テーマ:政治経済

防衛省天下りのからくり

防衛省から生保、天下り審査なし 自衛隊法の適用外 http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2010082602000032.html  ぼくの知っている将官も近年保険会社に天下りしました。  そしてすぐやめて転職しました。  単に営業に同行するだけ、元将軍の星の…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ロシアの揚陸艦ミストラル調達、波高し

 ジェーンズ・ディフェンス・ウィークリーの9月1日号に「Russia seeks more helo carrier bids」 なる記事が掲載されています。  ロシアはフランスとミストラル級揚陸艦4隻を購入する話を進めてきましたが、ここにきてこれが競争入札になる模様です。で、当面二隻を競争入札で調達することになるようです。  …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

円高は悪か?

円高で議論、財務相「断固たる措置」・日銀総裁「追加措置の構え」 http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-17135220100908  過日、誕生日にフランス料理を食べに行きました(といっても一人当たり諭吉さんが何人も必要な高級店じゃありまんせんが)。メニューをみ…
トラックバック:0
コメント:27

続きを読むread more

食料自給率40%の虚構

「食料自給率40%」は大嘘!どうする農水省 http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/4098 『日本は世界5位の農業大国』の著者のインタビューです。この本は舛添要一氏もネタ本にもなっているようです。テレビのインタビューでそっくりなことを言っていした。 日本は世界5位の農業大国 …
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

【FX選定】日経も子供か

 4月15日付けの日経朝刊に、「米はF22生産中止の再考を」と題した社説が掲載されました。日経の社説でこういう記事が載ることは極めて異例です。  一言で言うと、生産を続けて日本に売れ、という主張です。F―22の米空軍の調達価格が140億円だからF2とあまり変わらんだろう。ということです。  社説としてはあまりに杜撰です。 …
トラックバック:1
コメント:5

続きを読むread more

こんにゃくゼリーは発売中止にすべきか否か

 こんにゃくゼリー「ダメ」なら 「自動車も売れなくなる」  http://www.j-cast.com/tv/2008/10/21028935.html  昨今、政治の世界でも問題になっていますが、「じゃあ餅の方が死人が多いじゃねえか、餅も禁止にするか?」という声も出ています。  このケースは昔だったらメディアでヒステリー的…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

民間にある「埋蔵金」商業不動産の馬鹿高い保証金

 昨今財政再建にからんで霞ヶ関の「埋蔵金」が話題になっていますが、民間にも兆円単位の「埋蔵金」があります。それは店舗や事務所などの保証金です。 店舗などでは20ヶ月とか30ヶ月の保証金を取られる所は珍しくありません。一部上場企業で小売業の場合、その金融資産の3割がこの保証金として寝ていると言われています。これが中小企業や個人商…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

国際航空宇宙展その3 PXは必要か?

 川崎重工のブースではCXとPXに関して色々とお話を伺ってきました。  CXは足回りの不備で初飛行が延びています。メーカーとして早く実施したいが、官の方が破壊テストの結果を見てからにしたいというので、それを待っているとのことでした。  ただ、業界筋では不具合は着陸装置だけではなく、機体設計の方にも問題があると主張する人もいます。無論…
トラックバック:3
コメント:20

続きを読むread more

国際航空宇宙展2008その2 US-2は必要か。

 さて、新明和のUS-2です。 こちらの民間転用で売り出したいというのはメーカーの深刻な台所事情があります。  防衛省の予算に示されているUS-2の海自の収得コストは一機あたり約70億ですが、これに官から支給されたコンポーネントや装備を組み込んだ実際の価格は約100億円だそうです。  US-2はUS-1Aに比べて耐用年数が…
トラックバック:0
コメント:26

続きを読むread more

国際航空宇宙展2008その1 MRJは市場で戦えるか

 先週は金曜日までパシフィコ横浜で行われた国際航空宇宙展の取材でした。  その前日の火曜日には英国大使館主催のセミナーがあり、連日大使館やらメーカーのレセプションが続いたので疲労困憊です。ただ海外の大メーカーのトップとざっくばらんにお話する機会もあり、非常に有益な取材ができました。  今回気になったのが国内メーカーの動向でした。…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

外交にトップの夫人同伴は必要か?

 サミットなど外交場では首相やら大統領が夫人同伴という暗黙のルールがあります。  この「夫人同伴」が果たして外交に必要なのでしょうか。  まず、こういうカップル文化は欧米的なものであって、別に人類の普遍的な慣習ではありません。 それに小泉元首相のように独身で、夫人(あるいは亭主)がいない人もいるわけです。  また連れ…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

在外公館の警務官

 在外公館には、警備を担当する警務官がおります(全部にいるわけではありませんが)。これが警察と自衛隊からの出向となります。自衛隊の場合、一尉ぐらいで、ぼくの知る限り、叩き上げで語学に強い人間が選ばれるようす。  どうして警察と自衛隊という二つの組織から出向しているかというと、条件を満たす人間が一つ組織からだと供給できないからだそう…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

公明党と共産党の相似性

 公明党と共産党、なんかよく似ていませんか?    まず財政的な裏付けも、波及効果もないバラマキ政策が好き。 公明党の支持母体である創価学会の会員は比較的低所得者が多いわけで、彼らが「現世利益」を受けるような政策が大変お好きです。共産党もその支持者である労働者や公務員などにたいするばらまき政策が大好きです。  公明党が困るの…
トラックバック:0
コメント:30

続きを読むread more

図書館にも女性専用席。小役人の責任回避が納税者に負担を押しつける。

図書館にも女性専用席 ホームレス対策…「不公平」の声も  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080830-00000909-san-soci  都内の図書館で女性専用席が増えているそうです。これがホームレス対策だそうです。    ホームレスの異臭で迷惑するのは男も同じです。これはあか…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

もう黙っちゃおれん? 民主党長妻昭代議士の品格と公共心を問う

 ミスター年金こと民主党代議士、長妻昭代議士の事務所です。  長妻昭代議士の事務所近くでこんなものを見つけました。  事務所から道路を挟んだ反対側の歩道には黄色の派手な幟がおかれ、長妻代議士のパンフいれが街路樹に括り付けられていました。パンフ入れはひとつだけではなく、前後に二つおかれておりました。…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

銀座に自衛隊の装甲車! で、米軍の装甲車は通れるのか?

 銀座に装甲車! 都が防災訓練 初の日曜開催に  http://sankei.jp.msn.com/affairs/disaster/080831/dst0808311214002-n1.htm  以前ビッグレスキューでは装甲車が銀座に出張ってきた時、、朝日新聞は「軍国主義の軍靴の響きが」的な記事を書いておりました。もっとも…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

婦人警察官に銃とズボンを。それとも日本の官憲はホモの集団か。

 他の先進国なんぞにいくと、女性警官が男性の警官同様、ズボンをはき、腰に拳銃を下げて街中をパトロールしている姿を見かけます(英国では通常拳銃は携行せず、警棒、催涙ガスですが)。 翻って我が国で婦人警察官は、スカートをはき、ミニパトからチョークで駐車の回りに印を付けているイメージしかありません。タテマエでは警察においても男女平等で婦…
トラックバック:0
コメント:26

続きを読むread more

新戦車の値段は本当に7億円か。

 さて、もうそろそろ防衛省の来年度予算案がでてくる季節となりました。防衛白書の公開も今年は遅れていますが、メディア向けには月内にリリースされる予定だそうです。  以前このブログで新戦車に関する記事を、新戦車公開直後に書きました。本来新戦車に関してこのブログで書くのは同業の皆様の営業妨害にならないように、月刊誌で紹介されてからと思っ…
トラックバック:3
コメント:44

続きを読むread more

グルジアVSロシア ロシアの目的は

 今回の紛争というか戦争でロシアはソ連時代から何も変わっていないと世界中に印象付けたでしょう。もっともその前の帝政ロシアからといってもいいでしょうが。    隣の国に乗り込んでしかもあれだけの兵力を周到に用意しておいて「平和維持部隊」というのは失笑です。手口がチェコやハンガリー、アフガンの時と大同小異です。国民性はそう簡単にかわるも…
トラックバック:1
コメント:11

続きを読むread more

役人は景気を悪くする

 姉歯事件を契機に建築関連の規制が無意味に厳しくなり、最近は大手のデベロッパーが黒字倒産したりしてます。  これは耐震偽装の責任を逃れるために国交省の役人がアリバイ工作的に法を変にいじくったからです。本来彼らがやるべきことは何故に偽装が起きたのか、また偽装した物件が本当に危険だったのか、などの検証だったでしょう。そういうことはやられて…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

陸自近代化のガンは第7師団と「北海道限定商品」

 陸自の装備に関していえば近代化を図るためには、前にも書いたように兵力削減が必要不可欠です。  http://tb.bblog.biglobe.ne.jp/ap/tb/dc5ec3ad76  それ以外に有効だと思うのが唯一の機甲師団たる第7師団の解体です。  というのも、第7師団あるいは他の北海道の部隊のみに配備されている…
トラックバック:0
コメント:21

続きを読むread more

防衛産業の明日はあるか

 最近夏休みを利用してあれこれ防衛関係者に取材をしております。まあ休みが休みになっていないのですが。ただ先方もこの時期出社している人も普段よりは忙しくないのでゆっくりお話もできるわけです。さすがぼくも今週週末はお休みです。  普段は記事に直結する取材が多いのですがこういう時はあまり記事に関係ないテーブルトーク的な取材をしているわけです…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

公用車はピンクのGPS搭載軽自動車に

 経費削減と官僚の無駄使いの防止のために公用車は全部軽自動車のバンにしてはいかがでしょうか。  大型のセダンに比べて取得コストも維持費もガス代も安いので経費節減になります。しかも二酸化炭素や有害物質の発生も少ないので、環境面からもいいわけです。バンならある程度荷物も積んだりなども出来ます。役所が率先して公用車を軽にすれば民間企業に…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

【WiLL】「防衛省変革の時 まず陸海空の比率を変えよ」を読んで

 現在発売中のWiLL9月号に元海幕長、古庄幸一氏と戦略地政学者、北村淳氏の「防衛省変革の時 まず陸海空の比率を変えよ」なる対談が掲載されています。  海兵隊をつくれとか、固定化されている陸海空の比率を変えろとか、本土決戦主義から決別しろとか頷くところも多いのですが、ふたりとも「海の人」のためか、違和感を感じる部分もありました。要…
トラックバック:0
コメント:21

続きを読むread more

新戦車と機動戦闘車 

砲塔装備の『機動戦闘車』 予算めぐり火花 http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2008072702000095.html  防衛省と財務省で機動戦闘車は「戦車」か否かということで神学論争をやっておるようです。もっとも防衛省は本年度の防衛省の予算案で機動戦闘車も含め…
トラックバック:1
コメント:9

続きを読むread more

現代の士農工商とごね得

漁船の燃料費を一部補助へ 気仙沼市「金額は少ないが、国や県に救済策を促したい」 http://sankei.jp.msn.com/politics/local/080718/lcl0807181107002-n1.htm  先週ですが、全国の漁民が一斉に出漁を取りやめて「スト」を打ったのは。 で、お上に燃料費の負担をしろと。 …
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

竹島問題で有効なのは日韓友好ではなく海兵隊創設と核武装

 竹島問題で有効なのは日韓友好ではなく海兵隊創設と核武装、などというようなことはいいたくはないのですが、結論から言えばこうなるでしょう。  元来竹島は我が国の固有の領土であり、それを韓国が武力を持って占領して今日に至っているわけです。  で、文部科学省が中学校の新しい学習指導要領の解説書に竹島の問題の明記を決めたことに、竹島は我…
トラックバック:0
コメント:39

続きを読むread more

【何を今更大騒ぎ】教委、教組にも「採用枠」~大分汚職で関係者証言

http://www.asahi.com/international/update/0711/TKY200807100396.html  今回の事件が「発覚」してメディアは大騒ぎをしているわけですが、公立校、特に田舎では縁故採用は昔からの常識です。そういうことを告発することも多々行われてきました。  が、メディアはそれを報道し…
トラックバック:0
コメント:17

続きを読むread more

景気浮揚の妙手?携帯メール&ネット税

 最近のやたら電車の中とか、やたら携帯でメールをやっている人間が多いわけです。  携帯メールが一概に悪いとはいいませんが、若い者が日がな一日携帯の振り回されているのは如何なものかと思います。  ぼくの知るところ、他の国ではこんな光景は見られません。おとといまでパリにいたのですが、パリのメトロでも皆無です。こういう「悪癖」は海外に広が…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

眼鏡、靴のデザインは過度に流行へ偏っていないか。

 昨日久しぶりに靴を買いました。駅ビルのウォーキングシューズ専門店で、バーゲンを覗いたら偶然気に入ったのがありました。    最近ときどき靴屋を覗くのですが、店頭に並んでいるのは大抵先が長く尖った、今風のものばかりです。なんだか今から30年ぐらい前にヤンキーの間で流行った「チョッカー」みたいであたしゃ好きじゃないですがね、こういうの…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more