テーマ:食文化

2013年9月 ロンドン写真日記その3 英国製チーズ

コベントガーデンの手作り英国製チーズ専門店。Neal's yard dairy。どれでも気前よく試食させてくれます。 英国チーズと言えば、有名なのはチェダーあたりで、あまり色気のないイメージがありましたが、色々と種類があるようです。またブリーやシェーブル、ウオッシュタイプなどフランスのチーズを作っているところもあります。 昔…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ロンドンで弁当屋が大流行、するかも・・・・

 先週ロンドンのソーホーのあたりをうろついていたとき弁当屋を発見しました。日本食屋が弁当を結構売っています。  20世紀末ぐらいからロンドンでは現地人向けの日本食レストランが相次いでオープンして寿司や天ぷらではなく、ネギラーメンとか餃子とか、弁当なんぞがメニューにあるわけです。    またそれより以前から地元のコーヒーショップ…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

農協改革先送り 

 政府の規制改革・民間開放推進会議は28日、農協改革を見送ることを決めました。 自民党農水族やら圧力団体からの圧力でしょう。  だから「百姓はバカだ」と後世まで語り継がれるでしょう。  長年、防衛費より多額の予算を組んでおきながら我が国の農業を衰退に追いやったのは、農水省、農協、それに族議員です。  彼らを支えいるのが農…
トラックバック:0
コメント:15

続きを読むread more

卵は物価の優等生か?

卵は物価の優等生といわれてきます。未だに普通の一個20円ぐらいです(ちょっと前は十数円でした)。  半世紀ぐらい値段が変わっていません。確かにそういう食材は卵ぐらいでしょう。  ですが、物価の優等生かというと、そうでもないともいます。  ぼくらの子供の頃の卵って、もっとおいしかった記憶があります。いまでもスーパーで普通に…
トラックバック:1
コメント:40

続きを読むread more

足らぬ足らぬは頭が足らぬ-財務省の安易な発泡酒増税の雲行き

 酒税は13.8%減の1453億円にとどまり、7カ月連続で前年実績を割り込んだ模様です。  酒税の減少は、低税率のビール風アルコール飲料の出荷が増えた一方で、酒税収入の2本柱となっているビールと発泡酒の出荷が減っているためだそうです。  ビールの税金が高いので、ビール業界が発泡酒を開発したら財務省はこれにも高い税率をかける。で、…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

珍味が消えるか? フォアグラ生産禁止へ=強制飼育は動物保護法違反-イスラエル

 イスラエル政府は「フォアグラ」の生産を目的としたガチョウ強制飼育は動物虐待に当たるとして、こうした飼育を禁じる見通しだそうです。  現在でも鴨のフォアグラは依然フランスが主要生産地です。実はガチョウの方が格上なんですが、ガチョウのフォアグラはフランスではビジネスとして成立しなくなり、イスラエルとハンガリーが主要生産国です。  …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more