オーストラリアに訓練基地と弾薬庫を。

以前から申し上げておりますが、オーストラリアに訓練基地、加えて弾薬庫を作ってはいかがでしょうか。
砂漠地帯に陸自と空自の訓練基地を作って、訓練や演習をここで行う。他国との共同訓練をおこなってもいいでしょう。国内では陸自は中隊規模の演習しかできず、様々な制約もあります。外国なら薬莢拾いとかもやらずに済みます。
広さに制限が少ないので榴弾砲やミサイルを長射程で撃つことも可能でしょう。
更に申せば新型の兵器の試射場も兼ねれば良い。国内では不可能です。

空自の場合、国内では陸地の上での訓練は極めて限られているので、陸地の上の空域で練習するのは大きなメリットがあります。そして晴天が多いので訓練が効率的にできます。
何なら固定翼機やヘリの初等訓練を全部ここでやってもいいでしょう。

米国と違って時差が殆どないので、派遣される隊員が楽です。夜間に旅客機や自衛隊機で移動すれば朝には着きます。

陸空自衛隊の装備はここにおいておく、米国のヤキマ派遣だと毎回輸送するし、規模も小さい。そしてこれらの装備は有事の予備として活用します。戦時に装備を生産するというのは無理があります。

訓練基地の運営や機材の整備は自衛隊のOBを主として雇用すれば、再就職対策にもなります。40代で退職し、ここで再雇用というのもありでしょう。
また現地人を雇用すればオーストラリアにも顔が立ちます。

オーストラリには賃貸料を払う必要がありますが、国内でかかる費用よりも少なく済むでしょう。またオーストラリア軍とも定期的に訓練ができて、今後の准同盟関係の深化や共同作戦の熟練にもプラスとなるでしょう。英、仏、独、印軍などとの訓練にも便利です。

あわせて陸海空自衛隊の弾薬庫も建設します。日本国内に作るよりも反対が少ないでしょうし迷惑料も少ないでしょう。そして中国の奇襲攻撃からの危険性も低い。

防衛力の強化を図るのであれば、カネだけ増やせばいいという田舎の成金みたいな思考では早晩行き詰まります。何しろ我が国は先の戦争並に赤字が膨らんでいます。今後野放図に借金で軍拡はできません。

無理にやっても行き詰まります。このまま利上げをせず現状放置であれば、円安とインフレは更に進行して政府は持たないでしょう。それで国債の発行を増やせば益々その傾向は強くなり、エネルギー、消費財の多くを輸入する日本は貧しくなります。であれば延々と借金軍拡は不可能です。しかもそれまで借金で分不相応に調達装備の維持費も、人件費も払えなくなるでしょう。行き先はソ連と同じです。
結局遅かれ早かれ、金利を上げることになるでしょう。そうなればその分国債費の払いが増えますから、コストを意識せざるを得ず、防衛を含むすべての分野で野放図なばらまき政策が不可能となります。

いずれにして単に防衛費を増額するのではなく、質を高めて防衛費を賢く使うことが必要です。そのためにはパラダイムの転換が必要ですが、防衛省の硬直した体制では無理で、外部からの知恵の導入が不可欠だと思います。

下記の東洋経済オンラインのYahoo転載に例によってキチガイコメントが多数寄せられております。SPY7は艦艇搭載型が採用されているんだー、お前はもの知らない!とか。知っておりますとも、この人達はスペインとかで採用されたタイプが日本の採用したものより、小型で別物、ということをご存知ないらしい。自分が無知だと宣伝して何が楽しいのでしょうか?それにこの記事に関しては、海自の元イージスの専門家にも意見を聞いております。ご自分は海自の専門家よりも正しいのだといいたいのでしょう。人生楽しくていいですね。

■本日の市ヶ谷の噂■
日本経済新聞の一連の防衛費増やせ提灯記事は、重工某社へのサービス、との噂。

東洋経済オンラインに以下の記事を寄稿しました。
イージス・システム搭載艦が自衛隊を弱らせる訳
建造強行なら防衛費を浪費させ人的負担も増える
https://toyokeizai.net/articles/-/618080?utm_source=newsstand&utm_medium=http&utm_campaign=link_back&utm_content=article

Japan in Depth に以下の記事を寄稿しました。
軍拡路線追認する新聞に問う その2
https://japan-indepth.jp/?p=69494
軍拡路線追認する新聞に問う その1
https://japan-indepth.jp/?p=69471

"オーストラリアに訓練基地と弾薬庫を。" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント