テーマ:法律

防衛施設周辺での土地取引規制、対象は外国人だけでいいのか?

外国人の土地取引規制検討=防衛施設周辺で-自民特命委 http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2013102500456 防衛施設周辺での土地取引規制、対象は外国人だけでいいのでしょうかね。 かつてオウム真理教の事件を思い起こせば、宗教団体も問題じゃないですか。 与党公明党のバックにある創…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

憲法学者、水島朝穂教授の奇怪な「軍事常識」

憲法学者の水島朝穂教授がこんなことを書いています。 「ねじれなくなった政治」の先に――海兵隊と軍法会議   http://www.asaho.com/jpn/bkno/2013/0729.html ここで注目されるのは、「海兵隊的機能」を堂々と掲げたことである。島嶼専門部隊として西部方面普通科連隊が存在するが、この660…
トラックバック:1
コメント:9

続きを読むread more

憲法改正の前にできることをやらずに、憲法改正だけを叫ぶのはプロ市民と同じメンタリティ

 自民党安倍政権は憲法改正を目指しています。  個人的には占領軍に銃剣を突きつけられて、与えられた憲法は改正すべきだと考えます。  現憲法の制定手続きが正当であり、合法的ならば、ナイフを突きつけて性行為を強要することも強姦ではなく、合意の上の行為となります。文明社会で許されるものではありません。  まあ、そのような「強姦憲…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

銃発砲・立てこもりの金子容疑者、自殺図り死亡。16年前には誘拐事件も…埼玉・川越

   http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00134004.html    あちこちの報道では「自称・金子 謙容疑者(55)」となってましたが、何度も凶悪犯罪を興して逮捕され、国営ダーチャ(別荘)での生活も多かったのに、なんで本名がわからないのでしょうか。不思議で…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

グリーンピースと弁護士達、自分たちの窃盗は犯罪にあらず

 グリーンピースのHPにグリーンピース・ジャパンのスタッフによる鯨肉持ち出し行為についての法的見解 なるリリースが掲載されております。 http://www.greenpeace.or.jp/press/reports/rd20080520oc_html#legal  で、これを読むと西濃運輸から共同船舶船員の荷物を抜き取った…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

これが詐欺罪に問われるならば- ボウリング11時間踏み倒し 60歳男を逮捕

四十八ゲーム、約十一時間ボーリングして、プレイ代を踏み倒そうとしたおっさん(60歳)が「詐欺」の現行犯で逮捕されました。  釈然としないのはこれが詐欺罪に問われるならば、助手の論文を盗用した京大農学部の教授やら、空出張を繰り返したいた一橋大の教授とかが何故詐欺罪、背任に問われないでしょうか。一橋大は資料がないと調査すらしていな…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

「厳しい判決」はホンモノか- 新潟の官製談合、罰金破棄し猶予付き懲役刑…東京高裁

 新潟市発注の公共工事を巡る官製談合事件の裁判です。  で、業者側に価格などの情報を漏らしたとして偽計入札妨害罪に問われた市幹部4人、同市都市整備局参事・結城隆行(56)、同局副参事・松原松男、同局副参事・清水清(56)、同市西土木事務所建設課長補佐・丸山喜代二(56)の控訴審判決が22日、東京高裁でありました。 それで…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

京大教授、論文盗用と助手に嫌がらせ-でも、罰は停職止まり

 これは大学院農学研究科の60歳の教授なんですが、林業経済学会誌に「日本に林業は必要か」というタイトルで、同じ研究室の女性助手が書いた文書を自分の名前で発表(この論文は03年3月に「研究者としてのモラルに反する」と掲載が取り消された)したそうです。  その他にも林業経済学会誌に発表した論文で助手が作成した3つの図表の引用を明記して…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

【月刊サイゾー一月号連動企画②】清谷暴露ジャーナル「日米安全保障条約会議」

日米安全保障条約会議の最終日で石破元防衛庁長官は、 「日本の危機管理組織はトップの官僚が出向できて数年で本省(または本庁)に帰ってしまう。これではまともな対応はできない」 また同様に、 「演習ははじめから最後まで筋書き通りで、めでたしめでたしで終わる。これでは問題点や不備を検証することができない」 ということを述べてい…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

井上薫判事再任されず-ヒラメ裁判官だけが生き残る

 最高裁の下級裁判所裁判官指名諮問委員会(委員長・奥田昌道元最高裁判事)は、このブログでも度々取り上げてきた「司法のしゃべりすぎ」の著者で、簡素に判決文をまとめる井上薫判事を再任不適当とする答申をまとめたそうです。  最高裁は来年3月までに最終的に判断するそうですが、井上判事らは再任されない可能性が高いようです。  恐らく地…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

常軌を逸した東京都の規制-石原さん大丈夫ですか?

12月4日、たまたま見ていたTBSの「噂の東京マガジン」で自動車用の回転しないタイア・ホィール・カバーが紹介されておりました。これ走行中の車のタイアがまるで止まっているようにみえるんです。で、ここに絵や文字などを書けばおもしろい、また広告に使えないと思うのは人情でしょう。  実際都内のタクシー会社が雪だるまとメリー・クリスマス…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

西村真悟議員と弁護士法違反-本人訴訟原則の矛盾

 西村真悟議員が弁護士法違反事件で逮捕されました。本人も容疑を認めているので、早く自ら全容を明らかにして欲しいものです。  さて、この事件でふと思ったのですが、我が国では訴訟を起こす場合、本人訴訟が基本なんですね。ですから原則弁護士費用は原告持ちです。  ということは、法律のシロウトだけが裁判を戦うことをことを前提にしているわ…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more