長のせいで多大なとばっちりを受けるかも。

 陸自は毎年オーストラリア軍が主催する、射撃競技会「AASAM」に参加しています。実はこれで各国の参加者に自衛隊の銃を触らせたり、撃たせたりしたことが多々あります。  これは銃刀法違反にあたります。よほど特別な許可を取っていれば別ですが、他国の軍人に銃を触らせたり、撃たせるのは派遣目的に入っていません  どの年度でそれが…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

アカデミズムの軍事協力とアカデミズムの軍事技術利用

https://www.yomiuri.co.jp/science/20190405-OYT1T50242/ はやぶさ2、世界初の「衝突実験」に成功 >宇宙航空研究開発機構(JAXAジャクサ)は5日、探査機はやぶさ2が小惑星リュウグウ(直径約900メートル)に金属の塊を衝突させることに成功したと発表した。 これで使用さ…
トラックバック:0
コメント:21

続きを読むread more

防衛省内局、志賀佐保子広報課長は懲戒解雇されるべき。

さて、昨年末、ジャーナリストの寺澤有氏が防衛省の記者会見を主催する防衛省記者クラブに会見の参加を申し込み、了承されました。防衛省記者クラブは会見にフリーランスの記者の参加を認めました。 ところがです、防衛省は会見室のキャパなどを理由にちょっとまって欲しい、と入館許可書の発行の猶予を与えて欲しいといいました。しかし、それがいつになる…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

中国に勝てない防衛装備庁の開発

かつての防衛省技術研究本部は組織改編で防衛装備庁に吸収された形になりました。 ですが、装備の開発調達は旧態然で、全く進歩していません。これでは仮想敵国である中国にはまったく勝てないでしょう。 中国が後進国だったのはかつての話であり、今や急速に開発力と実力をつけています。 例えば装備庁は対UAVレーザー砲を開発しようとしてい…
トラックバック:0
コメント:37

続きを読むread more

記者クラブはヤクザと同じごろつき、犯罪者の類

【「会見は知る権利実践の場」 質問制限で官邸前抗議】東京新聞の望月衣塑子記者に対する首相官邸による質問制限は国民の知る権利を奪っているとして、新聞労連や民放労連などでつくる日本マスコミ文化情報労組会議は官邸前で抗議集会を開きました。関連記事はこちら⇒https://t.co/o7ui7OdVD9 pic.twitter.com/eZv4…
トラックバック:0
コメント:43

続きを読むread more

防衛装備庁の開発費の使い方はリーズナブルか?

 先週の「朝雲」でジェイテクト社の作業用パーワードスーツ、「J-PAS」が紹介されていました。これは最大16キロの荷重を軽減できるものでその場合約半分に重さを感じるそうです。新型の「J-PAS LUMBUS]は重量を抑えて防水性を持たせて雨や雪でも使えるそうです。  既になんども主張していますが、装備庁が戦闘用パーワードスーツを開…
トラックバック:0
コメント:27

続きを読むread more

陸自に新型8輪装甲車は必要なのかね?

すでに周知のように陸自ではコマツが開発した装輪装甲車(改)を不採用として、仕切り直しをしています。現在ボクサーやストライカーの名前が上がっていますが、欧州の「あのメーカー」も名乗りを上げるようです。 それから、これもすでにご案内ですが高機動車と軽装甲機動車の後継を兼ねた車輌をこれまた開発、調達する予定です。三菱重工は困惑気味の…
トラックバック:0
コメント:21

続きを読むread more

国内ヘリメーカーは潰したほうが良い

観測ヘリ、飛行再開へ=エンジンの不具合解消-陸自 https://news.nifty.com/article/domestic/society/12145-205164/ で、これから34機すべてエンジンを改修するのに装備庁は、9年はかかるといっていたわけです それも順調に予算がついてです。 しかも、OH-1の偵察と通信シ…
トラックバック:0
コメント:15

続きを読むread more

IDEXとコマツの装甲車両撤退

昨日IDEX2019の取材より帰国しました。 とりあえず速報は東京防衛航空宇宙時評をご参照ください。 http://www.tokyo-dar.com/ さて今回はNEC及び川崎重工が出展しておましたが、なんで君たち来ているの? レベルの出展でした。両者の株主は余程鷹揚なのでしょう。 NECは一応、湾岸諸国で売れそうなダイ…
トラックバック:0
コメント:27

続きを読むread more

自衛隊がパワードスーツ導入するなら戦闘用より兵站用

空港の手荷物積み降ろし作業に「着るロボット」導入 負担軽減へ JAL https://trafficnews.jp/post/83418 > 国内主要空港で手荷物・貨物の搭降載作業などのグランドハンドリング業務を担うJALグランドサービスと、着用型ロボットを提供するATOUN(アトウン)は2019年2月12日(火)、空港グランド…
トラックバック:0
コメント:25

続きを読むread more

防衛産業から撤退する企業の挟持。

先のブログでコマツが装甲車両製造から撤退することをご案内しました。 軽装甲機動車に関しては整備などもやらんそうです。これは複数の業界関係者や機甲化OBに確認した話です。 コマツの売上は連結決算で2.7兆円、防衛省売上は約280億円、全体の1.1%に過ぎません。 以前は装甲車両の売上は1/3で後は砲弾や信管でしたが、昨今は軽装甲…
トラックバック:0
コメント:17

続きを読むread more

防大も防衛医大もいらない、廃止すべき。

防衛大いじめまん延 暴行訴訟で賠償命令 福岡地裁 元上級生らに95万円 http://news.livedoor.com/article/detail/15980464/ > 防衛大学校(神奈川県横須賀市)で「指導」と称して繰り返し暴行、いじめを受けたとして、福岡県内の元男子学生(24)が当時の上級生や同級生8人に慰謝料など計1…
トラックバック:0
コメント:48

続きを読むread more

岩屋毅防衛大臣に対する記者会見開放に関する公開質問状

昨年末 防衛記者クラブは我々フリーランスのジャーナリストに対しても防衛省における会見に参加を許可すると決定しました。ところが防衛省は事務手続や会見室のキャパシティを理由に先延ばしにしています。 これらの理由ならばいつまでにという期限も切れると思うですが、いくら問い合わせても期限は言えませんの一点張りです。そこでこの件に対する…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

日本の無人機出遅れの戦犯は防衛省、自衛隊。そしてメディア。

もうパクリとは言えない 謎の「ステルスUAV」から見た中国の無人機開発事情 http://news.livedoor.com/article/detail/15900108/ 海外の軍事や航空の見本市にここ15年ほどいっていれば中国の無人機の怒涛のような出典には目を見張るはずです。確かに昔はしょぼかったし、パクリばかりでしたが、…
トラックバック:0
コメント:40

続きを読むread more